Dr.Ken Kobayashiのセミナー

先週末に行われた小林健先生のヒーラー養成講座上級編に参加した。

治す医学から,治る医学,それが量子医学であることを何度も強調されていた今回の講座。従来型の医療が本来の治癒力を削いで,逆に患者を弱らせてしまうか。病気はない,それを医者が作り出しているという考えは,臨死を5度体験して,自ら余命宣告された患者さんらを何百何千と救っている臨床実績に裏打ちされている。

小林医師の説明する内容は,とてもシンプルである。どんな分野,それがヨガであっても身体技法であっっても,突き詰めると,細かい技術的なことより伝えるメッセージはシンプルになってくるという。120名という人数を前に,実習内容に複雑さはない。

技法を極めていくと,どんどん筋力を使う方法から,繊細なタッチに変わってくる。それによって,効きの質が変わってきて深まるのが,進化の方向性になる。その際に受け手と深い共鳴が起こりやすくなるので,施術側も相互に影響を受け合うことになる。病気の根本原因がWHOの見解でも9割以上が霊障であるという。流行る治療院はそこの先生が健康を害してすぐ潰れてしまう,という話はよく耳にする。

確かにセッションの体験は何かしら深いのだけれど,受け手と同調し過ぎて,影響を受けてしまう施術者は少なくない。

こうしたジレンマは,施術側と受け手のuncleanな霊の受け渡しによるものらしい。まず,第一に施術側が霊をつけない状態になることが先決となるが,小林医師はこのチューニングができるらしい。

ここで紹介された内容を活かせるのかどうかは,今後の実践と経験の積み重ねによって見ていく必要があるが,少なくとも小林医師の主張には一貫性がある。本流となっている医療処置に矛盾と実際助けなっていないことを現場の医師が痛烈に感じている今,医療や健康について,パラダイムシフトを起こす必要がある時期にきているのだろう。

小林医師が正式に認定した,量子波ヒーラーは現在4名いるが,どの方々も芯があって,巷でよくみる大先生を取り巻くエロい女性アシスタントや受付嬢などの,何かを狙っている”タカリ”目的の取り巻きは一切いない。小林医師は,健康の観点から性の重要性を説くことはあっても,何かギラギラしたものを感じさせるような輩を寄せ付けないのは,本当に珍しく,それだけに信用できる。

昨年秋から3段階で進んできた養成講座だったが,とりあえず今回で一区切り。

治すから,治る医学へ,これはロルフィングと矛盾しないコンセプトである。まだまだ彼から学ぶことは山盛りありそうだ。

バリの兄貴といい,小林先生といい,この先長い付き合いになりそうな縁のある方々と出会えてなんとも有り難いことです。

 

 

 

ロルフィング体験ダイジェスト 

写真データ提供のための整理をしています。

スクリーンショット 2017-04-10 16.25.25
喘息傾向があり,特に冬に辛くなるということで,お母様に連れてこられた小学生。
セッションが進むにつれ,体育の授業でのかけっこが上位になったとのこと。
お母さんの談:
“先生のお蔭で、この冬も喘息でゼーゼー苦しむことなく元気に外を走り回っています。”
喘息の発作もなく毎冬を越せるようになったそうです。
近況報告として,
”今年高校受験です。勉強をせずに、都内某私立高のサッカー推薦入学を狙っております。お陰様で180センチになりました。”とのこと。

スクリーンショット 2017-04-10 15.57.43

お母様からのメール)
身体の変化は見てのとおり、すごくしっかりしてきたと思います。
呼吸も以前に比べ深くなっているような気がしています。
それに加えて、変わったと思うところがいくつかあります。
娘はあまり感情を出さない、出せないタイプなのか、親である私達にもどこか遠慮しているようなところがあるのですが、最近は自分の気持ちを素直に話してくれることが多くなったように思うのです。
個性が出てきたとも思います。
それに伴い、この娘は大丈夫なのかなぁ、なんだか頼りないなぁとなんとなくいつも心配だった私の気持ちも、全然大丈夫だ、この子は、と思えるようになってきたのです。
スクリーンショット 2017-04-10 16.00.06
社交ダンス,山登りと活動的な80代男性。10シリーズ終了後,坐骨神経痛は,ご本人の感覚で95%減少,右足にあった麻痺の感覚は完全に消失したとのことです。
スクリーンショット 2017-04-10 16.11.51
10シリーズ終了後半年経過して頂いたメール
•歩くのが楽。

•体調が良いとき、悪く感じるときの差がはっきりしてきた。

•以前とは違う感覚で自分の感覚(感性?体質?)を理解出来るようになってきた。

•自分を観れる自分がいる。

•以前より自分の個(孤)がはっきりしてきた。

•休む時間が増えた。

ロルフィング終了、半年後の感想

ロルフィング10シリーズを終えて半年経過した後のご報告。健康についての深い洞察です。

ロルフィングの感想

ロルフィングを受けて、月日が経ち、一番役に立ったと思われるのは、その考え方に接し、学べたことだったように思う。
自分の身体は、大地も同じように自分を支えてくれていることを味わったり、それを通じて、安心感を得たり、いろいろなことに目を見開かれ、大地が与えてくれる慈愛を感じ、味わうようになったというか、、、。
もっと、自分が大きなものに抱かれているような感覚を持つようになったことだろう。
このことには、とても感謝している。

身体のある部分に痛みがあり、それだけを治そうとしていても、また治そうと期待しても、人生は思い通りにはいかない。
誰かにやってもらえば治るのではないかと、医者を探し、お金をかけ、人によっては治療費のお金を稼ぐのに翻弄され、いつの間にか、お金を稼ぐ人生と、いろいろな医院を探す人生に明け暮れる人生に転落し、お金=生き延びる、みたいな、本当の人生の意味がわからなくなってしまうこともある。
人生は喜びを味わうために生きているのに、そして人生もどのくらいあるかわからないのに、その時間を犠牲にして、インターネットで情報を探すのに人生の貴重な時間を費やし、治療費を稼ぐのに睡眠時間を削ったり、生活が荒れたり、不規則になったり、医院を探し回り、通うのに疲れ、良くなるかどうか一喜一憂するので1日が終わってしまうことの連続で、いつの間にか、それで一生を終えてしまう人もいるだろう、
世の中には、難病もあるし、癌に至っては、高額の、保険が適用されていない治療もあるし、世の中、お金、お金、老後はこれだけ入りますと、宣伝するし、不安もかきたてられる。でも、それを追いかけてもキリがない。
完璧な健康を求め、完璧な健康でいることが、そのまま幸せなのだろうか。だとしたら、その幸せのために、残りすくない人生を家族との会話や、自分が大好きなことを犠牲にして、治療費を稼ぐのに明け暮れるのも意味はあるかもしれない。
治療に明け暮れるのも人それぞれだが、収入や自分の幸せとのバランスを考えながらするのがいいのではないかと思う。

私にとって本当の幸せは、人との愛や、自然への愛や、美や調和に接し、愛を感じ、生きていてよかったと心から思える瞬間であり、それは、自分の体がどのような状況であろうと、心が健康であれば、感じられるものである。
私は、ロルフィングで、自分の身体の重さを感じたり、力を抜いたりして、自分の体を観察することにより、自分をいたわり、味わい、愛していくことを学んだように思う。
大地からの反発というか、支えを感じたりすることで、自然の慈愛を感じた。
その、一見、小さく見える経験が、実は大きな幸せだということをこの数ヶ月、とても感じた。

私がこのように思ったのは、手術を受け、入院していて、いろいろな病気を抱えた患者を観察する機会もあったからだ。
病院なので、死んでいく人もいるだろう。親戚、家族と思われる人たちが、廊下で言い争い、いがみ合っているのを目の当たりにしたり、中には、看護婦さんにあたる人や、付き添いの人に暴力的な言葉を吐いて、病のストレスを発散している人もいた。
その人たちは、自分たちの感情しか見えないけれど、他の患者さんがいて、他の患者さんは、今、自分の病や痛みと闘っていて、穏やかな気持ちでいたいということに気がまわらない。さらに、余命、いくばくかの人にとっては、見ず知らずの他人の怒鳴り声や、相続争いの前哨戦の会話で、貴重な生きている時間を無駄にするは辛いことだ。人生の最後くらいは、美しい愛に満ちた思い出で終えたいものだ。
自分が病で辛い、かわいそうだという気持ちでいっぱいで、他人に暴力的な言葉を吐いたり、悪態をついたり、不愉快な気持ちにさせていることに気づかない。
また、中には自己憐憫に陥り、看護婦さんにべったりで、看護婦さんが他の患者さんを見るのにも障害になるような、依存症の人もいそうな感じもした。
病気や身体が動かなかったり、痛みがあることはもちろん、不安だし、辛いことではあるが、だからと言って、苦しんでいるのは自分だけではないわけだし、思いやりや、日々の小さな幸せを感じながら生きるのが良いのではないかと思った。
私が入院中、ベットでしていたのは、ロルフィングで習った、身体の重さを感じ、味わい、大地からの反発を感じることだ。病院では孤独だという人もいるが、私は自分の身体の重さを感じるようにしていたので、そういう風には感じなかった。自分を支えてくれる大地というものがあり、それから深い慈愛を感じる。それを落ち着きに変えていけるのは素晴らしいことだった。生きてここにいることが、それだけでも美しく思えた。

体を健康体に治すという気持ちに集中すると、人生はうまくいかないこともある。
お金をかけて、高い治療を受け、健康にはなったが、家族や親戚との間には愛がなかったり、権力関係であったりするのは悲しいことでもあろう。
自分が、どのように生きたいかとことをはっきりさせ、それがぶれない上で、いろいろな治療を試みたりするのがいいのではないかと思った。
そういう意味で、ロルフィングを受けるのも、治してもらうという受動的態度で常にいるのではなく、自分がそこから何が学べるかというのをよく考えながら、受けるのが良いと思った。

最終セッションは一切触れずに完結

セッションを重ねていくにつれ,ロルファーと受け手との共鳴が深まります。いわゆる打てば響くようなやりとりが円滑になってきます。

前半は,間合いを慎重にとったりして,お互いに無理のないところを探りながら,居心地よくいられる状態を見つける作業,これが無意識に行われていると思います。

やりとりは,即興要素の強い掛け合いという感じだと思います。

ロルフィングで,この関係性が深まり円滑になってくると,ロルファーが触れなくても,その場所に意識を向けるだけで,変化するというフェイズに入っていきます。

実際に先週のセッションにおいては,かなり統合がうまく進んだケースで,一切触れることなく,意図を向けるだけでプロセスが進んでいきました。

そんなセッションが一つの目標でしたが,一つの山頂にきた感じがしました。

馴れたことから先に進む

クライアントの方の中に,今受けている治療と併行してシリーズを受けてもいいですか?という質問を受けることがあります。

治療だけでなく,ジムで運動の後トリートメントとしてのマッサージを受ける,というサイクルを続けてきた方にとっては,それを休止するということに抵抗があるようです。

ロルファーとしては,今まで受けてきた治療なりエクササイズは有効だったことは否定しなけど,さらに先に進みたいわけですよね?と思うわけです。何かに通わなければ,自分が維持できないとすれば,健全な関係とはいえないはず。もちろん楽しみや好奇心で受け続けるのはアリだと思います。そこには健全な距離のある関係性だからです。

10シリーズを受けている間とその後約半年は,できるだけプロセスを干渉する可能性のある介入は避けて身体と向き合う,というのが望ましい姿勢です。

受けている治療等が一段落ついて準備ができたところで,シリーズを開始することをおすすめします。

ロルファーは,もう何かに強く依存しながらバランスしなくてもいい状態に移行してほしくてワークしています。そういう姿勢でワークすべきだと私は思っています。

でも,ひょっとして,何度もリピートして来てくれるようにビジネスとして施術を提供しているとしたら,果たしてその提供者は,本当に受け手の健康を思ってワークしているのか,チェックしたほうがいいかもしれません。

 

 

信頼関係を築いていて,いつでもwelcomeで,且つ来ない自由も許している関係性なら,何度も訪れる価値のある場所だと思いますが,そうでないとしたら,一度再考した方がいいかもしれません。

ロルフィングの感想とガーンディーの言葉

チネイザンの施術者がロルフィング10シリーズを受けていますが,8回目を終えたところで感想が届きましたので紹介します。

今まで身体の調子が良くないと、食のせいにしてなにか正しい食に改善しようとしてみたり、セラピスト頼りにしたりしてきた。お金や時間や足を使ってなんとかしてもらわねばとやってきた。

今、疲れたら、長く寝る。
食べるのを止める、減らす。お金使わない日をする、楽。という、自分でできることで養生できるようになったのが変化だなぁと思う。
人にしてもらいたかったいろんなこと。
自分でしてあげられることが増えた。

医者(西洋医学の)がいることで,不摂生してもよいという甘えの生活態度が生まれてしまうので,医者はいらない,とガーンディーは断じていますが,体験的にそれに気づいた例なのかもしれません。

また,この方は,以下のようにも綴っています。

ロルフィング8回終わり、分かりやすい変化があらねばという気持ちがどこかにあった。
でも、ゆっくりでよいし、変化がなければないという反応を受け入れることで何か知るだろうな,と思える。

この感想は,

「よいものはかたつむりのようにゆっくり進む。」

 – ガーンディー

という言葉をそのまま体現しているように聞こえます。

ガンディーの名言

NHKの100分で名著という番組で,ガンディーが取り上げられた回を観ました。

“良きことはカタツムリのようにゆっくり進む。だから、自分のためでなく人々のために働く人は、いたずらに急がない。なぜなら、人々が良きことを受け入れるには、多くの時間が必要なことを知っているからだ。”  - ガーンディー

つい成果をすぐ求めたり,お得な情報で欲望を満たし,せっかちに成りがちな現代人にとって響く言葉ですし,身体教育にも当てはまります。

ロルフィングのプロセスに翻訳すると,こんな風に:

”良き変化は,カタツムリのようにゆっくり進む。だから,施術者自身のためでなく,受け手のためにワークする施術者は,いたずらに急がない。なぜなら身体が良き変化を受け容れるには,多くの時間が必要なことを知っているからだ。”

 

最終的にいい着地点を見つけた10シリーズ 〜 トラウマや投影を越えて

先週120min枠で10回シリーズを終了された方から最終セッションのレポートをお送り頂きました。

以下,紹介します。

10回目。田畑さんが居て自分が居る部屋・空間で、私は素直に横になっていられた。  ぴりぴりする緊張感やもぞもぞと落ち着かない不安や恐怖なく、そこに居られた。  田畑さんの言葉を素直に聞こうとし、余計な思考で頭をうるさくしないでいられた。

これは 初めて人を怖がらずにこの場に居ようと素直になれたこと。 人と安心して居られたことだと思った。

“身体の地殻変動”10回のセッションを終了して思い浮かんだことばがこの言葉。まさに深部から生ずる力による変化です。

ほとんど触れるか触れないか・・身体に対して最小限の接触だけ。それ以上具体的な働きかけを感じないのに 何かが変化する不思議。

患者に近づきもぜず、といって離れるでもなく 自分の存在を押し付けるでもなく、距離を取ろうとするでもなく。

初めはそれがいいのか嫌なのかよくわからず、ちょっと困りましたが 今はその立ち方がとても良かったんだと思えます。

こちら側の勝手な思い込みや理想の投影をきれいに受け流してもらえ、変な緊張や期待を起こさずに済んだからです。

施術後半6回目以降は、直後は心穏やかで身体も温かくとても気持ち良いのに 1日経つと何とも言えず心が落ち着かず 気分が落ち込む感じになりました。  これは 身体の変化と心の変化のズレから来るものなのかと感じました。

ですから今は、ちょっと遅れての心の地殻変動が始まりだしている時なのだろうと感じています。

何事も“変化”というのは楽しいばかりではないという事を実感しています。

最後にこの10回のセッション 受診前に思っていたものとは全く違う
想像以上の変化を 体感・実感させて頂きとても感謝しております。

ありがとうございました。

Rolfer’s Note: セッション中盤から,身体が整っていくことに反して,トラウマ的な体験を思い出したり,ロルファーとの距離感や投影などが表面化してきたセッションでした。施術側としては,間合いを詰めすぎず,かといって離れすぎない距離を大切にしながら,セッションを進めました。最終的にいい着地点が見つかり,シリーズ中盤に浮上してきたトラウマや投影を越えてシリーズを完結できてうれしく思います。

上記はいくつか抜粋した形で掲載させて頂きましたが,完全版は以下のページにアップしています。http://rolfing.asia/pg203.html

スクリーンショット 2017-02-14 18.03.45

腸内環境の重要性

”ある種の腸の細胞は,特定のタイプの細菌を認識し,この細菌を認識したことで,免疫細胞が健康に欠かせない物質を放出する。”

土と内臓  微生物がつくる世界

デイビッド・モントゴメリー+アン・ビクレー著 築地書館

非常にインパクトのある知見です。消化管内は空間的には体内にありますが,解剖学的には体の外の空間として扱われ,体内の主要な代謝や免疫とは距離がありました。が,この知見によって,腸内の菌が,積極的に体内の免疫に影響を与えているということが示唆されたわけです。

ということは,つまり想像以上に腸内環境は重要で免疫と密に関連しているということになります。

腸内環境を安定した状態に保とうと考えた時に,その菌叢の質,つまりどのような菌がどのような割合で含まれているのか?  抗生物質を服用すれば,当然全体の菌数は減少しますが,服用を止めた後に全体の菌が同じ割合で増えてくる保証はありませんし,食品添加物としての保存料の増殖抑制も細かくみれば,菌の種類によって効きやすさ,感受性が異なるはずです。増殖速度も菌によって異なることを考えると,腸内の菌叢にむやみに悪影響を与えない食生活が極力求められるような気がします。

食生活の乱れは,免疫系に直接的に影響を与えるので,食品に対する捉え方をもう少し見直してもいいかもしれません。

 

受けてきた療法を卒業するとき

受け手は常に変わっていくものです。ある療法をずっと受け続けていた方が,ロルフィングにいらっしゃることがあります。

股関節にトラブルを抱えていて,松葉杖に頼る毎日。整形外科医からは,手術を勧められたが,それをある股関節に強い圧力を加えて揉む療法を長期間受けてきて,手術を避けて凌いできた方が昨年末ロルフィング10シリーズを終了しました。不安なので長年受けてきた治療は継続していたようですが,ある時前の治療を受けた後で,違和感が感じられたり,何もしない間でも調子がいいことが実感できたとのことですが,これまで受けてきた治療法に助けられてきた経験から,予約を取らないという選択がなかなかできないとのことでした。

また別の方で,ある整体法に月6回通っていた方も,ロルフィングを終了してから,何も受けていない数ヶ月の間バランスが維持される体験をしたものの,なかなかそれが信じられない様子でした。これまでの人生で,どこかに通わない時期があまりにも長いと,基本的には何にも頼らなくてもバランスは維持される力が,身体には備わっていることを忘れてしまうのかもしれません。

上のお二人に共通しているのは,施術者との関係を壊したくないという思いと,漠然とした不安があるということです。

そこで得られた恩恵は事実ですし,否定するつもりはありませんが,それが永続して得られる恩恵かといえば,そうではないはずです。その時は確かに出会うべき施術だったと思います。ただ,そこから別の状態に移行した今,身体はもう昔の療法を欲してはいないのだと思います。

そこで,施術者にその受け手が施術に意味があるかないかを判断できる感覚があれば,そこで行うことはもうないと感じて,受け手を囲わず,解放するのが施術者の良識と倫理です。ビジネス的には,顧客を一人減らすことになりますが,施術はお金や施術者のための作業はなく,クライアントのためにする”ワーク”であるべきです。

一つに技法や一人のプラクティショナーに固執するのではなく,世話になる期間の長短はあるにせよ,通過点と捉えるのが正解なのではないか,と思います。

ある療法を卒業して,次に移るとき,大まかな調整から微細な調整に移行するのが自然な流れといえますが,いずれにしても,しばらく何も受けずに内発的な身体が自力でなんとかしようとする芽を摘まずに,時間をおいて様子をみる余裕が大切です。