脳梗塞による後遺症に対して

先日,脳梗塞後の後遺症が残る人にもこのロルフィングは適用して効果はあるのか?

という御質問を受けました。
度々受けるお問合せなので,コメントできる内容を以下に示します。
今まで3例ほど経験があります。
そのうちのお一人はご自身のブログでセッションの体験を綴っていらっしゃいます。
 
お二人目は,半身麻痺の度合いが大きく発作も複数起こしている例でした。開頭手術もお受けになっていました。
発作を起こす数年前に10シリーズを終えられた方で,その有効性は身をもって体験しているので,後遺症に対しても改善を期待され,月一回のペースで長く通っていらっしゃったのですが,写真での変化は毎回得られましたが,ご自身が自覚できるような改善は得られなかったようです。
三人目の方は,長年麻痺に悩まれているという例で,11年前に13セッションお受けになりました。終了された後にブログに書いた内容を以下に示します。
”数年前に脳梗塞で倒れて,回復したものの半身の痺れに悩む方へのロルフィングが,2ヶ月ほど前に終了しました。左半身に麻痺があるので,右半分の頭蓋内部の広がりを引き出すようにワークしましたところ,左手に力も入るようになり,食事も容易になったとのことです。身体として楽になる以外に,気持ちがとにかく前向きになったといううれしい報告もありました。一ヶ月後も多少のしんどさはあるにしても,以前のような何もしたくない希望のない状態とは明らかに違い,効果は持続しているようです。身体がとにかく重く,動いた方がいいとわかっていても,つらさからそんな気にもなれず,周囲からはなかなかその理解を得られない,それは想像を超えた苦悩だと思います。同じようなつらさを抱えた方も少なくないでしょう。
このような方に対しては,conventionalな医者は悲観的なことしか言わないし,その他の療法を試しても,可能性のないことしか言われないというのが現状のようです。ロルフィングは勿論すべてのケースに有効ではないとしても,この恩恵をうけられるケースは多いと思いますし,そういう方がロルフィングを活用する機会が増えるといいなと思います。”
この方は興味深いことに,気持ちが前向きになり,奄美大島の方に引っ越しをされました。
 
後遺症の程度によって,快復の度合も異なると思いますので,あくまで参考として捉えて頂ければと思います。

苦手克服に意味はあるのか?

最近よく考えるのは,苦手克服って必要ないんじゃないのかということ。

一芸に秀でたり,一つのことしかできない人に対して,あれもこれも周りは要求しすぎなのではないのかと思う。人間らしさとか自分という存在を理解するためには,

好きなことをする,というより,自分がしないといられないことをする。

やろうと思えばできるけど,気が乗らないのだったらしない選択を考える。

苦手なことは他人は得意で任せた方がいい場合がある。

余裕があっても,嫌なことや苦手な人と過ごすことで埋めない。

 

時間が無限にあるわけではないことを考えると,わざわざ抵抗のある方に向かう必要はないんじゃないかと思う。そこに何か目的や体験してみたいという興味があれば話は別だが。そうしないと,本当はオレって何がしたいのか? やりたいことをやっているときの充実感から遠ざかったしまい,わけがわからなくなってしまうような気がする。

そうしたことに無自覚だと,自分の本来使いたいセンサーの感度が鈍ってしまい,結果運気が下がるような状況を引き寄せてしまうのではないだろうか? 思考を停止させることなく,人間らしく自分らしく生きるには?ってなことを考えると,巷でいうような上昇志向とか苦手克服という言葉に惑わされないように用心する必要があるように思う。

そんなことを考えています。

一般に発達障害と診断される人々は,それ以外の人間ができることができないことをクローズアップしがちだが,それをそのままにしておくことを許さないことが多い。少なからず人間はデコボコしているわけだから,大きな支障がない限り,無理に克服しなくていいのではないか。上昇志向も問題だ。その状況を味わうことなく,常に何かを漁っているギラギラした前のめりの姿勢,そんな人が近くにいると落ち着かない。もっときっとその状態を味わった方がいいこともある。

そんな風に感じています。

コラボレーション

先月末は,ヒモトレの小関勲トレーナー,古武術の甲野善紀先生と鼎談,その2日後は身がまま整体の片山洋次郎先生とのワークショップと立て続けに大きなイベントが続いた。

私がコラボして楽しいのは,上記の方々のような,決められたことを決まったように行う枠にはまったものではなく,その場に応じて新鮮さを失わず,臨機応変に対応してもらえる方々との組合せである。

それ以外の組合せには興味がない。というか時間の無駄なのだ。ロルフィングの教員でも恩師のキャロル先生ほど自由にやらせてくれる懐の広さを持つ教員は珍しい。

そんなことを考えている中で,今年のコラボはよかったとしみじみ思う。

それと,協会主催の私が講師をしたワークショップも,いい人材が集まってくれて有意義な学びの場を共有できた。この先いつまでもいい状態でワークショップができる保証はないし,相手の方がどんな事情で一緒にできなくなるかわからない。

実際に,10月に予定されていたハンナソマティックスのワークショップが講師の体調不良が原因でキャンセルになったことを目の当たりにして,クラスが無事開催され成功のうちに終わるということは,いろんな要因が不備なく揃う必要があって,ある意味運がなければ成り立たない。

どのイベントも,日々のプラクティスにいいフィードバックをもたらす意味のあるもの揃いだったと思う。

ありがたいことです。

統合セッション(8-10)の理解を深める

ロルフィング10シリーズの8,9,10回目では,統合を扱います。

統合とは何ぞや?という問いかけに対しての答えは,言葉での説明には限界があって,こういう”感じ”としか伝えられないところがあります。

昨日までの4日間のロルフ・ムーブメント認定クラス〜SI10シリーズのイールドワークへの翻訳では,まさにこのテーマに取り組みました。

同テーマでこれまで,5回クラスを行ってきましたが,今回突然閃いたこと。それは,つながりをつくる主体は,受け手であって,それをプラクティショナーはコントロールできない,こと。できるとすれば,つながりが引き出されるような,条件や場を提供することだけであること。それを踏まえた上で,講義したり実習するととても楽で居ることができました。

今回のクラスで興味深かったのは,最終日の10セッション目としての生徒さん同士の交換セッションが,施術者の介在度合いが最も少なかったにも関わらず,もっとも変化した印象が強かったことです。

私のワークショップでの最も大切にしていることは,最終日に参加生全員の心身のバランスが整って,統合された状態で終えることです。

クラスの内容が情報として優れていることと,実習の成果がそれに比例していなければ,意味がない。ボディワーカーは身体が資本ですから。

 

 

 

ワークの質を上げるために

いくつかの体験と仮定を元にイールドアプローチや間合いのワークを発展させ,実践してきました。

◎施術は相互の作用〜対人のみならず空間の中での関係性・共鳴から成り立つ。つまり,一方向の反応ではない。

・施術者は,出来るだけ力みのない状態が望ましい。

・施術者の力みが抜けた時に,それに受け手は呼応する。

◎触れている時より手を離してから反応が進むことがある。

・触れ過ぎ,間を詰めすぎが,受け手の反応を抑制する。

◎施術者がいいと思っていることを押しつけない。

・オプションとなる提案はできるが,絶対的に正しいことはない。

・受け手が望んでいない余計な反発的な反応が起こり,時に害となる。

・施術者は,受け手の身体が望む働きかけと同期する必要がある。

◎受け手の身体が,”安全”を感じている時に,入力を受け容れ可能。

・深く安全を感じている時に,自ずと統合への変化を開始する。

◎セッションで目指していない余計なことをしない

・施術者は,隠れて支配的な意念や霊的なことをやり取りしない。

・変化の結果よりその過程で気づくことに意味があるとすると,違和感が減ることが,すべてのケースでいいこととは限らないかもしれない。

◎受け手の存在とその状況は尊重されるべきである。

◎定着する,意味のある変化は,時間をかけゆっくり進む。

・ゆっくり進む,いい変化は,変わったことすら気づきにくい。なぜなら,定着して馴染んでいく変化はちょっとずつ進むから。

・逆にわかりやすい変化は,それが定着するのか観察が必要。

◎施術者はあらゆる変化にオープンである必要がある。

・働きかけによって,受け手がどう変化するかどうかはわからないという前提が必要。こう入力したらこうなるというのはこじつけであることが多い。むしろ,施術者側の知覚が狭いことで,様々な可能性が狭められるリスクがある。

・起きたことの説明や解釈は断定的であってはいけない。断定はできないが,施術者の感覚としてはこういうことかもしれないというスタンスでのコメントはできる。

 

以上のようなことを考えてきたので,一方的に受け手に強引に変化させるようなワークとは別の方向性を探ってきました。

このワークの種類に関わらず,施術の「強引さ」は一番避けたいことです。自分の流儀のみならず,私自身が他者からワークを受けるときに優先的に考えることです。逆にいえば,強く圧を加える技法を用いていても,こちらのシステムを思い込みではなく,しっかり読み取った上での施術であれば,身体はすんなりその入力を受けとるはずです。

上のことが保たれているとき,施術者側と受け手側相互に健全さが保たれるはずです。

 

 

 

Rolf Instituteの教員会議での発表

9月中旬にボールダーにあるロルフ・インスティテュートで開かれた教員会議に出席してきました。

私がロルフィングトレーニングを受けた旧校舎。

パールストリート沿いにあって,裏の公園にも隣接していた校舎のロケーションは最高でした。現校舎のある場所は,ダウンタウンからも遠く,車なしではアクセスできず,馴染めません。

旧校舎裏のレッドロック

トレーニング中何度も昇った岩。

Rolf Institute最初の校舎

ここで学んだことはありませんが,ロルフ博士が教鞭をとった場所としても有名です。

ムーブメント教員仲間

一番左のノルウェー人でサンタクルーズ在住のペレとも仲良くなりました。左から3番目は,私のUnit1の講師もしてくれたスーザン。ムーブメント仲間ならではの,親密感もあります。

会議も終わってやれやれの表情。教員のみの集合写真です。

やれやれでした。

デモンストレーション中。

これはエキサイティングな体験でした。一切触れないワークの紹介。多分,インスティテュート歴史上稀なプレゼンだったと思います。

詳しくは,雑誌ソトコトで紹介します。

 

小林健先生とのコラボレーション

9月25日に代官山ライブハウス,”晴れたら空に豆まいて”にて,自然療法医師の小林健先生とイベントを行いました。

健先生の量子波については,勘のあるプラクティショナー仲間の注目も高く,福岡や名古屋,札幌で活動中のロルファー仲間,SEコミュニティ札幌からも駆けつけてくれました。

打合せは会場についてから10分くらいで済ませて,ほとんどぶっつけ本番だったので,とてもスリリングでした。

 

間合いを使ってのデモンストレーションをしているところ。量子波がでているのかどうかは,健先生にしかわかりません。

デモセッションのフィードバックをもらっているところです。

後半の2つめのデモ。

こちらは,健先生のデモの後に私が続けてという順番でデモしました。

総括と,健先生のみなさんへの素敵なメッセージ。いつもハートに訴えかけられるので,じーんとします。

最後のハグ。

健先生,いつもありがとうございます。

今回はたくさんサポートして頂き,貴重な体験でした。

参加者のみなさんも貴重な時間を割いて頂きご参加ありがとうございました。

 

小林 健 自然療法医師の知覚

先日,東京本草閣センターのオープン記念会があって,健先生にお会いした。そこで私の紹介もして頂いたのだが,まだ健先生ご本人にセッションさせて頂いたことはないが,私のやっていることを完全に把握していて,驚くと同時に感動した。

ここまで詳細に自分のやっていることを理解してくれる存在がいるとは思わなかった。

大まかにいうと,ここが固い,痛みがあるから,その場所に触れるというのではなく,その原因になっている大元のところ,離れたところから,順を追って,細かく調整している,ことを私を通してわかったのだという。知覚が拡大して様々なところまで意識を行き渡らせることができるサイキックな人々は確かに何人か知っている。しかし,具体的にここまでいい当てられるとは思っていなかった。

妻は私の仕事の意味を深いところで理解してくれている。それに加えて,仕事の具体的な中身,詳細について分かってくれる師がいることだけで,幸せである。地道に何かをやっていれば,誰かが観ていてくれるというのは,抽象的な例えではなく,本当のことのようである。

私も,ぱっと目にはわからないようなところだけれども,こだわって大切にしているところをきちんと観ることができる指導者になりたいものだとつくづく思います。

 

量子波実践プログラムの意味

自然派治療医師である小林健先生の提供する量子波実践プログラムを修了したところです。このプログラムの特徴として,

1.技術的はプロトコールを教える場ではない。

2.研修時間と認定は別。

3.それぞれの施術者が自分の技法の中で,量子波を使えることを目的にしている。

4. 余計なエネルギー交換,霊的な影響を相互に受け与えない状態での施術が可能となる。

  1. 肝と腎を重視するなどの原則はあるものの,手順などが厳密に決められているわけではなく,自由度が高い。
  2. 研修の時間自体は他の技法修得のためのトレーニングに比べると短く,実際に量子波が出ているかどうかで,健先生が認定を決めるようです。
  3. 鍼灸,ヨガ,楽健法,ロミロミetc.をすでに実践されている方が,これまで認定されており,それぞれの仕事の中で量子波を取り入れています。その人が得意とする技法を通じて,最大限に自分を活かそうとするときに,量子波もたくさん出るということでしょうか?
  4. 望ましくないエネルギー交換がないということは,とても大切です。施術者も健全さを保ったまま,何かを吸い取られたり,悪影響を受けずにセッションに集中できるということです。認定証には,「除霊力を持ったマスターヒーラーとして,,」という記述がありますが,宗教的な儀式や悪魔払いをするわけではありません。健先生によると,施術が精妙になってくると,霊がついたりということはよく起こるらしいです。これは,癒しが起こる周波数と,霊的な波動霊が極めて近いことによるもので避けられないそうです。レイキなどのエネルギーワークを行っている知り合いが,体調を崩したり,亡くなったりという例はあるので,よほど施術者自身の人間力が大きくないと安易には行わない方がいいということは分かっていましたが,健先生に出会ったこの辺りが明確になってきました。自分は霊を見たり敏感に感じたりすることはないのですが,自分が感じないということと,その影響や存在がないということではなく,無知の知と同じように,無感覚・無意識の知というのは大切で,霊的なものが感覚の死角にあるなら,それは意識の外に押しやらないようにすることが大切なんだと思います。現に,霊的なものはともかく,体調を崩すという体験はあるので,それは指標になります,自分の場合には。いわゆる霊媒体質ではないけれども,そういった悪影響を相手から受けずにワークを深めたいとしたら,この健先生のプログラムは,最もその解決に関係していると思います。

縁のお陰と運が重なり,認定されました。

 

施術者自らが健全さを保ちつつ,セッションを深めていくために

技法の種類に関わらず,施術の質やスキルが向上してくると,より受け手と深いレベルでつながり,様々な効果や改善といった結果が伴ってきます。

しかしながら,施術内容が深く精妙になってくるにしたがって,受け手から悪影響を受けやすくなって,過度に疲労を感じたり,健康を害した経験のある援助職の方は少なくないはずです。

では,施術者が,自らの健全さを保ちつつ,施術をより深め結果を出して行くにはどうしたらよいのでしょうか?

受け手との間合い,施術者のプレゼンスの向上や知覚状態,そして,量子波が大きな鍵になるようです。

「治すのではない,治る力を引き出す治療」を実践され,数多くの治療実績を積み重ねてこられたNY在住の自然療法医師,小林健先生。彼から実際に量子波を学ぶことは,多くのセラピストやプラクティショナーとそのクライアントにとっての福音になるはずです。