Less is more !

ロルフィングには,「Less is more」という言葉があります。

介入が少なければ少ない程,得られるものが大きい,という例えです。

なるべく多くのことを長くサービスすれば,提供する側の「何かをしてあげた感」を満たすことはできるかもしれません。

受け手としてのリクエストもあるでしょう。

全体性を捉えた流れに沿っていれば,外からの介入が少ない程,受け手の自発的な変化を邪魔せず,必要なプロセスを必要なだけ完結できるのです。

コメントを残す