アファナシェフさんのピアノ演奏

トッパンホールでピアニストのアファナシェフさんのコンサートに行ってきました。

彼のプレイは特別で特徴的です。

動きは,指を立てることなく,鍵盤に水平に保っていることが多く,上体の動きも静的です。なのに,音が小さいわけでもなく,どこかが固まっているわけでもない。

観察していてわかったことは,指先にまでコアからのつながりがあること。空間に対しての広がりもあって,鍵盤にだけ集中したりむだな動きもありません。

筋肉をどう動かして,どうこうすることを超えていました。

感動しました。クラシックもいいものはいいです。

コミュニケーション力

もちろん,この能力は大切です。

けれど,黙して語らず,といいますか,そういう感じを大切にしたいと思っています。

とかく過度に表現優先傾向が強くなっているような風潮を感じるからでしょうか。

言葉によるコミュニケーションの底にあるのは,ジェスチャーだったり,顔の表情だったり,もっとその底にあるのは,身体の向きや距離の取り方が対面している人との関係性があります。

もっと元をたどると,対人ではなく,周囲の環境との関係性,空間に対する感覚,それと重力との関係性が,根深いパターンとして無意識に作用しています。

ここに変化が生まれる時,すべてがちょっとづついつの間にか変わってきます。

表にわかりやすくでている表現の底を支えているもの,ここに重点を置くのが,ここで提供しているプラクティスです。

 

 

ソマティックな領域では,言語化以前のものを大切にしています。はっきりと語られるメッセージの背景にあるものにアクセスすると,あまり言語を司っている領域ではないところに自分が入っていくため,無駄な言葉を発せずにワークに集中することが多くなります。

 

アーティストの方へのワーク

先日,転倒した後,ひどくバランスを崩した海外のアーティストの方にロルフィングする機会がありました。

久しぶりにお会いしたのですが,かなり印象が変わっていて,弱っているご様子。ねん挫を伴って,転倒直後は動くこともままならなかったそうです。

転倒は,予想以上に生体のダメージを与えます。問題は,傷が完治して炎症が収まっていても,身体が転ばなないように常に身構えている,つまり警戒モードが未だに解除されない場合が非常に多いことに気づきます。

その制限は,組織も含め,むしろ知覚に由来しています。過去は大変な危険があったにせよ,今はとりあえず,足場は確保されていて,支えることもしっかりできることを,頭ではなく,身体として納得しなおすことが大切です。

イールドの技法は,安全な場と支えられるという状態を再認識する助けになり,囚われた身体に,もう一度快適さを取り戻す機会を与えてくれます。

セッション後,視野が広がり,慢性的な首の痛みも軽減し,気分も落ち着きを取り戻したとコメントされていました。

Less is more !

ロルフィングには,「Less is more」という言葉があります。

介入が少なければ少ない程,得られるものが大きい,という例えです。

なるべく多くのことを長くサービスすれば,提供する側の「何かをしてあげた感」を満たすことはできるかもしれません。

受け手としてのリクエストもあるでしょう。

全体性を捉えた流れに沿っていれば,外からの介入が少ない程,受け手の自発的な変化を邪魔せず,必要なプロセスを必要なだけ完結できるのです。

経過を見守る

ロルフィング®は,特定のテクニックを指すわけではなく,全体性の回復に向かうプロセス全体を指しています。

例えば先日のワークの例ですが,第1回目のセッションで全体の圧縮が解放された結果でしたが,全体に伸びたことによって,骨盤の左右差がより顕著になっています。こうした内在性の傾向は,圧縮されたままだと表現されません。

この方は仕事の都合で6週間空いてしまったのですが,2回目のセッション前に撮影したのが一番右の写真です。首が伸びた変化は保持されていて,セッション直後と骨盤のバランスが変わって水平性が得られています。

矯正的な考えの元に行う施術だと1回目直後の結果を正そうとして,左右差がなくなるようにさらにワークするかもしれません。しかし,そんな必要はないのです。身体が次にどう変わるか見守る時間があれば,より自分でバランスを探そうとするので,邪魔をしないのが一番です。

RolfingProcess6weeks

サンタクルーズの思い出

美しい街並みのサンタクルーズ。リベラルで革新的な雰囲気は居心地がよかったです。

 

 

IMG_1377

サンタクルーズのダウンタウンで
サンタクルーズのダウンタウンで
サンタクルーズのダウンタウンをCarol先生に案内してもらいました
クラス終了後サンタクルーズのダウンタウンをCarol先生に案内してもらいました

cropped-IMG_1261.jpg

サンタクルーズの美しい街並み
サンタクルーズの美しい街並み

 

サンタクルーズで一番古い映画館
サンタクルーズで一番古い映画館
打ち上げ なぜかSAPPOROを持参
打ち上げ なぜかSAPPOROを持参
お礼メッセージの詰まったカードと頂いたギフト達
乾杯!
乾杯!

IMG_1322

参加してくれたBethneyとLarryの夫妻は両方ともRolf Instituteの教員
参加してくれたBethneyとLarryの夫妻は両方ともRolf Instituteの教員
Carol先生の家からのいい眺め
Carol先生の家からのいい眺め
Carol先生の家からのいい眺め
Carol先生の家からのいい眺め
宿泊先 RIO SANDS HOTEL
宿泊先 RIO SANDS HOTEL

IMG_1277 IMG_1272

Carol先生の素敵なオフィス3
Carol先生の素敵なオフィス3
Carol先生の素敵なオフィス2
Carol先生の素敵なオフィス2
Carol先生の素敵なオフィス1
Carol先生の素敵なオフィスのグループワークスペース
宿近くの海岸
宿近くの海岸
サンタクルーズの街並み
サンタクルーズの街並み

サンノゼからサンタクルーズまでの道