月別アーカイブ: 2017年9月

小林 健 自然療法医師の知覚

先日,東京本草閣センターのオープン記念会があって,健先生にお会いした。そこで私の紹介もして頂いたのだが,まだ健先生ご本人にセッションさせて頂いたことはないが,私のやっていることを完全に把握していて,驚くと同時に感動した。

ここまで詳細に自分のやっていることを理解してくれる存在がいるとは思わなかった。

大まかにいうと,ここが固い,痛みがあるから,その場所に触れるというのではなく,その原因になっている大元のところ,離れたところから,順を追って,細かく調整している,ことを私を通してわかったのだという。知覚が拡大して様々なところまで意識を行き渡らせることができるサイキックな人々は確かに何人か知っている。しかし,具体的にここまでいい当てられるとは思っていなかった。

妻は私の仕事の意味を深いところで理解してくれている。それに加えて,仕事の具体的な中身,詳細について分かってくれる師がいることだけで,幸せである。地道に何かをやっていれば,誰かが観ていてくれるというのは,抽象的な例えではなく,本当のことのようである。

私も,ぱっと目にはわからないようなところだけれども,こだわって大切にしているところをきちんと観ることができる指導者になりたいものだとつくづく思います。

 

量子波実践プログラムの意味

自然派治療医師である小林健先生の提供する量子波実践プログラムを修了したところです。このプログラムの特徴として,

1.技術的はプロトコールを教える場ではない。

2.研修時間と認定は別。

3.それぞれの施術者が自分の技法の中で,量子波を使えることを目的にしている。

4. 余計なエネルギー交換,霊的な影響を相互に受け与えない状態での施術が可能となる。

  1. 肝と腎を重視するなどの原則はあるものの,手順などが厳密に決められているわけではなく,自由度が高い。
  2. 研修の時間自体は他の技法修得のためのトレーニングに比べると短く,実際に量子波が出ているかどうかで,健先生が認定を決めるようです。
  3. 鍼灸,ヨガ,楽健法,ロミロミetc.をすでに実践されている方が,これまで認定されており,それぞれの仕事の中で量子波を取り入れています。その人が得意とする技法を通じて,最大限に自分を活かそうとするときに,量子波もたくさん出るということでしょうか?
  4. 望ましくないエネルギー交換がないということは,とても大切です。施術者も健全さを保ったまま,何かを吸い取られたり,悪影響を受けずにセッションに集中できるということです。認定証には,「除霊力を持ったマスターヒーラーとして,,」という記述がありますが,宗教的な儀式や悪魔払いをするわけではありません。健先生によると,施術が精妙になってくると,霊がついたりということはよく起こるらしいです。これは,癒しが起こる周波数と,霊的な波動霊が極めて近いことによるもので避けられないそうです。レイキなどのエネルギーワークを行っている知り合いが,体調を崩したり,亡くなったりという例はあるので,よほど施術者自身の人間力が大きくないと安易には行わない方がいいということは分かっていましたが,健先生に出会ったこの辺りが明確になってきました。自分は霊を見たり敏感に感じたりすることはないのですが,自分が感じないということと,その影響や存在がないということではなく,無知の知と同じように,無感覚・無意識の知というのは大切で,霊的なものが感覚の死角にあるなら,それは意識の外に押しやらないようにすることが大切なんだと思います。現に,霊的なものはともかく,体調を崩すという体験はあるので,それは指標になります,自分の場合には。いわゆる霊媒体質ではないけれども,そういった悪影響を相手から受けずにワークを深めたいとしたら,この健先生のプログラムは,最もその解決に関係していると思います。

縁のお陰と運が重なり,認定されました。

 

施術者自らが健全さを保ちつつ,セッションを深めていくために

技法の種類に関わらず,施術の質やスキルが向上してくると,より受け手と深いレベルでつながり,様々な効果や改善といった結果が伴ってきます。

しかしながら,施術内容が深く精妙になってくるにしたがって,受け手から悪影響を受けやすくなって,過度に疲労を感じたり,健康を害した経験のある援助職の方は少なくないはずです。

では,施術者が,自らの健全さを保ちつつ,施術をより深め結果を出して行くにはどうしたらよいのでしょうか?

受け手との間合い,施術者のプレゼンスの向上や知覚状態,そして,量子波が大きな鍵になるようです。

「治すのではない,治る力を引き出す治療」を実践され,数多くの治療実績を積み重ねてこられたNY在住の自然療法医師,小林健先生。彼から実際に量子波を学ぶことは,多くのセラピストやプラクティショナーとそのクライアントにとっての福音になるはずです。