QWHタイトル文字
セッション

Jeffery

セッションについて

Philosophy

身体に対する捉え方


身体がなぜ大切なのか? 人生の方向性やライフスタイルと本来の自分との間にズレがあると,身体が軌道修正のサインを発してくれるセンサーとしての機能があるからです。このセンサーとしての機能を高め維持するには,身体をしっかり整える必要があります。適切に整うためには,施術者側の頭で正そうと矯正する意図からではなく,受け手の身体が"わかっている",という考えが基になっています。適切な間合いと施術者のあり方によって場があれば,身体は自分から再構成する力を発揮するのです。外圧的に押しつけられた施術側にとっても正しいことは,受け手にとって正しいとは限りません。定着する"いい変化"は,常に身体が納得しながら,時間をかけてゆっくり進むものだと思います。そのための,内発的で主体を失わない変化は,最小限の介入でなければならないと考えています。

Goal 

私のセッションの目指すところ


まずは,次の日に疲れを持ち越さず,休息できる身体を取り戻すことが最優先。そのためにゆだねる感覚と動き="イールド"が重要な意味を持ってきます。
そして,滞りなく,呼吸が身体全体に行き渡る液体の袋のような流動体としての身体。
違和感をすぐキャッチして,微細な働きかけにしっかり反応して,容易に自己再構成できる"応答力の高い身体"です。重力との親和性のみならず,周囲の空間との親和性を回復するサポートが統合を高めることです。
結果として,その人本来のシンプルでその人に合ったライフスタイルに向かうために,少しの間の手助けとして,セッションを活用してほしいと思っています。
「形不正即気不順 気不順即意不寧」(体の形が正しくなければ気は順調に流れない、気が順調に流れなければ意識は安定しない。)という気功の言葉があるそうです。身体の形を整えることで,滞りを定期的に解放しなければいけない状態から,滞りが起きにくい形へ,そして怪我をケアするやり方から,怪我が起こりにくい,ケアしなくてもいい状態へとシフトするための手段としてこのワークを捉えています。

How ?

すべてロルフィング®として


必要に応じて,Somatic Experiencing®,Rolf Movement®,Cranio Biodynamicsなどの技法を用いることはありますが,それらを統合した形で,ロルフィング・セッションとして提供しています。どんな場所,どのレベルの層からであっても,全体を包括してとらえることが,統合につながります。その際,流派や教義,技術はどのようなものであれ,もしそれが実りある働きかけであれば必ず身体構造の変化に反映される,というのが私の考えです。
それを確認するためにも,セッション前後の写真をデータとして常に残して経過を観察します。

Menu 提供中のワーク

機能するかたちへと

logoboy

田畑のロルフィングは,外から矯正するような押しつけではなく,身体が内発的に再構成するような”変容の場”を提供することから始まります。
繊細なタッチを用いるのは,実際の構造的な変化を無理なく引き出すのに最も効果的だという確信があるからです。タッチが優しくても,実際の構造変化と持続的な変化につながらなければ何の意味もありません。意味のある変化が起きたかどうかを確認するため,毎回セッション前後の写真を記録しています。
人間の身体構造の要は,肚の容器としての骨盤・腰です。肚に自然に力が入る状態を目指すとするなら,肚を支える骨盤が安定していること,さらにはその下で足・脚が支えがしっかりしている必要があります。
 
最初3回かけて,骨盤を下から支える土台づくり。Session 1 - 3  
→しっかり休息できる状態へ
3回に分けて,肚の容器としての骨盤を扱う。      Session 4 - 6
肚ができてくる過程
下肢,骨盤がしっかりしたところで,いよいよ頭。Session 7
中心線の立ち上がり
バランスが持続するようにつながりを引き出す。   Session 8 - 9
自然な2軸構造の確立と連携
シリーズを締める               Session 10
 

すべての動きの基礎になる動きを変える

Yielding underlies our basic relationship to the world. 
イールディング:ゆだねることは,私達が世界との関わりの根底にある。

- Suzanne Aposhyan

ゆだねる:イールドは,あらゆる動作の一番基礎となる動きです。したがって,この動きのクオリティが変わることが,すべての動きの質を変える鍵になるのです。また,関節の介しての大きな動きより,もっと遡ると,組織の動き,細胞のゆらぎがその基になります。こうした微細な動きの積み重ねが,大きな動きの質を決めています。専門的なパフォーマンスの動きが,アプリとしてのソフトウェアだとすると,そこを調整する作業より,基本ソフトであるOS自体を変えようとする試みが,イールドを通してのRolf Movement®になります。

"何もしない"ことをする

受け手と術者側にはある変容を促す特異な位置関係と施術者の存在状態があります。
動かずして変化を作り、無為にして目的を達成する力」は存在し,古典『中庸』には,(至誠)は、自分は何もしなくても、その人の持っている本来の力を十全に引き出すことができるとあるそうです。安田登さんのブログより。
 

西村光久氏の発明したCS60は,細胞内に蓄積している迷走電流を排出するための施術器具です。肩や頭部,或いは制限部位には電気的な帯電を,他に類をみない除去能力がCS60にはあります。蓄積したものが細胞外に出て行く時に、独特の痛みがあるのが特徴ですが、その後はまるで憑きものが取れたように関節などの可動域が広がり全体の連携も引き出されます。
手つかずの制限は、全体の統合が高まるほど主張してきます。
ここでは決して痛みを強要せず、いつでもNoといえる安全な場を提供した上で、C60を活用したいと考えています。 

自己調整している身体の叡智にゆだねる

野生動物にストレスがないのは,自然界には健全な状態にリセットする仕組みが元々備わっているからです。この身体の叡智にアクセスするのが,Somatic Experiencing(以下SE)。
ロルフィングのセッションの文脈の中で,この技法を使うことがあります。ですが,そもそもある出来事を"トラウマ"として捉えるより,ただの体験として捉え直すことが大切です。
そうでないと,深刻で解決困難な状況にあるという場に包まれ,様々な可能性に目が向かなくなるからです。
ロルフィングによって身体のバランスの基礎ができた後,ご希望に応じて提供しています。

Procedure  進め方

最初にしっかり身体の基本をつくる

 
ROLFING10シリーズ 
 
ROLFING・The Art of Yield 10シリーズ
 
一括割引有り。

回復に焦点

怪我・手術、傷痕などなど、状態を高めるというより、回復することに重点がある場合にお勧めします。
 
 CS60   
  

統合状態を高める

Advanced Rolding5シリーズ
 
Rolf Movement 8シリーズ
 
 

モニター、6歳〜18 / 80歳以上の方。また難病や医療処置などの影響が大きく,定期的に通う必要があるとこちらが判断した場合には料金設定が変わります。

渋谷区代官山 詳しい地図は,お申込みの後にこちらからお知らせします。

room
 

 ロルファー選びは,「縁」を感じるか,身体が自然にそちらに向くかどうか?だと思います。こちらのセッションについて少しでも興味があれば,次のインタビュー記事や体験レポートが参考になります。

Q健康って? 
インタビュー記事 
ソトコト2018
Rolfing講師の感想

Before 予め

セッションを受ける前に同意頂くこと

 

  • 重力との関係性を改善して身体を統合するというロルフィングの目的を十分理解していること。
  • セッションは,オーソドックスな医学的診断や処置としての"医療行為"ではないこと。
  • 提供される施術は,主訴の改善が目的ではなく,またそれを保証するわけではないこと。
  • 身体を治そうとする力の主体は,受け手側にあって,施術者側ではない。
  • 治癒の過程で起こりうる心身の反応と周囲の人間関係の変化を必要な過程として受け容れ,ロルファーに依存することなく,自分がそのプロセス全体に責任を持つこと。
  • 症状の改善を含む根本的な解決のためには,受け手の人生・ライフスタイルを見直す必要性を理解していること。
  • いかなる理由であれ,予約24時間以内の取消に関しては,取消料金としてセッション料金全額を支払うこと。

同意書と質問表をダウンロード→質問表と同意書

アリゾナの木

 雑誌ソトコトの投稿記事をダウンロードして読むことができます。

ロルフィング追求記 雑誌ソトコト

  1. 2009sotokoto.pdf    パート0
  2. sotokoto2013.pdf  パート1
  3. sotokoto2014.pdf  パート2
  4. sotokoto2015.pdf  パート3
  5. sotokoto2016.pdf  パート4
  6. sotokoto2017.pdf  パート5

雑誌ソトコトの記事の閲覧使用に関しては,(株)木楽舎様より許可を頂いています。

Rolf Instituteの機関誌への投稿記事

HOME > SESSION