QWHタイトル文字
セッション

Jeffery
Hiro’s work is exceedingly subtle.  His touch is light and brief—fleeting, like the strum of a guitar in a distant room. His  presence conveys the essence of safety.
- Mary Bond,  Emeritus Faculty of the Rolf Institute

Perspectives

身体に対する捉え方

身体がなぜ大切なのか? 人生の方向性やライフスタイルと本来の自分との間にズレがあると,身体が軌道修正のサインを発してくれるセンサーとしての機能があるからです。このセンサーとしての機能を高め維持するには,身体をしっかり整える必要があります。適切に整うためには,施術者側の頭で正そうする矯正する意図からではなく,受け手の身体が"すでにどう変化したいのかわかっている",という考えが基になっています。適切な間合いと施術者のあり方によって場があれば,身体は自分から再構成する力を発揮するのです。外圧的に押しつけられた施術側にとっても正しいことは,受け手にとって正しいとは限りません。定着する"いい変化"は,常に身体が納得しながら,時間をかけてゆっくり進むものだと思います。そのための,内発的で主体を失わない変化は,最小限の介入でなければならないと考えています。

Rest in contact

身体にやすらぎをもたらす

まずは,次の日に疲れを持ち越さず,休息できる身体を取り戻すことが最優先。そのためにゆだねる感覚と動き="イールド"が重要な意味を持ってきます。
そして,滞りなく,呼吸が身体全体に行き渡る液体の袋のような流動体としての身体。
違和感をすぐキャッチして,微細な働きかけにしっかり反応して,容易に自己再構成できる"応答力の高い身体"です。重力との親和性のみならず,周囲の空間との親和性を回復するサポートが統合を高めることです。
目指しているのは、健康や身体のことを気にしなくてもいい状態。依存的にどこかに通ったり、何かに頼って何とか維持している状態から抜け出せる器をしっかりさせること。
結果として,その人本来のシンプルでその人に合ったライフスタイルに向かうために,少しの間の手助けとして,セッションを活用してほしいと思っています。
「形不正即気不順 気不順即意不寧」(体の形が正しくなければ気は順調に流れない、気が順調に流れなければ意識は安定しない。)という気功の言葉があるそうです。身体の形を整えることで,滞りを定期的に解放しなければいけない状態から,滞りが起きにくい形へ,そして常に怪我と闘う状況から,怪我が起こりにくい,常にケアしなくてもいい状態へとシフトするための手段としてこのワークをお勧めします。

Intervention

傷めない働きかけで、痛まない状態へ

必要に応じて,Somatic Experiencing®,Rolf Movement®,Cranio Biodynamicsなどの技法を用いることはありますが,それらを統合した形で,ロルフィング・セッションとして提供しています。どんな場所,どのレベルの層からであっても,全体を包括してとらえることが,統合につながります。その際,流派や教義,技術はどのようなものであれ,もしそれが実りある働きかけであれば必ず身体構造の変化に反映される,というのが私の考えです。
それを確認するためにも,セッション前後の写真をデータとして常に残して経過を観察します。

Goal

目指すところ

最終的には、何処かに通わなくてもやっていけるバランスの身体で必要な時には、微調整で回復できる状態です。ストレスや負荷がかかっても、一晩でリセットできる、トラウマのエネルギーや迷走電流が溜まりにくい、流れのいい身体です。どんな優れた治療方法であれ、その治療体系にはまってしまうと、頻繁に通ってバランスするという”パターン”ができてしまい、身体もそれに甘んじて本来自力で排出できる力を奪うことになります。継続的に痛みが加わると、寛容化して、感覚の感度が低下が起こります。
身体の統合が進むと、強い圧力や痛みは過度の刺激となり、より繊細な刺激で十分に反応して自己組織化を発揮できる状態、それが目指すところです。むしろ過度の介入はバランスを崩すことになります。
繊細で精妙な介入によって、肉体を越えた深いレベルでの変容や解放もしばし起こるようになります。

Perspectives

身体に対する捉え方

身体がなぜ大切なのか? 人生の方向性やライフスタイルと本来の自分との間にズレがあると,身体が軌道修正のサインを発してくれるセンサーとしての機能があるからです。このセンサーとしての機能を高め維持するには,身体をしっかり整える必要があります。適切に整うためには,施術者側の頭で正そうする矯正する意図からではなく,受け手の身体が"すでにどう変化したいのかわかっている",という考えが基になっています。適切な間合いと施術者のあり方によって場があれば,身体は自分から再構成する力を発揮するのです。外圧的に押しつけられた施術側にとっても正しいことは,受け手にとって正しいとは限りません。定着する"いい変化"は,常に身体が納得しながら,時間をかけてゆっくり進むものだと思います。そのための,内発的で主体を失わない変化は,最小限の介入でなければならないと考えています。

Rest in contact

身体にやすらぎをもたらす

まずは,次の日に疲れを持ち越さず,休息できる身体を取り戻すことが最優先。そのためにゆだねる感覚と動き="イールド"が重要な意味を持ってきます。
そして,滞りなく,呼吸が身体全体に行き渡る液体の袋のような流動体としての身体。
違和感をすぐキャッチして,微細な働きかけにしっかり反応して,容易に自己再構成できる"応答力の高い身体"です。重力との親和性のみならず,周囲の空間との親和性を回復するサポートが統合を高めることです。
目指しているのは、健康や身体のことを気にしなくてもいい状態。依存的にどこかに通ったり、何かに頼って何とか維持している状態から抜け出せる器をしっかりさせること。
結果として,その人本来のシンプルでその人に合ったライフスタイルに向かうために,少しの間の手助けとして,セッションを活用してほしいと思っています。
「形不正即気不順 気不順即意不寧」(体の形が正しくなければ気は順調に流れない、気が順調に流れなければ意識は安定しない。)という気功の言葉があるそうです。身体の形を整えることで,滞りを定期的に解放しなければいけない状態から,滞りが起きにくい形へ,そして常に怪我と闘う状況から,怪我が起こりにくい,常にケアしなくてもいい状態へとシフトするための手段としてこのワークをお勧めします。

Intervention

傷めない働きかけで、痛まない状態へ

必要に応じて,Somatic Experiencing®,Rolf Movement®,Cranio Biodynamicsなどの技法を用いることはありますが,それらを統合した形で,ロルフィング・セッションとして提供しています。どんな場所,どのレベルの層からであっても,全体を包括してとらえることが,統合につながります。その際,流派や教義,技術はどのようなものであれ,もしそれが実りある働きかけであれば必ず身体構造の変化に反映される,というのが私の考えです。
それを確認するためにも,セッション前後の写真をデータとして常に残して経過を観察します。

Goal

目指すところ

最終的には、何処かに通わなくてもやっていけるバランスの身体で必要な時には、微調整で回復できる状態です。ストレスや負荷がかかっても、一晩でリセットできる、トラウマのエネルギーや迷走電流が溜まりにくい、流れのいい身体です。どんな優れた治療方法であれ、その治療体系にはまってしまうと、頻繁に通ってバランスするという”パターン”ができてしまい、身体もそれに甘んじて本来自力で排出できる力を奪うことになります。継続的に痛みが加わると、寛容化して、感覚の感度が低下が起こります。
身体の統合が進むと、強い圧力や痛みは過度の刺激となり、より繊細な刺激で十分に反応して自己組織化を発揮できる状態、それが目指すところです。むしろ過度の介入はバランスを崩すことになります。
繊細で精妙な介入によって、肉体を越えた深いレベルでの変容や解放もしばし起こるようになります。

Menu 提供中のワーク

機能するかたちへと

logoboy

"外からの介入が少なければ少ないほど、そこで身体が自発的に起こした反応は、定着しやすい。"という考えに基づき、身体が内発的に再構成するような”変容の場”を創り出すことを重視します。
繊細なタッチを用いるのは,実際の構造的な変化を無理なく引き出すのに最も効果的だという確信があるからです。タッチが優しくても,実際の構造変化と持続的な変化につながらなければ何の意味もありません。意味のある変化が起きたかどうかを確認するため,毎回セッション前後の写真によって確認します。
人間の身体構造の要は,肚の容器としての骨盤・腰です。肚に自然に力が入る状態を目指すとするなら,肚を支える骨盤が安定していること,さらにはその下で足・脚が支えがしっかりしている必要があります。
 
Session 1 - 3 :身体の表層を包む感覚層から,骨盤の土台づくり。 
 
 Session 4 - 6:肚の容器としての骨盤を整える。     
 
Session 7:消化システムと神経システムとの統合。
 
Session 8 - 9:つながりと連続性
 
Session 10:入力を閉じることで、自らバランスを取り始める
 

すべての動きの基礎になる動きを変える

Yielding underlies our basic relationship to the world. 
イールディング:ゆだねることは,私達が世界との関わりの根底にある。

- Suzanne Aposhyan

ゆだねる:イールドは,あらゆる動作の一番基礎となる動きです。したがって,この動きのクオリティが変わることが,すべての動きの質を変える鍵になるのです。また,関節の介しての大きな動きより,もっと遡ると,組織の動き,細胞のゆらぎがその基になります。こうした微細な動きの積み重ねが,大きな動きの質を決めています。専門的なパフォーマンスの動きが,アプリとしてのソフトウェアだとすると,そこを調整する作業より,基本ソフトであるOS自体を変えようとする試みが,イールドを通してのRolf Movement®になります。

 

イールド自体は、他の身体技法(例:Body-Mind Centring等)でも紹介されていますが、田畑のアプローチにおいて、変容の場を形成するためのプラクティショナーの知覚を含んでいるということが、他の技法と異なる、肝要な点です。
 
The Art of Yield approach is a derivation of ‘yield’ touch being taught in some Rolf Movement trainings. A key difference is that integral in Tahata’s approach is the ongoing inclusion of the practitioner ’s perception, which creates the field the work occurs in. For more information, see the article entitled “Yielding” in the June 2012 issue of Structural Integration. From that article: “Yield is the first developmental movement. Often misunderstood as a passive surrendering or a ‘doing nothing’, yielding is in fact an active coming into relationship and is the fundamental movement behavior underlying all others.”  - Anne Hoff
 

イールドワークについてのフィードバック

リサ・メイ・フェアマン, Rolf Institute Rolfing教員 

2017年Rolf Institute教員会議でデモセッションした後での感想:
 
共にセッションしたことは、私にとっては、数年前に体験した溺水事故によって、鈍く不明瞭になっていた身体と精神のつながりと在り方を取り戻す助けになりました。
もう一つシェアしたいのは、セッション前後で体験したことが、その溺水事故で経験した臨死、または死からの蘇生体験といっていいかもしれませんが、それに極めて似ているという点です。その体験は、つながっていて何かに属している感覚 - 肉体的、霊的、情動的で、深く、心の底からの’喜びと安らかな感覚’でした。溺れている間、どんなにもがいて足に絡まったロープから逃れようとしてもそれが無理だと分かった瞬間、私は清々しさを覚えました。自分を解き放ち、自由になり流動的になるのを感じました。それは素晴らしい体験でしたが、私が死にかけた溺水体験が、どうこのMA(間)を用いたロルフィングセッションと関連しているのかはわかりません。想像するに、様々な形をとるにせよ、本質的に深く満たされた喜びと安心を体験する時には共通する何かがあるのかもしれません。或いは、恐らくですが、私がMA(間)について、その性質、つまり一呼吸置くこと、空間、関係性、それらをちょうど理解しはじめる時なのかもしれないということなのかもしれません。
ヒロ、興味は尽きません。あなたのワークと重要な概念であるMA(間)をシェアしてくれてありがとう。
 

メアリーボンド, Rolf Movement教員感じる力でからだが変わる: 新しい姿勢のルールの著者

2013年のアリゾナ州フェニックスでの教員セミナーにて、田畑がBond氏にイールドワークのデモを行った後で数回クラスを教えた感想として:
 
私は、技術や一つの働きかけとしてではなく、イールドワークを提供した。それは、最大限にプレゼンスを保ち、一歩離れては見守り、静かに居心地よくいることで、何度も全体を捉え直すという探求である。 ほとんどの参加生は、このワークを進んで試み、自分とワーク自体にプレゼンスがさらに増す感覚がとても気に入ったようだった。

キャシー・マコーネル、アドバンストロルファー、ロルフムーブメントプラクティショナー  

2015年SantaCruzでのワークショップに参加した後:

 
ロルフィングのプラクティスにおいて、私はマインドフルな状態でセッションを開始し、変容の場を創り出す意図と共に、セッションを通して、豊かなプレゼンスを維持する助けとなるある状態に入ることを見出した。
私は自分の背後、特に"肚"に意識を持ち続ける限り、その場の中に"流れ"を呼び込むことができる。時はゆっくり流れ、直感が浮かび上がる。私が何かを成し遂げたいという考えが空間に入り込む前に、手は次にどこに行こうとしているかが分かるように感じる。呼吸、身体、すべて、とりわけクライアントの身体がより透過できるように感じる。"今に居ること"が優先され、頭でセッションを組み立てようとする思考は、後回しになる。
 クライアントからの感想は、とてもポジティブになった。統合がそれぞれ固有の出会いから生まれるものであるが、彼らは、私同様に軽いタッチがどんなに効果があるのかにとても驚く。長年通っているクライアントの一人は、それをこんな風に表現している。キャシーがワークすることを少なくすればするほど、私はより感知することが多くなる。  
 
私のプラクティスの本質は、新しい方向に進化している。今このワークは、自分とクライアント、そしてその関係性()によって活性化される第3の有機体と共に存在している。
 
Rolf Institute機関誌Structural Integration のインタビュー記事から抜粋
 
サンタクルーズでのクラスに参加してくれたロルファーLarenさんのコメント
 
今日、クラスの中で体験したヒロとの素晴らしいセッションに感謝してます。このワークショップに参加したことは、私の人生、そしてロルフィングの学びと存在の経験に対する関係性を永遠に変えることになるでしょう。このクラスを開催してくれたCarol Agneessensとヒロに深い感謝を感じています。将来、もっとクラスを開いてくれることを望んでいます。日本に行く方法も見つけないとね。

西村光久氏の発明したCS60は,細胞内に蓄積している迷走電流を排出するための施術器具です。肩や頭部,或いは制限部位には電気的な帯電を,他に類をみない除去能力がCS60にはあります。基本的な20-30Kgの圧力を用いる使い方とは異なり、最小限の圧力で滞りを抜きながら、つながりに焦点を当てます。この独自のやり方は、西村先生とのコラボイベント(2018.12.4)でも紹介させて頂きました。
 痛みや皮膚への強い圧力、一方向の介入に対して敏感なタイプの方にお勧めします。

自己調整している身体の叡智にゆだねる

野生動物にストレスがないのは,自然界には健全な状態にリセットする仕組みが元々備わっているからです。この身体の叡智にアクセスするのが,Somatic Experiencing(以下SE)。
ロルフィングのセッションの文脈の中で,この技法を使うことがあります。ですが,そもそもある出来事を"トラウマ"として捉えるより,ただの体験として捉え直すことが大切です。
そうでないと,深刻で解決困難な状況にあるという場に包まれ,様々な可能性に目が向かなくなるからです。
ロルフィングによって身体のバランスの基礎ができた後,ご希望に応じて提供しています。

全力で"何もしない"ことを"する"

その場においての特定の場に存在する位置関係から、変容を促します。
動かずして変化を作り、無為にして目的を達成する力」は存在し,古典『中庸』には,(至誠)は、自分は何もしなくても、その人の持っている本来の力を十全に引き出すことができるとあるそうです。安田登さんのブログより。
 

Procedure  進め方

重力との関係性を改善し、身体の基礎を築く 

10シリーズRolfing® Structural Integration

 1時間/セッション     2 万円    
 1.5時間/セッション 2.5万円
 
※ 年齢特割:30分 1万円 5才以下
      45分 1.5万    6 - 18 才
 
※※モニタープログラム:写真/動画データの使用許可及びレポート提出できる方 

 Rolfing with The Art of Yield 

 3万円/セッション  (〜2時間程度)
 
時間的な制約を設けず、回数も設定せず、その時に必要なことをワークします。田畑の現時点での集大成としてのワークです。
身体が内側から再組織化するプロセスを促し、空間との関係性をしっかりとります。

快適さや機能を追求する

Advanced Rolfing®

advancedsessions

Advanced Rolfing® 例:5回シリーズ
Rolf Movement® Integration   例:8回シリーズ

出産、交通事故、怪我、歯科治療を含む医療処置などの影響からの快復を促します。それが昔のことであっても身体は何らかの影響によってバランスが崩れている場合があります。
 
Somatic Experiencing®、Rolfing®, Rolf Movement®, The Art of Yield, Cranial Sacral work, CS60等を必要に応じて使い分けします。
 
 ロルフィングシリーズの準備としてもご利用頂けます。
難病、慢性疾患、不慮の事故などの理由により月に1回以上継続してセッションを受ける必要がある場合はご相談ください。

 Somatic Experiencing®

日々のストレスの蓄積も少なく自己調整能力が高く、 45分以内でまとまる統合された状態; 1.5万円 
セッションがまとまるのに60分程度かかる場合 ; 2万
全身麻酔を伴う医療トラウマや長期虐待を伴ってまとまるのに90分程度かかる場合 ;2.5万

CS60  

CS60のみを用いて、身体に流れを取り戻す手助けをします。ロルフィングを受ける前の準備、傷痕への働きかけにもご利用ください。
基本料金:1時間1.5万円〜

渋谷区代官山 詳しい地図は,お申込みの後にこちらからお知らせします。
最寄りは、東京メトロ東急東横線・代官山駅または、JR渋谷駅(出口16番b)です。

roomroom
 

Before 予め

セッションを受ける前に同意頂くこと

 

  • 重力との関係性を改善して身体を統合するというロルフィングの目的を十分理解していること。
  • セッションは,オーソドックスな医学的診断や処置としての"医療行為"ではないこと。
  • 提供される施術は,主訴の改善が目的ではなく,またそれを保証するわけではないこと。
  • 身体を治そうとする力の主体は,受け手側にあって,施術者側ではない。
  • 治癒の過程で起こりうる心身の反応と周囲の人間関係の変化を必要な過程として受け容れ,ロルファーに依存することなく,自分がそのプロセス全体に責任を持つこと。
  • 症状の改善を含む根本的な解決のためには,受け手の人生・ライフスタイルを見直す必要性を理解していること。
  • いかなる理由であれ,予約24時間以内の取消に関しては,取消料金としてセッション料金全額を支払うこと。

同意書と質問表をダウンロード→質問表と同意書

sessionroom
  • "私はセッションルームに一歩入っただけで、ものすごく落ち着いて気分が良くなるのを、毎回気のせいなのかな、と思いながら、これは田畑さんの(お言葉を借りるなら)間合いなんだと確信しました。"     あるクライアントの方の声

掲載書籍

BodyMandala
 
Q
 
QLife
 
Yurumete
 
LifeCreattion
 
Ohtagaki

1.Rolf Instituteの名誉教員Mary Bond先生の著書「Your Body Mandala」にて、田畑のワークについて書いて頂いています。
"Hiro's work is exceedingly subtle. His touch is light and brief - fleeting, like the strum of a guitar in a distant room. His presence conveys the essence of safty..."
2.「Q健康って」 (幻冬舎,よしもとばなな著)"目標より過程"としてインタビュー記事が掲載されています。
3.「Q人生って」 では,ロルフィングやソマティック・エクスペリエンスについて紹介されています。
4.「ゆるめてリセットロルフィング教室」では安田登さんから、お勧めロルファーとしてご紹介頂いています。
5.「人生を創る」 (ダイヤモンド社,よしもとばななxウィリアム・レーネン著),サイキックチャネラーであるウィリアム・レーネンさんから私のワークに関してのコメントを戴いています。
6. 漫画家の大田垣晴子さんには,「わたしってどんなヒトですか?」(ダヴィンチ・ブックス)の中で,ロルフィング体験を分かりやすくマンガで説明して頂きました。

その他の記事

1.能楽師安田登さんによる私のワークに関する記事
2.ロルファー大久保圭祐さんによる甲野善紀先生とのセッションのレポート 

 雑誌掲載

雑誌ソトコトの投稿記事をダウンロードして読むことができます。

  1. 2009sotokoto.pdf    パート0
  2. sotokoto2013.pdf  パート1
  3. sotokoto2014.pdf  パート2
  4. sotokoto2015.pdf  パート3
  5. sotokoto2016.pdf  パート4
  6. sotokoto2017.pdf  パート5
  7. sotokoto2018.pdf  ロルファー見聞録

雑誌ソトコトの記事の閲覧使用に関しては,(株)木楽舎様より許可を頂いています。

Rolf Instituteの機関誌Structural Integration

HOME > SESSION