Faq
よくある質問

ロルフィング®とは、どういうものですか?

ロルフィング®とは、アイダ・ロルフ博士(Ida Pauline Rolf)が生み出したセッションです。アイダ・ロルフ博士(Ida Pauline Rolf)は柔組織(筋膜)にストレッチや圧を加えると組織が動くことを発見し、「柔組織(筋膜)を本来あるべき位置に動かして身体のバランスを整える」というロルフィング®の基本原理を生み出しました。
多くの療法の考え方は「痛みを緩和する」ことが基本ですが、ロルフィング®は「身体を教育する」というところに収束します。身体がシステムとしてまとまりを持ち、効率のよいエネルギーシステムをつくるためには、どうしたらよいかを考えています。

筋膜にアプローチして、姿勢を矯正するということでしょうか?

矯正するというより、結果として身体のパーツがうまく並ぶように働きかけます。外部から動きのないところに動きを与えたり、ケガやトラウマなどの影響を受けてフリーズしているところを巻き戻したりします。

トラウマを癒すことはできますか?

身体を通じ、精神面や情緒に対しても効果が期待できるということはありますね。
身体に溜まっている余分なエネルギーの解放により、体内の流れが促され、滞りにくい身体に近づけることができます。「いつの間にか過去にとらわれなくなっている」という方も少なくありません。

ロルフィング®と出会った経緯について聞きたいです。

中学3年(当時14才)に交通事故に遭い、身体のバランスが悪くなったのが始まりです。
事故後はしばらく膝が痛み、日に日に強さが増していきました。会社員になってからは毎年ぎっくり腰になり、ひどいときは寝込んでしまうことも。自分にとってはそれが当たり前になっていましたが、ロルフィング®を受けてから痛みに悩むことが減りました。私はこれはおもしろいと思い、当時勤めていた会社のプロジェクトが終了後、ロルファーの道を志しました。

ロルフィング®に組み込まれているイールドとは、どんな技法ですか?

イールドとは、ゆだねたり預けたりする動きのことで、いろいろな動きのベースになっています。この動きを引き出すことを基本としており、セッション時はなるべく安全な場をつくり、必要なだけ受け手に少しずつ刺激を与えていきます。
生きている組織の動きの反応を高め、深い変容のためのシステム全体の一体化を促す。それがイールドの技法(Yielding embodiment®)の目的です。施術者のタッチは、心身のシステムを非常に深いリラックス状態まで導き、関節とコアにスペースを与えます。

ロルフィング®が痛くないか心配です。

ご安心ください。痛いから効果があるという考えは、いわば根拠のない思い込みです。強い圧力で変化を強要すると、身体はかえって抵抗し、萎縮してしまうことも少なくありません。
身体が広がりを取り戻すためには、まず身体をゆだねられる安心・安全な環境が必要です。圧力が強すぎると感じる場合は、ロルファーにお伝えください。加える圧力を調整します。

得られた変化は、続きますか?

根本的な制限が解放され、全体として機能し始めると、局所的に負担をかけるような状態と動きの改善が期待できるようになります。一般的に10シリーズを受けたあと、統合された身体は少なくとも年単位でバランスが維持されるといわれています。実際に写真で変化を記録していきますが、セッション開始前と同じ状態に戻ってしまうことは少ないと思っていただいて構いません。
10シリーズ終了後、アドバンストシリーズやロルフムーブメント®セッションを積み重ねて、やっと起こる変化もあります。統合には段階があるのです。

セッションの受け方について教えてください。

まずは基本となる10回のロルフィング®シリーズをお受けいただくことをおすすめします。どのパーツが身体全体に対して、どう影響しているのか。それを把握するためにも7回かけて全体に働きかけ、残りの3回でつながりを高めて統合します。
施術期間は最短で15日程度。場合によっては、月1回くらいのペースで進めることもあります。服装は、ストレッチの利いたスポーツウェアやジャージなどがおすすめです。

Contact
お問い合わせ

お問い合わせ・お申し込みは、メールフォームから承ります。