ADHDと診断された方へのリモートセッション

「自分の言語優位な頭でっかちの生き方を変え,身体や空間との非言語的な対話をもっと大切にしてゆかなければいけない」という人生全体に関する根本的な気づきが与えられたことが大きいです.

10回のストラクチュラルインテグレーションのシリーズを終了された方から、50分のリモートセッションのご希望があり、Zoom経由でセッションしました。感想をお送り頂いたのでご紹介します。(転載許可は頂いています。)

先日は施術をしていただきありがとうございました.感想をお伝えしたくてメールしております:


・遠隔にも関わらず,以前に生のロルフィング/SIの施術を受けたあとと同じような感覚が身体に残っています(軽い肩こりのような症状が出たり消えたりする,呼吸が深くなっている,地に足がついている感じがあるなど).大変興味深いです.

・もともと,ADHDによる集中困難の症状が主な困りごとだったのですが(頭の中が常にチリチリ・チラチラしていて仕事や学業に集中しづらい感覚がありました),田畑さんの施術を受けてから,物事にfocusしやすくなっているような気がします.とはいえ視野狭窄的なfocusの仕方ではなく,もう少しふわっとした感じのfocusの仕方と申しますか.木も見て森も見る感じと言いますか.

・施術中に目を閉じつつ手や足を動かした時に,自分のボディイメージが「見える」ようになっていたのには驚きました.今は施術中に比べると少しぼやけましたが,施術中は手の小関節一つ一つまで「見えて」いました。

・話はややそれるのですが,先日,精神科で実施したIQテストでは言語性IQ>>動作性IQを指摘されました.つまり「言語的な処理能力は高いが,非言語的な処理能力が相対的に弱い」という話で,確かに自分は昔から何事も言語化して理解したがる傾向があるのです.

・これまでの人生の中で,本来は非言語的に「身体で覚える」方が自然なはずの「手作業の手順」や「武道の型」なども,私は言語に逐一翻訳して理解しようとしてきました.しかし,複雑な動作になればなるほど言語化が難しく,(仮に言語化できたとしても)言語化した際のデータ量も膨大になるので短期記憶やワーキングメモリに負荷がかかり,多くの場合,メモリの容量オーバーで破綻してしまうわけです.身体で覚え理解すべき事柄を無理やり頭(≒言語)で覚え理解しようとした結果,ワーキングメモリに負荷がかかり,集中力が奪われてしまう.…これはあくまで仮説に過ぎませんが,私の内部でこのようなことが起きていたのではないかという気がしたため,ロルフィングを受ける中で自分の身体や周囲の空間と非言語的な形で対話することが役に立つのではないかと思い,今回田畑さまの施術を受けてみたわけです.

・結果として施術を受けたのは大正解だったかなと思っています.集中困難という特定の症状の改善に繋がりそうという意味でも「施術を受けて正解」だったと思うのですが,それ以上に,「自分の言語優位な頭でっかちの生き方を変え,身体や空間との非言語的な対話をもっと大切にしてゆかなければいけない」という人生全体に関する根本的な気づきが与えられたことが大きいです.

セラピストへの10分遠隔セッション

対面ロルフィングセッション、及び50分のリモートセッションを2回受けて頂いた方への、10 分遠隔セッションのご感想です。

↓ ↓

エネルギーワークのようなものだったのでしょうか。ただ、寝転がっていたときに体の膝などの体の筋を伸ばされるような感覚を感じました。

そのあとは痛みがなくなって、体も軽やかな感じがしました。嬉しくて足を伸ばしてみたら、股関節がぎくっとなりました。

その後、少し痛みはあるのですが、気がつけば、今回のセッションの前のセッションから肩こりや頭痛は解消されています。そう思うと、体が変化しているので、その変化を体全体がバランスを取ろうとしているのでしょうか。

今も少し痛みが残ってはいるのですが、体の柔軟性は出てきています。年齢も、微妙な時期に来ているので、いろいろと体も変化しているので、なんとも言えないこともあるのかもしれませんが、
最近、気づいたのは、変化するまえに、好転反応が起きてその後、痛みがなくなるパターンもあったので、少し様子をみてみるのもと思いました。

ありがとうございます。ただ、ロルフィングは治療ではないと田畑さんがブログのどこかに書いておられた気がするので、体がどう変化していくかということが必ずしも、自分が希望するものでないこともあるということを頭に入れておく方がいいのかなぁと思いました。

Rolfer’s NOTE:

セッションは、治療の意図でワークしているわけではないけれども、
様々な改善は結果として起こってほしいとは思っています。
記載が薬事法に抵触しないようにしたい意図に加え、包括的にセッションをプロセスとして捉えてほしいという両側面から、「治療ではない」という表現になっています。それ故、一般には伝わりにくい説明となってしまいます。
また、ある症状の改善に執着して焦点を合わせ過ぎると、他で起こっていることを見逃してしまうということ避ける意味もあります。

ご夫婦で遠隔セッション

セラピストで一度遠隔セッションをお受け頂いた方から2度目のセッションのご希望と、ご主人にご紹介頂き、ご夫婦で遠隔セッションを行いました。ご主人には英語でセッションさせて頂きました。

↓ ↓ ↓

夫はとても楽しかったと、そして、リラックスできたと申しておりました。僧侶である夫はボディスキャンメーディテーションみたいだと。(何かアメリカの仏教でそういった手法があるようです。)

セッション後、いつもより、ぐっすり眠っているようにも思われました。

私は前回のセッションと今回のもの、そして、今勉強している心理系の学びにリンクしている情報が出てきたり、体の痛みが自分の姿勢から来ており、それが、子供時代につながったという、そして、それが自分にとってどういう意味があったかという気づきにも繋がりました。

面白いです。10年若かったら、ロルフィングも学べたらよかったなぁと。ただ、生物や医学的、科学的なことはとても苦手なので、私には難しいかもしれません。(笑)

また、最近、我が家のスローガンは柔軟性で、今まで田畑さんのセッションを勧めたことがあったのですが、今回、やってみると言って、無理強いしたのではなければと思いつつ、私も少し恐る恐るでした。

ただ、この体験について夫はオープンになって観察してみるということで、少し、時間をおいて二人でセッションを振り返りました。

ただ、自分の体験や夫の体験を二人でシェアして話ができたこともよかったです。

田畑さんのセッションは私たちの体に触れていないのに、田畑さんのガイドで自分で自分にアプローチ、マッサージしているというのがいいなぁと夫とも話しました。

また、いろいろと自分たちの中で熟成していってみます。

ありがとうございました。

オンラインRolfingセッション

別のロルファーからロルフィングセッションを受けて途中からこちらでシリーズを完結された方への遠隔50minセッションの感想を頂きました。以下ご本人の了解を得て、引用させて頂きます。

↓↓

本日のセッションありがとうございました。

半年程前にセッションを受けさせて頂いたのですが、その時から着実にゆっくり体が変わってきていたんだなぁということが感じ取れたセッションでした。

今回初めてのオンラインセッションでしたが、実際にお会いして受けるセッションとはまた違った良さがあったように感じました。
実際に手で触れるか触れないか田畑さんがその場にいるかいないかという差は大きいですが、移動が長距離で疲れてしまうのでそれがないことや普段慣れている場所で出来るという点で安心して受けられた部分は大きかったです。

初めてのことで不安もありましたが、セッションルームで受けた時と同じく田畑さんの声に従っていくうちにどんどんリラックスして受けることができました。

今まで受けてきたセッションと今回のセッションとでどちらが良いかというよりその時々で併用できるような良さを感じました!

また機会がありましたら、よろしくお願い致します。

沖縄の方との遠隔セッション

先週行った遠隔セッションのご感想を頂きました。

視界がクリアになったことにまず驚きました。気分がモヤモヤしているという自覚はありませんでしたが、視覚がぼんやりとしているだけでも実はフィーリングにも影響しているものなのだな・・と、肉体からのアプローチの面白さに度肝を抜かれました。フィーリングがいかに曖昧なものか、ということもまた理解しました。

癖としてフィーリング重視してしまうことによって「自粛」というキーワード(言葉)からジワジワ侵食されていたのかも知れません。肉体は実は動きたかったのですね・・と自分と会話しました。
遠隔セッション受けてみよう!と思い立った時の自分はきっと肉体の意識が先行していたと今思い返しています。

セッション後、やりたいこと・話をしてみたいことに躊躇なく行動にうつすことができるようになりました。また「間違っていたらどうしよう・・」と不安になることがなくなりました。体験の喜びを肉体が知り、安心したからかな?と思っています。

面白く、そして実際に活力がわいてくるセッションをありがとうございました!

Zoom遠隔セッション(化学療法中)

乳癌除去後、セッション1回目まで化学療法中で療養されている方のレポートです。

Zoomセッション3回目

田畑さんのzoomセッションに。

今日はヨガマットに横になってやりました。
位置決めでは横になった時に落ち着く場所を探すよう言われて、何となくいつもひとりでゴロゴロする時に好んでる位置に寝転がってみました。「どんな感じがしますか?」と尋ねられて「肩甲骨周りに緊張を感じます」と答えたら「頭を逆方向にしてみたらどうですか?」とアドバイスされてそうしてみたら肩甲骨周りに暖かい感じが出てきました。そこからまた田畑さんのアドバイスで角度を少し変えて、より肩甲骨がふんわり床について暖かく感じる位置からスタート。

寝た感じと立ってる時とで感覚が全然違うので、これはいちいち寝転がって確かめないと私にはわからないみたい。

感覚を向ける場所やイメージを誘導して頂きあれこれしているうちに少しずつ呼吸が落ち着いてきました。呼吸が私の意識のコントロールから離れていって、鳩尾らへんがぐーっと床に引き込まれるような重たい呼吸になったり、軽くなってお腹の方に息が入るようになったり。徐々に息が長くなっていったり。

今回は落ち着きを失ってた割にすっと身体に入ってゆけてリラックスできたのだけれど、リラックスしすぎて細かい記憶があんまりない💦

なので印象深かくて覚えている感覚だけ。

・股関節辺りが明るくなるような、広がりが出てくるような感覚について、田畑さんが「ではその感覚を加速してみてください」とおっしゃったので、「朝、窓をぐっと開いて外の空気を吸いながら伸びをする」感覚を股関節に持ってみました。自分で書いていても変な感覚なのだけれど、何故かそれがスッとできて「不思議な感覚だなあ」と思っていたら「そうそう、その感じです」と言われたのですが、田畑さんにはどんな風に見えているのだろう…(しかもオンラインで)。不思議。

・呼吸が深く長くなってきて落ち着いてきたときに「頭を左右に向けてみてその時の感覚を感じてみてください」と言われてやってみたら、肩幅が凄く狭くなって少し窮屈な感じがしました。何をしたのか思い出せないのだけれど、田畑さんのアドバイス通りにしてみたら腕が耳くらいの背骨(第1頸椎?)のところから生えてるような感覚がした。「人」みたいな形ににょろんと。凄く奇妙な感覚でした。首の位置を変えて身体を感じてみるようアドバイスを受けてそうしてみたら「鎖骨の合わせ目あたりからが腕」みたいな感覚に変化。田畑さんが「背骨と腕のまとまりの感じですか?」とおっしゃっていて、たしかにそうだし、そういうのを今まで感じた事がなかったのかもしれない。

・自宅だからというのもあるのだと思うけど、セッション中ふっと部屋の気配が懐かしい感じ、子供の頃みたいな感じがする時がありました。セッション終わりにまた鳩尾が床にぐっと引き込まれるような深くて重たい呼吸に切り替わりそうな気配があって「起き上がらなくていいので、このまま切りますね」と田畑さんがzoom切ってセッション終えました。

そのまま横になって呼吸に任せていたら、ふと泣いてる子供みたいなイメージがでてきた。泣いてる時の胸の痛みの感覚も。シンクロして一緒に泣けるほど距離は近くないし、どうすればいいのかよくわからないなあと思って眺めていたのだけれど、ふと朝寝ぼけながら読んだ記事(田畑さんがシェアされていた、吉本ばななさんのホ・オポノポノとかウニヒピリとかに関するもの)で、自分の中の小さな子供に「ありがとう」「ごめんなさい」「許してください」「愛しています」と言うといいって書いてあったのを思い出して、よく意味は分かんなかったけどとりあえず言ってみるか〜と思ってその子に「ありがとう」「ごめんなさい」と言ってみた(後半2つは覚えてなかったし、何に対する言葉なんだろうとは思ったけど)。それに対して特にリアクションはなく呼吸が軽くなってきて子供のイメージは消えたけど、四つの言葉が何に対してなのか気になったので本を読んでみよう。

セッション後は背中の空間が出てきて鳩尾が軽くなりました。胃腸も少し元気が出てきたみたい。今回のzoomセッションはかなり対面セッションに近いような感じがしました。色々と興味深かった〜!

Zoom セッション 2回目

田畑さんのzoomセッションに。

セッションルームで受けるのも楽しいけど、やっぱりオンラインだと全く別物としての面白さがあります。

今日の調子として、鳩尾のつかえと右目の痙攣とイライラどんよりした気分をお伝えしてスタート。

まずは田畑さんに手伝っていただきながら、椅子に座ってのポジション探し。座り方によって鳩尾のつかえが少し楽になることを見つけてから、楽な身体の向きを探しました。

後ろを向くと圧迫感があり、左右に向きすぎると鳩尾の重さがシャープに、痛みに近い感じに感じられました。まずは少しだけ右を向いた位置で様子を見ました。身体の中心の軸が通る感覚が出てきた。

今度は少し左を向いてみました。右と比べて中心の軸ではなくて周りにふわんと広がっていくような感じ。

どっちも悪くはない気がするとお伝えしたら「どっちで進めてみたいですか?」と尋ねられたので「馴染みがある感覚は左で、割と新しいのが右です」という事で、新しい感じの方で進めてみることにしました。

やや右でしばらく待つと下から上に向かう軸の流れとともに鳩尾以外の上半身の力が抜けて、身体の内側のスペースが出てきた感じ。でもまだ鳩尾の重さがある。

次に田畑さんの提案で立ってみたら、座っている時よりも頭上の空間や地面を感じ取りやすくていい感じでした。身体の向きも、やや左寄りの後ろ向きの時に空間が軽くなる感覚があって、しばらくその向きで様子を見てみました。施術台でyield受けてる時と同じくらいの感じでお腹がポカポカ暖かくなってきて、自分の中でいつもこの暖かさと横たえた身体が施術台にぺたんとくっついていく感覚がセットになっていたので「コレ立っててもなるんだ…」と面白かった。

田畑さんに「私は身体の共鳴としてお腹と腿の前側を感じますが、どうですか?」と尋ねられ、「お腹はポカポカするけど、前腿はわかりません」とお答えしたら「では、前腿が感じ取れるくらいの小さな動きで足踏みしてみてください」と言われました。

やってみたら足の裏が暖かくなってきました。猫が前足で毛布とか踏み踏みしてるみたいな感じだなあ…と思いながら踏み踏みしてたら、踏み込む感じが強くなってきて、饂飩の生地を足で踏んで捏ねてるみたいな感覚になってきた。これは…!超楽しい!しかも、踏み込む足と連動して肩甲骨あたりが動いている感じ。身体に纏まりが出てきて、捏ねてる私と捏ねられてる私が一体化してるみたいな…これはまさにパントマイム😆

ノリノリで捏ねていたら、腕が置いてきぼりになっているのが気になってきました。肩が前に入って繋がりが途切れ、二の腕近辺がめっちゃ違和感。

「手が動きたがっている動きを探してみたらどうですか」と提案して頂いて探してみて、手首くらいのとこを参加させてみたけれどイマイチ。

次に「肘を使ってみたら」と提案して頂いてそのようにしてみたら、かなりいい感じになりました。首も動き出した感じ。でもまだ途切れがちなインターネットみたい。特に「捏ねるぞ」という意識が強くなると、身体の中に滞り?力み?ポイントが出てきて、流れを妨げてギクシャクしてくる感じ。そうなってくるとイメージを見失い、連動も途切れてしまう。自分が何してるのか分からなくなってきて、動きの目的とか正解とかを問いたくなってくる。でも今私うどん捏ねるパントマイムしてる訳じゃないし、そこを問うのも違う気がする。けど「問わないぞ!」っていうとこに意識やりすぎると「正解を問わないという形の正解を追求する」という謎ループに入りそうで、このややこしい感じちょっと笑えるなあと思いました。

更に掌の感覚を使ってみる事を提案していただいてやってみたら、非常に良い感じになりました。足の裏で踏み込む感覚が地面から押し上げられる感覚になり、手で飴細工の飴を上下に引っ張り伸ばすような感覚とリンクして軸を中心に引き上げるような感覚が出てきた。

気がついたら鳩尾も目も気にならなくなり、意識もクリアになりました。視界が左右に広く、背中側の空間が広くなって壁までの距離感が出てきた感じ。

今回も子供がちょいちょい乱入してきたのですが、何で末っ子は若尾さんのセッションの時には乱入してこないのに田畑さんのセッションの時だけ乱入してくるのだろうか。

色々と面白かったです!
整った身体に助けて貰って、今週末の最後の投薬を乗り切ろう。

Zoomセッション1回目

田畑さんのzoomセッションへ。

オンラインでどうやるんだろう?と興味津々だったのですが、感覚やイメージ、意識の向け方などを指示してもらいつつ画面で身体の変化を観てもらい、行き先を誘導してもらう感じでした。タッチがない分自分でやる事が多く、対面のセッションと比べると変化がゆっくりだったり地味だったりはするけれど、その分自分の意識と身体との連動が見つけやすいなと思いました。対面よりも稽古っぽいところが面白かった。しかし、情報量が多すぎて覚え切れずちょっと順番が曖昧…。誘導と変化との組み合わせがもしかしたら違うとこがあるかも😅

まず身体が緩む向き、位置を田畑さんに手伝って貰いながら探して、そこに留まり身体を見る。昨晩お腹が痛くて夜中に目が覚めてしまい、今朝もお腹が重痛くて呼吸がしづらい。加えて、静寂はあるけど何となくどんよりしてる。

空間の広がりに意識を向けていると少し呼吸が入りやすくなったり、身体に緊張がある場所に気づいてそこを抜いたり。

私の中では空間の広がりに意識を向ける感覚=静寂に意識向ける感覚なような気がするんだけど、広がりを強めようとすると身体が緊張してるような気がしました。

田畑さんに質問してみたら「少し広がりをコンパクトにしてみたら」と提案してくださったのでそのようにしてみました。少し背中が丸くなって椅子の座面に身体を預け易くなった感じ。肩の前側の力も抜けた。視界が左右に広がった感じ。田畑さんから目を閉じて、耳で聴くようにして左右のスペースを感じてみるように言われてそうしてみました。そこでまた少し呼吸の入り方が変化して、胃、それから腸が動き始めたような感覚がありました。

そこから、お腹の痛みの感覚がどんな感じ(色とか、形とか、質感とか)かを質問され、その逆のイメージを感じてみるように言われました。「灰色で、球体もしくは卵型で、密度の濃いガスみたいなもの」がお腹に入っている感じ。それが食道伝って頭の方まで来ていて、それがどんより感に繋がっているような…。真逆のイメージと言われてちょっと困ったのだけれど、田畑さんに相談して「白くて、球体の表面から外向きに発散していて、薄い」でトライしてみました。

しばらくそれをしていると、胸に呼吸が入るようになってきて、ボワンとしていた痛みが、密度が濃くなってコンパクトになった。どこが痛むのかわかりやすくなった。イメージする前より表面で上の方だなあと思いました。食道から頭に繋がっていたラインは鎖骨の合わせ目くらいのところで外に抜けていくような感じ。

途中何度か末っ子が乱入してきたのもあってこの辺から記憶があんまりない。身体の変化から言うとお腹がだいぶ楽になり、呼吸や声も深くなったり、頭の側面と目の奥が緩んだ感じ。

外の空間や静寂に意識向けるときにやりすぎない方がいい(自分が楽で快適な範囲でやる方が緩む)というのは目から鱗だったし、その他にも身体の共鳴と肚の感覚を使って遊ぶためのヒントとか、座禅の時の感覚についてとか、色々と感覚で遊ぶためのヒントを頂いたりして楽しかったです。

逆ベクトルの方向性があると身体が安定するというお話は、思い起こせばJIDAIさんに習っていたパントマイムの中に沢山あって、モノを押すときには必ずモノに押される力が働くのとか、カウンターなんとか(テクニック名。忘れた)とか、そういう相反する力を同時に作るからモノの重さや質感を身ひとつで見せられるんだよなあと思ってセッション後にエア船漕ぎやエア粘土こねをしてみました。逆ベクトルという目線で動くとまたいつもと違う感じで面白いな。

オンラインでも感覚についての発見ができるし、身体を整える事もできるのがわかってとても有意義でした。楽しかった〜!