Blog
ブログ

クレニオバイオの施術者の10シリーズ体験

第一回目のセッション前後の比較  

第2回目

7月12日 主訴左手伸筋マヒ右五十肩
半年以上よくならない五十肩と,左手指にでた原因不明の麻痺の治療のために伺いました。
全く介入される感じがなく,,でも自分の身体の変化はとてもパワフルに感じられる、、その対象がとても興味深いセッションでした。
お腹の前あたりに広がった空間が内側の空間のバランスを変えていく感じ、そのあとに、うわっと呼吸が広がる感じ。そのつながりの中で鈍く感じていた不具合のある部分が,少しづつ変化していくのを感じたのも、とても貴重な体験でした。
セッションの前後で最も違ったのは,立った時の空間との親和性というか,抵抗のなさ、広がったものが中心にすっかり集まって縦に伸びていく感じ。

上半身を起こしていることに思いの外エネルギーを使っていたことに気付きました。
身体を起こすという無駄なエネルギーが解放され、重心がどっしりと中心に据えられたせいか、なんとなく気持ちも明るくなり、何より身体の繋がりと変化を感じたことで,具合の悪い部分も全体の中で良くなっていくというイメージと信頼感も持つことができました。
自分自身の気づきとともに、先生の佇まい,間合い,触れ方、全てから、たくさんの事を学ばせていただきました。

第3回目

8月17日
症状:右五十肩

前回のセッション後、左手首と手指に出ていた麻痺は
段階的に改善し、ほぼ完治。今回は半年以上痛みの治らない右側の五十肩の症状をお伝えして、セッションして頂きました。

いつも通り、心地よい姿勢と間合いに細心のお気遣いをいただいて、セッションに入ると、まず身体の緊張が抜けて、呼吸をかんじることができました。

意識は集中していた右側から、全身に満遍なくうつされて、身体に統一された感じがまずやってきました。

それから、足に触れられると、身体が息をついて沈んでいく感じ、、、さらに力が抜けて呼吸が深くなりました。

さらに骨盤底に触れていただくと、全体に暖かくなって、右肩付近の冷えに気付きました。そこに少しづつ血が通ってくると、親指、人差し指に続いて手首にじわじわとした痛み、同時に肘は後方、肩は前方に局部的な痛みが感じられ、その後通り過ぎて行きました。

セッション後立ち上がってみると、右肩甲骨が明らかに上方に持ち上がった感じ、痛みは残りましたが、下半身が安定し、とくに肩が痛くなる前から安定しない右の仙腸関節付近が骨盤内のよい位置に収まった感じで、どっしりとバランスが取れた感じで歩くとさらにその感じが増しました。

第4回目

9月6日
今日は全身の倦怠感、胃腸の不調、長引く五十肩で肩周りにもシクシク痛みが出ていてかなり調子の悪い状態で伺いました。
セッションで横になり、先生が後方に立たれ、ある距離をとられた時、ゆっくりと身体が広がるように暖かくなりはじめ、不思議と森に踏み入れたように全身が楽になりました。
まずは胃腸から。緊張で縮まって嫌な感じだった腹部から力が抜けて腰の周りが温まってきました。痛みがなくなることでさらに緩んで股関節も楽になりました。
次に骨盤、踵としっかり手を触れていただいた時、とくに踵にアプローチして頂いた時に芯が通ったような感覚があり、全身のピースがぴたりとはまった感じがありました。
その後仰向けになると、背面に静かに降りていく感じがあり、そこから全身に安心感と温かさが広がり深い眠りにおちました。
それから目が覚めて起き上がってみると、しっかり地面とつながり、さらに上へと伸びていく植物のような力強さを感じ、すっくりと立っている、その感じが何より嬉しく、セッション前との明らかな違いを全身で感じました。
まずは胃腸から整い、全身に緩みと安らぎが広がり、そして軸ができて、エネルギーがとおっていくその全てに、無理がなく、何か、正しいプロセスを辿っているそんな印象をうけました。
深い森に癒されたような、終始本当に自然な優しいプロセス、けれども力強い生命力のようなものを確かに実感できる素晴らしいセッションでした。
次の展開がたのしみです。ありがとうございました。

第5回目

922

今回は全体の重心のバランスが落ち着かない、そんな感覚で伺いました。

先生が周辺に立たれて、間合いを見ていらっしゃる時も、場によってかなり快不快がはっきりしていて、左側はほとんど感覚がない、右頭部周辺は少し息苦しく、唯一かなり距離を取った右足の辺りに心地よい場が見つかりました。

空間に意識を向ける集中力がなく、思考が忙しいのがしばらく続きましたが、先生が踵にダイレクトにアプローチしてくださったあたりから、身体に意識を向けることで、集中力が戻ってきました。

右の踵の位置によって、関節の揺らぎ、筋組織の引き合う感じが具に感じられ、ある一定の角度では、そこを通り過ぎるたびに右肩に局所的な痛みが出て、それが、股関節、骨盤が整うプロセスで和らいで行ったのがとても印象的でした。

最後にもう一度、先生がまわりに立たれると、何も感じなかった左側の空間に、しっかりと体の一部のような感覚があり、それが全方向に均一にひろがっているのにおどろきました。

肉体が肉体だけでなく、周辺の空間にもしっかりと支えられている感じ。

それはとても安心できるどっしりした感覚で、自分のホーム、居心地の良い領域が広がった感覚です。

痛かった右肩、胸も開いて、呼吸もしやすくなりました。

ブログ一覧

Contact
お問い合わせ

お問い合わせ・お申し込みは、メールフォームから承ります。