心身に様々な症状を抱えた方のシリーズ終了後の感想

11回の治療を終えた後、しばらくバランスのとれた身体感覚を体験していたのですが、間もなく強い頭の痛みと揺れが始まり、足裏への荷重の仕方なども、いったん見失った感じになりました。

それがしばらく続いた後、覚醒時の多くの時間、意識の中で過去の記憶が再生されている感じで、その時間を生きているようでした(でも同時に、コロナで世の中の空気が変わっていく苦しさも感じていました)。

過去の出来事の中で、充分に感じられていなかった感情を感じ直したり、現在の視点から過去の様々な状況を捉え直す作業を行っていたのだと思います。十数年分くらいの、私が強くは問題視していなかった期間でした(でも、たくさん気づきがありました)。
その期間の後に交通事故に会い、頭も心も体もばらばらになるという、難しい時間に入って行くので、この2つの時間を繋ごうとする意識の動きなのかな、とも思いました。

現在は、その難しい時の自分の状態を少しずつ思い出してきています。自分に何が起きていたのか把握出来ない、大きなブランクのようなのものなので、怖いけれど良かったと思います。

このような時間を経て、気づいたら、常に頭の上に強い圧力がかかっている感じが無くなっていました。この強い圧力は、「地球に適応できない」と感じる苦しさの原因のひとつだったと思います。まだ、頭、喉、胸、の症状は強いですが、精神的にゆとりが出来て、ひとつ大切なものが解決した気持ちです。

治療の内容はもちろんのこと、治療中に、私の変わった感覚のことを、ごく普通のことのように聞いてくださったり(このことに関して劣等感で一杯だったのです)、いつでも安心、信頼でき、そのままの自分で存在できる時間を過ごさせていただけたことが、どれだけ私に力を与えて下さり、大きく励まされた思いだったか、言葉ではとても表現出来ません。私が体験したことのない、でも、本当に必要としていたことでした。

前述した心身の様々な動きも、受け止める土台を作っていただいて、初めて出てこれたのだろうと思います。
そして、安心感を体験出来たおかげで、自分を守りながら、人や周囲の状況を判断する基準のようなものが、少しずつですが、育ちつつある気もします。年齢的にはとても遅い学びでも、やはり幸せなことだと思います。

本当にどうもありがとうございました。

もう少しだけ、自分のことに専念出来る時間が持てそうなので、焦らず、出来るところまで、自分を理解したいと思っています。

また、先生の治療を受けられる時が来ることを楽しみにしています。
その時は、どうぞよろしくお願いいたします。

様々なジャンルを手がけるプロデューサー

CS60体験を経て、根本的な改善を求めて-Kさん

2年ほど前から月1,2回のペースでCS60に通い続け、ずいぶん楽になってきているものの、呼吸の浅さとお腹の異様な固さはなかなか改善せず、根本的にどうにかしたいけれど、どうしたらいいのだろう、という状態で、自覚症状としては、職業柄、慢性的に首と肩、最近は腰と背中も凝っているとのこと。

モニター募集をTwitterで見つけ、この機会に自分の身体としっかり向き合ってみたいなと思ってお申込みになりました。世界全体が大きな変化のなかにいるなかで、ちゃんと身体を整えて、頭が強くなりすぎず、身体のほうに導いてほしいなという気持ちをお持ちでした。

[第1回目 202063日]

 とにかく、足の裏が地面をしっかりと踏みしめている、というのが一番の感想だ。帰り道に並木橋の交差点で信号待ちをしていたら、自分が内側からじんわりと満たされるような、「幸せ」と呼ぶしかない何かが下のほうから湧いてきたのをよく覚えている。それがまだお腹の下の前のほうに溜まっている。家の廊下(すごく短い)を歩いたり、シャワーを浴びているときにもやってくる。

 なぜこうした感覚になっているのだろうと考えると、足の付け根が安定している感じがある。それは、膝が真っ直ぐで力があっちこっちにいっていないからなような気がする。きっとそれらのあいだも、足以外の場所も、さまざまな事柄がそれらを支えているのだろうけれど、いまのわたしにはそれくらいしかわからない。

 いつもそうなのだけれど、あまり知識がない状態で体験してみて、あとから考えたり、調べたりするのを好むため、今回もよくわかっていない状態でなんとなく申し込んで施術を受けてみた。ただ、健やかな身体、生き方ってどんな状態なんだろう、という疑問はぼんやりとあって、それだけはきいてみたいなと思っていた。でも、答え合わせのようになってしまってはつまらないなと、その質問を飲み込んだのだけれど、帰り道に、自分が在りたい状態というのはこういう感じなのかもしれない、というのをふわっと感じた。

 ついどこが痛い、違和感があると、一点に意識が行きすぎてしまうけれど、一枚の葉っぱが無数に集まって木になり、森をつくるように、あらゆるものが小さく、繊細に、複雑にかかわっていて、その全体性やそこでの流れが止まらないことが大切なんだろうなと。自分の身体のなかにおいても、この世界のなかにおいても。これは初めて感じたり、考えたことではないけれど、すとんと自然な感じで、全身で理解した感覚があって、いまもそのなかにいる。それは、たとえ体調が悪かったり、困難な状況のなかにいたとしても、あまり変わらないのだろう。

 初回でこういう感覚がやってきてしまって、早すぎやしないかというか、一体これからどんなふうになるんだ? と思ってしまうけれど、もしかしたらこの感覚をより微細に見ていくことになるのかもしれない。先の話はあまり意味がないなと思いつつ、忘れるためのメモ。

 あとは、家でK-POPなんかをかけてよく踊っているのだけれど、異様にからだが動きやすくなった。腰のあたりはしっかりしているけれど、ほかはふんわりしている。首はこれまでいつも左を向きにくかったけど、未だにスムーズ。逆に、手首がいつも緊張しているから(これは明らかにPCの使い方のせい)、そこに気を取られやすい。背中と肩甲骨のあたりはまだもやっと変な感じがあって、横になっていると、たまにそれが気になって目が覚めることがある。

[第2回目 2020610日]

 いま思うと、前回はあまり集中できてなかったなと思う。生理でからだがぼんやりしていたせいかもしれない。いま起きていることよりも、初回の施術のことをよく思い出していた。レポートに書いて固定してしまった事柄以外の忘れていた出来事を思い出すというか。

 思い出したのは、父や中学時代の友人のことがぼんやり浮かんできたことだ。次の日だかその次の日だかには、最近あまり会えていない20代の頃にずっと一緒にいた友人も出てきた。いまも昔もすごく大切な存在の人もいるし、たいしてかかわらなかった、どう考えても重要じゃないだろうと思う人もいて、そのランダムさに驚いた。それだけの人が自分のなかにいるということだろう。そう考えると、過去の記憶や傷、癖などが自分の身体のなかに眠っていて、それが現在に何らかの作用を及ぼしているという考え方には、頷ける気がする。そんなことをつい考えてしまって、あまり自分の内側に意識が向かなかったように思う。

 そんななか感じたこととして、頭をさわってもらったあとに、左足のふくらはぎが作動する感じがあったことだ。ゴムボールが入って、ふれられて振動が起こった感覚が再生されて、5、6回まだゴムボールがあるような感触で揺れた。そういえば、初回も同じようなことがあったけれど、こんなにビビッドではなかったので興味深かった。ほかの場所でも同じようなことが起きているのかもしれないけれど、どうやら頭をさわられたあとに、足に起こりやすいようだ。

 また、最後のほうと、歩いたときに、電車や風の音が気になった。時間帯のせいかもしれないし、集中力がなかったからかもしれないけれど。自分の身体のことを見ようとしていると、外の情報が入ってきて、それに伴って、自分がいる部屋や8階にいること、この建物の大きさなどに意識がいった。身体のことはよくわからなかった。

 土曜の朝、起きたらまたいつものように左の首が少し痛くて、酷使した覚えも、寝違えた覚えもないのになと思っていたら、日曜の朝には治っていた。左を向くと、まだ肩の後ろのほうにうっすら力が入る感じがあるけれど、痛くはない。こうやって、何かあっても勝手に治ってくれたらいい。

[第3回目 2020617日]

 今回は、からだのつながりについて感じることが多かった。たとえば、「重さ」を意識するように声をかけてもらって、左肩の重さを感じていたら、自分ではリラックしているつもりだったのにだんだんと力んでいることがわかってきて、そのことに気づくともうそのままではいられなくなってしまう。自分で楽なバランスを探るようにからだの内部が小さく動き出すというか、ちょっとずつ力が抜けていく。それに集中しているといい感じになっていき、そうすると今度はこれまで気にならなかった場所が気になり出す。

 印象的だったのは、気になりだしたほかの場所が痛くなったり、重くなったりしたことだ。具体的には、左の腰のあたりに急にぴりぴりとした痛みを感じたり、肩甲骨の裏側から横脇を通って左の肺のあたりがぐうっと重くなって、ちょっとしんどくなった(これは申告する前に途中で治った)。どちらも、日常的によく疲れたり、痛くなったりする場所だ。

 しかし、調整してもらうと、どちらも違和感があったことを忘れてしまうくらい、すぐになんともなくなるから不思議だ。「左ひざを1cm左に開く」などによって。この1cmでほかの場所にも影響があるんだろうなと思う。もしくは、実際に1cmかどうかというよりは、そう意識することで何かが変わってしまうんだろう。

 いい感じになってくると「無」になってしまい、自分がどう感じているのかを探るのを忘れてしまうのだけれど、今回のこの1cmの変化を感じて、もうちょっと瞬間的に判断しても大丈夫だなという感じがした。それくらいの差異で何かが変わるのだし、もし違ったとしても、口から出たら、自分で違和感を感じるだろう。その瞬間じゃなくて、あとで時間が経ってからかもしれないけれど。そんなことをぼんやりと思った。

 それから、初めて施術のなかで「痛み」や「重さ」を感じて、改めてすべてはプロセスなんだなと思った。「すべての病気は、その経過のどの時期をとっても、程度の差こそあれ、その性質は回復過程である」「病気とは、毒されたり、衰えたりする過程を癒そうとする自然の努力の現れであり、それは何週間も何ヶ月も、時には何年も前から気づかれずに始まっていて、そのときどきの結果として現れたのが、病気という現象なのである」という、ナイチンゲールの言葉を思い出した。

[第4回目 2020624日]

 今回は、前回に引き続き重さを意識していくと、どんどん力が抜けていって、何度もそれが雪崩のように次の場所に伝わっていく感覚になったのが印象的だった(そのせいで足が台から落ちそうになった)。雪崩という表現はしっくりこないのだけれど、展示のときにつかう水平器の液体が移動するイメージを思い出す。

 それにしても、普段いかに力んでいるんだろう。力んでもいいことはないはずなのに、いつから、なぜ力んでしまっているのか。子どもや踊れる人の身体を見ているときに感じる生命力や伸びやかさには、力みはない。遡ると、羊水にいるときはきっと力んでなかったはずで、水に浮かんでいる感じになればいいんだな、というイメージが浮かんだ。あんな感じで、余計な力を抜いて日々を過ごせたらいいなと思う。

 足首を調整したと仰っていたけれど、引き続き足の裏が地面をしっかり捉えている感じがあるせいか、変化はよくわからなかった。それよりも、腰がいつもより軽く感じる。あとは、バックを左肩にかけると座りが悪くてすぐに滑り落ちてしまうから、右ばかりでもっていたのだけれど、左も大丈夫になってきたので、そのときの感じに従っている。また、10年以上指輪をつけっぱなしにする生活だったが、先週くらいからなんか重いなと感じるようになってきて、家にいるときは外すようになった。

 たぶん気圧のせいで、今週は、土・月・火曜日と偏頭痛に悩まされたが、頭と気持ちはロルフィングをはじめてからずっと安定している。ファスティングをしているときの感じに似ている。

[第5回目 202071日]

前回印象的だったのは、肋骨のあたりに手を添えてもらって呼吸をしたら、すごく深く呼吸ができたことだ。昔からどこに行っても呼吸が浅いと言われ、なぜそうなっているのかも、どうしたらいいかもよくわからなかったが、施術を受けて思ったのは、肺に空気を入れるイメージをしていたけれど、そうではなくて、肋骨の内部(お腹全体?)に空気を入れたり、出したりするイメージのほうがいいかもしれないということだ。背中に手を添えてもらったことで、前だけではなく後ろにも空気が入ってくる感じがした。あの呼吸は、お腹のあたりが四方を囲まれた器であることを思い出させてくれた。その感覚をそのまま頭頂部やつま先にも伸ばしたらいい。

施術を受けているとたまに身体の輪郭がはっきりするような感覚がやってくることがあったが、たぶんそれは身体の前と後ろ、横を意識するからだろう。身体と外界の境目を感じるし、だからこそ空間のなかに身を置いて、その一部というか延長線上に自分の身体があるというつながりも同時に感じる。

いつも終わったあとは静けさがやってくるが、なんだか元気になった。気に入ったので、ベッドに横になりながら、たまに肋骨や胸元に手を当てて深い呼吸をしてみたりしている。

一昨日、久しぶりに会った友だちに背が伸びたと言われた。伸びているわけはないので、姿勢がよくなっているのだろうか。

[第 6回目 20207 8日]

ふくらはぎに手をあててもらったあとは、いつもわずかに残響が残って、まだ触ってもらっているのか、自分の身体の反応なのかよくわからなくなるから不思議だ。こんなにわずかな力で反応が生じることを考えると、暴力ってほんとうにとんでもないことなんだなとしみじみと思う。

腰まわりと足を重点的に見てもらい、なんだか足が伸びた感じがする。足首や膝、太もものの付け根、太ももの内側やうしろの筋肉のあたりに余裕が出て真っ直ぐになった感じがある。たぶん左膝が内側に入りやすい感じがあって、たまに感じるふらふらする感じ(力があちこちにいくというか)が弱まって、前にすいっと水平に進むようになった。だから、たぶん足が伸びたように感じるのだろう。同じように、首もふわっとして縦に伸びたように感じた。

それにしても、ロルフィングは、もう少し筋肉や骨、内臓の位置や構造なんかがわかっていたら、おもしろいんだろうなと思う。

[第 7回目 20207 15日]

歯科矯正のお陰で食いしばりはずいぶんよくなったと思っていたけれど、施術後に耳の下から顎のあたりがふわっとして、ああ楽だなと思ったので、まだ力んでいるんだなと思った。頭の後ろ、かつ上のほうもふわっとした。こころなしか、肌の調子もいい。

これまで足に手をあててもらい、そこに残響が残る感じは何度か体感したが、それはあくまで触れられた部分においてだった。今回は、頭のうしろのほうを触ってもらったときに、ほかの箇所も反応する感じがあった。「お、なんか3箇所同時に残響のようなものがあるぞ」と思ったことは記憶しているのだが、残りの2箇所がどこだったのかもう思い出せない。残念。

また、前回に引き続き、完全に寝ている状態を100%とした場合、何度か30%くらいの睡眠状態に入っていた。

毎回、最初と最後の歩き方を比べるとよくなっている実感があるのだけれど、その度に、1週間のあいだでまた何かしらバランスが崩れていたのだなということに気づく。最初のウォーキングは、ゲシュタルト崩壊じゃないが、意識しすぎてよくわからなくなっているだけなのかもしれないけれど(だとしても、「意識しすぎている」というだけで、もうなんか変だな)。以前の状態に戻るような単純な変化ではないし、何が起こっていて、どのように自分で調整していったらいいのだろう。

[第 8回目 20207 22日]

 最近、台に横になってから力を抜きやすくなっているなと感じる。力んでいるという自覚があることが大きいと思うが、以前よりも反応が早くなってきたなと思う。

 横になって施術してもらったあと仰向けになったら、背中から腰のあたりがしっかり台の上に接着している感じがして、身体が横に大きく広くなった感じがした。足の裏がしっかり地面にくっついている、と感じるときの感触に似ていた。

 おもしろかったのは、仰向けで鎖骨と肩甲骨のあたりに手をあててもらっているときに、曲げていた膝の角度が徐々に変化したことだ。基本は触られているのと同じくらいにごく小さく反応していたが、何度か大きく(といってもそれ以前に比べて数ミリくらい)、くいっと外に開く感じがして、それ以前は内側に膝が入っていたんだなと思った。目には見えないけれど、正し位置になっていっていることがわかる。どんどん安定する。

 また、仙骨の右あたりにCS60を当ててもらったら、少しくすぐったくて、電気か何かが溜まっているのを感じた。それでも、ころころしてもらっているとだんだんその感覚はなくなってフィットしてきたので、痛くなくてもちゃんと電気は抜けていくのだなと思った。

 施術を受けると、毎回、同じようなことを感じたり、考えたりする。過去の感覚が想起されながら、いま起きていることを感じていて、感覚が何層か同時にある。「いま」とは何なのかを考える。ふと「いま」はいまだけじゃないのではないだろうかと思う。

 下半身はしっかりして、上半身はふわっとすると思っていたが、「ふかふかする」と表したほうが近い。前回の顔もそうだったが、終わったあとは、ふっくらふかふかする。

[第 9回目 20207 29日]

 右の肋骨のあたりに手を当ててもらっていることに手が離れてから気づいたけれど、そのあとしばらくしてから同じ場所の感覚が変わったので、手の圧が残っていたんだなということにまたあとから気づく。左首のあたりに同時に当ててくれた手のほうに気をとられていた。

 右側を下に施術を受けていたら、最初に左側を下にして横になっていたときよりも呼吸が楽になった。呼吸が浅いとか苦しいとは感じていなかったけれど、楽になって初めて、ああ、さっきは呼吸が不自由だったんだなと気づく。そういえば、無駄に意識していたかもしれない。

 横になって左右の手を反対方向に伸ばして胸をひらきながら、首と足もそれぞれ伸ばすというようなことをやってみて、局所的にかかっていた力が分散して、自分の体重とそこにかかっていた重力を身体全体で分かちもつ感じがあった。それが、上半身と下半身がつながって身体が伸びたように感じたり、台に接着している面積が広くなって安定したように感じたり、楽になる感覚につながっているのではないかと思う。適材適所ではないが、得意な、適切な人や場所が少しずつ何かをもつ、支えるという状態がいいのだろうなと思った。

 最近というか、いつの間にかベッドに入ってから体勢を確認するようになったのだが、この伸ばす行為は、自分でもできそうだなと思った。

[第 10回目 20208 5日]

 お腹と顎の施術の感触はとてもよく似ていた。臓器や筋肉などが動いて内部に隙間が生まれ、臓器がやわらかくなった感じがした。どちらもそのあと呼吸が少し深くなる。

 膝の下辺りをCS60でころころしてもらっているときに、頰の上がチリチリして、左右に一匹ずつ虫が這っているようだった。あれは何だったのだろう。

 足と腕を少しずつ外側に動かしていき、そのあと同じようにまた内側に動かしていく。その動きが振動のようで、元の場所にまた戻ってくるようにも感じるのだけれど、最初の場所とはまた違って整った感じがする。こういう一つひとつのさざ波のような動きに対して、その都度自分のなかに起きる反応を見ていく。その繰り返し。そのほとんどは捉えられないけれど、同時に小さくいろいろなことが起こっている。

 いま何が起きているのか、ろくに見る力もきく力も知識もなくて、この裸一貫な感じは、旅以外ではほんとうに久しぶりだなと思う。いろいろあるけれど、自分の居場所はまずはこの身体だなと思えた。この感覚は覚えていたいなと思う。

 わたしの仕事の根っこは人の話をきくことだが、すごく集中していて調子がいいときは自分の内側で起きている思考や感覚、感情をありありと感じながら、相手のエネルギーの動きについていくことができる。そういうときは同時に、音や匂い、温度などまわりの環境も驚くほどよく見える。どれも結構細部まで把握しながら、同時に全体を眺めている感じは、ロルフィングでいい感じのときに似ている。すぐに余計なことを考えてしまったり、ぼけっとしてしまったりして、たまにだったけれど。何か通じるところがあるなと思った。

 力の抜き方を探る、地面を足の裏でしっかり踏みしめているときの感じ、すいすい歩けているときの身体がつながっている気持ち良さ、イメージを掴んだらそれを再生してみること……いまここを具体的に味わうことをいろいろ試してみたように思う。最終回だからか、初めて受けたときの感覚を何度か思い出した。

 そういえば、ずっと痛くて左側を向くのが難しかった首がなんともなくて、嘘みたいだなと思う。

 ここから半年くらいは、膨大な情報を処理するために変容のなかにいるということだから、夏、秋、冬と自分がどんなことを感じるのか、とても楽しみだ。

[~半年後 20212 5日]

 これまで家にいるときは四六時中音楽をかけていたが、そんなにずっときいていなくてもいいなと思うようになった。以前よりは音楽がないことが増えた。

 すごく疲れたとか、どこかが痛いとか、しんどいということがなくなってきたように思う。調子がよくないときもあるけれど、そこまで悪くならないというか、その手前で気づくから自分なりに原因を考えて、眠ったり、湯船に浸かったり、食べるものを少し調整したり、ストレッチをするなどして対処できている気がする。眠る前は、身体が力んでないか、チェックする習慣がついた。

 11月上旬にうっかり薄着で出かけてしまい、帰り道に寒気を感じて、このままいくと絶対に風邪を引くと思い、湯船に浸かって、厚着をして21時には寝た。暑くて何度か起きたけれど、翌日にはすっきり治っていたということがあった。

 半年はほかの施術を受けないほうがいいと言われ、大丈夫かな? と思ったけれど、いまのところ平気。ロルフィングを受ける前は、2週間に一度は何かしら他人のケアを受けないと偏頭痛がひどいし、身体が重かった。日々のなかで小さく調整できていれば、大きな調整(施述)を行う頻度はこれまでよりもずっと少なくていいのだろうなと思う。

 ただ、調整と運動はまた別物だなという感じがあり、秋から自重トレーニングに通うようになった。コロナ禍で半年ほど運動をストップしていたが、調子のよし悪しとは別に何をしても疲れるのが早くなり、身体が凝り固まっている感じがあったからだ。週に一度しか通っていないがいい習慣になっている。多少でも筋肉があると生活が楽だなと思う。こうした身体にまつわる判断が鋭くなってきた感じがある。


心身を根本から見直す必要を感じて Mさん

10シリーズを終えて

田畑さんに見守られて私の身体は見事に変化し、そして私は毎回自分自身を見つめる機会を与えていただくことになるという、本当に貴重な体験だった。

セッション当初は、思いもかけない体験の連続に夢中でついていった感じだったが、中盤あたりから、セッション数日前になると、なんだか身体がそわそわと落ち着かない気分になるようになった。それは、田畑さんの、繊細で、しかもブレのない完成度の高い施術を経験するにつれ、‘それを受けるに値する十分な準備が果たして整っているか、起こる変化を受け入れる覚悟はしっかりとできているか’、と身体自身が自問自答するかのようで、そんなときにはいつも、「とにかく自分自身をなんとかしたい」という当初の気持ちを思い出しては心を落ち着かせ、どうにか乗り越えてきた。

1年前、自分の身体なのに、そのままならない状況に途方にくれていた私が、今、思ってもいなかった景色を見ることが出来ているのは、ひとえに田畑さんのお力のおかげ、ただただ感謝申し上げるばかりです。

セッションは終了したけれども、まだまだ身体の変化も続いているし、新たに取り組むべき課題もなんとなく見えてきて、今後も身体との対話をロルフィングを通じて続けていければ、と思っています。

セッション1回目

凄い体験をした。

年齢を重ねるにしたがって、いままでになかったような体調の崩し方をするようになり、その都度、内科、耳鼻科、整形外科などに通って対処してきたが、その方法では限界があるのではないか、としばらく前から感じるようになっていた。心身を根本から見直す必要あり、と思い様々調べるなかで、ロルフィングを知った。私は関西在住で、大阪にもロルファーの方はいらっしゃるようだが、ホームページを見てもなんとなくピンとくる方がおられず、そのままにしていたが、年が明けて、もうこれ以上先延ばしにはしたくない気持ちが湧き、前からこの方なら、と思っていた田畑さんにお世話になる決心をした。

初めてのロルフィングを前に多少の不安や緊張もあったが、とにかく自分をなんとかしたい、その気持ちが勝っていたことと、ドアを開けて下さった田畑さんの在り様が、わたしの中の「なにか」を、うまい言葉が見つからないが、浮き立たせてくれた感じがしたことで、これから始まることをしっかりと受け止めようと、前向きな心構えができた。

田畑さんは問診中、言葉数はけっして多くないが、私の言葉の内容というよりも、私の中の「なにか」が訴えることを、丁寧に聴いておられたように、今振り返ると感じる。また、実際のセッションになると、田畑さんと、私の中にある「なにか」とが交流し、私という実在は、不具合を携えた心と身体をただ横たえていただけにすぎなかった、とも思える。

田畑さんが立っておられる場所を変えるだけで、体が受ける感じが全く違うこと(眼を閉じていたので、声でどこに居られるのかがわかった)、どこにも触れておられないのに、左下肢に電流のようなものを感じたこと、左足裏にいたっては、全面が一瞬電流のようなもので覆われたこと、田畑さんが右脚を扱われると、肘を曲げて掌が胸骨あたりに接していた右腕が、徐々に起き上がっていったこと、右股関節が意識下では到底ありえないほどに開いていったこと、しまいには右半身の存在をまったく感じなくなってしまったこと、そして右半身が空間に包まれ、その空間がどんどんひろがっていったこと、途中、右脚に、ブルブルと震えがきたこと、最初、寸詰まりで、全く解放されない違和感を受けていた左半身が、田畑さんが左脚を扱われるにしたがって心地よい暖かさにつつまれだし、しびれに代わっていったことに続いて、まず肩から右腕にかけて、次いで左腕にかけて勝手に動き出したこと。これらの変化を一瞬でも感じ逃すまいと、私は夢中になっていた。

目を閉じた感覚なので、実際どのように見えているのかは不明だが、これらの動きはどれも意識下ではとうてい不可能な動きのように思えた。特に、肩から右腕にかけて動き出した時には、下に落ちるのではないかとも思えるほどの動きに感じたため、最初は動き自体を感じることで精いっぱいだったが、その後左腕に動きが移動したとき、すこし冷静にそれをとらえることができた。そのとき気づいたことは、動きがむやみやたらなものではなく、まず一定の動きを何度も繰り返して、その動きがスムーズにできるようになったら、次の動きが開始され、それをまた何度もスムーズになるまで繰り返す、というきちんとした規則性をもっている、ということであり、非常に感動した。右側での動きよりも、左側での動きにてこずっていたのだが、田畑さんが右側の胸骨部分に触れられると、次第にその動きが改善されていった。

あまりにもこの動きが長時間に感じられて、いつまで続くのかと不安になった私は、田畑さんに、「このまま動いていていいのかどうか」尋ねたが、ゆっくりと動きに従うように、と、とてもきっぱりとした指示があって、ああ、安心していてよいのだ、と、動きに身を委ねた。

そうこうするうちに、こんどは左半身が、右側に倒れた感じに続き、左の脇腹伸ばしを開始した。この動きが今回のハイライトだったと思える。深い呼吸をともなったその動き、それ自体が、「意志」そのものであるかのように感じられたからである。実際にはわからないが、その動きは延々続いたと感じられ、もう十分ではないか、と勝手に判断した私は、その「意志」にたいして、「もうそのくらいでいいんじゃないの?」と話しかけてみた。そうしたら、その「意志」は、まるで怒り狂ったかのごとく、なんと動きの強度を何倍にも増してきたのである。上方向に強い力でその後何度も引っ張られ、私はそのたび台から飛び出すのではないかという恐怖を感じたが、「意志」がそこまでしたかったその気持ちを、私はいままで全く気付いてあげられなかったのだ、と思ったらなんだか悲しくて、そして申し訳ない気持ちでいっぱいになり、ええい、もう落ちるなら落ちてしまえ、とすこし開き直ったような、そしてすっきりとした気持ちになった思ったことを覚えている。

左わき腹の動きが落ち着いてくると、それをまっていたかのように今度は右腕が左腕の動きとともに上にあがり、それを数回繰り返すと、田畑さんの声が、私が伸びを繰り返していた、まさにその方向から聞こえてきた。ああ、「意志」は、田畑さんに見守られ、理解者の田畑さんにむかって、思い切りその存在を主張することができたのだ、よかった、と深く安堵した。

セッション後、気づいた変化としては

・台に座ってみると、明らかに左足が伸びている(10代後半から、体が左に傾いでいくようになり、そのため今日にいたるまで、左脚が短く感じていた)

・歩いてみるよう促され、歩みを進めようとおもうと、左足に力が思うように入らず、よろよろとよろけた。(生まれたての動物の子どもが、初めて立とうとするとよろよろする姿を思い出し、私も生まれ変わったのかの如く感じた)。

・胴回りにしっかりとした力を感じ、ばらばらだった上半身下半身の連動がとれている。歩くと、その胴回りを中心として体が前進し、手脚には全く力みが感じられない。

・体の中心軸が右側へと移動している

・ぎこちなかった左肩右肩の調和がとれている

・すべての体のパーツが調和しあい、自分が一つなのだ、と強く感じる。しかもエネルギーを蓄え、触ると弾力のある生き物と感じる

セッション翌日: 空腹感をまったく感じない。気持ちが非常に落ち着いている。周りのものの存在がとてもよく感じられ、自分はその中によく調和できている。心地よいものに包まれて、守られている感じ。かつ自他の区別がはっきりとできている。ふさぎ込むとか、内向きになるわけではないのに、周りとともに心地よくありながら、かつ自分の内側とずっと対峙している。脳を使って思考するとか、現実的な処理などしたくない気分だったが、ほぼ専業主婦の私はそんなことを言ってはいられない。たぶん、今までだったら、それを不機嫌さとして感じているのにもかかわらず、なかったことのようにして、自分の感情にしっかり蓋をしていたと思う。そのため、その不機嫌さが怒りとなっていつまでも自分の中に残っているような気がしていたが、今回は、その不機嫌さを自分のものとして感じとり、その不機嫌さをなだめつつ行動に移ったためか、怒りなどの感情が残っていないことに気付く。右手の手首からまがってしまう現象が、すこし改善している。

セッション後3日目:

起床時、左顎関節がきしむ。足の各関節がよくまがり、いままでよりも深く沈み込むことが出来るようになっている。しゃがんで立ち上がるときも、楽に立ち上がっていることに気付く。

セッション後4日目:

昨日同様、左顎関節がきしむ。体の軸が右寄りに移動したことに伴う変化だろうか。右側肋骨胸骨を膨らませて、右に広がっていきたい気分。腕を上げたとき、肘がピンと伸びる。左右の肩、腕の動きの調和がより滑らかにおこなわれていると感じる。

セッション後5日目:

起床時、耳の塞がった感じ。日常動作の中で、なんで今までこんな不自由な動きを自分に強いていたのだろう、こうすれば負担がないのに、という気づきがあった。

セッション後6日目:

起床時、耳の塞がった感じはないが、左顎の不具合をまた感じる。右側背中の肋骨が膨らみたがっているのを感じる。首が右に傾いてきているが、より良い変化のための途中経過と感じる。

今朝、家事をしながら、「私が本当に望んできた、またこれから望む幸せとは、思うよりももっともっと小さいものでよかったし、またいいのではないか」とふと思った。

いろんなことにちょっと敏感で、睡眠に関して、どんなに長い時間寝ても、起きてくると「なんか眠い」「いつも眠い」が常である子どもが、今朝は、「ぐっすり寝た」といって起きてきたことに驚く。睡眠に関して、ぐっすり、という形容をしたのは初めての気がする。わたしの変化が子どもにも良いものとして伝わっているのだろうか。

セッション後7日目:

起床時、左顎の不具合を一瞬だけ、そしてセッションを受ける前にしばしば起こしていた、左足のつる感じ、足首の亜脱臼感を感じる。昨日パソコンに向かうときの姿勢が悪かった自覚があるので、それに起因すると思う。

今朝「自分は、よいことも悪いことも含め、過去の出来事に囚われすぎている」という考えがポッと浮かんできた。昨日もそうだったが、朝一番に気付きが浮かんでくる。

胴回りのしっかりとした部分を支えとして、各関節がとても滑らかに動くようになっている。「自由」がしみじみと嬉しい。

今回のセッションでの一番大きな気付き:

いままで自分が「わたし」だと思っていた、つまり、頭で思考し、言葉を介して自分を相手に伝えてきた「わたし」は、実は「わたし」ではないのではないか。セッション最後で現れた「意志」こそが「わたし」で、その「意志」はことばを持たない代わりに、私の身体を舞台として表現したいことを伝えてくる。よく言われる「身体の声を聴け」とは、そういうことであり、私はその表現にことごとくそっぽをむいてきたから、現状があるのではないか。

今回提出する問診票を書くにあたって、今までどんなことが自分にあったか出来る限り思い出してみたのだか、自分でもあきれるくらい大小さまざま、自分が不調ととらえていた出来事があった。それらは実は不調でもなんでもなく、「意志」=本当の自分、の表明で、私はそれを無視し続けていた、イコール本当の自分を認めてこなかったということになるのではないか。ロルフィングを受けて、深く内側に沈み込む行為が続いていて、それはうーむと唸って黙り込みたく時間でもあるし、でも解き放たれていく気持ちよさがぽつりぽつりと浮かんでくる時間でもある。

第1セッション後8日目:

起床時ほんの少し左耳の詰まり感あり。左足大腿部外側にまあまあの痛みを感じるが、立ち上がるとすぐに消える。

なにごともバランスである、今の私にはそれがまったく欠けている。いまからが新しいスタート。自分に大いに期待する気持が自然と湧いてくる。これはいままで感じたことがない感覚。いままでは、頭で考えて自分をむりやり大丈夫だと思い込ませていた。同時に、期待をするが、予断を持たない、とも中の私が言っている。自分を雑に扱わない。

第1セッション後9日目:

起きる前、いつものように布団の中で腕回しなどしていると、左肩がいきなりガクンと音をたてたので、びっくりして慌てて起きて腕周りを確認する。左肩の背中に向かっての可動域が明らかに広くなっている。そのせいか、左わき腹がもっと広がりたがっているように感じる。

第1セッション後10日目:

今朝は左耳の不具合や左顎の不具合はない。左肩に変化があったからか、たまに右足外側に不快感がある。

第1セッション後11日目:

右手の手首の曲がりがまた少し改善されている。昨日肩回しをしすぎたのか、ちょっと左肩付け根が痛い。

ものにたいする間合い、距離、向かい方が今まで適当ではなかったのではないか、という気づきがある。

第1セッション後12日目:

昨晩寝ているときに、左肩がまたすこし音をたてて変化した。首が、おとといあたりから左に向くようになる。

食べ物をよく噛んでゆっくりと食べるようになっていることにふと気づく。いままでは、よく、「ろくに噛まずに飲み込んでいる」と家族に言われていた。

セッション2回目

朝、時間にかなり余裕をもって自宅を出たが、携帯を持ってくるのを忘れる、乗り換えの電車を間違えて発車前に飛び降りる、途中トイレにカバンを置き忘れる、下車時、切符をカバンのどこにしまったのか、探しても探しても見つからない、代官山駅からオフィスまで、正しい道をたどっていたのにも関わらずなぜか不安になって途中から駅までもう一度引き返す、などなど、自分でもどうしちゃったのだろう状態で臨んだセッションだったので、お部屋に入ってから呼吸が定まらず、かなり緊張してしまった。

田畑さんとのやりとりに続き、体の中との対話を始める。前回は動きの最中、私の中の声との対話がかなりあったが、今回は動きたがる体にただただ従って、ひたすら動きについていくことをしていた。今回、起こってくる動き自体をしっかりとこなしてほしい、という声が私の中に聞こえていて、その気持ちに忠実に従いたい、という心持であった。初めから終わりまで、とにかくよく動いた、というのが率直な感想である。途中、田畑さんの、どんな感じがしているか、という問いかけにも、どう動きたがっている、とか、その時に肉体がやりたがっていることしか言葉として浮かんでこなかった。

オフィスを出た直後は、あー今回は最初から最後までよく動いたなぁ、の気持ちしかなかったが、渋谷に向かう電車のなかで、突如、「爽快とはこのことだ!!」の気持ちが体の中から湧き上がってきた。気持ちが変に高揚しているわけでもなく、気分はとても落ち着いているのだが、なにか軽やかな、心にどんなものもまとわりついていなくて、ただ私の中の力を信じられる気持ちとともに、「爽快」の言葉が浮かんできた。前回は、帰りの新幹線の中、深く余韻を体が味わっている感じだったが、今回は空腹も感じたし、結構寝ることもできた。

田畑さんが本当に軽く(と感じる)触れられるだけで、首がその存在をまったく感じさせなくなったり、動きのわるい部分は、水をえた魚のように生き生きとしだしたり、私の体の動きが田畑さんの動きに従っていくのか、はたまた田畑さんが瞬時に私の体の動きを前もって感じられて、寸分たがわずそれにそって導いてくださっているのか、今回もその凄さを体がしっかりと感じた。

特に今回はセッションの開始時、まったく私の体に触れることなく、立っておられることだけで私の中に変化をもたらしておられたことに深く感動した。毎回文字通り‘もがいて’いる私に、本当に必要な時だけ助けてくださる、しかもその助けはその時そこにとってまさに過不足のないものであることにただただ驚かされる。

セッション直後の気づき:

膝から下、足の裏にかけて重みをしっかりと感じる。

右左のアンバランスな感じはあるが、股関節の存在、そして股関節と脚のつながりを感じられる。

楽に沈み込むことができる。

帰宅途中に感じた気づき:

広がりたがっていた右の胸骨肋骨が十分に広がって、呼吸がとても楽になっている。それにともなってか、数日前から感じ出した、左側の肋骨の広がりたさ加減が増している気がする。

一番驚いたことは、視界が広がっていること、場の奥行きが広くなっていることに気づいたことである。電車の中で、なんだか今日は妙に端まで見渡せるなぁ、と思い左右、また上下をなんども見てみたのだが、明らかにいままでとは見え方が異なり、場が立体的に、遠くまで見渡せるようになっているのである。今日のセッションとどんなつながりがあったのか、本当に仰天した。

また、夜、家でくつろいでいたら、突然、右肩のあるべき位置、曲がるべき関節はこれなのか、と感じられる時間があり、これにも驚いた。ただこれは、一晩寝たらその感覚はなくなっていて、とても残念である。ただ、自分の体が覚えていてくれるであろうから、いつか戻ってきてくれるという見通しが自分の中にあるのでうれしい。

第2セッション後1日目:

あちこち体が痛い。腰を中心として、肩が左右に十分に動くのが心地よい。以前に比べて、物事に一喜一憂しなくなっている。今朝、ベランダにあったゴミ袋がカラスにつつかれて、ごみが散乱していたのだが、以前の私ならたぶん大騒ぎしていたかと思うが、まったくもーしょうがないなー、と思いながら淡々と処理している自分がいた。

第2セッション後2日目:

驚くことがあった。レポートを書こうとして椅子に座って目を閉じて何度か深呼吸していたら、なんと体がセッションの時のように自然と動き出したのだ。最初は呼吸とともに胸がよく広がって気持ちいいなあと思っていたら、両腕が自然と上に動き出したのである。えっ、と思ったが、なんだかその動きについていきたい気持ちになり、セッションの時のように体の中の声に従った。椅子に座っていたので横の動きの時には何度も下に落ちそうになったが、たまたま隣にあった椅子が動きを受けてくれたのがラッキーで、途中、昨日のセッションの中で起きた、左腰が曲がって痛いのに右側は左に行きたがっている動き、そして右手指が大きく広がって腕が動き出した動きが再現されて、もしかしたら私の身体はそれがやり足りなかったのだろうか、と思った。とくに右手の動きは、限界まで開いた手指を肩から徐々に大きく回していき、最後はその動きをピタッと止めたことに感激した。最後は、座っている姿勢にきちんと戻ったので、それにも感動だった。1時間弱やっていた。

第2セッション後3日目:

数日前から、起き抜けに背中と顎が少し緊張している感じがしていたが、姿勢が変わって枕があわなくなっているのではないか、と気づく。また、これも姿勢の変化によるのか、右の腰に若干痛みを感じる。

第2セッション後4日目:

夜中にふと目が覚めて、ちょっと耐え難い孤独感?を感じた。怖くなってすぐに目を閉じたらそのまま寝てしまった。

起きると、両足が地面をしっかりと感じていることに気づく。呼吸がとても楽に深くできている。吐き出すほうがうまくできないといつも思っていたが、しっかりと最後まで吐き出すことができるようになっている。

肩の動きがなかなかしっくりこないことの自分なりの考察:

前回も今回も肩と腕に引っ掛かりがかなり感じられている。これは中学の時の部活動のテニス(朝練、放課後、土日)、それと、忘れていたが、社会人になって一時期ゴルフに熱中していたことも関係していると感じる。私はなぜかラケットもクラブも重いものを好んで使っていたことを思い出し、それらを理にかなっていないスイングで振りまわし、体にかなり負担をかけていたのではないかと思う。また、緊張すると胸から肩にかけて力を入れてしまうので、その動きが体に染みついているのかもしれない。

数日前から、重いコートが急に負担に感じ出し、いままでよくこんなものが着ていたなあ、と思うようになっている。重いものも平気で持っていたし、また持てることがなにか凄いことのようにも感じていたし、振り返るといままで自分に随分とかわいそうなことをしてきたなあと思う。

わずか2度の体験で、こんなにも身体と心に変化が起きていることに対して、とても驚き心底うれしい。しかし、昔に読んだ河合隼雄さんのご著書のなかで、「変化が早く表れるクライアントに対し、喜びすぎてはいけない。本当の変化とはゆっくりと徐々に表れるものであって、変化が早く表れるということは、実は重いものを抱えている、ということなのだ」といった意味の文章があったことを思い出す。まあ、この年齢まで本当の自分に気づかずにきてしまったのだから、それもしょうがないな、と思う。

第2セッション後5日目:

足裏がしっかりと地面を感じている。それとともに、脚の位置が前に出たような感触。ジーパンをはいていると、脚の後ろ側に隙間ができた感じ。

第2セッション後6日目:

左首の付け根あたりに痛みを感じる。左側が全体的に広がりたがっている感がますます増している。足裏が地面をしっかりと感じるようになっている。自分の中のひとは、結構いろんなことに対処していけるぞ、という感じがわいてくる。

第2セッション後7日目:

昨日から起床時、食いしばっているのではないが、歯が上下咬み合わさっている。下半身がしっかりしてきたからかどうか、上半身がねじれている感じがする。

第2セッション後8日目:

左半身、腰と背骨にそった筋肉?がかなり痛い。自分で揉んだり、さすったり、あちこち動かして少し運動してみる。

第2セッション後9日目:

昨日の自己流運動がよくなかったのか、起床時、セッション開始以前に時折感じていた右腕のしびれ感を久々に感じる。左肩がまた少し動く。

起きて歩いてみると、昨日まで感じていた、脚の位置が前に出て、脚の後ろ側に隙間が増えた感じが弱くなっている。地面を十分に感じて、地面を踏みしめて歩けることが心地よかったのだが、残念だ、と思っていたら、午後になって、歩いていると上半身が上に引っ張られている感じが出てきていることに気づく。

第2セッション後10日目:

就寝中、左ふくらはぎが一瞬つる。上半身が上に引っ張られている感じとともに、顎が引かれている感じが加わっている。いままでは顎がいつも上がり気味だったので、ちょっと窮屈に感じる。ジャンプすると、それにつれて両肩がとても自然に上下することにびっくりする。

第2セッション後11日目:

明け方にまた左ふくらはぎが一瞬つる。今回、つる前に左足に強く力を入れている瞬間を感じた。また、寝ている間に左側の歯を強く噛みしめていたことにも気づく。起床時、右手のしびれ感を感じる。午前中、右肩が何回か動いているのに気づく。右肩が動いている、と意識して感じられたのは初めてだ。

第2セッション後12日目:

右肩がやはり動いている。右肩の窮屈さが減っている。夜、左手指の骨?が動いているのを感じる。上に引っ張られた感じとともに、足が地面をしっかりと感じながら顎をひいて歩けている。よく言われるよい姿勢に近いのだろうか、それは意識しなくても自分には自然にできる力が備わっているのだ、ということに感激する。

第2セッション後13日目:

昨日感じた左手指の動きによる違和感がかなりある。

第1セッション終了後の、自己統一感、弾力のある体の感じが自分を支えている。途中何があっても、あの感じが自分には持てるのだ、といううれしさが自分の自信につながっていると思う。

今回のセッション中に起きた自分の動きには、赤ちゃんが歩けるようになるまえにゴロゴロする動き、寝がえりをうとうとするときの動き、ハイハイするときに腹ばいで上半身をもちあげる動きに近いものが含まれているなあ、とふと感じた。

セッション3回目

セッション3回目予定日前日から体調を崩し、結局3日間寝たきりであった。ひどく無理をしたわけでもないのに、ここ半年の間で、同じような症状でやはりながく寝ついてしまうことが2回あり、なにか自分の中にひっかかるものがある。

3回目のセッションでは、田畑さんが立たれる位置を決められるやいなや、即座に身体が反応して、追いかけるのが大変だった。というか、前半部、まったく動きについていくことが出来ず、動きにともなう感覚のみ少なくとも感じようと努めた。

田畑さんが触れられると、身体の細胞がそれにいきいきと反応する。今回も、脚に軽く触れられるだけで、そのあたりの細胞がぱーっと嬉しそうにはじけ、その直後、身体の中心からすこし右あたりを白いものがまっすぐに貫き、その部分がすぐに透明に変化した瞬間、身体が「おおっ」と驚愕の声を上げた。

途中、下腹部がそこだけ透明で全く無くなったかのように感じた時、また両肩が白く変わったイメージを感じた時も、やはり身体が「おおっ」と声を上げていた。これらの変化は田畑さんが全く私に触れることなく引き起こされ、田畑さんの凄さをただただ感じた。

途中、台の上から滑り落ち、胎児のように脚を組んで床に仰向けになっている自分。胸、腹部分が、茶色がかったオレンジ色の大きく横にひろがる楕円で満たされ、とても大きく息をゆっくりと吸う。胸のあたりになにか感じるものがあり、気づくと、顎の下から骨盤部分まで、灰色の長方形の、硬さのあるものに覆われている。これはいったい何なのか、必死で探ってみるがどんな感情もイメージも浮かんでこない。すると驚くことに、右目から涙が流れだしていることに気づき、それに続いて左目からも流れ出していた。

「泣くなんてまったく思いもしなかった」というと、田畑さんは「解放されたときにも涙は出ます」とおっしゃる。そのあとしばらく、表現は変だが、静かな、重くない悲しみに包まれ、そののち何ステップかを経て身体を起こす動きとなった。

田畑さんが台に座ることを促してくださり、どこに感覚があるかと尋ねられる。肩周辺に感じた私はそこを指で囲むと「ではそこを感じてみてください」とおっしゃる。じっと感じていると、思いもしないことがどんどん起こっていく。(ここからは、起こったことの時系列が少しあいまいである。)

‐突然顔を覆ってうずくまり、わあわあと声をあげ、なにか身体のなかから丸いものが飛び出すのを感じると、なんと「生まれてきてよかった」と叫ぶ。

‐自分がどんどんどん小さく、ちっぽけなものとなっていき、小さな粒となったとき、上へ上へと昇っていく感覚がうまれ、たどり着いた先は明らかに宇宙のイメージ、その中を落ち着いた気持ちでゆらゆらとたゆたっていた。両手を広げたり、上に伸ばしていったり、身体の前面が広がってとても解放された気分がたぶんこの前にあったと思う。

‐地球に戻ってきたイメージ。もう一度顔を覆う動き。今度は、どんな感情でいるのか探ろうとしてみる。最初は中くらいの悲しみを瞬間感じ、それに続いて胸のあたりが熱くなりだし喜びの感情がこみあげてきて、「みんなにありがとうといいたい」と声にだしていた。この、「みんな」とは、具体的に人をさすのではなくて、もっと根源的ななにか、原初的ななにか、のイメージが湧いていた。

‐私という存在は、もともと宇宙の塵のようなもので、そこに存在するもの達に応援されてこの世にやってきた、というリアルな感覚。

しばらくうずくまっていると、台から滑り落ち、丸くなってじっとしている自分がいた。ここからははっきりと覚えている。

しばらく丸くうずくまったままでいる。身体がよりいっそう小さくきゅっと収斂したかと思うと同時に、床に黒い、すべてのものを吸い込む一点が現れ、そこに床面に接していた頭の部分が強く吸い込まれていくのを感じる。吸い込まれたと思うと、こんどは、ポンッ、と収斂していた身体がはじけ、(その瞬間、両脚がはねたような感触を得る)「あ、自分は種子になっていて、たった今発芽したのだ」と確信する。そのあと、ぐんぐん芽を伸ばし、双葉となり、葉っぱの数を増やし、さらに茎をのばし、どんどん成長する植物の姿を身体で体現していった。最後の部分で、左足をまず地面につき、そのあと右足をついて、成熟した植物になるまでの間、身体をグラグラと前後左右に揺らしていたのは、まるで人間が大人になる前の思春期を再現しているかのごとくに感じた。明らかに私は生き直ししている、と確信し、静かな感動を覚えた。

今回、自分の感覚を感じることにのめり気味で、現実とのつながりが薄く感じられていたので、田畑さんが絶妙な間あいでかけてくださる声によって今に戻るタイミングがうまく与えられ、自分はとても安心して中の自分を感じる行為に浸ることができた。田畑さんがしっかりと今を見据えて私にそっていてくださる感じを私の中のひとはしっかりと受け取り、自由に振る舞うことができていて、とても解放されているな、と感じた。今回のセッションの後半部は、私にとってまるで物語のようだったのだが、それらの出来事を私にもたらしてくださった田畑さんには、今回もただただ感謝の一言でしかない。

セッション終了後:

セッション前よりも、肩が内側にきゅっと収まっている。

帰りの新幹線の中で、胎児の形をして、灰色の部分を抱えた姿の時の感覚にひたすら浸る。新大阪駅につくと、視界がまた一段と開けたように感じ、光のまばゆさ、そして目にはいってくる人の波、情報量の多さに、どぎまぎした。

セッション翌日は、起こったことを自分の中で咀嚼することが難しく、あせらずゆっくり感じてみようと思う自分がいた。また、その翌日には子どもが体調をくずし、その世話でばたばたと過ごしてしまい、自分と向き合う時間がまったくとれなかった。

セッション後3日目:

骨盤内の左寄りの部分で、プチっと何かがはじけたような、切れたような感覚のあと、そのあたりが急に自由になったことを自覚する。背骨にそって左側の部分、慢性的に押すと弱い痛みを感じていたのがきれいに消えている。夜中に目が覚めて、覚める寸前に左足首より下が魚の尾びれのような動きをしていたことに一瞬気づく。モスグリーンの濃淡のある風景が頭にのこっていて、深海魚がゆったりと海底をめぐっているイメージが湧いた。身体、心の深いところを探っているのだろうか。

セッション後4日目:

歯のかみ合わせがますます上下しっかりとしてきているためか、顔の骨格が変化していることに気づく。

セッション後5日目:

右肩、右腕の不規則な動き、違和感がある。咬み合わせもすこしずれた感あり。

セッション中の灰色の物に覆われていた時のことを田畑さんのおっしゃった「解放」という単語とともにずっと感じ続けていたが、浮かんでくるイメージ、思い当たること、さまざまあったが、結局、その物質が灰色の鉛のイメージでなくてよかった、(自分は薄くもなく厚くもないプラスチックのイメージを抱いていた)救われた、と感じるに至った。

セッション後6日目:

右肩の違和感に加え、右足体重が外側にかかって、歩行時の不快感が加わる。

セッション後7日目:

夜中に目が覚め、とてもすっきりした気分でいることを感じる。しばらく起きていると、右手の親指が、そこそこの強さ、スピードをもって曲げ伸ばしを始める。延々続けた気がする。動きの最後数十回には左手の親指も加わる。これに関しては、割とすぐ思い当たるイメージがあり、それに浸っていると「あなたが負うことではない、あなたはあなたを生きるのですよ」との内なる声が聞こえてきた。また一つ「解放」が起こったと感じた。明け方左足が一瞬つり、起きると左足外側に痛みを感じるがすぐに解消される。

セッション後9日目:

ここ3日間、両手で自分をきゅっと抱きしめるかたちで目が覚めていることに気づく。第2セッション後にも何回かあったのだが、たまたまかな、と深く考えなかったのだが、さすがに3日つづくと自分の中を探ってみざるをえなくなる。感覚、感情をたどり、最後に浮かんできた言葉は「努力なんかしたくなかった」。それに続き、身体が自動的に動き出す。右首のあたりを懸命にのばす動き、それと第2セッションでできなかった寝返る動きを成功させ、腹ばいになって反り返ることが出来ていた。起床してからも右腕、右首あたりを中心とした動きがかなり続き、結局、右肩あたりに余裕ができて、動きがかなりスムーズになっていることに気づく。努力なんかしたくなかった、という内なる声に、そうだったんだ、と静かな悲しみがわき、少し涙がこぼれた。

セッション後10日目:

明け方目が覚めると今日は上腹部のあたりを手がおおっていることに気が付く。昨日と同様に、感覚、感情を探ってみる。その気持ちに浸っていると、右肘から下を思いっきり外側に向け続ける動きがしばらく続き、その後右腕回しが始まる。起床後両腕の感覚を確かめると、違和感のある右腕の位置が、すんなりと収まっていることに気づく。ただ、暫くすると、また元の違和感ある感じに戻っていた。でも、あのすんなり収まっている感じが持てた、ということが自分をとても勇気づけてくれ、自分の身体に、すごいなぁ、有難う、の気持ちが自然と湧いてきた。

セッション後11日目:

また夜中に目を覚ます。右腕が自然と回転を始める。かなりの大回しから始まり、腕を伸ばせるだけ伸ばしての回転をかなり長時間続ける。そのあと、左腕の回転に移る。左腕を回しているときには、腕のねじれを修復しているかの感覚があり、左肩甲骨の中の浅いところで、なにかが切れた感覚があった。また右腕の回転に戻り、長時間続ける。最後に、両腕を同時に動かす動き、途中には身体をねじる、両手指を思いっきり開く、寝返る(昨日よりもずっとうまく出来ていた)、など。途中で眠たくなり、動きを止めたくなったほど、長時間動いていた。起きてしばらくして肩回りを観察してみると、昨日よりも両肩の動き、特に内側に丸める動きが格段に良くなっている。左脇腹の骨が、隙間をもって一本一本動いている感覚が持てるようになっている。それに対して右脇腹の骨は依然としてくっついたままの感じで違和感がある。

セッション後12日目:

夜中に目覚め、すっきりとした気持ちでいる。しばらく目を開けていると、左手のこぶしを握って、腕をぐるぐると大回しにし始める。今回は左側の動きが中心、左手首を思いっきり振り続けたり、腕を肩から右に折り返したり、腕を大回しする動きなど。かなり長時間続けたあと、右腕も回転させる動き、寝返りの動き、左体側を思いっきり伸ばす動きなど。

起きてみると、昨日より一段と腕を肩から丸く収めようとする感じがでている。起きてからはことあるごとに上半身を左側に捩じらせたがっている。しばらくすると上半身を不規則に回転させて、元の感じに戻ってきた。

セッション後13日目:

夜布団に入ると、左脚が回転を始める。大きく、小さく、さまざま暫く回した後、今度は右腕の動きに移る。右こぶしを握り締め、肘から下を大きく振る動き、肩から腕全体を大きく回す動き、など、昨晩の左半身の動きが右に移ったような感じ。しばらくすると寝てしまったようで、夢を見る。家の中の様子はいかにも昭和、中学生くらいの不活発な雰囲気の男の子、一人できちんと正座をして食事をとっている。背後には皿洗いなど後片付けをする女性の後ろ姿。私は、その男の子の斜め前に少し離れて座り、興味を持ってその男の子の様子を観察している。食事の途中で男の子が、不器用に、喋りなれない様子で「お、い、し、い」と呟く。それを聞いた私は、皿洗いをしている女の人に、「おいしい、って言ってますよ~」と声を上げると、女の人は、その子が言葉を発したことに驚き、信じられない様子、とても興奮し嬉しそうな顔をして「奥様に報告しなくては」といいながら、昭和の時代の黒いダイヤル電話の受話器を手に取る。そこで目が覚める。右手のひらを、喉のほど近く、右側鎖骨の上にあてていることに気づき、その気持ちを感じてみる。すると、ほのかな赤い色とともに嬉しい気持ちが湧きおこり、続いて背中が上に持ち上がるほど、とても大きくゆっくりと息を吸い、ゆっくりと吐き出す動きを長い間続ける。その後、また右腕を大きく回す動きを暫く続ける。その後、右側に大きく呼気を集める動き。両脚を内向き、外向きに動かす動きもあり。起きてみると、右側が若干膨らみやすくなっていることに気が付く。夢の中の登場人物はなぜ男の子だったのだろうか、と起きてから考えてみたが、それは自分の中の男性性の振り返りに繋がった。

セッション後14日目:

とにかく眠い、と思って布団に入る。寝ている間に何度も目が覚めて、そのたびに手足の指を大きく広げていることに気づく。夜中に、手指を大きく広げて胸の上に手を置いていることに気づき、なにか浮かんでくるイメージがあるか感じようとするが、眠さにまけてそのまま寝てしまう。明け方、なぜ私は一つのことを長く続けるのが好きではないのか、という問いが湧く。それにまつわる感覚、イメージを探り、思い当たることがさまざま浮かんでくるのと同時に、右腕が大回しをはじめ、その後左腕へと移っていく。最後両腕を上に伸ばす。起きてから、なぜ英語だけ例外的にずっと学びつづけているのか、という問いが湧き、この問い、明け方に思い浮かんだ問い、そして昨晩の夢に繋がる自分の中の男性性への気づきとが関連していることに思い当たり、なかなかの衝撃を受ける。

セッション後15日目:

身体は動きたがっていたが、夜更かししてしまったため寝ることを優先してしまった。でも、寝ている間も、身体を思い切って反り返らせたり、左足をいきなり縮めたかと思うと右足を思いっきり伸ばす、など、何回かそのために目が覚めたので、私の中のひとは頑張っていてくれた。

ここ数日ずっと続いている腕の大回しとそれに付随する一連の動きは、自分の今までの思い込みをもしかしたら振り払うためのものではないか、と思えてきた。セッション開始時に撮っていただいた写真のうち、私が一番強烈なショックを受けたのは、右肩をがっくりと落とした自分の後ろ姿で、それを見たとき「一体私は自分に何を背負い込ませてきてしまったのだろうか」という言葉が浮かんできたことを思い出す。

セッションを受け始めて、内なる本当の自分に興味が湧き、関係しそうな本を読んでいるのだが、ある本の中で、過去、現在がどんな状況であろうとも、すべての人はcuriosity, compassion, calm, clarity, creativity, courage , confidence, connectedness を内に資質として持っているのだ、という一文に出会い、なんて勇気をもらえる素敵な言葉なのだろう、と心の底から嬉しさ、前向きな気持ちがこみあげてきた。そして、私はロルフィングを通じて、この資質につながっていこうとしているのかもしれない、と思えてきた。

第3セッション後16日目

夜中にまた目を覚ます。今夜の動きの中でびっくりしたのは、右手で顔をくまなく押さえる動き。強くもなく弱くもなく、最後は輪郭をきっちりと一周して終わった。そのあと、両手で頭の位置を動かし始める。ちょっとぎょっとして、怖い、と感じる。朝起きてみると、ものの見え方に変化。ものの質感をとてもはっきりと感じることが出来るようになっている。すべてのものは一つ一つはっきりと違うのだ、という感覚。

第3セッション後17日目

夜中に目を覚ます。今回は左手で顔をくまなく引っ掻く動き。一通り終えると、今度は右腕の肘周辺に移り、最後は上腕部をつまんで動きを終える。朝起きて鏡を見ると、顔にうっすらと赤く引っ掻いた跡、顔がひりひりとした。

第3セッション後18日目

夜中、右顎から左顎までまんべんなく左手で引っ掻いている記憶。

第3セッション後20日目:

夜中、左手で右上腕を強く叩いていることに気づいて目が覚める。

第4セッション

田畑さんが立たれる位置を決められると、おだやかな、オレンジ色、黄色の小さな花々が咲くお花畑にふんわりと包み込まれているイメージが湧き、本当に心地よいなあ、と感じる。

‐すぐに、身体をくの字にする動きとともに床に転げる。田畑さんが見守って下さる中、身体が自在に動き出す。動きの当初から、落ち着いた質感の茶色のなにかが思い浮かぶ。

‐途中、内臓が上に持ち上がってくる気分、身体に筒のような空間が出来、そこの中はゆったりとものが動ける感じ、脚を開脚する動き。

‐いろいろな動きのあと、自力で身体を起こそうとするが難しく、田畑さんに背中を押し上げていただく。少ししてまた床に伸び、動きを続けていると、三十三間堂の観音様のイメージが突然湧いてくる。冒頭の茶色のイメージとつながる。とても大きなエネルギーをいただいている感覚、それを両手でかき集める動き。

‐再び起き上がろうとするが自力では難しく、やはり田畑さんに助けていただく。両手を合わせて祈りを捧げる動き。強い感謝の気持ちが湧きあがり、号泣しつつ左足を激しく震わせる。自分は大丈夫だ、という強い気持ちとともに、腰に手をあてて立ち上がる。思わず笑みを浮かべてしまうほどうれしい気持ちが湧きあがる。続いて、銀色のまっすぐ伸びた道のイメージが浮かぶ。強い孤独な気持ちも同時に湧き上がるが、後ろを振り向かずに突き進む強い意志を感じ、ふたたび笑みを浮かべてしまう。

セッション終了後:

左脚は内側に、右足は全体的に力を感じる。お腹周りにも力強さを感じる。うれしくてぴょんぴょん飛び跳ねながら歩いていたい心持。

帰りの新幹線、身体が崇高な、威厳のある感じに満ちている感覚。ともかく眠かった。

新大阪に近づいて起きた時に、右首のすぐ下がとても凝っていることに気づく。下車して歩いてみると、右肘下の動きが少し楽になって前よりも腕が振りやすくなっていることに気づく。

第4セッション後1日目:

身体があちこち痛い。眠さが今日も続く。昼寝をしたときに見た夢。二連続で、自分自身の嫌と思う点が示され、起きたときに重苦しい気分であったが、すぐに「これらは自分のものとして自分の内に統合していくものだ」との思い。

第4セッション後2日目:

今日もともかく眠くて昼寝。目覚めて両腕を上に伸ばしたら、左腕だけブルブルと震えが起き驚く。

第4セッション後3日目:

物の見え方に一段と変化がある。空間が丸身をもった空気で満たされている感じ。すべてのものが立体感を増し、質感がアップ、色鮮やかで生き生きとして感じられる。夜中に左手で顔を引っ掻いていた記憶。

第4セッション後5日目:

立っていて、地面に足が引き付けられる感じ。手にもっている荷物が上下にちょうどよいバランスで保たれている感じに気づく。街を歩いていると、建物が地面から上方に伸びている感じがとても強く感じられる。相変わらず眠くて、食事をする、家事をする、以外はほとんど寝ている。

第4セッション後6日目:

地面がいままでよりも上にせりあがって見える気がする。街を行く人々や建物が、それぞれとてもコンパクトにまとまっている感じ。すべてのものが生き生きとしている。すべてのものは地面を起点として空間に広がり、地面に繋がって生きているのだ、という気づき。相変わらず眠い。

第4セッション後11日目:

自分は扇の要に位置し、すべてのものを見回している、という感覚。すべての起点は自分にある、自分と他者とは交わっているが、いつも自分が初めにある、との感覚。物理的なものの見え方が徐々に変化してきて、それと同時に自分のものごとに対する見方が明らかに変化している。

第4セッション後16日目:

セッション後、初めて眠さからすこし覚めてきた感覚。

昨日までは最低限の家事、夜寝ること、食べること、昼寝以外、本当になにもしなかった。それがあたりまえで、それしかない生活に特に疑問を持つこともなく普通のことであるかのように感じていた。まるで乳児のような生活。

人生すでに半分以上終えている自分が、今、たった数か月の間に、容易に言葉にできないような体験をさせてもらえていることの意味を考える。ロルフィング、なにより田畑さんにただただ感謝でしかない。そして、何故か、人間ってすごいなあ、素晴らしいなあ、と思う気持ちが湧いてくるのを止められない。

セッション5回目

4回目のセッションからだいぶ間が空いてしまった。緊急事態宣言期間中、自粛ムードに過剰に反応しないようにしていたつもりだったが、やはり自由な選択が制限されていることを感じ取ってか、身体はかなり緊張していたようで、だんだん就寝時でもリラックスできてないなと思う日が増えていった。

5回目当日、自宅を出てからずっとマスク着用でいたが、オフィスに到着しても、呼吸と、セッションに向かう気持ちをうまく整えることができず、マスクによって生じる様々な負担がとても大きいことが身をもって感じられた。少しイライラした気持ちを落ち着かせようとしていた時、窓が開いていたのか、不意に鳥の鳴き声が耳に飛び込んできた。高原で耳にするような鳥の声で、初めは、ん?なにかのBGM?とも思えた。こんな都会の真ん中で!とびっくりしたが、なんだかスーっとした気持ちが身体に入り込んできて、有難いな、と思った。

いつもよりずっと意識が勝ったままセッションに入ったので、すこし不安で落ち着かない心持がした。右ひざをたてるようにとのお声掛け、その後身体をセッション台にあずけていると、両手指を大きく広げ、両腕が動き出すのを感じる。と同時に、白い衣装を身に纏い、頭にも白い布を巻いた女性が舞台の上で、たった一人でライトを浴びて、顔をくっと持ち上げたまま舞を舞っている様子が浮かんできた。会場に人影はなく、私はその様子を一人で遠くの位置から眺めている。何を踊っているのか見極めようとじっと女性を見ていると、不意に「今日は、私だけのために、私だけの舞を舞うのだ」という強い意志が湧いてくる。その強い気持ちを感じたまま女性を眺めていると、いきなりその姿がバンとクローズアップされる。その時の私は、とても誇らしげで、一心不乱、だれに見せるためでもない舞をただ自分だけのために舞い、自分の気持ちにぴったりと寄り添って自分を慈しみ、深く大きなエネルギーを感じてその女性と一体化していた。その間、田畑さんが右足内側、右足首を丁寧に施術して下さっているのを感じていた。

するといきなり場面が変わる。イギリスの児童文学の本にあるモノクロ挿絵のようなタッチで、それに色、動きがついて現実となっているような絵が浮かぶ。やわらかい緑色の草、ちょっとした湿地のような場所に大きなカエルが一匹、キョロキョロと周りを見回している。私の視線はそのカエルの視線と同じ位置。お茶目で、好奇心に満ちているカエルだなあ、と私は感じている。すると右目からツツーっと涙が伝っていくのを認識し、自分が泣いていることにとてもびっくりする。

また急に場面が変わり、こんどは「愛の賛歌」がいきなり流れてくる。赤いライトを背景に、赤いロングドレスをきた女性が歌を歌っている姿がすぐ目の前にある。誰だろうと思って顔を凝視すると、越路吹雪さん、深く大きくすべてを包みこむイメージ。私は観客としてみているのではなく、その世界に自分が完全に一体化している。歌の続いている間、自分は深いところで十分に満たされ、自分の中に大きな力のようなものを感じていた。歌が終了したあとは、とてもすっきりと軽やかな気分でさえあった。

セッション台に座るよう田畑さんに促される。座るとすぐに、上半身がゆらゆら揺れだす。先ほどまでの出来事を自分のなかで消化、身体におさめていこうとしているように感じた。

しばらく揺れたのち、ピタッと止まって台から滑り落ちて床にじっとうずくまる。じっとしていると、子供の頃に見たカブトムシの幼虫の像が、ぱっと脳裏に浮かび、「カブトムシになるのかな」と思う自分がいた。そしてゴロゴロと床をころがり手をヒラヒラさせはじめたかと思うと、大きなキアゲハの両羽が脳裏いっぱいに浮かぶ。クルクルと丸まった触角まで脳裏にうかんだところで、今度は全身がジンジンとしびれたように感じ始める。最後までしびれていたのは右腕右手。そののちまたゴロゴロと床を転がりながら徐々に立ちあがる。

立ちあがったところ、今度は腹まわりに途方もないエネルギーを感じる。いきなりの状況にどうしたらよいのか、でもとにかく自分はこのエネルギーをなんとかして自分とともにあるようにする、と決める。手のひらを上向きにし、エネルギーのゆっくりとした上方向への動きとともに腕を押し上げながら肩までがエネルギーを満たすことに成功したとき、あぁ一人で何とか出来た、という安堵感があった。わずか数分の出来事だったと思うが、こんなに、と驚くほど上半身そして顔まで汗まみれになっていた。着替えをしながら、最後の動きで蝶の立派な胴体をつくりあげることに成功し、私は一人前の蝶になれたのだ、ということに気づき、言葉にならない、静かな、でもとても大きな何かが自分の中に沸き起こっているのを感じた。

セッション後の写真では、横から撮影したときの胸幅があきらかに厚みを増していた。帰りの新幹線の中では寝ることもなく、しっかりと意識が覚醒している感じ。家に着き、ふと鏡をみたら、目に凄い力が備わっている感じがして驚いた。

第5セッション後1週目:

‐第4セッション後、なんとなく上半身が揺れている感じ、内臓が落ち着かない感じで不快感があったが、それがおさまっている。

‐右腕、右肘下の動きがとてもスムーズになっている。腕が背骨に沿って動いている感じ。腕を上から回してきたときに感じていた右肩のひっかかりもかなりおさまっている。

‐今回は、ものを見ると頭がふらつく感じ、右目左目が統合されてない感が出てきているが、頭の真ん中からものを見るようにするとだいぶ改善される。

‐起床時、うつぶせになっていることが数日あった。

第5セッション後2週目:

‐胴体がピンと伸びたがっている、そしてもっと右側に捻じれたがっているのを感じるが、その動きをすると、首から上のおさまり具合が悪いのか、顔や頭にとても違和感があり、それとともに身体も元に戻ってしまうことがたびたび起こる。

‐寝起きにうつぶせになっていることの頻度が1週目より増している。

第5セッション後3週目:

‐左足首に柔軟性ができてきている感じがする。柔軟性を感じてからはうつ伏せ寝になっていることがなくなっているので、なにか関係があったのか、と思う。

‐左右の目の統合感が徐々に出てきて、頭のふらつき感もおさまってきているように思う。

‐何か行動を起こすときに、ためらいなく出来るようになっている気がする。

第5セッション後4週目:

‐右胸右肩の前あたりの空間が広がってきた感覚。それにともなって右肩がすこし後ろ側に引かれる感じが出てきて、それが心地よい。

‐胴体が右側に捻じれたがっている時に、首より上が心地よいおさまり場所を見つけた気がする。このバランスがうまく取れた時、気になっている左肩の引っ掛かりが軽減する気がする。

第4セッション後までのように、毎日のようになにかしら頻繁に変化が起こる感じはなかったが、大きな枠のなかでゆったりと、感じた変化を徐々に安定させたり、定着させて

こられてきていることが、それはそれで自分の自信となり、心地よいことだな、と思えている。

セッション6回目

今回は渋谷駅からマスクをはずしてゆっくりと歩き、呼吸を整えつつオフィスに向かったので、前回よりもずっと落ち着いてセッションに臨むことができた。

‐田畑さんがスタートの位置を決めるとき、初回からずっと、頭側に立たれるとなんともいえない圧や不快な感じを持つことは変わらない。

‐うつ伏せから始まって、すぐに左手を上に伸ばす動き、右手も回転させて上にもちあげる。水の中の断面の映像が浮かび、クロールをしたい、と思って何度かクロールの手の動きをする。

‐そのあと、首から上を可能なだけ後ろにそらしてそのまま保つ姿勢を、だいぶ長くつづけていた。光沢のあるずっしりとした質感の漆黒のもの、そのなかに鈍く光る金色の不規則な幅のラインが混じっていたが、それが自分の首から上の位置にとって代わっているイメージ。「頭をリセットする、頭で思考するのは止める」との意志が浮かんできた。

‐水中にいるイメージはすぐに消え、こんどは何かの生き物が身体、四肢を思いっきり伸ばして動いている姿が浮かぶ。浮かんできた言葉は「躍動」。「どこかでこの生き物はみたことがあるなあ」と思っているが、はっきりした情報は浮かんでこない。その生き物に自分を重ねて身体を動かしていた。

‐セッション台から床に転がり落ち、いろんな動きをしていたが、まず覚えているのは、伏臥で、腹を支えにして下半身を浮かせ、思いっきり上半身をそらしていたこと。結構長く続けていた感覚、とにかく上半身がなくなったかのように、軽くて、とても気持ちがよかった記憶。終えてから何度も何度も鼻から深く息を吐き出していた。

‐つぎに覚えているのは、下腹部を支えにして、上半身下半身を思いっきり左右に振りつづけている姿。「よくこんなに続けられるなあ」と思っている自分。動きが止まると、やはり深くて長い息を鼻から何度も吐き出していた。

‐最近頻繁に聴いているあいみょんの歌が流れてきて、エネルギーをもらった、嬉しい、と感じていると、そのあと大きな蓮の花、葉が浮かんできた。日本絵具で彩色されたイメージ、とても透明感のある色。つづいて、青みの強い水色系の色一色で覆われた空間があらわれ、軽やかで、でもなんとも言えず気持ちが落ち着き、満たされている心持。「あ、極楽浄土だ」と思う自分。左手を上に伸ばして横たわったままでいると、ギターを抱えたあいみょん、蓮の花、葉、そして水色の空間、の絵が、三場面同時にあらわれる。目から涙があふれ、田畑さんから、今どんな気持ちかの問いかけがあり、「静かな感謝に満ちている」と返答する。

‐そのあとまた身体を動かしていると、今度は大阪の戎橋にあるグリコの看板が現れ、やはり「躍動」の気持ちが浮かんできた。身体を動かし続けている間、赤い衣装に身をまとったフラメンコを踊る女性の姿が瞬間浮かび、そのあと、淡く柔らかいクリーム色がグラデーションとなった光のイメージが一面に浮かび、セッションの始めに登場した生き物がその光に向かって進み、光のなかで思いっきり身体と四肢を伸ばして動いている姿に自分を重ね合わせていた。

そのあと、身体を徐々に起こし、体育座りして上半身の位置を整えるような動きなどを経て、最後は腰に手をあて、立ち上がった。

‐田畑さんに促され、歩いてみると、上半身がとても軽い。背骨も含めて、背中がとても柔らかくなっている感じ。写真を見ながら、田畑さんは肩と骨盤のラインが水平になっていることを指摘される。

‐着替えをしながら、先ほど登場した生き物のことが気になり、考えていると、馬場のぼるさんという方の絵本「11ぴきのねこ」シリーズの猫達のイメージだった、と思い当たった。そんなに思い入れをもって読み聞かせしていた本でもなかったのに、とすこしびっくりした。

‐セッション翌日は、背中、特に首の付け根、腰回りがかなり痛かったが、次の日になると、首の付け根の痛みはすっかりなくなっていた。毎回思うが、セッション後におきる痛みは、いわゆる運動などをしたあとの筋肉痛などとはまったく異なり、その部分が自分に意識されるべき場所なのだ、ということを身体が教えてくれているように感じる。

‐セッション後4日目、腰回りの重苦しさはまだ残っている。ここに腰を落ち着けると痛くないな、という位置は自分なりに見つけられたが、自然にその場所をキープするのはまだまだ無理な感じ。でもその場所に腰をもってくると、両肩のひっかかりが軽減するので、腰のあたりと肩は関係が深いのかな、と感じる。

‐右肩の位置が少し変わったのか、箸やスプーンを持って口に運ぶことがまた少し楽になっている。

‐膝の周りになにかサポートがついたような感じで、曲げ伸ばしや歩行する時に、そのサポートが細かい調節をしてくれるので、とてもスムーズになったような気がする。

‐セッション5回目終了後以降、とてもすっきりとした、透明な心持が続いている。それととにかくこの一瞬一瞬をなんとなくやり過ごしてしまうのではなく、そのときどきの感情をしっかりと感じて、出来事を味わって過ごしていこう、という気持ちがずっとある。

‐いろんな事を、頭で受け取って考えるのではなく、身体で受け止めてどんな行動をとるかは身体が決めている感じ。だからいままでと比べて決断がはやくなっているのだ、これは自分のことながら、すごい、と思う。

‐肉、魚や、お菓子、加工食品など、いままで好きだったものがあまり食べられなくなってきている。

よい英文エッセイを書く上で欠くことのできない要素、と教わった ‘coherence’ 「つながり」と’cohesion’「まとまり」、のことを考えていたら、これってそのまま身体にもあてはまることじゃないか、良い身体にはいろんなレベルでの細胞、器官間の好ましいつながり、そして全体としてのまとまりが大切、と思いあたってちょっと感動した。

セッション7回目

東京都のコロナ感染者数がまた増加してきていたため、4月のように移動が制限されセッションが受けにくくなることは避けたい、と感じ、予定をかなり早めて7回目をお願いすることにした。

‐田畑さんが立ち位置を決められ、セッションのはじめのあたり、私は頭を右に向ける動き。どんな感じか尋ねられ、左顔面のあたりが、スースーする、とお答えする。そのあと、今回はセッションが終わる間際まで、ただただゆっくりと思うままに身体を動かし、その間イメージとして浮かんでくるものは何一つなく、見えている色の変化も全く感じられなかった。

しかし、後半、田畑さんにお声がけをいただいて我に返った時、目にうっすらと涙を浮かべていることに気が付き、少し驚いた感じでいると、前回のセッションの時に見えたクリーム色のグラデーションの光のイメージが突然あらわれてきた。そして、遠いところにおぼろげな像が感じられたので、目を凝らしてよく見てみるとそれは聖母マリアの姿、あっ、と思っていると、いきなり目の前に、ちょっとお茶目な感じの天使(セッションの時は、森永ミルクキャラメルのパッケージの天使だ、と思った)が登場した。天使の姿はすぐに消え、クリーム色の光は、漆黒の空間へと変化した。

暗闇の先にはなにがあるのか、なにが起こるのか、計り知れないものを感じて、ひるむような、立ちすくんでしまうような心持がしたが、それと同時に、右手のひらをドン、と床につく動きがおこり、なにか大きなもの、大地、と自分はつながったから大丈夫だ、という気持ちが沸き起こってきた。その黒さを感じた時、それまでずっと続いていたグレーの景色は、なにも色が見えていなかったのではなく、グレーという色の空間をゆっくりとたゆたっていたのだ、と思った。

終了後、歩いてみると、頭の位置がすっとおさまり、上半身が腰に乗る感じ。前回のセッション後、家でいろいろと試す中で、左肩の引っ掛かりが一番少なく、自分で望ましいと感じていた姿勢での歩きができていて、とてもうれしかった。

新大阪駅に降り立ってみると、間違いなくいつもの駅なのに、なんだか一つ一つのものが大きく見えるように感じたり、見えているものの収まりがとても悪いように感じた。いつもの場所なのに、いつもの場所ではないのではないか、と不安に思ってしまう感じがあった。

‐翌日、鏡をみていてなんとなく顔つきが変わったな、と思い良く観察してみると、鼻腔が広がっていること、眉間が心なしか広がっていること、に気づく。口を動かしてみると、下顎がとてもスムーズに、柔らかく動くようになって、顎がいままでよりも引けている。セッションの時、顔左側面に涼しさを感じた以外、田畑さんがなにか手を触れられたことは一切なかったのに、この変化、そのお力にいつもびっくりすることばかりではあるが、今回も本当に驚嘆させられた。

セッション後1週目

足が吸い付くように地面と接し、両脚前側は上方にしっかりと伸び、重心はいつもの感覚より背中よりの低めの部分にある。足首、膝の柔らかさ、背中の柔らかさをとても感じる。肩に重力を感じる、上半身が心地よく伸びている。膝が少し内側に寄ろうとしている感じがする。今までになかった軽快さで動ける。自然と笑みがこぼれる感じ。

2週目

かなり太めのゴムに左足を引っかけてしまい、このままでは足首をくじく!と感じたので、おもいっきり足をあげたら、足からゴムがはずれ、すこし高い位置から地面に力いっぱい着地してしまう。腰から下がしびれて、左足全体が固まったようになってしまう。

3週目

ずっと左脚の不調が続き、かばうように歩いているため、上半身もなんだか不具合な感じがしてくる。‘予定変更して、田畑さんにセッションを早めにお願いしようかしら…’と不安になってきたが、ちょうどたのんであった「こころのバランスボード」が届いたので、乗り始める。すると、少しづつではあるが改善がみられてきたので、そのまま様子を見ることにした。

4週目、5週目

‐買い物をしていたら、本当に突然に、立体的できれいな、模型にありそうな腸のイメージが頭に思い浮かぶ。それが5日位続いたあと、お腹がとても柔らかくて、こんもりとしていることに気が付く。それまで、私にとってのお腹は、いつも硬いものであった。そのあと、3日間ほど、こんどはふちの装飾の美しい縄文土器のイメージが浮かぶようになり、腰を回してみると、引っ掛かっていた右側の腰骨がスムーズに回るようになっていることに気が付く。そのあと、背骨らしきもののイメージが数日間浮かぶが、前者2つに比べて、浮かぶイメージ像はとても貧弱で、おぼろげな感じがし、しかも背中の真ん中あたりまでしか伸びていない感覚。

‐腰を回していたら、右腰のあたりで、小さくプチっと音がし、後ろ側への回転域が少し広がった。

‐前回よりも立体的で、リアルな感じの背骨のイメージが湧くようになる。前よりも長さは伸びた気がするが、まだ完全ではないイメージ。

6週目

‐首を左に向けると鳴っていたボキボキ音があまりしなくなったな、と思っていたら、右手の薬指と小指が随分楽に手のひら側に曲げられるようになっていることに気が付く。首の右側への回転がスムーズになり、かつ回転域がずいぶん広がっている。

‐横になると右肩付近がバキバキと音を立てる頻度が多い。

‐夜中にふと目が覚めて、左側の鼻腔を思いっきり広げていることに気が付く。鼻の奥のほうで鼻血が出ているような気もしたが、そのまま寝る。翌朝、左目の後ろ側が広がった感覚があり、左側の視界が随分開けた感がある。鼻をかんだら、うっすらと血のあとがあった。広がりを感じる部分に鈍い重さがある。

‐私は右脚のかかとへの意識が薄いのではないか、と突然感じる。右かかとを意識すると、右脚内側に骨盤内部を通って腰あたりまで、いままで感じたことのないほのかな力強さを感じ、それがあると、左側上半身が広がるかんじにつながる。右脚内側、そして右脚かかと部分は、第5セッションで、田畑さんがとてもよく見てくださっていた場所であることに思い至る。右脚かかとを意識して立つと、左上半身の肋骨付近に隙間ができ、左右の鼻腔内に入る空気の量が等しくなり、また多くなる気がする。耳鼻科に行くと、左の鼻の中が曲がっているといつも言われるので、それが多少なりとも改善されるのだろうか。

7週目

‐右肩付近、バキバキと音をたてたり、ガクッと肩が沈む感じがしたり、と変化の大きさが続いている。

‐いくら丁寧に説明しても相手にまったく理解してもらえない状況が何場面も続く、という夢を見る。理解してもらえない流れでそのまま意識が覚醒しだすこととなったが、「わかってもらえなくても、へこたれないぞ、私にはこんなに立派な身体があるのだから」との思いと同時に、力強いエネルギーを瞬間感じて目がさめ、なんだか感動する。

‐体重をかける位置が両脚かかと側に寄って脚に力みがなく、上半身が少し前側に乗っている、という感じが出てきている。そして頭を少し引き気味にすると、見える景色がまとまって落ち着く感じになることに気が付く。セッション後に起こった、既知だとわかっているのに知らない場所のように感じる感覚、物一つ一つが大きく目に入って、見え方全体として収まりがなく、ちぐはぐしている感じがだいぶましになる。

8週目

‐右肩周辺の引っ掛かりが随分とれて、自由度が増した、と感じる

‐朝起きた時、右肩が後ろに引かれて、腕の位置が自然に身体におさまっていると感じる。

‐左腹部でお腹がなって、右側がゆるんだような感覚があったので、腰を回してみると、右骨盤の動きが一層スムーズになっていると感じる。

‐左足前側で、内部でなにかがうごめいている感じが感じられる。左膝が内側に寄ろうとしている気がする。右半身に変化を多く感じてきたが、左半身にもゆるみが出てきたような感じがする。

‐鼻腔内で、表現が難しいが、なにかツンとするような感じ、ともかく何かが起きているな、という気が数日前から続いている。

9週目

‐左足内部で感じられていたなにかうごめく感じが、右足にも少し起こっているように感じる。

‐右わき腹以外、身体の内部の浅いところに隙間ができた気がする。特に胸の上側、左半身に顕著。左側はより広がりができて、呼吸がより一層しやすい。左側お腹のあたりがぐうと音を立てることが多くなっている。背中の柔らかさ、背骨の動きが増していると感じる。

‐左側腰あたりの内部でぶちっとそこそこ大きな音がして、腰を回してみると、上半身の柔らかな動きにつれて、背骨も柔らかく動いているような気がする。右側にはつっぱり感がある。

‐両脚、特に右脚内部に何かがうごめく感じが顕著で、それとともに、右足かかとを使った歩き方ができている、と感じることが増える。下肢全体に柔軟性が出来ている感じ。

‐右手の肘から下の返しが一段とやりやすくなっている。

‐左側のお腹の内部を緩めようとしている感じが顕著。左膝から下の動きを良くすることと、左上半身が伸びて広がりを感じることがセットになっているような気がする。また、寝ている時に左下半身をリラックスさせると、左肩の引っ掛かりが改善される気がする。

‐左背中側に隙間ができて、呼吸をするとその部分にも空気が入る気がする。

‐セッション後の2か月間、膝、首、肩など、身体の至るところで頻繁にボキボキ音がし、身体内部でもなにかがプチっと切れた感じや、脚の内側がもぞもぞする感覚、が続いている。

‐いろんな場所に色んな変化があって、自分の中ではまとまりの悪さを感じてはいるが、それはそれとしてしっかりと受け止めて、それら変化たちが今後どうなっていくかを楽しみに待とう、という前向きな気持ちで今はいる。

‐2週目に痛めた左脚は、セッション直後の心地よさと比較すると、すこししびれた感じが残っていたり、足首も少し動きがぎこちないな、と感じてはいるが、随分改善された。

‐箸を持つとき、なぜか左の方がしっかりと使いこなせているようになっている。色んな場面で左手を試してみるが、右手よりもしっかりしていることも多く、不思議である。

今回、あまり間隔を開けずにセッションを受けたが、前回のセッションで起こったことを十分に味わう時間がなかったことがとてももったいなかったような気がしている。レポートに表現されたセッション中の出来事は、その言葉たちの裏側に、言葉では到底あらわしきれない豊潤なイメージがあって、それをしっかりと自分の中に吸収してからでないと、なんだか先に進みたくなかったな、と感じる自分がいる。

セッション8回目

ふっとセッションに入り込んでいった感じでスタート。

前回のセッションであらわれたのと同じグレーのイメ―ジの中をひたすらさまよっている。しばらくそれが続いて、もうたくさんだ、と思った私は「もうそろそろここを終わりにしたいのだけれど…」とすこし強い調子で私の中の人に尋ねてみる。どうやら聞き入れてもらえたらしく、すぐにクリーム色の光のイメージが現れる。同時に飛び魚の姿があらわれて、空中を気持ちよく飛んでいる。私はその時伏臥で、腹部に空気を吸い込んで、両膝を曲げ、足首を手で掴み、飛ぶような恰好をしていたと思う。飛び魚はそのあと海の中にダイブ。海の色が何とも言えない深い深い青、あまりにも深みが強くて、初めは海と認識するのさえはばかられるような気持ち、「ん?ここは、海、でいいんだよね?」と問うている自分。

飛び魚はそのあと深海魚と思われる魚に数回変化、その後大きなタカアシガニとなる。タカアシガニの動きに合わせて、自分も手をおなじようにうごかしていた記憶。タカアシガニの次は、人魚。大きな岩に身体をもたれさせて、長いまつ毛の目を閉じている。心の底から疲れ切っている様子。その時私はセッション台に同じようにもたれかかって息を吐いていた。人魚はそのあと下半身を黒く丸い形に変化させ、その黒い部分が回転しだし、円錐の形になって、地底深くどこまでも潜っていく。上半身は、表現が難しいが、オーロラを丸めたような形のものが、バラの花びらのように、幾重にも重なりあってゆらいでいるものになる。淡いコーラルピンクの、下が濃くて上に向かって薄くなる色合い、繊細でしなやか、でもそのものの材質は弾力があって、そのものの中をしっかりと血、気が巡っているイメージ。その時の私は、そのもののイメージを身体で精いっぱい表現しようとし、両手をあらんかぎりゆらゆらと動かしていた気がする。徐々にセッション台から身体を起こそうとする動き。ゆらぎながら、身体に嬉しさと充実感がみなぎって熱くなるような体感、笑みをうかべつつ、目に涙をにじませていた。そのあと現れたのは大きなコンブの木、前述のコーラルピンクのものと一緒にゆらゆらとたゆたっている絵。大きなコンブを見て、「私はこのコンブで、この海の生き物たちを養っていくのだ」と決意し、セッション台に完全に起き上がる。

海底から上を見上げると、海面に、赤と青の印の入った小舟の底が目に映り、上昇して舟に乗り移る。水色の空、海上の清々しい空間が気持ちよく、両腕を広げながら、大空に感謝の気持ちを表していると、突然「私は砂となって土に還ってゆく」という思いが浮かび、上半身をバタリと前に倒す動き。しばらくすると、すっとその上半身を起こし、両手を腿の上にきちんとそろえる。身体を起こしながら脳裏に浮かんできたのは、長方形の紙に大きな木の絵。ごつごつとしていながらも、優しさ、温かさ、寛大さを感じさせる太い幹が、紙の一番下ぎりぎりからあらわれ、濃い緑の葉をつけている。木の周りにはかわいらしさを感じさせるいくつもの集落。喜怒哀楽に満ちた人々の生活があることがひしひしと感じられ、その人々の生活ぶりを大きな木はただただ見守っている。木があることの大きな恩恵などたぶん普段、人々は意識することなどないだろうけれど、その木のおかげで人々はなんだかんだあってもつつがなく生活を続けられているイメージ。絵からは、とても懐かしい、温かい、なにがあっても最後は穏やかさに必ず戻ってくるような、そんな雰囲気がただよい、夜になれば、家々で夕ご飯の準備をしているさまが、匂いとして感じられるような絵だった。

セッション後、歩くように田畑さんにうながされる。いつもなら、歩いているときどんな感じがするか、口に出していたかと思うが、今回のセッションでは、特に最後の情景がじんわりと胸に大きくひろがり、言葉を発しようとしてもついそれを飲み込んでしまう感じで、無言のまま両脚に軽快さを感じつつ歩いていた。

新大阪駅に着いたとき、前回は既知の場所なのに、なぜか初めて訪れる場所のような気がして、とても不安な感じにつつまれたが、今回はセッション最後にあらわれたのとまったく同じ気配が駅をつつみ、駅全体が、「おかえりなさい、待っていたよ!」ととても暖かく迎えてくれている感じがして、大変嬉しかった。

セッション後1週目

‐セッション翌日目が覚めると、左上半身だけ不調 ~頭痛、耳が痛い、腹痛~ で、縮んでしまった感じがし、その後数日間体調不良が続き、寝込んでしまった。でも、その最中に、両脚が、骨盤あたりでくっと締まって距離が狭まったような感覚があった。

‐体調が戻ってからは、相変わらずあちらこちらが動いていることを感じる。

‐左膝がボキボキと音を立てる、内側に寄っていく感じが継続しているのに加えて、いままでとりたてて何も感じることがなかった右膝に結構な痛みが走る。その後、右膝に違和感を感じることが増える。両脚の状態を見てみると、立ち方がうまくいったときには、両膝が寄って、O脚が心なしか改善されているような気がする。

‐背中全体に空気が入って膨らんだような気がしていたら、胴回りにしっかりとした硬さができ、胴が筒のようになり、脚が軽やかに動く感じがほんの少しの間ではあったが体感できて、その時自分に対する心強さをとても感じた。

‐プライベートゾーンに不意に近づかれると、たとえ家族であってもとても不快な気分になることがある。

‐首を右に向けると、右首の付け根あたりでボキっと音をたてることは相変わらずであるが、そのまま続けて身体をねじった時、身体のパーツが少しずつほどけて、動きに柔らかさが出ていると感じる。

‐夜リラックスしていると、首を長く回す動きが続いている。首を回したあと、続けて腰も回す動きが続いたこともある。

‐身体を横たえると、下腹部左側、右側、それぞれがぐるぐると音を立てることが多い。

2週目

‐朝起き抜けに、身体に空気が満ちて、脚で歩いているけれどもその感覚があまりなく、両腕も肩からふわっと浮いて力がとても抜けている感じがするときがある。

‐ものを見るときに、そのものの先を見るようにすると、身体がしっかりとして、且つ余計な力が抜けているような気がする。そして上半身が上に伸びていくような感じがでてくる。

‐朝起き抜けに立ち上がった時、左脚の太もも内側がきゅっと引き締まり、力を感じたので、その日から、右脚の踵と内側、そして左脚太もも内側を意識して歩くことにする。

‐朝そろそろ起きようとして、左を下にして目をつぶっていたら、眼球が右側に動いたような感覚があり、ちょっとぎょっとする。物を見てみると、昨日までよりも、奥行きに関してものの見方が変わっている。いままでは見ようとしていたもののみがはっきりと見える感じだったが、その手前、奥にあるものまでもが同時にはっきりと見えるようになっている。この見え方に慣れないせいか、ちょっと違和感がある。複数のものが同時にあると、それらのものの立体感が前よりもはっきりと感じられる。また、街の道路は、いままで平らなものだと思っていたが、実はでこぼこに満ちている、ということに突然気がいくようになった。

3週目

‐歩きたい気持ちが湧いてきて、1日1時間弱歩くようになる。休みなく続けて歩いても、呼吸の乱れをまったく感じないことに本当に驚く。

‐夢。マラソン大会のようなものに出場するため、新しい靴を買おうとする。お店の人が、今はいているよりもずっと小さな靴をすすめてきたので、「これは小さすぎると思う」というと、「いや、これがあなたにぴったりです」と返答がある。ほんとかなあ、と思いつつも、試しに履いてみると、足に吸い付くようにフィットして、すばらしい履き心地、「ああ、これでとても気分よく走れる!」と思うところで終わる。起きてみると、左目から涙がつつっと流れていた。朝起きると左目からだけ涙が流れていることは、数か月前にも何回かあったなあ、と思う。

‐しゃがみこんで掃除をしていた時、左足首後ろがゆるんで柔軟性が出たことを感じる。左足首の動きがすこし良くなっている。

‐歩いて帰ってきて、椅子に座っていると、お腹前面に空気が入ってとても力強さが感じられる日があった。突然肋骨のイメージが湧き、膨らんだりしぼんだりしている様子を思い浮かべるようになる。

‐手を振って歩くからか、右肩右腕が少し下にさがり、身体にそって落ち着いてきたような気がする。

4週目

‐人間のかかとが一番うまく落ち着く部分は、かかとの真ん中ではなく、少し外側で、だから歩くときには足前を少し開いて歩くとよい、と知り、歩くときにそれを意識するようにしていたら、以前から気にしていた太もも内側も自然と良い感じに収まって歩ける気がする。

‐右側腰の後方への回転が、よりしっかりできるようになっている。それにつれて、右脚の自由が前よりも利くようになっていると感じる。また左足首もよりいっそう自由度が増した感じがあって、O脚がさらに改善されてきている気がする。

‐歩いていて気が付いたが、私は身体をねじらせた上に縮ませもしてしまっていて、それを今はもとに戻そうとしている感じがする。特に左側、脚はもっと各部分に隙間を欲して下に伸びたいし、上半身は腹部にもっと隙間を得て上に伸びたがっているように思う。

‐バランスボードに乗っている時や、リラックスしている時に、顔をすこし右側に向けて首をぐるぐると回す動きを自発的にしていることが最近多い。

‐相変わらず首、膝、腰でボキボキと音がしたり、手、脚、背中で何かがごにょごにょしている感じ、そして右、左下腹部それぞれでグルグルとする感じが続いている。

セッション9回目

セッション台に身体を仰向けに横たえ目を閉じると、すぐさま自然と身体が動き出す。

浮かんできたのはおぼろげなバレリーナの姿、「白鳥の湖を踊っている」と思う私。しばらくすると、水の上に浮かぶ白い鳥の風景へと変化、そのあとすぐ、ふちが濃い緑色で、ぐるぐると渦を巻く肌色の沼があらわれる。なにが起こるのか、しばらくその渦を見つめていると、突然あらわれたのはゴッホの「糸杉と星の見える道」、絵の中の糸杉が急にぐわんぐわんと大きく揺れだす。無防備でいた私は、身体が急に熱くなり、いきなり身体ごと思いっきり持っていかれるような体感に、うわっ、と驚きつつ、セッション台から落ちないといいけどなぁ、と思いながら身体を大きく揺らしていた。

身体を揺らしながら浮かんできたのは、心の奥底から湧き上がる、黒く強い力をもったイメージ。うまく表現できなくていままで奥底に淀んでいたような感情。8回目までのセッションでは一度も浮かんでこなかった類の感情が一気に噴き出してきた。その感情は、自分個人のものだけではなく、他の人たちのものも含まれていて、人なら共通して持っているもの、の印象。

このあと、何故か、青く光るスカラベが視界いっぱいにあらわれ、その時私は身体を丸めてスカラベになりきっていた。そのあと続いたのは、スカラベからの連想だろうか、砂漠の絵、太陽が沈みかけていて、ラクダの姿があり、絵一面オレンジ色に染まっている。眩しくて、顔の右側寄りに両手を広げて光を遮る恰好をしていたと思う。身体が熱く感じる。それに続いて、イラストタッチの、ウサギ、月、ススキ、が濃紺の世界に浮かんでいる絵。真夜中のイメージ。やはり月の光が眩しい。先ほどの糸杉の激しい“動”の世界とは真逆の、完全なる”静寂“の世界。シーン、という音が聞こえてきそうなほど。

その静寂を破るかのごとく、突然、冒頭のバレリーナの姿から、最後のウサギ、月、ススキの情景まで、全てのものが、順番に崩れ落ちて上に積み重なっていき、ついで糸杉の絵の基調色の青、スカラベの色の青、そしてウサギ、月、ススキの絵の青が溶け出してすべてのものを染めていく。全てが無と化す情景に、私は「ああ、すべて終わった…」と思っている。

しばらくすると、アイボリーの厚みのあるリネンでできた、長方形の底の浅い入れ物のようなものの中に、白い布でつつまれた人間の姿。「自分は死んで、ミイラになったのか」と思い、じっとその姿を凝視していると、その人間の形をしたものが徐々に起き上がってくる。それは白いボロボロの衣装を身に纏ったイエスキリストと思われるような人の姿、十字架にはり付けにされて頭を垂れる。はり付けにされるまでの間、私は両手を上に伸ばして、全力で天に助けを求めたが、何の反応もなくて、悔しい気持ちでいっぱいになっている。自分自身の感情だけではなく、誰とも特定できない人たちの感情も同時に一身に受けている感覚。はり付けにされるとき、私は両手をゆっくりと真横に伸ばす動きをする。同時に、ぶわっと両目から熱い涙がわき出してくる。十字架から少し離れたところに、この成り行きを見守るかのような、創造主とも思える方の姿、金色の装飾が施された立派な白い衣装をまとい、眩しい光を背負っておられた。私は、セッション台に真横に手を伸ばしたまま、こんこんと湧き出る涙をただただそのままにしておきたい気持ちでいっぱいであった。

どのくらいそうしていたのかわからないが、突然、軽快な音楽が流れ始め、頭上に、真っ白な背景の中に黒い細い線状の渦巻き模様が現れ、それがくるくるとまわっている。ところどころに、8回目のセッションで、船底に見えた、赤と青の模様とまったく同じ色の玉が施されている。私は徐々にセッション台に腰を掛けて起き上がろうとする動き。「ん、一体これはなんだろう?」と思っていると、現れたのは真っ白な、丈の短い衣装に真っ赤なガーターベルト、真っ赤なハイヒール、頭には真っ赤なレースでできたヘッドバンドのようなものを着け、真っ赤な口紅をさしたベティ・ブープの姿、腰をくねらせて軽妙な音楽に合わせて踊っている。「ほらほら、なに深刻な顔しちゃってるのよ~、はい、もうそんな真面目な話は終わり終わりっ」「いっしょに踊りましょうよ~」と誘いかけてくる。ベティ・ブープはしばらく踊り続け、最後に私に向かって「そしたらまたね、バイバイ~」といってウインク、自分で幕を上から下にジャーっと降ろして去っていった。あっけにとられていた私は、最後完全に泣き笑いのまま、9回目のセッションを終えた。

セッション後1週目

‐ふとした拍子に涙がただただあふれる日が続く。

‐左脚にごにょごにょとした感じを頻繁に感じる。座っていて、左脚全体が内側に動くようなことをはっきりと認識することもあった。歩いていて、左足指にしっかりと力を乗せて前に進む感じが出てきている。

‐いつもの緑深い遊歩道、季節柄、金木犀の香りが心地よい。「いい香りだなぁ」と思いつつ歩いていると、前から自転車でやってくる女性、私に話しかけたそうに感じたので、「道でも尋ねられるのかな」と思って目を合わせると、すれ違いざまに「金木犀の香りがいいですね」と一言いって、す~っと走り去っていく。全く見知らぬ人との思いもかけないやりとり、しかも今まさに感じていたことを口にされ、なんと表現したらよいか、胸がほんわか膨らむ感じがした。

‐歩きだしてまだ数週間だが、目に入る空間が自分に溶け合っている感じが出てきていて、いままでは、自分とは自分の身体分だけ、と思っていたが、いやいや、目に入る周りの空間やなんなら人々も、自分なのかもしれないなぁ、という思いがうまれてきていたことと、この女性との出来事がうまく重なり合って、なんともいえない心持がした。

‐夜、ふと目が覚めたので起き上がると、背中側の両肩まわり一帯に膨らみが感じられ、それとともに肩が下にさがり、身体は上に伸びている様な感じがでていることに気づく。

‐左鼻腔の通りが非常によく、空気がとてもスムーズに入っていくなぁ、と感じることが増えている。

‐右手の甲の真ん中あたりが動いた感じがあって、指をみてみると中指の向きが明らかに変わっている。

‐歩いている時に肩のあたりに意識をむけるだけで、身体は上に伸びていくが、肩は下に下がる感じ、そして手、脚は特に意識を向けなくても自然と動いてくれて、なによりも歩くスピードがとても上がることを体感する。

‐両脇腹よりすこし前あたりに縦の筋、そして背中側に斜めの筋ができている。

2週目

‐何に、と特定できるわけではないが、流れている、というイメージを感じ取ることが出てきた。

‐座っていると、左脚が内側に閉じてきて、両膝同士を近づけたがっている感じがある。

‐自分の体にある骨をリアルに感じるようになってきた。今までは気にしたことがほとんどなかった。

‐右手甲の真ん中あたりが動き、続いて左肩がほんの少しだけ外側に動いた感覚。左肩の後ろへの振りがすこし良くなっている。

‐夜中にふと目覚めて、特になんということもなかったので、また目を閉じて寝ようとするのだが、身体がなんとなくそうさせてくれないので、立ち上がってみると、右顎のあたりが音をたてるのと、右耳の痛さを感じる。不快に感じたので、両手をエキスパンダーを広げるような恰好で動かしてみる。右腕側が、思いがけず凄い音をたてたので、すこしスムーズに動くまで動かしつづけてみる。すると、突然身体の骨格がイメージとして湧いてきて、硬いはずの骨が、なんだか柔軟性をもった物のように感じられだし、いろんな動きをしてみると、くねくねと軟体動物になったかのような動きが出来て、なんだかとても楽しくなり、しばらくその感覚を楽しんだ。両手を上にあげて腕を回していると、左腕肘のあたりでバキバキと音がした。朝起きると、鼻の中に、鼻血がでていたかのような感じがある。

‐右手の親指が外側にほんのすこしだけ動いた感あり。

3週目

‐すごい勢いで怒っている夢を見ていたようで、怒りが強すぎてその力の大きさに自分で耐えられなくなり、思わず目を覚ましてしまった感覚。起きると、左わき腹、腰のあたり全体がこっていて、ひさびさに起きたときに、疲れているな、と感じ、なんだかどんよりしてしまう。怒りは心身に大きな影響を与えるということを痛感した。

‐左腹あたりの深いところで何か動きがあった感覚。ググッということばで表せるようなもの。

‐足裏が地面に吸い付いているかのように立つことができている。身体全体の動きが驚くほどにしなやかになっている。

‐歩いていて、右の内腿だけではなく右腹の真ん中寄りの力も抜けている気がしたので、そこにも意識を向けていたら、右腕の振り、特に後ろ側への振りが良くなり、また右足親指にまでスムーズに体重を移動させながら歩くことができている、と感じるようになる。

‐両脚太ももの内側に、ななめの筋が入っていることに気づく。

‐両脚ともに内側にラインを感じて歩けているな、と感じる頻度が増えている。

‐夜中に目が覚めて、主に左側肩、腕あたりをかなり激しく動かす動き。途中、口を閉じたまま顎をおもいきりさげる動きもあり、それと同時に左鼻腔内でプチプチとなにかはじける感覚。鼻血が滲んでいる感触もあり。朝起きて鏡をみると、下顎が下がっているのが明らかにわかるほどの変化がある。

‐最近、首をまず八の字に回し、最後は円錐形のように大きい円から小さい円を描くように回して終わることが多い。

‐左半身と右半身がお互いに寄りあって、上に伸びていきたい感覚がある。

4週目

‐大阪にある山本能楽堂に出かける。能楽師安田登さんが琵琶の音に合わせて“耳なし芳一”を舞われる姿に圧倒されてしまう。そして浪曲師玉川奈々福さんの、聴く者に生きていくための力を授けてくださるような三味線の音とそのお声にすっかり魅了されてしまった。安田さんの、「残念、とは、本来は、‘念を残す’という意味」というお話しが印象に残った。

5週目

‐自分の専門をさらに深めたい、との気持ちで数年前に大学に再び通っていたのだが、その時のクラスメート達(自分は皆の母親のような年齢だが!)と遊びに行く、という夢をみる。少人数に分かれて、時間まで思い思いの場所に出かけて過ごし、また皆で集合する、という段取り。嬉しくて楽しくて、という時を過ごす。再度集合したとき、ある1つのグループが戻ってこない、といって大騒ぎになる。私は「警察に連絡しなきゃ…」と思って電話をするが、自分の名前を名乗ろうとしてもうまく言えないし、状況も全く説明できない、という事態に陥るところで終わる。今のコロナ禍の状況では、海外にも出られないし、職場でも思うようにその能力を発揮できる状況にないのではないか、と数日前に皆のことを案じていた気持ちが夢になったのかもしれない。

その日の明け方に続いてみた夢。自分が今の年齢のままで高校の新任教師になって、同僚の先生と会話をしている。自分の担当している生徒が近づいてくるが、その生徒は前述の大学のクラスメートの一人。新卒時に、教師になってもよいかと思い教育実習もしたが、自分はどうも向いていない気がして企業に就職したのだが、本当は教職に就きたかったのだろうか、よくわからない。

‐光、空の色、空気、木立、鳥の声など、自然を全身で感じながら散歩をしていると、あっというまに「頭で考えている自分」は姿を消し、身体のない自分、とも表現できるものが立ち上ってくる。それは身体を伴った自分よりずっと自分らしくて、自分の「濃さ」がうんと増している存在。

‐遊歩道の散歩道、さまざまに色づいた落ち葉が織りなす色の美しさに目を見張る。自分の好みの色の配置を見つけた時の心弾む気持ち。

‐能から受けたインパクトが想像以上に大きくて、自分のなかで落ち着きどころを見つけることに時間を費やす。なにかとてもずっしりとして、頭で理解するとかではなく、身体の中にとどめておいて、どうなっていくのかわからないけれど、ただ共にあるしかない、そういうもの。

‐9回目のセッションの、前半部が「念を残す」の世界、そして後半のベティ・ブープの部分が、悲しみ苦しみの中にありながらも生きていくための光を人々に与えてくれる浪曲の世界と重なり、セッションの意味が自分の中で落ち着きどころを見つけられた気がした。そして10回目のセッションを田畑さんにお願いしよう、という覚悟がやっとできた。

‐歩くときに、前に進もうというより、上にのびていきたがっている感じ。

‐右わき腹の自由度が増している感じ。右腕の収まる位置が、ポキッと音をたてて、少しずつ変化している、と感じることが頻繁にある。

6週目

‐右の首が上に伸びたがっている感じ。右肩甲骨回りがひらけていこうとしている感もある。右半身の自由度が増していることを感じる。右半身腹部に大きな力、を感じる日が増えている。呼吸をしていても、そこだけ大きく空気が入っていく感じ。右膝内側、右くるぶしに軽い痛みを感じることが時々。

‐明け方に見た夢。長いモップのようなものの柄に、空のバケツなど掃除用品がかけてある絵、そこに「掃除、終わりっ!」という力強い声が聞こえてきた。清々しい夢だった。

7週目

‐日中眠い日が増えている。夜も早く寝てしまう。

‐右首のあたりの、固まった感じがだいぶ改善されている。首も横に倒しやすくなっているし、後ろにもよりまわしやすくなっている。

‐明け方に見た夢。無数の同じ形をした人?物?が集まって何か意見を交わしあっている。「それはいいね!」「そうだね、そうしよう!」「いいアイディア!」など、前向きな言葉だけがとびかっている。その時に発言している人?物?だけが、CGで制作されたような顔を持っていて、とてもいい表情をしている。自信に満ちた笑顔。

‐目がさめたとき、左ふくらはぎが久しぶりにつっている感じ。それがおさまると、左顎あたりがガクッと音を立てる。続いて、左肩が外側に動きやすくなっていることを感じる。いままでは、寝ていると若干左肩が浮いているような感じだったが、それが改善されて、それにともなって背骨が前よりも自由を得た感じがする。寝たままでしばらく右腕、左腕をいろいろと動かしていると、骨盤から脊髄が伸びている絵がイメージとして浮かんでくる。起きて腰を回してみると、そのイメージがより鮮明に浮かんでくる。左側の頭の中に多少重苦しい感じがある。

‐散歩をしていて、肩の振りと骨盤の動きが連動している感じがでてきた。脚と骨盤の動きのイメージ、同時に肩の動きのイメージが湧いてくる。

‐右半身腹部に空気をためるイメージが続いていたが、今度はその位置がもう少し上にあがって右肋骨下あたりを膨らませようとしている。

‐歩くとき、上に伸びようとする動きが顕著であったが、元のように前に進もうとする動きが戻ってきた。

‐物事に対して、変にこだわることがどんどんなくなってきていると感じる。もとの私はどんなだったのだろうか、なんだかよくわからなくなっているなぁ、と感じたりもする。

‐体重計に乗ると、ロルフィングを始める前よりも、体水分率が確実に増している。この項目に大きな変化があったことは今までになかったので驚いている。

8週目

‐左腰あたりを前に動かして胸をはり、左肩の位置を後ろに引こうとする動きが頻繁に起きるが、なかなか苦しい体勢である。

‐朝起きて、左肩の位置が明らかに変化していることに気づく。

‐左手で重い物をもってしまい、肩あたりでなにかがブチっと切れたかのような音がし、その翌日に肩が激痛、腕をかえしたり、上にあげる動きがまったく出来なくなってしまった。

‐あまりの痛さに寝て過ごすしかなくなってしまったが、その時に、青白い光を背景として、子宮に浮かぶ胎児の姿、その胎児はふかふかの子宮にどっしりと身体をあずけていて、とても弾力をおびて生命力に満ちている感じ、続いて、夢の中でみた、ポジティブな発言しかしないCGのような顔が、やはりとてもいい顔をして現れてきて、このアクシデントは良い結果に繋がる、となぜか確信してしまった。

‐腕の痛さのせいもあるかと思うが、とにかく眠くてしようがない感じが続いている。

‐整形外科を受診後、あれほど痛かったのに、数日で痛みがひいてくれたことにびっくりする。

9週目

‐がっちり固まってしまって、まったく動かせなかった左肩だったのに、痛みがひいてから、

バランスボードに乗って、左腕を動くがままにまかせていることたった数日でかなり腕が動かせるようになってきている。数年前に右腕がやはり上がらなくなってしまったことがあったが、その時には痛みがひくまでにも、そして動かせるようになるまでにも、かなりの時間を要した記憶があり、今回この早い快復ぶりに大変驚いている。セッションを9回まで重ねて、身体が整ってきていることと無関係とは思えない。

‐夜中に左脚横のあたりがつる。しばらくじっとしていてもおさまる気配がないので、立ち上がってみようとすると、足首もひっかかった感じで自由がきかず、左脚外側も捻じれた感じで、左股関節あたりが痛くて立てない。バランスボードに助けを求め、右足で立っておそるおそる左足を乗せてみると、左脚をぐるぐる回しつづけ、左脚を内側に寄せて、何とかおさまりどころを見つけた感じ。併せて、左肩甲骨下に引っ掛かりを感じる。身体の変化が新たなフェーズに入っている感じ。

‐寝ても寝ても眠い日々は相変わらず続いている。

10週目

‐先週に引き続き、左脚にいろいろと不具合を感じるが、その一方、右股関節のおさまりがよくなって自由度が増したように感じる。8週目では辛かった、左腰あたりを前に動かして胸をはる姿勢が、右股関節の変化とともに、自然と出来るようになっていると思う。

セッション10回目

セッション10回目

前回までのセッションルームは、「中立」という言葉がピッタリくるなぁ、といつも感じていたけれど、今回初めてお訪ねした新しいお部屋は、足を踏み入れてみると、光に満ちていて、身も心もふっと軽くなり、ちょっとうきうきとするような体感があった。

‐肩の状態などお話ししたあと、仰向けにセッション台に横たわる。すぐさま薄墨色の背景が脳裏に浮かび、私はみぞおちのあたりを引っ張り上げられて上へ上へと向かっていく。胴体、両手、両脚、首から頭、の各パーツ同士が見事に調和して一体化、ちょうど凧が風をはらんで上昇していくかのよう。背景はすぐに薄墨色から黄色のグラデーションへと変化する。途中、全身脱力して眠りにつくような動きと呼吸を何度かはさみながら、上へ上へと昇り続ける。

‐黄色味の強かった背景がクリーム色へと変わっていくと、そこに浮かんできたのは、生まれて、それからしばらくの間住んでいた街におられた、大きく白い観音様の姿。引きの絵になって、毎朝駅から電車に乗って学校へと通う私が赤いランドセルを背負って右往左往する姿、その私をいつも温かく見守ってくださっているという情景。クリーム色のグラデーションの背景の真ん中に明るく眩しい光がさしてきて、私はそこに吸い込まれていくと、「電車に乗ってまで学校なんて行きたくなかった」といって、子供のように泣きじゃくってしまう。

‐その後、左半身の外側から三分の一くらいが、肩から足先まで、先ほどの黄色のグラデーションに縦に包まれると、田畑さんから「今はどんな感じか」との問いかけがあり、私は「…いろいろあったけれども…今は成長して…」とお答えする。前述の回想場面がとても懐かしいような気持ちがしていて、その時にはすっきりとした気分を感じていた。すぐに、顔の左のあたりに温かさを感じだし、どんどんそれが温かみを増していき、ついにはなにかの熱源、ヒーターの熱?太陽の光?を浴びているのかな、と感じるほどの暑さにまでなる。同時に左脚のあたりにすこしびりびりとしたしびれる感触もあった。

‐しばらくして、再びクリーム色の背景があらわれ、私は口を半開きにしながら、何度も何度も息を吸う。何度も吸うからには吐いてもいるはずだけれども、吐いている感触は一切なくて、ただただ何度も息を吸っていることしか意識にはのぼっていない。人は亡くなるとき、最後に息を吸って終わる、ということが頭に浮かび、自分は死にむかっているのかな、と思う。

‐それがどのくらい続いたのか、一瞬、両足がとても冷たい感触に襲われ、続いて、第6セッションの時に首から上が覆われたのと同じ、光沢のあるずっしりとした質感の漆黒のものに足先からとってかわられていく。とってかわられた部分は長方形をなしていき、それが胸のあたりまで進んだとき、田畑さんからどんな感じかのお声がけがある。一言「死んだ…」とお答えし、そのときはじめて両腕を胸のあたりで交差させていることに気が付く。「ツタンカーメン王の黄金の棺の形…」と思う私。

‐胸のあたりまではあっという間に変化していったが、そこから上、特に頭の部分の変化は遅々としていて、やっと頭頂部分を残すのみ、となった時、いきなり場面は変わり、赤く長い棒のようなものが数本、動きをもって現れる。私は「足の骨かな?」と思い、その動きに合わせて身体を動かし始め、徐々に起き上がろうとする。まさに起き上がるその瞬間、一瞬だけ一面に浮かんできたのは、手塚治虫さんの「火の鳥」の鳥の姿、躍動感に満ちた胴体、小さいけれどインパクトある顔。そしてセッション台に完全に腰をおろす動き。

‐そして目の前に現れたのは、海辺の情景。白いデッキチェアー、黄色いパラソル、水色の空間。私は「ああ、私の好きな色ばっかりだ…」と思う。しばらくすると、私は海上に乗り出していく感覚、景色は消え去って、ただ、ザザー、ザザー、という海の音だけが聞こえる。「頭で考える自分」はどんどん消え去っていき、私はただただ「これでいいんだ、これでいいんだ…」という感情に浸っている。幸せというわけでもなく、嬉しいわけでもなく、とにかくただただ、これでいいんだ、という思いだけに満たされていた。

‐セッション後、田畑さんにうながされて歩いてみたあと、思わず笑みを浮かべて、「踊りだしたい気分です」という言葉が口をついて出た。着替えをしている最中、セッションの中で浮かんできた、幼い私自身の思いに対し、「そんなこと思っていたなんて、まったく気づきもしてなかったなあ…」とその事実にただただ浸っていた。

‐最後に、10セッションを始める前にとって下さった写真と、10回目が終わった時の写真を比較してみせていただく。一目見て、別人のようだ、という感想が湧いた。

‐帰宅途中から頭痛と吐き気がしてきて、その後数日起きることが出来なかった。寝ている時に、「下を見て、自分が高い所に立っていることに気づいて足がすくむ」、というたった数秒間の夢を二度みる。

‐その後に続いた夢。今から何十年も前に、‘死について考えることは生について考えることである’と説き、また‘死への準備教育’の必要性を語って学生に大変人気のあった「死の哲学」を開講していたD先生が現れて、「あなたが‘後期’にとるべき授業は、これと、これと…」といきなり私に語りかけてくる。それを聞いて私は「自分がとる授業くらい、自分で決められるのに…」ととても不服に感じている。先生の隣には、面識のない、ネイティブの女性がいて、私に穏やかに微笑みかけていた。

‐D先生のおっしゃった‘後期’とは、もしかしたら‘人生の後期’ということなのであり、‘死’という未知の経験を前にして‘足がすくんでいる’私は、頭で考える自分がどう思っていようとも、それについて考える時期に来ているということを本当の自分が教えてくれているのかもしれないな、また、身体が整ってきて、これからどう生きていくかを考えるとき、‘死’についても思いをいたさないといけないのだな、と思わされた夢だった。

– 体調が戻ってみると、首がすっきりと上に伸びる感じ、胸を大きく広げ、身体が上に伸びていく感じ。おしりが引き締まった感じ。背骨を軸にして腰を前後、左右に動かしたり、回転させたときの胴回りの大いなる安定感、身体が頼りになる感じ。身体に充実感がある。身体の一部分を動かすとき、身体全体がそれを助けていると実感できる。身体の一体感が半端ない。

迷走電流に敏感な方への10シリーズ with CS60

ほとんど手を使わず変則的にCS60だけを用いての実験的な10シリーズです。

セッション1

当日は、足が重く感じられ
身体がいつもより
動きづらいように感じました。
左足裏の指の付け根の痛み
仙骨上部の違和感

翌日
腰椎と腸骨のつなぎ目の左上部
違和感
この部分は長年、圧痛があります。

6〜7日目
左側腸骨のあたりが
モヤっと重いです。

セッション2

施術後、左足親指とその付け根が
より明確に意識されました。
数日間、右足骨頭とその関節が
違和感がありましたが
治っています。

セッション3

施術当日
数時間、右膝から下が、今まで感じたことがない違和感があった。
右足骨頭と関節の部分も、氣になる。
左の肩に意識を感じず左腕が動かせる。
2日目
左の肩が軽い。
右肩関節内部の迷走電流が感じられない。
3日目
左耳、一日中耳閉している。
施術の影響ではなく、花粉症による
後鼻漏のためかも。数日間耳閉続くも
改善する。
左肩は軽い。右肩違和感無し。

セッション4

前回の施術後
左の腰に痛みを感じて
腰の上げ下ろしに不自由でした。
数日続きましたが
今は、だいぶ改善しています。
CS60 に関しては申し上げたように
施術中、一度も痛みを感じたことは
ありません。
でも、私は、もともと身体の中に
滞っている微弱電流を感じやすい
のですが、モニターを始めてからは
身体の中が、スッキリしています。
これまでのロルフィングのアプローチは主に外面なのに
Cs60 で同時に内部の雑物を取っていたのでしょうか。

セッション5

施術後、骨盤内の内臓が本来あるべき位置に整った感覚でした。
腸の動きが良くなったようです。
長年の左腰の違和感も数日無くなり、座骨の安定感が増しました。
長年くの字型に
バランスを取っていると思われる私の身体(くの字の曲がっている部分が左腰)ですが
その後、左腰の違和感は
若干戻りました。が、
全体的な骨盤内の内臓のバランスは以前よりも
良くなっていると思います。

CS60で受ける施術として
体内の迷走電流が排除され
身体の中が、より静かです。
この状態が続くと
内臓の感覚を、よりキャッチしやすくなるかもしれないですね。

セッション6

施術後、前回に増して骨盤が安定したと思います。左腰の違和感は、ほとんど無くなり
以前より仙骨の柔軟さを感じます。結跏趺坐の時の両脚の開き具合、骨盤とのバランスも
より安定したと思います。
前回に引き続き
腸の調子も良いです。
体内の迷走電流は静かです。

セッション7

今回は施術後すぐに、身体の後ろ側全体が放射線状に拡がった感があり、感激したのですが、
それから、その状態に慣れたのか、安定感はあり
違和感なく過ごしています。

一度、風呂掃除中に身体を
捻ったらしく、ギックリ腰様に
なりそうだったのに
不思議な動きで?調整されて
大丈夫でした。

ただ、右肩関節の辺り
(私の身体で一番電流が溜まるところ)と
胸中央部から左右脇にかけて
チリチリ、ピリピリと
雨天の気圧の頃に感じました。

ロルフィングでの効果は感じているものの
CS60 の効果は、どうなのか
わかりません。

セッション8

施術後の週末から法事や親の様子見に数日旅行しました。
実家は処分して、ホテル滞在でしたが、ベッドが合わず、肩や腰が歪んだ様で、コリや圧痛を感じました。
2日間睡眠も浅く、3日目滞在地移動でホテルも変わり、睡眠も取れて、体調復活しました。
一日中歩いていたので連日1万歩
以上の運動をしていたこともあるのですが、自己修復力を感じた体験でした。

迷走電流は少しずつ体内に溜まっている様です。
私の場合は、スマホやPCを見る時間の積み重ねかと思います。
後頭部の下部から首の後ろに軋みが出てきました。

様々な違和感があり、様々な療法を試みた方への10シリーズ

5回目を過ぎたところで、以下のようなメールを頂きました。
”まだ10セッションの半分を過ぎたところですが、一回一回非常に多くの体験が起きており、それを自分の外にも出しておきたいと思い、言葉にします。
まとめて感想を書こうと思ったのですがまとまらず、日々自分用にメモしていたものをそのまま転記しました。
改めて全部を書き直してみることで、1つ1つの気づきを俯瞰して全体のプロセスとして見ることにも役だったため、かなりの長文かつ個人的体験で恐縮ですが、このまま送らせいただきます。”

※公開するかしないかは別として、身体感覚を言語化するプロセスには意味がありますので、セッションをお受けになっている方は、ご自分のためにこのようにジャーナルを書き留めることをお勧めします。

■【1回目】
◇セッション中
・初回で緊張の中スタート。
最初に、落ち着く場所(境界)の確認から丁寧に時間をとってもらえたことで安心した。思考から体へ戻りやすかった。
・首の後ろ緊張・硬直が気になりそこばかりに意識が行きがちだった。
・足裏に気づきを向けていると、みぞおちで何かもやっとした感覚が一瞬あり、すぐそれが過ぎ去り呼吸がひとつ大きく入ったのに気づいた。

◇セッション後
・「背が高くなった感じ。見える景色がいつもより位置が高いと感じた。
腹背が広くなり伸びているのに、何も頑張って伸ばしていないという感覚が新鮮だった。
・「体の幅感覚が広い」と思った。
「自分の体と認識する領域」の幅が広いことを感じた。
特に肋骨回りにとても広い空間があるのを感じた。呼吸がとても楽に入る。
・足裏が広い。着地面が広くしっかり地面についているのを感じた。
・左腕が水平より少し上に上がるようになった。
・目に映る世界が変わったようなワクワクする感覚と、内から湧いてくる活力を感じた。

◇翌日
・朝目覚めた時のスッキリ感に気づく。
・左腕が昨日より更に上がる。1年半上がらなかった腕が真上まで上がる。
・体の快調さ・立ちやすさは昨日より薄れている。体の癖が戻ってしまったのかと気になる。
・丹田への気づきが「全くお留守」になっていることに気づく。
普段、重心が上に上がりっぱなしで、お腹、腰、足裏への感覚が全くなかったことに気づいた。
・体に活力と歩きたい気持ちが湧いてくるのを感じて、歩く。

*気づき
・一切の判断批判も非難もされないことに、体の中心が広がる感覚がした。心底ほっとしていることに気づいた。これを感じて、
思った以上に、他のセッションで体へのジャッジや批判を受けたことがこたえていて、自分が自分の体への自信を全く失っていたことに気づいた。
しかしそう気づくと、自分の体への判断基準が外にあったことに気づいた。
「私が私の体に気づきを向けること」を、「気が済むまで」味わえる時間と空間があることが何より自分の栄養になった。

◇2日後
・既に体の快調さが薄れている。
・肩が内旋し首が前に出ている。
首で姿勢のバランスをとって、首で踏ん張っていることに気づいた。
・首の力みに気づいてそれに意識を向けると、首の力みが自然と抜け、首の前傾が戻って顎が引く感じで、首が背骨の上に乗る。と背骨が骨盤に乗る感じ。と、自然と丹田に気力が集中し、お腹が充実する感覚がある。普段、肚に気づきが全くお留守だったと気づく。
・姿勢は既に戻っていることに落ち込むが、そういえば呼吸がしやすい、息苦しさや「吸えない感じ」がないことに気づく。

—–
■【2回目】
◇セッション中
・うつぶせで首の痛みが強くそこばかりに気が行ってしまう。力を抜こうにもますます力が入り硬直していることに気づいた。
・足裏に気づきを向けるとスーと力みが抜け→首〜肩甲骨が開き→硬直した体がベットに沈んでいく変化に気づいた。胸肩が開いたことで首の頑張りが緩み痛みが減った。
・踵を自力で微細に動かすのがとても難しい。足首の固まりを感じた。
・左足首上に触れらるとそこに痛みがある事に初めて気づく。
痛みは強いが止めてほしい痛みではない感じがした。むしろもう少しそこにいてみたい感じ。
とそのタイミングで「ここ大丈夫ですか」と田畑さんからのお声掛けがあり、一人で探求し向き合っているのではないことを感じた。その為安心してそのまま痛みを痛みのまま感じる時間をとれた。そして痛みが薄らいていく感覚にも気づいた。

・仰向けでの右肩甲骨〜肩〜胸のワークの際。
肩と肩甲骨下に手を感じながら十分時間をもらえると、
鎖骨下〜肩関節方向へ何かが広がっていく感覚がし、そのままその動きに気づきを向けていた。
表層よりもっと奥の奥。深部の、感覚としては鎖骨下か小胸筋辺りから腕骨方向への微細な広がるような感覚。
とても微細で、その中に入っていくような同時に外から観察しているような不思議な感覚。自分の体というより何かそれ自体が意図をもった有機体のような感覚。(ごく微細ながら)ただそこに共にい共にそれを体験していた。
田畑さんがパっと離れ距離を置いてくれていることに気づきはしたが、私は私のその体験にいることだけに没頭していて、ただ空間を与えられたことへの有難さをぼーっと外側で感じていた。
その、大きな海で漂っているようなゆっくりとした時間と空間の中で、私の体が体自身のワークを存分にできた。そしてそれを「私が」見守ることができたことが大きい。
体の力を信頼し直していける気がした。
これが十分に行われたそのタイミングで、「今どうですか」とお声がかかり大きなサポートを感じた。
それがあったことで、自分内の体験で終わらず外側とつなげられたようにも思う。

◇セッション後
だるさと疲労感。前回のワクワクと活力が湧く感覚はなく早々に寝た。

◇翌日
・歩きやすい。踵から楽につけて足裏を使える。
・右胸の解放を感じる。
・驚く程、右肩の内旋がない。右肩甲骨の傾きがない。
あれほど、長年、自他共にさじを投げられていた右胸〜肩の萎縮がスペースと時間を与えられたことで、自ら解放が起きていることに、体が広がる感覚がする。
胸という体を守る部分の固まりに体が気づき解放していくプロセスを、あのゆっくりした時間、自分が見守れたのかもしれないとの思いがわき感慨深い。
1つずつ、体との信頼関係を取り戻していく過程にいることを感じる。

*気づき
今回のセッションは、
左アキレス腱と、右胸肩部の2か所のワークが私には大きな体験だったが、
それぞれ違うサポートのされ方だったことがとても助けになった。
左アキレス腱の痛みの部分は、長年違和感がありつつスルーしてきた箇所で、しっかりとフィジカルな体に触れられることで、そこに十分気づきを向けることができ、よりそこへ探求を向ける機会を持てたと思った。
一方右胸肩は、より繊細で深い部分に触れることだった為、もし体に直接触れるサポートであったら、多分TOO MUCHだったように思う。あの時は。
見守られることのこれ以上ないサポートをあの時感じていた。
それがあって、体は体のワークを自ら安心して自分のペースで進められたように感じる。
本当にとても大きな助けだった。

—–
■3回目】
◇セッション中
今回は、いつもより体への気づきと集中が薄いことに気づいたまま終わった。

◇翌日
きのうは大きな体への気づきがなかったが、1日経ってみて明らかな体の変化を感じる。
座りやすい。体側が伸びていて胸が開く。腕を上げた際の肩甲骨の動きと肋骨周辺の空間を感じる。

—–
■【4回目】
セッション前、骨盤の左右差、傾き感を特に感じる。
◇セッション中
・骨盤底へのアプローチの際、
骨盤内のもの(内臓?)がだらっと重みでベット方向に重力に従ってリラックスして下がってくるような感覚がし、骨盤内のものに重みがあることに初めて気づいた。

・仙骨と後頭下に手が当てられた際、
背骨やそれに付随するいろいろな液や波?等が、一気に調整され、体が自ら整っていく感覚を感じた。
仙骨と頭蓋骨のつながりを感じた。

・今までよりも更に、足裏がべったりと、しっかりと地面についている感覚に気づいた。
足裏がしっかりと地面と接し、地面を捉えてその上に体という重さを乗せる土台になっている感覚。

◇翌日
・非常に座りやすいことに気づく。
座骨の下、骨盤底にスペースができて、骨盤の動きに自由さがある感覚。
セッションを受けるたびに、使えなかった所が再び使えるようになる感覚を体験し、一つ一つ体との信頼関係を築き直している感覚。

—–
■【5回目】
2日前に首寝違え、せっかくのワークの機会なのに首が動かず十分味わえないかもしれないと、残念な気持ち。

◇セッション中
お腹へのワークの際、大腰筋に気づきが行くと、ふと「体のことじゃない」という思いがわいた。もっと深くの、体そのものでなく体にため込んだ感情や人生の癖などなど?の、何か深いところに「自分が」触れているという感覚を、体で感じていた。

セッション後、非常に疲れとだるさ、眠気を感じた。夜早々に寝る。

◇翌日
体の重さだるさ。左足の座骨神経痛。

◇2日後
体の痛み、だるさ重さ。しんどい。寒さで気分も重い。体との信頼関係にバラバラ感を感じる。
セッションを受けているのにと自分を非難し落ち込む気持ちに気づく。
強制や矯正されるのを嫌いつつ、自分の中に自分を強制しようとする気持ちがあることに気づく。

(6回目以降に続く)

—–
■全体の気づき
初回後感じたことは、
ロルフィングはかなり能動的なセッションだということ。主体は受け手で、受け手が自分の体のワークを進めるものであること。(私個人の感想です)
またそれを実際体験してみると、体にコンタクトすることは単に物理的な体や個人の体にとどまらず、
カラダという有機体としての意図や流れの中でのことでもあって、
治す変えるでは得られない全体としての健全性のようなことが、本当に今ここで行われているということを、
頭でなく体で、体の内からの実感をもった体験として知ることができた。
これは、自分の体への何にも基づかない信頼を生み、
少しずつ自分の体との信頼関係を取り戻す過程を始められたように感じる。

3.11の震災後体調を崩された方

震災後、突発性難聴、耳鳴りにお悩みの方のセッションの感想です。

上京された際に、ご住所の地名をいうと、「大丈夫なの?」と言われたり、「その地名を聞くとゾッとする。」と言われたりすることがあって、以前は気軽に東京に来ていたが、今ではとても億劫になったと仰っていました。そのような無神経で失礼なことをいう人間がいること自体ゾッとしますが、心ない言葉が、ご本人の聴覚に影響を与えないはずはないのです。

セッションの意図は、彼女を取り巻く環境が過去いろんなことがあったにせよ、今は安全だということを少しでも実感し思い出してもらうサポートが必要とかんがえました。

1回目

お陰さまで体を動かすのが楽になり、
体調が良くなり体力が少しずつ戻ってきたようです。
睡眠の質も良くなった感じがします。

空間認識のお話をさせて頂きましたが、
10年以上前にロルフィングを受けた時も空間認識が変わり、感動しましたが、
今回は更に深まりを感じました。
雨にぬれたけやきの樹がとても美しく
目には見えませんが、
大地に深く根をはびこらせて
生きていると、想像している自分が
不思議で、素敵な体験でした。

近くの物を見る時の空間認識にも
変化があり、野菜の皮を剥いている時に
鼻先を通して見ていて、あまり首を
下げていないようです。

視野が上下左右に拡がったようです。

それから、巻き肩で鏡にうつすと
手の甲が見えていたのが親指が見える
ようになり、胸が開いて肩甲骨が下がり
座る、立つ、歩くが楽になりました。
寝ると背中の接地面積が拡がり
ゆっくり休息できる感じが継続中です。

日課のテレビ体操をしますと、
背骨に柔軟性がでたのがよくわかります。

家事に没頭してると悪い癖で動いてしまい、
首、肩が苦しくなりますが、
今のところは良い状態にどれるようです。

耳は二日位は楽でしたが、
戻ってしまったようです。

耳鳴り等の改善の可能性はいかがでしょうか。

今の状態をご報告させて頂きました。

素晴らしいセッションを
本当にありがとうございました。
感謝いたします。

2回目

先日のセッション後も空間認識は
良い変化が続いております。
目線が高くなったようですし、
視野が拡がり目が楽に感じます。
新たにピアノ曲をCDで聴いてますと
音に奥行きを感じて深みのある
演奏を楽しむことができております。
知覚の変化は日常を楽しませて
くれますね。感謝しております。

ただ季節の変わり目で
軽い目眩とか体調をくずしがちですが、
体力が少しずつ戻ってきているようです。

慢性疼痛がある方へのCS60で行う10シリーズ

ほぼ、CS60だけで行う10シリーズのモニターとしてお申込み頂きました。全身に慢性疼痛があるケースです。

第1回目

施術中とにかくアクビが止まらなかった。
そしてなぜか涙もでてきた。
寝不足では全然ないのだが…こんな事は初めてで不思議だった。
帰りの電車でもアクビが何度もでた。
身体が休息したがっているのか?

仰向けで寝たとき、顔を右側に傾けると痛んだ右肩の付け根が、施術後には痛みがなくなっていた。

帰り道は、足の裏全体が地に着いてまっすぐ歩いている感覚。
いつも整体などに行ってもその日の夜には辛くなるのに、翌日もどこにも違和感なく過ごせた。

身体が楽だと気持ちにも余裕がでるからか、家族にも優しくなれる。そして家族の笑顔も増えて…改めて心身を整える大切さを感じた。

第2回目

2週間ほど前に体調を崩した事もあって、頭や首の痛み、腰の重さが結構あった。

前回と同様、先生の丁寧な施術が続く。前回が身体の前面、今回は身体の背面だそうです。うつ伏せで首を左右に向けたままにすると首の付け根が少し痛む。

施術自体はCS60での痛みを感じることは全くなく、部屋の暖かさとCS60でさすられる気持ち良さでうつらうつらしてしまう。

うつ伏せの状態で足の付け根から膝をのばして足を上げるのに、重くて上がらなかった左足が施術後には軽々と上がりびっくり。終わった後は、頭と首がすっきりして重さが取れた感じでした。

施術の効果なのか、私生活でイライラすることが減ってきている。家族にも優しくなれるし、とてもありがたい事です。

第3回目

この日は特にどこが痛いという場所はなかった。あえて言えば、肩と頭が重いくらい。

横向きになって側面の施術がはじまる。最初、安定した姿勢で施術を受けていたが、なぜか段々と姿勢が不安定な感じ?少しふらついてくる。

CS60に関しては、初めて肩甲骨あたりの施術がちょっとだけ痛い?と思った箇所があった。
ガマンできない痛みでは全然ない。

終わった後は頭がスッキリして、立っている姿勢が楽に感じた。施術前後の写真を見せてもらうと、頭と腰の位置がずれているのが矯正されていた。

正しい姿勢になると、ただ立つだけの姿勢もこんなに楽になるんだな…と思った。

第4回目

朝から左の首が痛い。
今日は骨盤周りの施術の予定の様です。
最近は家事や仕事の後も疲れにくくなった様に感じる。
施術後は骨盤まわりの安定とともに、足の裏全体がぴったり地面についてるのを実感。
帰り道の足の運びが軽やか。

~3週間たって~
気候の影響もあるのか、朝からだるい日が続く。ストレッチをすると少し和らぐ。
頭痛薬を飲む頻度が以前に比べてやや少なくなった。ただ、首まわりや背中の凝りと張りは続いている。
普段の歩く姿勢をより気をつける様になった。

整体で腕を痛めたまま (安田氏とのコラボWSに参加)

1回目

ロルフィング。20年以上前、友人から勧められて知ってはいたものの、
セッションは下着で受ける、写真を撮られる、10回は受ける
ということに抵抗を感じ、二の足を踏んだまま月日は流れ・・・。

今年に入り、能楽師でロルファーの安田登先生と田畑先生のコラボイベントに
行った際、ロルフィングのデモがあり、その「何をしているのかよく分からない」施術に不思議な引力を感じ、一緒に行った友人に、ロルフィングを受けるなら田畑先生から受けてみたいね、と言い合って帰りました。

・・・そして、この度のモニター募集。思わずポチりました。

施術は、他の整体とは全く違いますね。
初回は骨盤、土台の調整だからなのか、背骨のあたりを触れることなく、
身体にそって、あるいは肌に手を添えていく、軽く触れていく感じで、
何か圧を加えられているという感じはほとんどありませんでした。
時々、田畑先生から**して下さい、と指示が入るのですが、身体の内部のことなので戸惑っていると、田畑先生が「そうそう」「そうそう」とOKサインを出されるので、特に意識でどうこうしようとしなくても、意識を向けるだけで、身体の方で自然に「そうなる」のかもしれません。

日頃、痛みを感じないかぎり、身体の骨や筋肉には意識を向けることのない毎日なので、あらためて、確かにそこにあるんだなぁと、自分の身体に申し訳ない気持ちが起こりました。

あと9回。年末までにどんな変化が起きているのか楽しみにしています。

2回目

他のロルフィングを知らないので、比較はできないのですが
田畑先生の施術の「間」の取り方は独特ではないかなと思います。

1時間の施術時間のうち、「直接的な(肉体に対する)働きかけが何もなく、
ただ寝かされている」ように感じた時間がありました。
何らかの働きかけがあったあと、後は身体の動きにまかせる
というのは頭で理解できるのですが、最初に「ただ寝かされていた」ので
頭の中は「これは何??」とクエスチョンマークが頭の中を飛び交ってました。
しかも「この位置はどう感じますか?」と聞かれるので、ますます??で・・・(苦笑)。

ロルフィングを受け始めたことを知った友人に「どう?」と
何度か聴かれましたが、
「たぶん、田畑先生のロルフィングは、他の方の施術と
違う気がする」と答えています。

あの時間、自分の筋肉や骨格に何が起こっているのか、ともかくも、不思議です。

3回目

私はひどいO脚のせいもあり(母方の叔母たちが並ぶと、
見事にO脚が並びます(笑))、どうやら歩くときの重心は
ずっと小指側にかかっていたようです。

2回目のセッションのあとに、新しいカラダが以前からの馴染んだ歩き方を
しようとするせいなのか、どう歩いていいのか、ギクシャクした感じが
あり、3回目まで歩き方を意識するようになりました。

3回目のセッション後、部屋を歩き始めたとき、
重心が小指側から親指側に移っていたのを感じました。
和装では、踵の内側、こはぜのあたりに重心を置くよう意識するそうですが
カラダにそっと手を添えているだけのように感じる田畑先生のセッションで
何故、重心が変わったのか、とても不思議です。

また、昨年11月に、友人に紹介されて受けた整体の先生から強く揉まれた
ことが原因で、直後から腕の上げ下ろしの際、腕と肩に激痛が走るようになりました。
特に冬はコートに袖を通すたびに腕が痛むので、とても困っていました。

ところが、いつのまにか、腕の痛みが消えています。
特に腕にアプローチされたという記憶はないのですが・・・。

田畑先生が施術の間にどう私たちのカラダとコンタクトを取られているのか
とても興味があります。

4回目

私は、バッグや荷物を持つとき、いつも右手にばかり持って
しまっていました。2つバッグがあれば、2つとも右手に
下げていました。
左右のバランスを意識して、気がついたときには左手に
持ち替えるようにしていたものの、自然にまた右手に
持ってしまっていたのですが、
3回目のセッション後、気がつけば、
いつのまにか、バッグを左手に持っています。

左手にバッグを持っている自分にハタと気がついて
ビックリしている自分がいます。

私の左腿には、0歳のとき受けた注射針から雑菌が入り、
膿を出すために切開をした2センチほどのキズ痕があります。
すでに56年経ったキズですし、その傷痕と共に成長したので、
特に気にしたことはなかったのですが、そのキズ痕が左脚
(もしくは身体のバランスに)影響を与えていると言われ、
そんなものなのかーと驚きました。

田畑先生のロルフィングは、指先でそっと身体に触れる、
沿わしている繊細で静かなセッションですが、その繊細で
静かなタッチでないと聴けない細胞の声を感じていらっしゃる
んだろうなと思います。

5回目

5回目のセッションで初めて身体に「圧」を感じるセッションを
受けた気がします。
筋肉を押されたり、揺すられたり・・・。
一緒に受けている友人は5回目はうつぶせだったと言っていたと
記憶していますが、私はずっと仰向けでした。
相変わらず背骨には触られないので、何故ですか?とお聞きしたら、
土台が整ってないのに、腰椎や背骨を調整しても、またすぐに戻って
しまうでしょうと(たぶん、こんな感じのお返事でしたよね?)。
整体というのは、必ず腰椎と背骨の調整をされるものだと思っていましたし
実際、これまで受けた整体は、どれもそうだったので、いつ背骨にアプローチ
があるのか、またどのようなものになるのか、反対に興味が沸きました。
10回コースで受ける、ということの意味がようやく理解できました。

歩いているとき、荷物を持っているとき、立っているとき
自分がどのようにしているのか、時々ですが、気を向けるようになりました。
重心はどうか、荷物はどっちの手に持っているか、どのように立っているか。

セッションの時に変化があっても、すぐに元の癖や姿勢にもどるのでは?
と実は思っていましたが、いまのところ、施術の成果はキープしているようです。
重い荷物を持ったり、スーツケースで長時間歩いたりと無理な姿勢をして
いることもあるので、このキープ力が不思議です。

 

6回目

6回目の施術では、脚と背骨に沿ってCS60での施術がありました。
過去何度か、私はフルのCS60の施術を受けています。
そのたびに私はほぼずっと「痛い」と叫んでいますが(笑)、あんなに痛みを感じなかったCS60は初めてで、何故痛くなかったのか、よく分かりませんー!

以前田畑さんから受けたときには単に、その部位にCS60を当てているだけだったのでだから痛くないのだと思ってましたが、擦られても痛みがないのが不思議です。

7回目

 

ロルフィングも後半になってきました。
7回目では、口や鼻の中の調整がありました。
普段、あまり人の手が入らない部位の調整が入ったためか
その直後から、身体に怠さを覚え、その後4日ほど、怠さが続きました。
それ以外は、特別何かをされた、ということはなかったので、
なぜ、怠くなったのか自分では全く理解不能なのですが、
身体は何かに反応していたのでしょう。

8回目

8回目は、ほぼ、うつ伏せになっていたこともあり、ウトウトと寝てしまいほとんど覚えていません。ただ、終わって立ち上がったら、足全体でしっかり地面に立っている感覚があり、立っているのがマンションの床ではなく、北海道や、あるいはケニアの大地だったら、どんなに良いかしらと思ったくらいです。

セッションの感想ではないですが、1つ、思い出しました。

ロルフィングが日本に入ってきたごく初期の黎明期。
外人講師の通訳を、知り合いの通訳2人が担当したんですが
彼女たちも、せっかくならとロルフィングを受けたところ、
「君たちの身体に必要なことだから」と、なんと、膣の中にも指を入れての
膣内のセッションもあったそうです。
「でも、とても嫌だったので、泣きながら受けた」と言っていたことを
思い出しました。その後、ロルフィングが日本に広まるにつれ、
あの講師は単なるエロ親父だったことが分かったとも言っていました。

9回目

今回はCS60の出番が多く、半分くらいはCS60の施術だった気がします。
以前受けたときもそうでしたが、こんなに痛くないCS60は初めてで、何故痛くないのか、田畑先生に伺ってみたのですが、よく分かりません。
軽く持っているからですよ、と言われたのですが、他の施術者の方にも「これ以上ゆるく持ったら、手が浮いてしまいます」と言われながらとても痛いので、何が違うのか、田畑式を他の施術の方にもぜひ広めていただきたいくらいです。

ロルフィングを受けてどうですか?と、周りの人から感想を聞かれることが何度かあったんですが、1年以上前、強く揉む系の整体を受けて痛めていた左腕が、その後、様々に施術やマッサージを受けても最後まで消えなかった痛みのポイントが無くなったのと、いつも右しか鞄を肩に下げたり持ったり出来なかったのに、
いつのまにか、左側で鞄を持つことが気にならなくなったことが大きいです。

10回目を終えて

10回のシリーズが終わりました。
半年ぶりに、ボディワークやっている知り合いの人と会ったんですが、
私が歩いている姿をみてすぐに、彼女に「あれ?体幹が変わっているけど、何かやった?」と聞かれました。
やったーっという感じです。
足がしっかり地についている感じで歩けるようになった、と伝えたら、彼女もちょうど、別の方のロルフィングに
通い始めたところだそうで、10回が楽しみになったと喜んでいました。
私もロルフィングに通っていることを知らない知り合いに「体幹が変わった」と言われて嬉しい限りです。
10回シリーズを受ける前と、どう自分に変化があったかなと振り返ると、
身体の内側のざわつきやノイズが鎮まったような感じがしています。静かな身体になったというか。
ロルフィングを始めたと同時に、他のアプローチも始めたので、そのシナジー効果もあり、
頭の中の雑音もほとんど無くなった気がします。ヴィパッサナー瞑想にひさしぶりに参加したときにも頭の中も身体も静かで、瞑想が心地良かったです(1日10時間座るので、肉体的には辛かったですが)。ロルフィングを以前受けた、という方とも話しましたが、「あれは痛い施術よね」と言われました。

昔は痛かったのでしょうか? それとも施術者によって、受ける人の状態によって施術内容が違うのでしょうか?

一度も痛さを感じなかったので、私はたまたま痛くなかったシリーズだったのか。

いずれにしても、10回シリーズ、ありがとうございます。

 

指圧師の方

セッション1
施術をしていただいて、改めて、〝足元”の影響力の大きさを実感しました。
また、体内の繋がりによる調整力も身をもって感じられました。
不思議で楽しい時間をありがとうございます。
具体的な部位としては、左肩は施術後の良い状態をほぼ維持できています。少し崩れても、良い状態に戻り易いです。
自分なりに感じた経過を下記にまとめてみました。
日常
体で不調を実感するポイントは主に、頸・左肩・背中〔ダン中当たりの高さ当たり〕。
頸   右側に鈍い辛さを感じるときが多い。
肩・背中   日頃から肩こりや背中の張りの実感はあまり無いが、人から指摘を受けて気づくことが多い。ダン中の当たりだけは詰まっているような辛さを感じるときがある。眠りが浅くなると、背中の張りのバロメーターとしているところがある。肩を動かすと痛みは無いがゴリゴリとした音が聞こえ、繰り返し動かしても音が小さくなることはない。施術を受けて、肩がとても楽になった実感があっても音がしなくなることはほとんどない。
施術前〔8月1日〕
歩行時に右脚に突っ張り感あり。
左肩は内旋気味で、動かすと痛みは無いがゴリゴリと音がする状態。
頸は右側に辛さを感じやすい。
当日は日頃滅多に無い頭痛あり。
施術時
先生のポジションによって皮膚ごく表面に反応が起きる。
聞かれなければ気づかないくらいのものかもしれない。
先生が左半身側にポジションをとっているときのみ、ピリピリザワザワとした何かを察知したかのようなわずかな感覚が起こる。足元よりも肩に近い方が若干強くなる気がする。
その後は自分の身体に起きる反応に気を取られて、どこを触れられていたときの反応か、もしくは触れられていなかったときの体験報告ものかも記憶が定かではないが、腹部と左肩が連続して小さな円運動を続ける。同時進行で、右半身へのアプローチのときは右半身に、左半身へのアプローチのときには左半身に小さな動きが起き、最終的に脊柱が下から首の方へ波打つように反応して左右が連動する感覚となる。腹部も最後は円運動から縦方向〔頭⇄足〕運動となる。右頸にも響く感覚ある。
施術終了後
直後
左肩を回す動きをしてもゴリゴリとした音がしなくなっている。左肩の内旋は解消し、肩峰を遠くに感じる。
歩行時の右脚の突っ張り感無くなる。
右頸の辛さと頭痛は残るが軽減している。
翌日から一週間
左肩のゴリゴリと音がする状態無し。
右脚の歩行時の突っ張り感無し。
頸の鈍く辛い感じと鈍い頭痛続いている。
仰向けに寝て、背面と床の接地している感じを意識すると、以前よりも反応が良い気がする。
施術時に小さな動きを続けていた左肩が、施術終了後に大きく変化していたのを実感できたことで、小さな反応にゆだねる意識が強くなった気がする。
10日後頃
膝を伸展するとできていた右膝内側上の盛り上がりが目立たなくなり、左右差が気にならなくなる。
気づくと頭痛無くなっていた。頸の鈍い辛さも。頭痛は、軽い熱中症によるものだった可能性がある。
左肩は内旋気味になってきても、軽く手を当てていると改善が感じられ、身体の反応が良くなっているように感じる。ゴリゴリ音もすぐに解消する。
20日後頃〔8月20日〕
シーカヤック初体験。終了時カヤックから降りようとすると、右脚がつっぱる感じと、正座後のようなしびれと上手く力が入らない感じがある。数分かからずに元に戻る。
夜、膝上の盛り上がり右が目立つが位置は真ん中。
肩のゴリゴリ音は数回回すうちにしなくなる。
頸の辛さの再発無し。
セッション2

施術前

歩行・写真撮影の後、うつ伏せ、仰向けの順で施術が行われた。
うつ伏せ
頸の向きはどちらでも良いとのことなので、顔を左に向けたうつ伏せ姿勢をとる。
うつ伏せなので先生のポジションはわからないが、本日は左下肢からアプローチが始まる。
大腿後面遠位の内側に軽く触れられる。乳頭の高さ当たりで胸郭よりも小さい楕円運動を感じる。左大腿後面のときは、左半径は小さく右半径が大きい惑星の軌道のような楕円。体の左右をまたがるような大きな横方向の反応は前回には無かったため、新鮮な感じ。(右大腿部のときは軌道が左右逆になる。
)ふくらはぎに軽く手掌を置き、四指でふくらはぎを外に倒されると、連動して起立筋が同じように外側に倒れるような感覚があり、肩甲骨内縁が持ち上がる感じがする。
再び、大腿後面遠位を先ほどよりは少し強く触れられたように感じると、別の部位が先ほどよりもはっきりと反応する。
左臀筋に触れられると、ダン中あたりにそこだけ強い拍動が起こり、自分の身体の反応に驚く。尾骨に触れるときにはダン中の拍動は認識しなくなる。他の部位の反応を感じる。
肩関節と上腕を軽く支えられた状態で肩関節周囲の小さな動きを感じる。
頸と頭の”心地よい位置”が変わっていくために、自分で位置を微妙に調整しているが、施術が左半身の後半になると調整する間隔短くなっていく。最終的に、頸に若干のテンションがかかる位置に置いておきたい衝動に任せているタイミングで、施術が右半身に移行する。顔を右に向ける。いつもなら、錆びた瓶の蓋を開けるときのように少しずつぎこちなく頸を回旋させざるを得ず、右向きになった直後は右肩が浮いてしまうため、今回もゆっくり感覚を確認しながら顔の向きを変え始めるが、スムーズ過ぎて肩透かしを食らった感じ。右肩はベットから浮かずにいられる。

仰向け
パーツ単位で重心をかける場所をイメージしていくのに慣れていないことを実感した。

椅子に腰かけて
下腿に重心を乗せる意識を促されるが、乗って無いのがわかるが乗せるの難しい。先生が軽く触れると、股関節屈曲と骨盤後傾が同時に強く起こったように不自然さを感じる姿勢になり頚椎も同じ角度で屈曲しているように窮屈さを感じる。次のアプローチで窮屈さ無くなる。

歩行
右股関節がニュートラルになった感じ。右鼠蹊部がスッキリして軽くなる。しかし、股関節の自由度が増した分、慣れない不安定さを感じる。右脚の突っ張り感はない。

写真
みぞおちがスッと上に自然に引きあがってる。

帰路
右股関節が軽く、関節の広がりを感じる。感覚がクリアに感じられる反面、負荷も感じられ、筋肉痛になるのではないか…と感じる。実際にはならなかったが…。

翌日
出勤時、右股関節は昨日の帰路と同じ感覚継続。右肩関節は骨1つ1つが独自して感じられる。つまりがないということか…。肩甲骨と肋骨の間にも空間を感じる。
仕事終了後、肩周りと背中にだるさを感じる。
翌々日
肩周りや背面がニュートラルな状態になったのに、その分、無意識に肩周りを固めてつかってしまったのか、右肩を上げる動作でゴリっとした音とわずかな引っかかりが出る。左肩もわずかに引っかかりあり。
3日後
首が身体の真ん中に乗っている感じがする。
4日後
歩行時、両脛骨にしっかり体重が乗っている感じがする。
5日後
昨日、重めの荷物を肘にかけて歩いていたせいか、右脚の足運びに違和感あり。股関節から少し巻き込むような、右膝がスムーズに動けていないような気持ちの悪さがある。
7日後
肩周りの引っかかりやゴリゴリ感ない。自己回復力が増しているのか、今回はヒモトレ以外のセルフケアもほとんどしていないのに肩周り改善。首も身体の中心に乗っている感じがして頚椎のつまり感ない。右股関節は内旋気味に感じられる分、ほんの少し右膝に違和感を感じるが、仕事中の姿勢のとり方の影響とも感じている。施術を受けるようになったことで、足元、土台の重要さを身をもって再認識し、仕事中の姿勢に改めて意識が向いたことで、備品などの影響で足や膝のポジションが置きたいところに置けず、身体の感覚に逆らって姿勢をとっている自覚が以前より強くなった。今後の大きな課題をもらった。

セッション3
横向きスタート
どちら向きからでも良い、との先生の言葉に、明るい窓に向く左側を上にした横向きを選ぶ。
左脚は90度くらいの屈曲位で下腿をクッションにのせる。
先生が背面の位置に立ったときに、感覚としては2、3メートル後方に囲むような薄い幕に覆われているような少し暖かい安心感というか心地良さが感じられる。頭頂方向に立たれると、何となく嫌な感じ。
先生は背面後方のポジションからアプローチをスタート。
触れられているのかどうか感覚がない。少し経って、仙骨がキュインと歪むような感覚があると、直後から左仙腸関節が緩んでいく感じがしてから次第に股関節の屈曲位はそのままに仙腸関節の広がりに合わせて左脚が前方に伸びていく。ジワジワと伸び、伸びきると動きが収まり、次に脊柱方向に身体が伸びる動きがでる。姿勢が整えられた感じ。そして、骨盤下面が広がり始める感じがある。次第に左大腿部が上半身の方に上がってくる。先生が動きを補助しているのかと思うほど、促される動きを感じる。その後、左の腸骨と右腸骨の繋がりを感じ、その日、内旋を感じていた右股関節が開いていく感覚あり。動きが収まったところで、右向きに姿勢を変える。
右向きでは、先生のポジションから受ける感覚も変わり、頭頂に立たれても不快感ない。
右向きでは、骨盤周囲にあまり動きの実感はなく、首の感覚に変化を感じる。
仰臥
膝を曲げて足底の位置を定めたら、大腿骨を腸骨に重心乗せる感じ。
上肢も肘軽度屈曲位で、垂直方向に腕を挙げる。肩甲骨に重心を乗せるイメージ。はじめはは力で姿勢を作っていたが、先生の言葉かけによるアプローチで肩関節前側緊張が緩み、体幹前面の力が抜けたのを感じる。
座位
前回よりも脛骨に重心が乗るようになったきた。
上肢をゆっくり外転。
左・ 90度辺りで軽く音がするが可動制限受けることは無い。
 右・ 三角筋真ん中辺りに、外転位90度辺りで軽く引っかかりを感じが同じく可動域制限はない。
  上体を若干前傾させ、頭頂の少し上で先生から施術を受けると、左右とも、動かし易くなる
上肢をゆっくり伸展。
外転のときと似たような感じある。
先生の施術後、スムーズさ増す。左肩のプチプチっとした音は外転のときとと同様に若干残る。
歩行
歩き始めは、体幹の中心辺りに身体のまとまりを感じて、四肢の感覚がぼんやりしている。次第に四肢の感覚が出てくると、左右の足底の着地感の差が強く感じられる。左がベッタリ面で着くように感じるのに対して、右は足首若干内旋気味に床に着地し、踵中央と母指球と第2指付け根の間辺りのラインで着地している感じがある。
終了後、写真で骨盤の角度が変化し、下肢の横脚傾向が改善し、二本足でしっかり立っている感じになる。
数日後
床での開脚すると、自然に骨盤が起き、坐骨が落ち着く。以前は、下肢伸展位では骨盤が起きても安定した姿勢が取りずらかった。開脚角度は大きく変わらないが制限を受ける位置が変わっている。
5日後
久しぶりのヨガ。頭頂部を床につけて首に負荷がかかる姿勢をとっても、首に不快感、不安感がない。座位で呼吸を意識すると、身体の中心が真っ直ぐ伸びて心地よい空洞を感じる。
仕事で無理な姿勢を取らざるを得ないときに、違和感を以前よりも強く感じるようになっているため、違和感を減らすように心がけるようになった。

 

セッション4
ここまでの経過
ロルフィングを受けるようになり、首がしっかり真ん中に安定している心地良さを感じられるようになった。身体がしっかりしてきている。身体への安心感・信頼感が増している。気づけば外出頻度も増えている。
当日
ウォーキング
写真撮影
下肢内側と骨盤へのアプローチ
横向き
先生が足の裏側を通ると圧迫感のようなものを感じ、足下斜め後方からアプローチスタート
骨盤の角度が少し前傾、仙腸関節がふんわりしたように感じる。その後、下側になっている右脚が、ほんの少し屈曲していたが次第に伸展していく。右膝内側にぼんやりとした塊のように感じる違和感が軽減していき、他の部位と同じように気にならなくなる。
仰臥
先生の言葉かけに応じた、自分の身体への意識の仕方に慣れてきている。
座位
前回よりも下肢に重心が乗りやすく感じる。
立位
上肢の外転・伸展
前回は肩関節に意識が集中し、三角筋がとても気になったが、今回はどちらの動作も全身の連動が感じられ、支点をはっきり感じない分、肩関節自体がほとんど意識ず気持ちよく身体が伸びる。抵抗感も引っかかりもない。
ウォーキング
右足裏が面で着地している。右足指もゆったりとして感覚がある。前回は右股関節のスッキリ感を心地よく感じながらも不安定な動きに感じていたが、右股関節がスッキリしながらもとても安定感ある動きをしていて、頼もしい。
当日帰り道
肩からかけるカバンと手荷物の重さに身体がぶれない。
最近、重い荷物を持って歩くのが苦痛なので、買い物の量を調整するだけでなく、少しでも荷物を軽くしようとして、カバンそのものの重さが軽いものを選ぶ傾向が強かった。それが、重さを感じる感覚が変わっていることに気づく。
数日後以降
朝の目覚めが良くなっていることに気づく。以前は、頭に薄く白いモヤがかかったような不快感を感じることも多かったが、今は、頭がスッキリしていることが多い。
体調の変化があっても、頭と目がスッキリするこの感覚が持続するのは、久しぶり。荷物に対する自分の体の反応に驚く。
セッション5

当日のコンディションは、寝不足なこと以外は体調面でとくにきになることはない。

下肢前面と骨盤
仰臥
先生のポジション
左足底外方方向…左半身が黒っぽい霞のようなものに覆われて、左外方に引かれる感じ。首の右側真ん中もピンポイントで左外方に引かれる感じがする。
首の右側真ん中の真横…首の真横あたりがくぼむようにピンポイントで曲げられて頭と首の境目と首の付け根が右側に引っぱられる感じがする。
右足底外方方向…首の右側に感じていた矯正される感じから開放されて首が楽になる。脚が涼しく爽やかなな感じになる。
→右側足底外方方向からスタート

先生が右の腓骨に触れると右半身で腓骨からみぞおちをつなぐラインが右外方にパタンと開き、内側のものが表面に若干せり上がる感覚になる。それに伴って右骨盤の内側も心地よく緩む感覚がある。

右大腿部の前面では、ひんやりとした感覚から触れているのが先生の手ではないことがわかる。急に体の反応リズムが変わる。スピードが速まり、反応も強くなる。それまでは右半身に反応を感じていたが、仙骨を介して左半身に横断したかと思うと、左肩関節周囲が強く反応し出して動き、次第に左上肢が外転し前腕がベットからはみ出しているのが反応が継続する。

右膝を立てた姿勢で大腿部の真ん中を意識するように先生から言葉かけがあり、先生が足部表面、とくに第四指五指から足背にかけて繰り返しアプローチすると、右背面、右骨盤のベットとの接地面積が増して右外側がベットにしっかり着いている実感がでる。
右膝を立てたまま左脚にも同様のアプローチがあるが、左は全く感じが異なる。先生が触れるポイントを通る縦方向のラインが、自分の呼吸に連動して全身伸び縮みするのを感じる。引っかかりなく、つま先から頭まで伸びて縮むので呼吸も深く柔らかくなる。

腹部を触れられると、ピンポイントで喉仏に反応を感じる。そこを中心に回転しようと右回転左回転しようとするがうまく回転できずに“つまり“のように感じる。声かけを受けながら腹部の回転運動をするうちに喉のつまり感は軽減する。

座位
今までで一番大腿部がスッとしていて股関節からのつながりを実感できる。

歩行
右大腿部が頼もしい。股関節、大腿部、膝関節、下腿、足部の連動に無理がなくとても気持ち良く連動している。後頭骨下縁のつまりもなく、頭はちょこんと首に乗っている感覚で重さをあまり感じない。

翌日
仕事中に膝を着いて軽く曲げた姿勢をとると、今までには感じなかった関節の遊びを感じる。緩さというか可動性が少し違和感というか姿勢へのわずかな不安を感じる。

翌々日
右脚、股関節から内転筋の走行ラインに突っ張り感を強く感じる。体操などで軽めに対応。

三日後
右脚の突っ張り感、軽くはなるが残る。

四日後
膝、脚とも、仕事中を含めてほとんど気にならなくなっている。首の右側につまり感は感じる。

一週間後以降
右脚、気にならなくなっている。首はたまに気になることがある。
左肩関節を動かしてもゴリゴリ言わなくなっている、のは継続。

今まで、右膝が気になることはありましたが、あくまでも他の部位からのしわ寄せを受けているのだと考えていました。けれど、先生のセッションを受けて自分の体の経過をみているうちに、幼少期の記憶がクローズアップされ、実は右膝が大きなポイントなのではないかと思えてきています。今後の経過が楽しみです。

セッション6
当日のコンディション
首の右側にたまに詰まり感がある。
下肢後面と骨盤
伏臥
いつもは自分の左サイドに先生がポジションをとると、ネガティブな感覚が生じていたが、本日は、先生が右上方にポジションをとると、右肩関節周囲がうずうずし始め、実際に小さく動いている気がする。結果として肩関節が詰まるような感覚になる。先生が左に移動すると、右肩関節の詰まりはとれる。
左下腿からアプローチスタートし、大腿部、臀部へと進む。ベッドに乗せていた前腕をベッド下に落とすと、右の前腕が肘を支点に円を描いてグルグルと回り出す。形を変えながら様々な円軌道を描く。施術が右脚に移っても右前腕が反応し続ける。
仰臥
両膝を曲げた姿勢。
左背面がベッドに密着している感覚なのに対して、右半身は外側が少し浮いて左に回旋気味に感じる。先生からの施術で左右がフラットに着いてる感じになる。
座位
前回、前々回に比べると、座った瞬間は、上手く大腿部と下腿に体重が乗らない感じがしたが、股関節の開き方、足部位置や向き、足首の調整などを先生が行うと体重が乗ってくる。
立位
左右の体重移動では、今まで使わられていないところが使われている感覚がある。
ウォーキング
右恥骨脇辺りが詰まる感じがする。
(帰宅時以降、気にならなくなっている)
翌々日
仕事で、久しぶりに床(床面にマット)での施術をする機会がある。ベッドでの施術以上に、ロルフィングを受け始める前と後での身体と身体の感覚の大きな変化を実感する。以前に私の床での施術を何度も見たことがある同業者の友人からも、以前よりも身体が安定していて施術しやすそうにみえたと言葉がある。
施術姿勢をとるときに、身体の中に指標を感じられるようになってきたため、私の身体にとっての自然な姿勢が、安定した姿勢になってきたかなと思いました。身体の指標を感じられる安心感を感じました。
セッション7

当日のコンディション
朝から鈍い頭痛がする。イネ科のアレルギーを持っているためか、鼻をかむほど鼻水が出るわけではないが鼻がスッキリしない状況。

顎、鼻周囲と頭

仰臥
肘を曲げて、手のひらをを下に向けている姿勢。
手の下には半分くらい空気を抜いてあるボールがある。

上肢末端からスタートして順次体幹方向へ先生からのアプローチがある。ベットに横になったときは肩周りのぎこちなさが気になったが、施術が進むに連れて、同じ姿勢が楽に感じる。
首への施術は顔を左に向けて右側から。単純に緩む感覚。顔を右に向けて左側に触れられると、右手の母子球の人差し指側に痛みを感じる。その痛みは、強弱はあるが左側に触れられる間中続く。途中、頚椎付け根の棘突起あたりにピキッとした痛みが出るが左肩関節あたりからかくっと音がして棘突起あたりの痛みは無くなる。
顎のラインを外側から触れられるとすぐに唾液が出始める。とくに右側に顕著に感じる。
口の中から、上顎、下顎に施術を受ける。顎関節の噛み合わせがふんわりとし、モノを噛まなければ摩擦が生じていない感覚になる。口元も緩んでいる気がする。
鼻の穴への施術の後は鼻呼吸が楽になる。明確に気道が感じられる。

終了後、朝からの頭痛が軽減する。

当日夜
鼻はアレルギーの影響でスッキリしない感覚があるのに、通り道が大きく広がって鼻から空気がタップリ入ってくる。顎もふんわり感が継続していて唾液も多い。

翌日
仰向けに寝ると今までの枕の高さがしっくりこない感覚がある。
痛みや違和感は全く無いが、仕事上で左手が若干使い勝手が違う感じ。重心の位置なども意識してみるがなんとなく感覚が違う。(この感じは1週間継続。)
鈍い軽い頭痛が継続。

翌々日
右脚下腿の外側に温風が当たったように感じる瞬間がある。
4日後も同じ瞬間がある。
5日後以降は、その部位自体が熱感を持っているように感じる時間がある。

毎回新しい発見があり、自分の身体をとても新鮮に感じて楽しんでいます。
ありがとうございます。

セッション8

当日のコンディション
アレルギーの影響で、鼻はスッキリしない。
後頭部から首の付け根の周囲にかけて軽い違和感がある。鈍く軽い頭痛。
頭痛は出ても頭はスッキリしている。この感じは施術を受け始める前と大きく異なる。

伏臥
向きやすい左向きのうつ伏せを選ぶ。
左肩の下に少し空気を抜いたボールを入れ、肩の高さまで上肢を上げて肘関節は屈曲位で挙上。
左脚も股関節軽度屈曲位。右側は伸展位でスタート。
左大腿部後面の遠位から施術が始まる。触れられると頚椎と胸椎の境目あたりに響く感じがする。
左上腕を繊細なタッチで微妙に位置を変えながら触れられると、頚椎と上部胸椎の棘突起から左肩にかけてこんがらがっていた糸を少しずつ解いていくような感じで左肩首周囲が変化し続ける。
首の向きを右向きに変える。今までならば、この動作は錆びたネジを回すようにぎこちなくゆっくりとしかできなかったが、摩擦や不安無く動いて自分で驚く。
下肢と上肢のポジションも左右入れ替える。右側への施術は短時間で、同じ姿勢のまま左脚後面へ。布のような緩衝材越しに治療具で、先程よりも強めの施術。首の付け根周囲、とくに左側に強い反応がある。左肘関節が屈曲してきて強く反応している首の付け根周囲にテンションがかかる位置に動く。私の意志なのか反応なのか区別がつかない感覚になる。小刻みにプルプル震えながら速く動く。次第に胸部と連動した動きになってくる。全ての動きが首の付け根周囲に向かっているように感じる。

仰臥
両膝屈曲位。右膝の脛骨粗面周囲を治療具で叩かれると、仙骨と後頭骨と首の境目、首の付け根あたりにクリアに響く。強く響くが心地よい。左脚では後頭骨下縁に響く。
再び右脚に戻る。後頭骨下縁に響くがそれまではピンポイントに響きを感じていたのに対して、広がりを持って首まわり胸回りまで響く。
足部を叩かれると、体幹がベットに対してフラットに寝ている感覚になる。
膝関節周囲を叩かれると、首の付け根のつまり感が緩み、さらに現状の姿勢が楽になる。

座位
首周囲が楽になっている。

歩行
骨盤がキュッと三角形に絞められている感覚があり、股関節が少し不安定に感じる。
踵周囲に治療具で刺激を受けて、再び歩行すると、骨盤が緩み歩行が安定。両足裏の着地の感覚が揃っていて、歩行がとても気持ち良い。

当日夜
枕との違和感なくなっている。

翌日以降
頭痛無し
今までは歩行時に左右の着地感の違いが違和感となって何となく気持ち良くなかったが、靴ともしっくり馴染み、歩行を快適に感じている。
首周囲の違和感忘れている。

自分の身体への信頼感が増して、とても心地よいです。身体の中に指標ができたことで動きが変わっているのも感じらています。本当にありがとうございます。

セッション9

当日のコンディション
前回気になっていた頭痛、首の違和感はない。
最近また左肩を動かすとゴリゴリいうようになってきている。
歩行時の足部の感覚快適。
体幹のしっかりとした感じ継続。
首を動かすと太く盛り上がっていた胸鎖乳突筋が人並みの太さになっている。

横臥
右側を上になる姿勢から施術を受ける。右上肢挙上。左上肢は体幹の背面側に。右脚は伸展位。左脚は屈曲位。
頭部を先生が細かく触れていくと、頭部表面の膜が複雑に変化していく。
下腿・膝関節に治療具で刺激を受ける。仙腸関節や腰仙関節・股関節に急に動きが出て反応する。固まっていた関節に柔らかさを感じるようになる。
再び先生が頭部に触れると、頭部の膜が変化し続け、右頭部側面が均一に広がった感覚になる。反面、左後頭部がキューっと縮んで締まる感じになる。
反対向き。頭へのアプローチで左後頭部の縮み感覚軽減。首左側面へのアプローチで首左側面の奥がゆっくりと緩み、残っていた左後頭部の縮み感覚がとれる。同時に左肩の三角筋の正中に感じていた硬くて太いスジのようなものが消える。

仰臥
両脚屈曲位。ベットとの接地面を感じると、左右差があり、首の付け根に少し脱力できない詰まり感があるが、施術を受けると、左右差がなくなり、首も含めて全身脱力。

座位
頭部に先生の手の支えを受けながら前傾し、足底で押し返すイメージで姿勢を戻す。先生の支える手のポイントが変わりながら数回繰り返す。首、肩がぶら下がる感覚が心地よい。

歩行
今までは、体に軸が感じられても首で途切れていたが、首がすっと上方に伸びて、その中心に軸となるラインを感じる。骨がきれいに乗っている感じ。頭、首スッキリ。前回までは、しっかりと足底が接地している心地よさはあったが、左右の動き方の違いが違和感としてどうしても残っていた。それが、今回終了後には、足底の接地、足部の動きが揃っていて歩行時の足がとても気持ち良い。

終了後
眼鏡をかけると視界のクリアさにびっくりする。
首から肩にかけてのラインの脱力感、近年記憶にない。
前回は舌下腺から唾液が急に出てきたが、今回は顎下腺が活発に活動する。

翌日以降
頭のスッキリ感継続。
脚の調子の良さも継続。
首も右側面中部の不快感も含めてその後すっとしている状態が継続。仕事の後などに体の様子をチェックしていると、無意識に調整したくなるのは首の付け根のようで、首の付け根をやじろべえの支点のようにして両肩を動かして自然と調整している。
頭がスッキリしているおかげで落ちていた思考力も働き出している。

おかげさまで、自覚をしていなかった部位も含めてコンディションが良くなって、根本のエネルギーが増している気がします。ありがとうございます。

セッション10

当日のコンディション
首の付け根周囲に若干の違和感を感じるが、そこ以外はとても調子が良い。体幹と首・頭の軸も感じられる。
歩行
左右とも、足底の着地感がしっかりしている。
仰臥
右膝蓋骨周囲から施術が始まる。右大腿前面へのアプローチのときに、上部胸椎の右側面の軽い癒着のようなものが剥がれたような感じになる。先生のアプローチが下腿に移ると、左肩関節が反応し続ける。次第に内旋していき掌が下向きになる。この時点で初めて左掌は上向き、右掌は下向きにして寝ていたことに気づく。下肢への軽い抵抗をかけるアプローチの後、先生の声かけに合わせて使ったところを休める意識をもつと、右半身の脱力・伸展を感じる。同時に、左肩関節周囲、左上肢も脱力・伸展する。右膝関節屈曲位でのアプローチでは、脊柱ラインに反応を感じる。腹部に触れられると、頚椎の終わりから胸椎の始めにかけてアプローチを受けている感じがする。
左側のアプローチは下腿から始まる。触れられているのは下肢なのに、頚椎下部から胸椎の始めにかけて、いろいろな角度から弱い刺激を受けている感覚がある。頭部へのアプローチでも同様の反応を感じる。知恵の輪を外すように、複雑な制限を少しずつほどいてもらっている感覚がある。
鼻骨へのアプローチを受けていると、昔の記憶がよみがえる。小学生の頃に、勢いよく振られた玉入れ用の太い竹の棒が思い切り鼻骨に当たった記憶が。
座位
頭頂部のある方向を意識し、上半身を前傾して戻す。踵に重心を乗せることを意識しながら戻すのが上手く実感できていない自覚あり。
歩行
本日最初の歩行もスムーズだったが、終了後の歩行と比較してしまうと、最初の歩行は、足部・膝関節、股関節と部位ごとの感覚がそれぞれあっ終了後の歩行は、全身繋がっている空気人形のような感じ。からだの軸はあるが、関節ごとの個別の負荷を感じない。首の付け根も軽く、からだの軸が首の付け根で途切れない感じ。全身軽い。
翌日以降
首の付け根周囲のつまり感無い。首から肩にかけて自然に伸びている。
テレビ番組の再放送の冒頭を見ると、ストーリーが素早く頭に蘇るようになった。先週くらいまでは、見たことは覚えていても、話の展開を忘れていて、ぼーっと見ていることがよくあった。覚えていないのかと思っていたが、そうではなかった。
4日後
過剰な防御反応がコミュニケーションの邪魔をしなくなっていることに気づく。
コンディションによる強弱はあっても、根本的な要因はメンタル的なものだと思っていたので、考えてもいなかった変化だった。
とくにコミュニケーションに困っていたというほどでもないし、僅かな変化なのだと思うけれど、自分の中では表現や表情に制限を受けている感覚があった。情報のインプットのときも、頭とからだ・感情の反応に違和感を感じることがあったので、ストレスなくインプットとアウトプットが行われるようになったのはとても気持ちが良い。
1週間後
骨盤周囲がしっかり安定している実感がある。
10回コースを受けている間、自分のからだに起こる変化が毎回とても楽しみでした。受けるに当たって、漠然とした期待はあったものの、今のからだへの変化は考えてもいないものでした。それでも最終日後の変化は1番の驚きでした。
この楽しみが終わってしまうのは残念な気もしてしまいますが、変化の継続を味わってみたいと思います。
本当にありがとうございました。
機会がありましたら、是非次のステップも体験してみたいと思っています。