CS60体験を経て、根本的な改善を求めて

2年ほど前から月1,2回のペースでCS60に通い続け、ずいぶん楽になってきているものの、呼吸の浅さとお腹の異様な固さはなかなか改善せず、根本的にどうにかしたいけれど、どうしたらいいのだろう、という状態で、自覚症状としては、職業柄、慢性的に首と肩、最近は腰と背中も凝っているとのこと。

モニター募集をTwitterで見つけ、この機会に自分の身体としっかり向き合ってみたいなと思ってお申込みになりました。世界全体が大きな変化のなかにいるなかで、ちゃんと身体を整えて、頭が強くなりすぎず、身体のほうに導いてほしいなという気持ちをお持ちでした。

[第1回目 202063日]

 とにかく、足の裏が地面をしっかりと踏みしめている、というのが一番の感想だ。帰り道に並木橋の交差点で信号待ちをしていたら、自分が内側からじんわりと満たされるような、「幸せ」と呼ぶしかない何かが下のほうから湧いてきたのをよく覚えている。それがまだお腹の下の前のほうに溜まっている。家の廊下(すごく短い)を歩いたり、シャワーを浴びているときにもやってくる。

 なぜこうした感覚になっているのだろうと考えると、足の付け根が安定している感じがある。それは、膝が真っ直ぐで力があっちこっちにいっていないからなような気がする。きっとそれらのあいだも、足以外の場所も、さまざまな事柄がそれらを支えているのだろうけれど、いまのわたしにはそれくらいしかわからない。

 いつもそうなのだけれど、あまり知識がない状態で体験してみて、あとから考えたり、調べたりするのを好むため、今回もよくわかっていない状態でなんとなく申し込んで施術を受けてみた。ただ、健やかな身体、生き方ってどんな状態なんだろう、という疑問はぼんやりとあって、それだけはきいてみたいなと思っていた。でも、答え合わせのようになってしまってはつまらないなと、その質問を飲み込んだのだけれど、帰り道に、自分が在りたい状態というのはこういう感じなのかもしれない、というのをふわっと感じた。

 ついどこが痛い、違和感があると、一点に意識が行きすぎてしまうけれど、一枚の葉っぱが無数に集まって木になり、森をつくるように、あらゆるものが小さく、繊細に、複雑にかかわっていて、その全体性やそこでの流れが止まらないことが大切なんだろうなと。自分の身体のなかにおいても、この世界のなかにおいても。これは初めて感じたり、考えたことではないけれど、すとんと自然な感じで、全身で理解した感覚があって、いまもそのなかにいる。それは、たとえ体調が悪かったり、困難な状況のなかにいたとしても、あまり変わらないのだろう。

 初回でこういう感覚がやってきてしまって、早すぎやしないかというか、一体これからどんなふうになるんだ? と思ってしまうけれど、もしかしたらこの感覚をより微細に見ていくことになるのかもしれない。先の話はあまり意味がないなと思いつつ、忘れるためのメモ。

 あとは、家でK-POPなんかをかけてよく踊っているのだけれど、異様にからだが動きやすくなった。腰のあたりはしっかりしているけれど、ほかはふんわりしている。首はこれまでいつも左を向きにくかったけど、未だにスムーズ。逆に、手首がいつも緊張しているから(これは明らかにPCの使い方のせい)、そこに気を取られやすい。背中と肩甲骨のあたりはまだもやっと変な感じがあって、横になっていると、たまにそれが気になって目が覚めることがある。

[第2回目 2020610日]

 いま思うと、前回はあまり集中できてなかったなと思う。生理でからだがぼんやりしていたせいかもしれない。いま起きていることよりも、初回の施術のことをよく思い出していた。レポートに書いて固定してしまった事柄以外の忘れていた出来事を思い出すというか。

 思い出したのは、父や中学時代の友人のことがぼんやり浮かんできたことだ。次の日だかその次の日だかには、最近あまり会えていない20代の頃にずっと一緒にいた友人も出てきた。いまも昔もすごく大切な存在の人もいるし、たいしてかかわらなかった、どう考えても重要じゃないだろうと思う人もいて、そのランダムさに驚いた。それだけの人が自分のなかにいるということだろう。そう考えると、過去の記憶や傷、癖などが自分の身体のなかに眠っていて、それが現在に何らかの作用を及ぼしているという考え方には、頷ける気がする。そんなことをつい考えてしまって、あまり自分の内側に意識が向かなかったように思う。

 そんななか感じたこととして、頭をさわってもらったあとに、左足のふくらはぎが作動する感じがあったことだ。ゴムボールが入って、ふれられて振動が起こった感覚が再生されて、5、6回まだゴムボールがあるような感触で揺れた。そういえば、初回も同じようなことがあったけれど、こんなにビビッドではなかったので興味深かった。ほかの場所でも同じようなことが起きているのかもしれないけれど、どうやら頭をさわられたあとに、足に起こりやすいようだ。

 また、最後のほうと、歩いたときに、電車や風の音が気になった。時間帯のせいかもしれないし、集中力がなかったからかもしれないけれど。自分の身体のことを見ようとしていると、外の情報が入ってきて、それに伴って、自分がいる部屋や8階にいること、この建物の大きさなどに意識がいった。身体のことはよくわからなかった。

 土曜の朝、起きたらまたいつものように左の首が少し痛くて、酷使した覚えも、寝違えた覚えもないのになと思っていたら、日曜の朝には治っていた。左を向くと、まだ肩の後ろのほうにうっすら力が入る感じがあるけれど、痛くはない。こうやって、何かあっても勝手に治ってくれたらいい。

[第3回目 2020617日]

 今回は、からだのつながりについて感じることが多かった。たとえば、「重さ」を意識するように声をかけてもらって、左肩の重さを感じていたら、自分ではリラックしているつもりだったのにだんだんと力んでいることがわかってきて、そのことに気づくともうそのままではいられなくなってしまう。自分で楽なバランスを探るようにからだの内部が小さく動き出すというか、ちょっとずつ力が抜けていく。それに集中しているといい感じになっていき、そうすると今度はこれまで気にならなかった場所が気になり出す。

 印象的だったのは、気になりだしたほかの場所が痛くなったり、重くなったりしたことだ。具体的には、左の腰のあたりに急にぴりぴりとした痛みを感じたり、肩甲骨の裏側から横脇を通って左の肺のあたりがぐうっと重くなって、ちょっとしんどくなった(これは申告する前に途中で治った)。どちらも、日常的によく疲れたり、痛くなったりする場所だ。

 しかし、調整してもらうと、どちらも違和感があったことを忘れてしまうくらい、すぐになんともなくなるから不思議だ。「左ひざを1cm左に開く」などによって。この1cmでほかの場所にも影響があるんだろうなと思う。もしくは、実際に1cmかどうかというよりは、そう意識することで何かが変わってしまうんだろう。

 いい感じになってくると「無」になってしまい、自分がどう感じているのかを探るのを忘れてしまうのだけれど、今回のこの1cmの変化を感じて、もうちょっと瞬間的に判断しても大丈夫だなという感じがした。それくらいの差異で何かが変わるのだし、もし違ったとしても、口から出たら、自分で違和感を感じるだろう。その瞬間じゃなくて、あとで時間が経ってからかもしれないけれど。そんなことをぼんやりと思った。

 それから、初めて施術のなかで「痛み」や「重さ」を感じて、改めてすべてはプロセスなんだなと思った。「すべての病気は、その経過のどの時期をとっても、程度の差こそあれ、その性質は回復過程である」「病気とは、毒されたり、衰えたりする過程を癒そうとする自然の努力の現れであり、それは何週間も何ヶ月も、時には何年も前から気づかれずに始まっていて、そのときどきの結果として現れたのが、病気という現象なのである」という、ナイチンゲールの言葉を思い出した。

[第4回目 2020624日]

 今回は、前回に引き続き重さを意識していくと、どんどん力が抜けていって、何度もそれが雪崩のように次の場所に伝わっていく感覚になったのが印象的だった(そのせいで足が台から落ちそうになった)。雪崩という表現はしっくりこないのだけれど、展示のときにつかう水平器の液体が移動するイメージを思い出す。

 それにしても、普段いかに力んでいるんだろう。力んでもいいことはないはずなのに、いつから、なぜ力んでしまっているのか。子どもや踊れる人の身体を見ているときに感じる生命力や伸びやかさには、力みはない。遡ると、羊水にいるときはきっと力んでなかったはずで、水に浮かんでいる感じになればいいんだな、というイメージが浮かんだ。あんな感じで、余計な力を抜いて日々を過ごせたらいいなと思う。

 足首を調整したと仰っていたけれど、引き続き足の裏が地面をしっかり捉えている感じがあるせいか、変化はよくわからなかった。それよりも、腰がいつもより軽く感じる。あとは、バックを左肩にかけると座りが悪くてすぐに滑り落ちてしまうから、右ばかりでもっていたのだけれど、左も大丈夫になってきたので、そのときの感じに従っている。また、10年以上指輪をつけっぱなしにする生活だったが、先週くらいからなんか重いなと感じるようになってきて、家にいるときは外すようになった。

 たぶん気圧のせいで、今週は、土・月・火曜日と偏頭痛に悩まされたが、頭と気持ちはロルフィングをはじめてからずっと安定している。ファスティングをしているときの感じに似ている。

[第5回目 202071日]

前回印象的だったのは、肋骨のあたりに手を添えてもらって呼吸をしたら、すごく深く呼吸ができたことだ。昔からどこに行っても呼吸が浅いと言われ、なぜそうなっているのかも、どうしたらいいかもよくわからなかったが、施術を受けて思ったのは、肺に空気を入れるイメージをしていたけれど、そうではなくて、肋骨の内部(お腹全体?)に空気を入れたり、出したりするイメージのほうがいいかもしれないということだ。背中に手を添えてもらったことで、前だけではなく後ろにも空気が入ってくる感じがした。あの呼吸は、お腹のあたりが四方を囲まれた器であることを思い出させてくれた。その感覚をそのまま頭頂部やつま先にも伸ばしたらいい。

施術を受けているとたまに身体の輪郭がはっきりするような感覚がやってくることがあったが、たぶんそれは身体の前と後ろ、横を意識するからだろう。身体と外界の境目を感じるし、だからこそ空間のなかに身を置いて、その一部というか延長線上に自分の身体があるというつながりも同時に感じる。

いつも終わったあとは静けさがやってくるが、なんだか元気になった。気に入ったので、ベッドに横になりながら、たまに肋骨や胸元に手を当てて深い呼吸をしてみたりしている。

一昨日、久しぶりに会った友だちに背が伸びたと言われた。伸びているわけはないので、姿勢がよくなっているのだろうか。

[第 6回目 20207 8日]

ふくらはぎに手をあててもらったあとは、いつもわずかに残響が残って、まだ触ってもらっているのか、自分の身体の反応なのかよくわからなくなるから不思議だ。こんなにわずかな力で反応が生じることを考えると、暴力ってほんとうにとんでもないことなんだなとしみじみと思う。

腰まわりと足を重点的に見てもらい、なんだか足が伸びた感じがする。足首や膝、太もものの付け根、太ももの内側やうしろの筋肉のあたりに余裕が出て真っ直ぐになった感じがある。たぶん左膝が内側に入りやすい感じがあって、たまに感じるふらふらする感じ(力があちこちにいくというか)が弱まって、前にすいっと水平に進むようになった。だから、たぶん足が伸びたように感じるのだろう。同じように、首もふわっとして縦に伸びたように感じた。

それにしても、ロルフィングは、もう少し筋肉や骨、内臓の位置や構造なんかがわかっていたら、おもしろいんだろうなと思う。

[第 7回目 20207 15日]

歯科矯正のお陰で食いしばりはずいぶんよくなったと思っていたけれど、施術後に耳の下から顎のあたりがふわっとして、ああ楽だなと思ったので、まだ力んでいるんだなと思った。頭の後ろ、かつ上のほうもふわっとした。こころなしか、肌の調子もいい。

これまで足に手をあててもらい、そこに残響が残る感じは何度か体感したが、それはあくまで触れられた部分においてだった。今回は、頭のうしろのほうを触ってもらったときに、ほかの箇所も反応する感じがあった。「お、なんか3箇所同時に残響のようなものがあるぞ」と思ったことは記憶しているのだが、残りの2箇所がどこだったのかもう思い出せない。残念。

また、前回に引き続き、完全に寝ている状態を100%とした場合、何度か30%くらいの睡眠状態に入っていた。

毎回、最初と最後の歩き方を比べるとよくなっている実感があるのだけれど、その度に、1週間のあいだでまた何かしらバランスが崩れていたのだなということに気づく。最初のウォーキングは、ゲシュタルト崩壊じゃないが、意識しすぎてよくわからなくなっているだけなのかもしれないけれど(だとしても、「意識しすぎている」というだけで、もうなんか変だな)。以前の状態に戻るような単純な変化ではないし、何が起こっていて、どのように自分で調整していったらいいのだろう。

[第 8回目 20207 22日]

 最近、台に横になってから力を抜きやすくなっているなと感じる。力んでいるという自覚があることが大きいと思うが、以前よりも反応が早くなってきたなと思う。

 横になって施術してもらったあと仰向けになったら、背中から腰のあたりがしっかり台の上に接着している感じがして、身体が横に大きく広くなった感じがした。足の裏がしっかり地面にくっついている、と感じるときの感触に似ていた。

 おもしろかったのは、仰向けで鎖骨と肩甲骨のあたりに手をあててもらっているときに、曲げていた膝の角度が徐々に変化したことだ。基本は触られているのと同じくらいにごく小さく反応していたが、何度か大きく(といってもそれ以前に比べて数ミリくらい)、くいっと外に開く感じがして、それ以前は内側に膝が入っていたんだなと思った。目には見えないけれど、正し位置になっていっていることがわかる。どんどん安定する。

 また、仙骨の右あたりにCS60を当ててもらったら、少しくすぐったくて、電気か何かが溜まっているのを感じた。それでも、ころころしてもらっているとだんだんその感覚はなくなってフィットしてきたので、痛くなくてもちゃんと電気は抜けていくのだなと思った。

 施術を受けると、毎回、同じようなことを感じたり、考えたりする。過去の感覚が想起されながら、いま起きていることを感じていて、感覚が何層か同時にある。「いま」とは何なのかを考える。ふと「いま」はいまだけじゃないのではないだろうかと思う。

 下半身はしっかりして、上半身はふわっとすると思っていたが、「ふかふかする」と表したほうが近い。前回の顔もそうだったが、終わったあとは、ふっくらふかふかする。

[第 9回目 20207 29日]

 右の肋骨のあたりに手を当ててもらっていることに手が離れてから気づいたけれど、そのあとしばらくしてから同じ場所の感覚が変わったので、手の圧が残っていたんだなということにまたあとから気づく。左首のあたりに同時に当ててくれた手のほうに気をとられていた。

 右側を下に施術を受けていたら、最初に左側を下にして横になっていたときよりも呼吸が楽になった。呼吸が浅いとか苦しいとは感じていなかったけれど、楽になって初めて、ああ、さっきは呼吸が不自由だったんだなと気づく。そういえば、無駄に意識していたかもしれない。

 横になって左右の手を反対方向に伸ばして胸をひらきながら、首と足もそれぞれ伸ばすというようなことをやってみて、局所的にかかっていた力が分散して、自分の体重とそこにかかっていた重力を身体全体で分かちもつ感じがあった。それが、上半身と下半身がつながって身体が伸びたように感じたり、台に接着している面積が広くなって安定したように感じたり、楽になる感覚につながっているのではないかと思う。適材適所ではないが、得意な、適切な人や場所が少しずつ何かをもつ、支えるという状態がいいのだろうなと思った。

 最近というか、いつの間にかベッドに入ってから体勢を確認するようになったのだが、この伸ばす行為は、自分でもできそうだなと思った。

[第 10回目 20208 5日]

 お腹と顎の施術の感触はとてもよく似ていた。臓器や筋肉などが動いて内部に隙間が生まれ、臓器がやわらかくなった感じがした。どちらもそのあと呼吸が少し深くなる。

 膝の下辺りをCS60でころころしてもらっているときに、頰の上がチリチリして、左右に一匹ずつ虫が這っているようだった。あれは何だったのだろう。

 足と腕を少しずつ外側に動かしていき、そのあと同じようにまた内側に動かしていく。その動きが振動のようで、元の場所にまた戻ってくるようにも感じるのだけれど、最初の場所とはまた違って整った感じがする。こういう一つひとつのさざ波のような動きに対して、その都度自分のなかに起きる反応を見ていく。その繰り返し。そのほとんどは捉えられないけれど、同時に小さくいろいろなことが起こっている。

 いま何が起きているのか、ろくに見る力もきく力も知識もなくて、この裸一貫な感じは、旅以外ではほんとうに久しぶりだなと思う。いろいろあるけれど、自分の居場所はまずはこの身体だなと思えた。この感覚は覚えていたいなと思う。

 わたしの仕事の根っこは人の話をきくことだが、すごく集中していて調子がいいときは自分の内側で起きている思考や感覚、感情をありありと感じながら、相手のエネルギーの動きについていくことができる。そういうときは同時に、音や匂い、温度などまわりの環境も驚くほどよく見える。どれも結構細部まで把握しながら、同時に全体を眺めている感じは、ロルフィングでいい感じのときに似ている。すぐに余計なことを考えてしまったり、ぼけっとしてしまったりして、たまにだったけれど。何か通じるところがあるなと思った。

 力の抜き方を探る、地面を足の裏でしっかり踏みしめているときの感じ、すいすい歩けているときの身体がつながっている気持ち良さ、イメージを掴んだらそれを再生してみること……いまここを具体的に味わうことをいろいろ試してみたように思う。最終回だからか、初めて受けたときの感覚を何度か思い出した。

 そういえば、ずっと痛くて左側を向くのが難しかった首がなんともなくて、嘘みたいだなと思う。

 ここから半年くらいは、膨大な情報を処理するために変容のなかにいるということだから、夏、秋、冬と自分がどんなことを感じるのか、とても楽しみだ。

コメントを残す