セラピストへの10分遠隔セッション

対面ロルフィングセッション、及び50分のリモートセッションを2回受けて頂いた方への、10 分遠隔セッションのご感想です。

↓ ↓

エネルギーワークのようなものだったのでしょうか。ただ、寝転がっていたときに体の膝などの体の筋を伸ばされるような感覚を感じました。

そのあとは痛みがなくなって、体も軽やかな感じがしました。嬉しくて足を伸ばしてみたら、股関節がぎくっとなりました。

その後、少し痛みはあるのですが、気がつけば、今回のセッションの前のセッションから肩こりや頭痛は解消されています。そう思うと、体が変化しているので、その変化を体全体がバランスを取ろうとしているのでしょうか。

今も少し痛みが残ってはいるのですが、体の柔軟性は出てきています。年齢も、微妙な時期に来ているので、いろいろと体も変化しているので、なんとも言えないこともあるのかもしれませんが、
最近、気づいたのは、変化するまえに、好転反応が起きてその後、痛みがなくなるパターンもあったので、少し様子をみてみるのもと思いました。

ありがとうございます。ただ、ロルフィングは治療ではないと田畑さんがブログのどこかに書いておられた気がするので、体がどう変化していくかということが必ずしも、自分が希望するものでないこともあるということを頭に入れておく方がいいのかなぁと思いました。

Rolfer’s NOTE:

セッションは、治療の意図でワークしているわけではないけれども、
様々な改善は結果として起こってほしいとは思っています。
記載が薬事法に抵触しないようにしたい意図に加え、包括的にセッションをプロセスとして捉えてほしいという両側面から、「治療ではない」という表現になっています。それ故、一般には伝わりにくい説明となってしまいます。
また、ある症状の改善に執着して焦点を合わせ過ぎると、他で起こっていることを見逃してしまうということ避ける意味もあります。

コメントを残す