小林 健 自然療法医師の知覚

先日,東京本草閣センターのオープン記念会があって,健先生にお会いした。そこで私の紹介もして頂いたのだが,まだ健先生ご本人にセッションさせて頂いたことはないが,私のやっていることを完全に把握していて,驚くと同時に感動した。

ここまで詳細に自分のやっていることを理解してくれる存在がいるとは思わなかった。

大まかにいうと,ここが固い,痛みがあるから,その場所に触れるというのではなく,その原因になっている大元のところ,離れたところから,順を追って,細かく調整している,ことを私を通してわかったのだという。知覚が拡大して様々なところまで意識を行き渡らせることができるサイキックな人々は確かに何人か知っている。しかし,具体的にここまでいい当てられるとは思っていなかった。

妻は私の仕事の意味を深いところで理解してくれている。それに加えて,仕事の具体的な中身,詳細について分かってくれる師がいることだけで,幸せである。地道に何かをやっていれば,誰かが観ていてくれるというのは,抽象的な例えではなく,本当のことのようである。

私も,ぱっと目にはわからないようなところだけれども,こだわって大切にしているところをきちんと観ることができる指導者になりたいものだとつくづく思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です