施術者自らが健全さを保ちつつ,セッションを深めていくために

技法の種類に関わらず,施術の質やスキルが向上してくると,より受け手と深いレベルでつながり,様々な効果や改善といった結果が伴ってきます。

しかしながら,施術内容が深く精妙になってくるにしたがって,受け手から悪影響を受けやすくなって,過度に疲労を感じたり,健康を害した経験のある援助職の方は少なくないはずです。

では,施術者が,自らの健全さを保ちつつ,施術をより深め結果を出して行くにはどうしたらよいのでしょうか?

受け手との間合い,施術者のプレゼンスの向上や知覚状態,そして,量子波が大きな鍵になるようです。

「治すのではない,治る力を引き出す治療」を実践され,数多くの治療実績を積み重ねてこられたNY在住の自然療法医師,小林健先生。彼から実際に量子波を学ぶことは,多くのセラピストやプラクティショナーとそのクライアントにとっての福音になるはずです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です