小林健医師に学ぶ

先週末に行われた小林健先生の量子波講座・上級編に参加してきました。

治す医学から,治る医学,それが量子医学であることを何度も強調されていた今回の講座。従来型の医療が本来の治癒力を削いで,逆に患者を弱らせてしまうか。病気はない,それを医者が作り出しているという考えは,臨死を5度体験して,自ら余命宣告された患者さんらを何百何千と救っている臨床実績に裏打ちされている。

小林医師の説明する内容は,とてもシンプルである。どんな分野,それがヨガであっても身体技法であっっても,突き詰めると,細かい技術的なことより伝えるメッセージはシンプルになってくるという。120名という人数を前に,実習内容に複雑さはない。

技法を極めていくと,どんどん筋力を使う方法から,繊細なタッチに変わってくる。それによって,効きの質が変わってきて深まるのが,進化の方向性になる。その際に受け手と深い共鳴が起こりやすくなるので,施術側も相互に影響を受け合うことになる。病気の根本原因がWHOの見解でも9割以上が霊障であるという。流行る治療院はそこの先生が健康を害してすぐ潰れてしまう,という話はよく耳にする。

確かにセッションの体験は何かしら深いのだけれど,受け手と同調し過ぎて,影響を受けてしまう施術者は少なくない。

こうしたジレンマは,施術側と受け手のuncleanな霊の受け渡しによるものらしい。まず,第一に施術側が霊をつけない状態になることが先決となるが,小林医師はこのチューニングができるらしい。

ここで紹介された内容を活かせるのかどうかは,今後の実践と経験の積み重ねによって見ていく必要があるが,少なくとも小林医師の主張には一貫性がある。本流となっている医療処置に矛盾と実際助けなっていないことを現場の医師が痛烈に感じている今,医療や健康について,パラダイムシフトを起こす必要がある時期にきているのだろう。

小林医師が正式に認定した,量子波ヒーラーは現在5名いるが,どの方々も芯があって,巷でよくみる大先生を取り巻くエロい女性アシスタントや受付嬢などの,何かを狙っている”タカリ”目的の取り巻きは一切いない。小林医師は,健康の観点から性の重要性を説くことはあっても,何かギラギラしたものを感じさせるような輩を寄せ付けないのは,本当に珍しく,それだけに信用できる。

昨年秋から3段階で進んできた養成講座だったが,とりあえず今回で一区切り。

治すから,治る医学へ,これはロルフィングと矛盾しないコンセプトである。まだまだ彼から学ぶことは山盛りありそうだ。

バリの兄貴といい,小林先生といい,この先長い付き合いになりそうな縁のある方々と出会えてなんとも有り難いことです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です