ロルファーの同志とソマティックエクスペリエンスの仲間と共に,”深い呼吸と休息できるからだを取り戻すためのワークショップ”とロルフィングやソマティックエクスペリエンスを用いての個人ワークを提供させて頂く機会を福島で設けて頂いています。講師側が目の行き届く,安全な空間で開催していますので,どうぞお気軽にご参加ください。

 呼吸と休息のためのワークショップとロルフィング個人セッション in 郡山・福島

日時:2017年 6月4日㈰ 10:30〜 13:00  
場所:福島県郡山市   橘地域公民館
     〒963-8871 福島県郡山市本町1丁目20−18
・駐車場 42台  
 コーディネイター:カルマディーニ主宰小林悦子氏

 

午前の部 ワークショップ     

 

膝の探求〜スムーズな脚の運び

  
講師: 田畑浩良, 
アシスタント:大友勇太,伊藤 彰典, 吉岡英明, 宮原伸宏, 青山結

 
 
 参加者同士,ペアになって,滑らかな脚の運びにつながるためのワークを紹介します。
着地がやわらかく,スムーズな歩きとはどのような動きでしょうか?
 
今回は,ひざに着目して,
関節の連携とそれによって,楽に支えられる足・脚とはどんな感覚なのか? みなさんと一緒に探求したいと思います。
 
強く揉んだり押すやり方ではなく,お互いの間合いを大切にしながら繊細に進めていきます。毎回切り口が異なる方法を紹介していますが,今回は空間とのつながりを回復させつつ,身体が全体としてゆらぎが伝わるように促す,柔らかなタッチを紹介します。
 
動きやすいゆったりした服装でいらして下さい。 固い床でも横になれるように,ヨガマットまたは厚手の大きなバスタオル等をご用意ください。
 
 - お昼休憩- 
 

午後の部 ロルフィングの個人セッション 

 
時間:14:00 ~ 16:30 
担当ロルファー™:青山結, 大友勇太, 伊藤 彰典, 吉岡英明, 宮原伸宏, 田畑浩良
事前にご予約頂いて,枠を確保しますが,時間が前後することもあること,プラクティショナーの指名はできないことをご了承ください。お申込み人数と同行ロルファー数によって時間枠が多少変動しますが,30〜45分程度を予定しています。
 
対象:ロルフィングに興味がある方ならどなたでも
 
料金:子供さん(18才未満)は無料
   大人の方は,投げ銭方式 0円~受けとった分,お気軽にお願いします。
 

 予約状況:ワークショップと午後は16時枠に若干名空きがあります。
チラシ

 
 

また,参加される方の所属会社・団体等に制限はありません。無理に何かを話す場ではないので,安心してお申し込みください。

ワークショップや個人セッションの模様を写真でSNS等で掲載することがあります。
 

申込みフォームが機能していない場合は,以下の項目をご記入頂きお申し込みください。
 
1.氏名
2.(カタカナ
3.)メールアドレス
4.ご住所
5.携帯電話番号
6.ご職業
7.希望されるワークショップ(1部or2部)
8.コメント(参加の動機)
 
 メールアドレス : somatic.secondary.aid@gmail.com
 
FAX 03-3461-5462

郡山市在住Sさんからのご感想:
 
初めて出逢った世界観。
最近、自分の中に入ってくる、感覚を大切にする世界。
震災後は、子供を放射能からいかに守るかという「戦い」を続けてきました。頑なに子供を守ろうと必死になっていた体はガチガチになって、なかなか解決出来なかった体の不調(背中と首が動かなくなってしまった)の原因がまさか、自分の心と密接につながっているだなんて、思いもよりませんでした。
 
今年の初夏から、ある癒しの要素のあり、子供も外で遊べるという(ちいたびJapan)というプロジェクトとの出逢いから数回の参加で、身を持って自分が内面から変わっていき、体は心が、かなり影響力をもたらしているのだとしたら、これはもうここ福島で暮らす人間としては、そこを追及していかないと根本的な元気は取り戻せないかも?!・・と思っていた時の今回のロルフィング・ワークショップとの出逢いでした。
 
雪の深々と降る静けさの中、はじめは緊張もあったものの、ワークが始まると、何とも不思議な空気感があって、何とも不思議なリラックス感、脱力感を味わえました。
こんな事ってあるんだなぁ〜こんなことは大切だなぁと思いながらのワークの時間でした。
 
行う側として最初にさせていただきました。まず自分の状態を見つめ、知る、確認する。(これは震災後全くと言って目を向けていない事でした。混乱して感情のコントロールが出来なくなると子供に泣きわめいて当たり散らしていました。)
そして周りに感覚意識を広げて行く。ゆっくりとした静かな間。
 
ロルファーの田畑さんも、藤本さんにも、不思議な「間」があると感じました。
だからその間を落ち着いて耳を傾け、聴く。
 
次に(ペアになった)Hさんから受けました。
受けた時の感触は、驚くほど
体の中の広がりが感じられ呼吸がものすごく深くなり、自分の器、体におさまりきらないほどの広がりを呼吸によって感じ取ることが出来ました。ワークを受けて行くと次第に内面からゆる〜く、心と体が重みに身をゆだねて、力が抜ける感覚を味わいました。深呼吸して気持ちよく眠りに入れるような感覚でした。
 
その夜は久しぶりに、眠りがとてもよく寝起きが「わ〜〜!久しぶりに寝た〜!すっきりした〜」という感覚でした。5年近く前の出産後初めてかもっ♪
確かに、確かに、体に響き渡っている体験させていただきました。
 
もがいていた自分ですが、次第に色んな癒しや力を借りて、感覚を大切にするという体験をもとに変わっていく状態を「あ、今日の自分はどうかな?」とか「だんだん良い方向に変わってきている」と気がつく事が増えて来ているのを感じています。
 
身近なお母さん達は、まだまだ抜け出せぬ不安で、何をすればいいのか試行錯誤しながら、やれる事をやりながら日々を共感出来る人と話す事で、その場の解消をしているか、それぞれの感覚の違いから、気持ちを内に内に閉じ込めて内緒で保養をしたり、気にしないふりをする暮らしでほとほと疲れてしまうから、もう・・ちょっと諦めモードや投げやりになってしまう事もあったりで、母親の心は不安定で、一体子供はそれをどれだけ敏感に受け取ってしまっているのだろうと、思います。
だからこそ、内面を見つめる事とか、本当の意味で、子供を守る為に自分の元の落ち着きを取り戻す事が今これから、ここでは求められつつあるのではなかろうかと思っています。
 
震災があったから、こういう色んな力をお借りして自分の事を振り返ろうとする機会を頂きました。落ち着きを取り戻す事の大切さ、自分の状態を見つめて受け入れる事の大切さ、そして、大丈夫。安心して生きて行って良いんだよ。という事をもっと身近な間で、不安を根っこから解放していい影響で広がっていきたい、そんな気持ちです。友人にも必要ではないか・・と思う方・または興味を持っている方が居るので、是非また開催をして頂けたら幸いです。
 
感覚は育てれば広がる。
すばらしい出逢いでした。ここにきて出逢った素晴らしい気付きを、
これからも人生で育て続けて、ここで周囲を巻き込みながら輝いて生きて行きたいと思います。 
ありがとうございます。
 

このワークショップでは,ロルフィング®そのものをお伝えしているのではなく,YieldingというMovementワークで用いる手法をもとにしています。

2013年のワークショップ風景

2013年秋のワークショップ

仙台在住Yさんより

先日のワークショップに参加するまでは、あまりに仕事が忙しくて疲れきっていて
前日は疲れが溜まったときの頭痛も出てきていたので
参加は無理かと思いいったんキャンセルしたのですが、あのときがんばって参加してほんとうによかったなあと思っています。小林さんに迅速にご対応していただいたおかげでもありますね。
本当にありがとうございました。
 
ワークを受けた感想は、
まだうまくことばにならないのですが、
からだがただ穏やかに存在することは、
こんなにも落ち着いて、満ち足りた気持ちになるのだなあということを
つよく感じました。
 
わたしたちはいつも自分の外側にしあわせ(うまくいえないのですが、心とからだか満たされた気持ちになるもの)を探しているのだけれど、ほんとうのしあわせはすでに自分のからだのなかにあるのではないのだろうか、とワークを受けて思いました。
とても静かで温かく満たされた気持ちになりました。
 
私の働いているまち、仙台でも
震災後たくさんのプロジェクトや考える会がありますが、
どうしても頭で考えることにかたよりがちです。こんなふうに自分のからだのなかにある力を信じることができるようなワークショップはありませんでした。
 
もし仙台で田畑さんがワークショップをお考えならば、
私もお手伝いしたいと思います。
そのときはお声がけくださいね。
 
まだ体の様子をみているのですが、
これからも変わっていくように
感じています。とても楽しみです。
今回は本当にありがとうございました。

郡山在住Sさん(2回目のご参加)より

今回は子供が一緒ということで常にそちらに意識が行ってしまわないか気になる中でしたが、
第一部では、自分の意識に集中するという事を通して受け手の男性の内側から伝わる
気・エネルギーを感じました。
受け手の体を通して、
直接的に触れていないのに冷たかった手が
ぽかぽかと温かくなる。もっと感覚を研ぎ澄ます事が出来るともっと伝わるのかなと思いました。
本当に奥が深い・・・
前回足の裏と頭の施術です〜っと呼吸が体を通り抜けた感覚を覚えたので、今回も足の裏のを体感してみたかったです。
私自身の体の感覚としては、終わった後に心地よい脱力感、体がリラックスする事で心も平穏な落ち着きがありました。
次の日は一日中ものすごく眠く、床につくとす〜っと眠りこんでしまいました。
 
子供は、初め走りまわっていましたが、ロルファーさんの導きにいったん横になると落ち着いた様子で気持ちよさそうでした。
二歳の息子が、数日後、眠る前に「ロルフィングやって。」と自分から横になってきました。
手を当てると二人ともとても気持ちよさそうにほほ笑みながらすぐに眠ってしまいます。なんて素敵な時間なんだろうと思います。
これからも二人の子供とのリラックスする時間に今回お伝えいただいたロルフィングを活用させていただきたいと思います。
ありがとうございました。
 
注:文中"ロルフィング"と表現されていますが,実際にはロルフィングで用いるイールドという手法の一部をご紹介させて頂いたということをお断りしておきます。

Kさんより

 
相当昔に、田畑先生のHPを拝見させて頂いた時、クライアントの方の体の変化の画像をみて、
劇的に変化していたので、ロルフィングはボキボキと整体のようなものだろうと想像していました。
 
そのせいか、今回のワークショップでの静かなデモを見た時、ん???これだけで人の体は変化するものなのかな?
と半信半疑でしたが、自分が実際受け手になった時、納得するものがありました。
施術を行った場所から体がジンジン温かくなるのを感じ、全身を一通り終えた頃には久々に感じる深いリラックス感があり、
この感覚は随分長いこと感じていなかったなと思います。心が開く????感じもありました。
翌日の目覚めがとてもよくて、なぜかサーフィンをしている時のようにhappyでした。
椎間板ヘルニアの一歩手前の症状と病院では診断され、それ依頼、腰の筋肉の痛みとはりをずっと感じていたのですが、
びっくりしたことに、その痛みがかなり軽減されていました。これは気のせいではないと思うのですが。
 
今回のワークショップに参加することで、心と体の不思議を感じました。
一見何でもなさそうな事で、人の心と体は影響を受け変化するのを感じ、
このワークは奥が深いなと思いました。
先生が何度か、クライアントに安全な場所であるということを分ってもらうとおっしゃっていて、
これって他のセラピーでも大切なことだなと思いました。
ちなみに今回教えて頂いたのは、ロルフィングなのでしょうか???
殆ど力を使わずにこれだけの効果が出て、とても不思議で興味があります。
 
先日は時間がなくせっかくのチャンスを逃してしまったのですが、
いつか先生のロルフィングを受けてみたいなと思っています。その時は宜しくお願いします。
 
今回は貴重な体験をさせて頂き本当にありがとうございました。
アシスタントの方も遠い所、放射能の影響もあるのに来て頂いて本当にありがとうございました。
皆様にも宜しくお伝え下さい。
 
注:今回ご紹介したのは,Rolf Movementで用いる”Yielding”というワークですので,ロルフィングそのものではありません。

いわき市在住Kさんより

一回目のWSでは、自分のからだや呼吸の感覚がおもしろくて、その変化に集中していました。
 
二回目には、それに加えて、ワーカーとの距離や触れ方など何によって自分の感覚が変化するのか・相手(世界)と自分との関係、バランスみたいなものも自然に意識しました。
あなたがいてわたしがいて、それで進んでゆく「セッション」のおもしろさがとても新鮮でした。
 
WS終了後の、からだの中に自分が居心地よくすみずみまで収まっている感じと、
外の世界へも知覚スイッチがオンで、いろいろなものがくっきりするし、その一部としてじぶんも楽に存在できる感じ!
 
だんだんその最高のきもちよさは薄れてしまいましたが、
自分のからだという戻る場所がある、あの状態にいつでも戻れる、て安心感はずっと残っています。
 
二回目(の参加)でその安心感は深まったというか、確信できたように思います。
 

Iaさんより

 
☆さっそくその日の晩に子供たちにワークしてみました。次の朝の寝起きがふたりともとってもよかったので驚いています。
 
Sさん
 
クビと背中がすごく軽くなりました。
お嬢さんと受けたので、お互いやり合えるし楽しみです。
カラダのことも話せたので、娘にもとっても良い時間でした。

Bさん

 
すごく気持ち良かった。
帰宅してから、すごくカラダがだるく感じて、眠くて眠くて仕方ないのが不思議だった。
今日も、だるい感じ。
緩んだ証拠と聞いてビックリしました。

Ibさん

 
受けている時は、正直何も感じなかったけど、翌日、すごく楽になっていてビックリしました。
息子も、血がカラダの中をすごく回ってるがわかったと言ってました。
 
コーディネイター談:私は、この中学生のお兄ちゃんには、クラニオ体験があるので、感想を聞きたかったので聞いてみたら、今回のが断然良かったと言ってました。
 
やってもらった人との相性も良かったのかもね~って言ったら、ものすごいニッコリと笑顔が返って来ました。
三浦さんありがとうございます。
心ほぐれて受けてもらえたようです。

第一回郡山ワークショップ体験者の声

 
♧ 震災から放射能を逃れて避難してましたが、やはり福島へ戻ってきました。 これからは福島で子供達と心地よく暮らす為に、セルフケアが必要かなと思っていた所に、リビングで情報を目にしました。
 安全で特に必要な技術もなく、簡単にケアが出来き、私がしてあげたい思いと、同じようなタッチを勉強させてもらえて感謝します。 
 日常の生活に取り入れて、私も気持ちよく楽しんでいけたらと思います(^-^) 
また機会がありましたら、是非参加させてもらいたいので、宜しくお願いします!ありがとうございました! 
 
♥自分で体感して初めて素晴らしさがわかるワークショップですね。
... グランディングの大切さを身体で感じ、何だか安心することが出来ました。ありがとうございました。
様々な刺激から身体を固めてしまい呼吸が浅くなったり、息をつめていたりしますが、深い呼吸に導かれ、楽になりました。。 今も続いています。
 
- - - - - (ワークを他の方に試された後同じ方からのご報告)
 
1、家族に。
 
就寝直前にワークしてみたところお腹が上下に動いてきて呼吸が深くなり背中に触れたくらいで眠ってしまいました。
 
翌朝は熟睡出来たと話しておりました。
 
 
2、仮設住宅に住むお友達(おばあちゃん)
全体を眺めながら順番に触れていき、肘と肩の下と触れていくうちにお腹が大きく上下に動き、呼吸が大きくゆったりしてきてやはり眠ってしまいました。
 
おばあちゃんの足で私のげんこつを押してもらう時には、眠っているところ目を覚ましてもらい、押してもらいました。
 
フィードバックは気持ち良くなって寝てしまった。身体が軽くなり歩きやすくなったということでした。
 
3、自分への気付き
帰路、自宅まで歩いて自分の身体で感じたことは内腿が身体の中心に寄って、足が軽く持ち上がるように歩けて、呼吸が深くゆったりとして、腕が自然に前後に振れてました。そして眠けと共にリラックスしていました。人間の身体って面白いですね。
 
 
(起床する前にベットの中で)
 
右膝を立て、左足を外側に倒して右足に近付けて左足を青いボックスに見立ててイメージして、左足の足首辺りを押しました。
その時に右足をお腹から出ている足とイメージして股関節、膝、足首のラインを感じながら押ました。
 
両足やってから起き上がり歩いてみたら、
歩幅が短く、しっかり床をつかむように歩けました。
 
普段はフワフワっと歩き始めていますが、安定した歩き方で気分もよかったです。
呼吸もゆったりして落ち着いて歩けるような感じでした。
 
 
WS以降の変化ですが私の背骨がしなやかに動くような感じがします(以前よりです)。

 ○前回のワークショップは楽しかったです。 体の中に心臓の鼓動や脈拍とは別のリズムがあることは、大きな驚きでした。これを感じ、その動きを助けてあげることによって、体の本来持つ力(バランス)を引き出すということが、ほんの少しわかりました。妻は子供に試して、子供たちにも好評です。私は、寝る時にときどき、首からのラインの伸び縮みのリズムを自分で感じるようにしています。難しいですが、心が落ち着くような気がします。
 
♡ワークショップはとても面白かったです。自分が受けた時とまた全然違った感触でした。家族に早速試しているのですが夫も子供達も頭の部分だけで、皆早々に眠りに落ちてしまいます。皆疲れているのかなあ、、と思いつつ、ちょっと楽しいひとときです。(自分にしてあげられないのが残念ですが、、。)ありがとうございました。

これまでのワークショップの内容

日時:2016年 11月13日㈰ 10:30〜 13:00  
場所:福島県郡山市 郡山中央公民館堤下分室 
   〒963-8878堤下町2番11号
コーディネイター:カルマディーニ主宰小林悦子氏
 
午前の部 ワークショップ     
 
講師:Rolf Movement講師 田畑浩良
 
  参加者同士,ペアになって,互いに力強い歩行につながるためのワークを紹介します。前に進むための推進力がある歩きとは,どんな動きでしょう? 
 
ひとつの軸を想定して”ひねり”がある運動は,膝や股関節に負荷を与え,痛める原因になりやすい。かといって,奇妙なナンバ歩きは取り入れる気持ちすら起こらないでしょう。2足歩行が効率よく行われるためには,言うまでも無く,腸腰筋の動きが鍵になりますが,それをバランスさせるのは,上半身や腕の連携です。
 
 ねじりのない,力が前にうまく伝わる,疲れにくい歩きをみなさんと一緒に探求したいと思います。
 
強く揉んだり押すやり方ではなく,お互いの間合いを大切にしながら繊細に進めていきます。毎回切り口が異なる方法を紹介していますが,今回は空間とのつながりを回復させつつ,身体が全体としてゆらぎが伝わるように促す,柔らかなタッチを紹介します。 
 

 
  - お昼休憩- 
 
午後の部 ロルフィングの個人セッション 
 
時間:14:00 ~ 16:30 
 
担当ロルファー™:大友勇太,宮原伸宏,宮井健太郎,吉岡英明, 田畑浩良他
 
事前にご予約頂いて,枠を確保しますが,時間が前後することもあること,プラクティショナーの指名はできないことをご了承ください。お申込み人数と同行ロルファー数によって時間枠が多少変動しますが,30〜45分程度を予定しています。
 
 対象:ロルフィングに興味がある方ならどなたでも
 
料金:子供さん(18才未満)は無料
 
   大人の方は,投げ銭方式 0円~受けとった分,お気軽にお願いします。
 
2016年秋郡山.pdf

 
日時:2016年  5月15日㈰ 13:00
場所: 郡山市開成一丁目1番1号
ロルファー™:大友勇太,青山結,宮原伸宏,佐藤耕祐,吉岡英明,田畑浩良

 グループワーク〜目と四肢を通して,呼吸と休息を取り戻す

震災を含めさまざまなストレスを受けると,身体は身構えた状態のまま,深い休息を忘れがちです。その状態をリセットするために,深い休息と楽な呼吸につながるグループで行うワークを紹介します。
 
地震関連のニュースや情報を繰り返し見ることで,過去の震災体験を思い出して,気分が落ち込んだり,休息しにくい,呼吸が浅いと感じる方もいらっしゃると思います。目を通して固くなったしまった全身の緊張をリセットするための,眼球に対する働きかけも紹介します。
 
大きめのタオルとしめつけない楽な服装でお越し下さい。
 
 

個人セッション 

キッズ・ロルフィング®,大人の方もどうぞ
日時:上記同日15:00より
時間枠:15:00 ~ , 15:30~,16:00~,16:30~,17:00~ 約30分
事前にご予約頂いて,枠を確保しますが,時間が前後することもあること,プラクティショナーの指名はできないことをご了承ください。
(現在16時枠以降に空きがあります。)
 
対象:ロルフィングに興味がある方なら誰でも
   お子さんも大歓迎です。
料金:子供さん(18才未満)は無料
   大人の方は,投げ銭方式 0円~受けとった分,お気軽にお願いします。
 

 
日時:2015年  10月11日㈰ 10:30〜
場所:富久山総合学習センター(サンライフ郡山)
    福島県郡山市富久山町福原字泉崎181-1
ロルファー™:宮原伸宏,宮井健太郎,原田徳和,伊藤彰典,田畑浩良,Carol Agneessens 
セッションサポーター&通訳:浅井咲子 SEP

午前の部 グループワーク

第一部:浅井咲子さんによる神経系調整のためのグループワーク           (30分)
第二部:ロルフィング講師 Carol Agneessens先生によるムーブメント瞑想     (30分)
第三部:まわりの空間と仲良くなるグループワーク                 (90分)
 
 
(お昼の休憩)

午後の部 個人セッション 

キッズ・ロルフィング®,大人の方もどうぞ
日時:上記同日午後より
時間枠:14:00 ~ , 14:30~,15:00~,15:30~,16:00~ 約30分
事前にご予約頂いて,枠を確保しますが,時間が前後することもあること,プラクティショナーの指名はできないことをご了承ください。
 
対象:ロルフィングやソマティックエクスペリエンスに興味がある方なら誰でも
   お子さんも大歓迎です。
料金:子供さん(18才未満)は無料
   大人の方は,投げ銭方式 0円~受けとった分,お気軽にお願いします。

ストレスがかかると,身体から感覚が離れ,身体の中に居る充実感が薄れてしまうことがあります。まず,今身体で何が起きているかを感じることができれば,そこから”今,ここにいる感覚”が戻ってきます。今に焦点を戻し,身体の感覚を蘇らせることから,楽に呼吸することを探求します。
 
日時:2015年 4月12日㈰ 10:30〜
講師:浅井咲子S.E.P,田畑浩良
アシスタント:高橋美穂子,宮原伸宏,佐藤耕祐,三浦正貴
場所:福島・郡山中央公民館 堤下分室
 
注:このワークショップは,ロルフィング®やロルフ・ムーブメント™の技法を習得するためのクラスではありません。したがって,身体技法を提供するプロの方が,ロルフィングやロルフ・ムーブメント™を習ったなどの表現のもとに施術をなさらないようお願いします。
 
対象:ロルフィングやソマティックエクスペリエンスに興味がある方なら誰でも
   お子さんも大歓迎です。
料金:子供さん(18才未満)は無料
   大人の方は,投げ銭方式 0円~いくらでもOKですので,気軽にお願いします。
 

個人セッション  (午後の部)

 キッズ・ロルフィング®,大人の方もどうぞ

日時:上記同日午後より
時間枠:14:00 ~ , 14:30~,15:00~,15:30~,16:00~ 約30分
事前にご予約頂いて,枠を確保しますが,時間が前後することもあること,プラクティショナーの指名はできないことをご了承ください。
場所:福島・郡山中央公民館 堤下分室
担当ロルファー™:高橋美穂子,宮原伸宏,三浦正貴,佐藤耕祐,田畑浩良
セッションサポーター:浅井咲子 SEP
 
 
対象:ロルフィングやソマティックエクスペリエンスに興味がある方なら誰でも
   お子さんも大歓迎です。
料金:子供さん(18才未満)は無料
   大人の方は,投げ銭方式 0円~いくらでもOKですので,気軽にお願いします。
 
 
 
 

日時:2014年9月21日㈰ 10:30~13:30
場所:福島県・郡山市内 (株)郡山水産の管理棟内会議室
講師:田畑浩良1)* Carol Agneessens 1) * 浅井咲子2) 
アシスタント:三浦正貴1),高橋美穂子1),宮原伸宏 1),青山 結1),
1) 米国Rolf Institute®認定ロルファー 2) Somatic Experiencing®プラクティショナー * Rolf Institute所属講師
コーディネイター:小林悦子氏 (info@caldemani.com )
 
10:30 - 11:00 自律神経安定のためのゲーム by 浅井咲子さん
11:00 - 11:20 ムーブメント瞑想 with Carol Agneessens先生
11:20 - 13:20 ムーブメント・ワークショップ with 田畑
 
手や足は末端に位置していますが,様々な感覚器が多く分布していることから,神経系と密接な関係を持っています。今回のワークショップでは,手や足を扱いながら,神経を落ち着かせる方法を紹介します。まず,講師がデモを行い,その後で,参加者の方どうしでペアになって頂き,他者にワークする体験をして頂きます。
また,今回は,最初にSEプラクティショナーである浅井咲子さんによる自律神経安定化のためのゲームの紹介,続いて,米国ロルフ・インスティチュート所属のロルフィング講師であるCarol Agneessens先生がゲストとして,ムーブメント瞑想を誘導します。かなり貴重な体験となると思います!
 
 

用意するもの)床がフロアリングなので,身体を横になっていいように,厚目で大きめのタオルかヨガマットをご持参ください。

 

個人セッション  (午後の部)
 キッズ・ロルフィング,大人の方もどうぞ

日時:上記同日午後より
時間枠:14:00 ~ , 14:30~,15:00~,15:30~,16:00~ 各20~30分
事前にご予約頂いて,枠を確保しますが,時間が前後することもあること,プラクティショナーの指名はできないことをご了承ください。
場所:上記ワークショップと同じ
担当ロルファー:Carol Agneessens,三浦正貴,高橋美穂子,宮原伸宏,青山 結,田畑浩良
セッションサポーター:浅井咲子 SEP
 
 
対象:ロルフィングやソマティックエクスペリエンスに興味がある方なら誰でも
   お子さんも大歓迎です。
料金:子供さん(18才未満)は無料
   大人の方は,投げ銭方式 0円~いくらでもOKですので,気軽にお願いします。
 
 
 
告知用チラシのダウンロードはこちら↓
チラシ
 
 
 

日時:2014年7月13日㈰ 11:00~13:30
場所:福島県・郡山市・東部地域公民館・和室
講師:田畑浩良1) 浅井咲子2) 
アシスタント:三浦正貴1),高橋美穂子1),宮原伸宏 1),青山 結1),
1) 米国Rolf Institute®認定ロルファー 2) Somatic Experiencing®プラクティショナー
 
まずはじめに,グループで遊びを通して神経系の調整につながるような体験的な”ゲーム”をします。グループのファシリテーターは,ソマティック・エクスペリエンス®プラクティショナーの浅井咲子さんです。浅井さんのやさしいリードにしたがって,身体感覚を通して,神経系が落ち着いていくのを体験するでしょう。
 
次に,ロルフィング®のムーブメントの技法を用いて,受け手が,楽な状態を取り戻すにはどう触れたらいいか,通常考えられているよりも遙かに繊細なタッチで,凝り固まったり萎縮してしまった身体に広がりを回復する手法を紹介します。実際のデモンストレーションの後で,皆さんでペアになって頂き,ワークをお互いに交換します。ご家庭でもできるシンプルな方法です。
魔法ではありませんが,触れる側の意識の持ち方に鍵があります。
とにかく会場にお越し頂き,楽で開かれた感覚を探求しましょう。
 
参加対象:ワークショップにご興味のある方ならどなたでも お子さんもどうぞ
用意するもの:楽な服装とバスタオル
受講料: 子供さん(18才未満)は無料
    大人は,投げ銭方式 0円 ~ いくらでもOKですので,気軽にお願いします。
 
お申し込みは下の申し込みフォームからできるだけお願いしますが,
メールから直接でも構いません。
 
 
 

個人セッション  (午後の部)
 〜ロルフィング®または,ソマティックエクスペリエンスの個別ワーク

日時:7月13日日曜日午後より
時間枠:14:30 ~ , 15:00~,15:30~,16:00~,17:00~ 各20~30分
事前にご予約頂いて,枠を確保しますが,時間が前後することもあること,プラクティショナーの指名はできないことをご了承ください。
場所:上記ワークショップと同じ郡山市 東部地域公民館・和室
担当ロルファー:三浦正貴,高橋美穂子,宮原伸宏,青山 結,田畑浩良
 
 
対象:ロルフィングやソマティックエクスペリエンスに興味がある方なら誰でも
   お子さんも大歓迎です。
料金:子供さん(18才未満)は無料
   投げ銭方式 0円~いくらでもOKですので,気軽にお願いします。
 
 
お申し込みは下の申し込みフォームからできるだけお願いしますが,
メールから直接でも構いません。
 
 
 
 
注:ロルフィング®は,米国Rolf Institute®登録商標です。その技法は,認定トレーニングを修了したロルファー™から提供され,一般向けのワークショップで習得できるわけではないことをご理解ください。従って,ワークショップでロルフィングを習った等の表現は避けて頂くようお願いします。
ソマティック・エクスペリエンス®(Somatic Experiencing®)は,米国Somatic Experiencing Trauma Instituteの登録商標です。
 
 
 
万が一フォームの送信がうまくいかない場合は,以下の連絡先に直接ご連絡ください。
 
メールはこちら

 
2014年7月13日郡山ワークショップ&個人セッションの告知用PDF

〜内臓の器としての骨盤をはっきりさせて座りやすくする (横向きで楽に寝る)

場所:福島県郡山市 東部公民館

ワークショップ日時:2014年4月13日㈰ 11:00〜13:30

テーマ:"骨盤をはっきりさせる"
 
骨盤の関節の動きを引き出し,内臓の容れ物としての骨盤のしっかりさせます。ご紹介する横向きでのワークによって,座りやすさや体軸,腰を据える感覚が得られるはずです。
 
講師のデモに続いて,参加される方々でペアを組んで頂き,実際に体験を通して,身体を探求しましょう!
 
講師:ロルファー田畑浩良
アシスタント:ロルファー三浦正貴,高橋美穂子,宮原伸宏 ,青山 結 
コーディネイター:小林悦子さん
日時:4月13日日曜日11:00〜13:30
用意するもの:楽な服装とバスタオル2枚
 
場所:郡山市東部公民館
 
料金:投げ銭方式
 
お申し込み先:小林悦子さん <caldemani@icloud.com>まで
 
 

子供支援ロルフィング:14:30〜17:30

ロルフィングによって,楽でまっすぐな姿勢を引き出されることから,子供の成長の助けになると考えられています。20~30分の個人セッション(施術)を5人のRolf Institute認定ロルファーが提供します。
 
時間枠:(1)14:30〜 (2)15:00〜 (3)15:30〜 (4)16:00〜 (5)16:30〜 (6)17:00〜
定員:30名
 
お申し込み先:小林悦子さん <caldemani@icloud.com>まで
 

〜 感覚を開いて楽な状態を思い出す 

日時:2013年9月28日(土)13:00〜 20:30
場所:福島県 郡山中央公民館堤下(つつみした)分室 第三会議室

講師: 田畑浩良 1) ゲスト講師 Carol Agneessens 2 )
アシスタント講師:浅井咲子 3),三浦正貴 1),高橋美穂子 1) 宮原伸宏 1) 他
オーガナイザー:小林悦子4)
 
1)The Rolf Institute®認定ロルファー
2)米国The Rolf Institute®認定ロルフィング講師 及びクレニオセイクラルバイオダイナミクス講師
3)SETI認定ソマティック・エクスペリエンス®プラクティショナー及び 通訳
4)郡山でカルデマーニという癒やしのサロンを主宰
 
さまざまなストレスによって,身体が固まったままの状態になった後に,うまくリセットしきれていない場合に,頭や知識でなんとかしようとしても,うまくいかないものです。
しかし,身体感覚を通して,重さの感覚を思い出し,”ゆだねる”という動きを注意深く行うことによって,安全な感覚を思い出し, 閉じていた感覚を少しずつ広げ, 気分を変えることができます。滞りを解放し,生きている”流れ”を取り戻す手助けになれば幸いです。

第1部 楽に腰掛けるためのワークショップ 13:15 ~15:45 

いすに座って,楽な呼吸や閉じ気味だった感覚を開くための方法をご紹介します。横になるような場所が確保できなくても,深い呼吸や気分の落ち着きを取り戻すきっかけになるはずです。 技術的にはシンプルな内容ですが,術を提供する側の意識の持ち方が鍵になるので,どのような気構えが大切なのか,体験を通して学んでいきます。 
タッチされることに慣れていない方にも安全で無理のない方法です。
今回は特別に,ゲスト講師として田畑のロルフィングの師であるCarol Agneessens先生が,ムーブメント瞑想する特典があります。
 
対象:ご家族にワークする方法を学びたいお母さん (お父さんも可)や援助職の方も是非どうぞ。ワークショップにご興味のある方,援助職(医療,介護,教育,セラピストetc.)の方,大歓迎
 
参加費:投げ銭形式*
 
*無料だと気兼ねしたり遠慮される方もいらっしゃるとのことを考慮し,ワークショップ終了後,無理のないところでお願いします。     

第2部 子供支援ロルフィング (SE) 16:30 ~20:30 

上記の講師陣が,お子さんと一対一で30分程度ロルフィング或いはソマティック・エクスペリエンスのセッションをします。ロルフィングは子供の成長を促すともいわれています。呼吸を解放したり,つながりを引き出すことで,身体に快適さを取り戻す手助けをしていきます。
尚,プラクティショナーのご指名にはお応えできないことをあらかじめご了承ください。
 
対象:幼児〜高校生 
  お子さんをお連れになった親御さんや,大人の方も受付けます。
参加費: 幼児〜高校生は無料   
    大人の方は,投げ銭を受け付けます。
 
定員: 〜 25名程度 

お申し込み連絡先:

1.氏名
2.カタカナ
3.メールアドレス
4.ご住所
5.連絡先携帯電話番号
6.ご職業
7.希望される枠(第1部ワークショップまたは,第2部子供へのワーク)
8.コメント(参加の動機,託児所利用の有無,その他)
 
上記情報を添えて,オーガナイザーである 小林悦子*さん宛にメール(<info@caldemani.net>)またはお電話 (08052268252) にてお申し込みください。
 
定員がありますので,お申し込み後,ご予約確定の連絡を受け取ってから,ご参加ください。参加される方の居住地域に制限は設けていません。他県からの参加も大歓迎です。また,参加される方の所属会社・団体等に制限はありません。無理に何かを話す場ではないので,安心してお申し込みください。
 
参加に際しての同意事項
 
ここで行うワークは,参加した結果として,様々な状態の改善や回復が伴うことがありますが,いわゆる医学的処置を代替するような治療行為ではないことをお断りしておきます。再び楽な状態や呼吸を引き出すために身体を再教育することを目的としていることをご理解ください。
第2部に関して:まれにお子さんが興奮状態にある場合や,親御さんの希望に反して,お子さん自身はセッションを望まないこともあります。その場合は,また別の機会ということにさせてください。
 
 

日時:2013年5月6日(祝日)
場所:福島県郡山市内の公共施設
講師:田畑浩良1)
アシスタント: 浅井咲子2),三浦正貴1) 

 1) 公認ロルファー 2) 認定Somatic Experiencing®プラクティショナー

昨年末のワークショップにご参加頂いた郡山在住の小林悦子*さんがコーディネイトして下さることになりました。しかも小林さんの計らいでなんと無料の託児所が利用できます。

 
震災を含めさまざまなストレスを受けると,身体は身構えた状態のまま,深い休息を忘れがちです。その状態をリセットするためには,身体が,まず重さの感覚を思い出し,ゆだねる或いはあずける,という基本的な"動き"を思い出す必要があります。一見シンプルな内容ですが,そのためには,タッチを提供する側の状態が重要となります。このワークショップでは,ご家庭で,タッチを通して深い休息と楽な呼吸につながる手法を紹介します。おうちでお子さんや大切なご家族の方やお知り合いに使って頂ければと思います。まず,こちらでデモを行い,それから,参加される方同士でペアになって頂き,ワークを交換していきます。
大きめのタオルをご持参頂き,しめつけない楽な服装をご用意ください。

第1部 13:15 ~15:45 おうちでできる,お子さんへのワーク 

このワークは,お子さんの成長にとっても有益になるはずです。まずは身体が休むことによって,脊柱を含む身体全体に伸びやかな方向性を引き出すことができます。非常に軽いタッチで行うため,安全で効果的なワークです。
対象:お子さんにワークするやり方を学びたいお母さん (お父さんも可)
参加費:800円
定員:20名程度
 

第2部 16:00 〜18:30 大人に対するワーク

第一部は主にお子さんが寝ている間に行うことを想定していますが,第二部では大人同士で目覚めている状態で行うワークをご紹介します。知り合いの臨床心理士も活用し効果を上げている実践的な方法です。
対象:ワークショップにご興味のある方,援助職(医療,介護,教育,セラピストetc.)の方,大歓迎
参加費:800円
定員:20名程度  

第3部 19:00〜20:30  お子さんへの個人セッション Kids Rolfing or SE session

お一人20〜35分の枠を設けます。限られた枠ですが,ご希望の方は,個人セッション希望とご記入ください。ただし,プラクティショナーの指定や時間枠のご希望にはお応えできないことを予めご了承ください。公認ロルファーまたは,ソマティック・エクスペリエンス®プラクティショナーが担当します。
 
参加対象:18才未満のお子さん
定員:未定9名
参加費:無料

お申し込み連絡先:

1.氏名
2.カタカナ
3.メールアドレス
4.ご住所
5.連絡先携帯電話番号
6.ご職業
7.希望されるワークショップ(1部/2部/3部 )
8.コメント(参加の動機,託児所利用の有無,その他)
 
上記情報を添えて,Smile coordinator 小林悦子*さん宛にメールまたは電話にてお申し込みください。
* 昨年末の郡山WSに参加された郡山在住の方で,カルデマーニという癒しのサロンを主宰されています。
メールアドレス:info(at)caldemani.net →(at)を@に変えて,
電話(08052268252)
 
 
第一部と第二部を両方参加希望される場合に,第一部の参加だけで身体の許容量が一杯になることもあり,その場合は受け手になることをご遠慮頂くことがあります。またお申し込み多数の場合は,どちらか一方のみの参加にして頂くこともあることをご了承ください。
 
 
定員がありますので,お申し込み後,ご予約確定の連絡を受け取ってから,ご参加ください。参加される方の居住地域に制限は設けていません。他県からの参加も大歓迎です。また,参加される方の所属会社・団体等に制限はありません。無理に何かを話す場ではないので,安心してお申し込みください。
 
皆さまのご参加を心よりお待ちしています。
 
参加に際しての同意事項  → 同意の上ご参加ください。
 
ここで行うワークは,参加した結果として,様々な状態の改善や回復が伴うことがありますが,いわゆる医学的処置を代替するような治療行為ではないことをお断りしておきます。再び楽な状態や呼吸を引き出すために身体を再教育することを目的としていることをご理解ください。
第3部に関して:まれにお子さんが興奮状態にある場合や,親御さんの希望に反して,お子さん自身はセッションを望まないこともあります。その場合は,受けることを強要はできないので,また別の機会ということにさせてください。

おかげさまで,第一部から三部を通して,60名を超える方々にご参加頂きました。感謝!!最終的にコーディネイターの方からいただいた,参加費収入から会場費等の経費を差し引いた額¥6000をSave the Childrenに寄付させて頂きました。

日時:2012年12月9日 日曜日 第一部13:30〜16:00 第二部16:30〜19:00
場所:郡山カルチャーパーク (福島県郡山市) 和室
講師:Rolf Institute®公認ロルファー 田畑浩良 
アシスタント講師 : Rolf Institute®公認ロルファーの藤本 靖 氏 
Somatic Experiencing®プラクティショナーの浅井 咲子氏

 
 
震災を含めさまざまなストレスを受けると,身体は身構えた状態のまま,深い休息を忘れがちです。その状態をリセットするためには,身体が,まず重さの感覚を思い出し,ゆだねる或いはあずける,という基本的な"動き"を思い出す必要があります。一見シンプルな内容ですが,そのためには,タッチを提供する側の状態が重要となります。
ここでは,ご家庭で,タッチを通して,深い休息と楽な呼吸につながる手法を紹介します。おうちでお子さんや大切なご家族の方に使って頂ければと思います。
 
まず,こちらでデモを行い,それから,参加される方同士でペアになって頂き,ワークを交換していきます。
 
大きめのタオルとしめつけない楽な服装でお越し下さい。
 

第一部 13:30〜16:00  お子さんへのワークを学びたい親御さんのためのWS

このワークは,お子さんの成長にとっても有益になるはずです。身を預けることができればできるほど,睡眠の質も上がり,翌日の活力にもつながります。学校でのストレスや対人関係が影響して,脊柱が成長するのを抑制して,結果として側湾症となるケースもあるようです。その場合,脊柱の圧迫を除いてやることで,少なくともその日のストレスをリセットして,脊柱を含め全体に伸びやかな方向性を引き出すことができます。非常に軽いタッチで行うため,安全で効果的なワークです。

 

対象:お子さんにワークするやり方を学びたいお母さん (お父さんも可)
定員:20名程度 参加費:無料  

 

第二部 16:30〜19:00  一般向けWS

第一部は主にお子さんが寝ている間に行うことを想定していますが,第二部では大人同士で行うワークをご紹介します。この方法をお伝えした臨床心理士の方も活用し効果を上げている実践的な方法です。

対象:ワークショップにご興味のある方,援助職(医療,介護,教育,セラピストetc.)の方,大歓迎
定員:20名程度 参加費:無料  
アシスタント講師 : Rolf Institute®公認ロルファーの藤本 靖 氏 
Somatic Experiencing®プラクティショナーの浅井 咲子氏

 
会場の大きさの都合上,定員をもうけています。必ず下記フォームからお申し込み頂き,ご予約確定のメールを受け取ってから,ご参加ください。1部2部とも参加希望の場合は,コメント欄にその旨を記入ください。

第三部 19:00〜21:00   個人セッション

お一人約30分の枠を設けます。限られた枠ですが,ご希望の方は,申し込みフォームのコメント欄に個人セッション希望とご記入ください。ただし,プラクティショナーの指定や時間枠のご希望にはお応えできないことを予めご了承ください。公認ロルファー™または,ソマティック・エクスペリエンス®プラクティショナーが担当します。

担当: 田畑浩良 Rolfing®及びRolf Movement™プラクティショナー
    藤本靖  Rolfing®及びRolf Movement™プラクティショナー
    浅井咲子 セラピスト,Somatic Experiencing®プラクティショナー

 
 
 
このワークショップのチラシ(pdf)はこちらから
 
上記ワークショップはすでに終了していますので,新しいワークショップのお申し込み先は,そのワークショップごとの連絡先からお申し込みください。

2013年5月6日の郡山ワークショップのpdf ファイルは,こちらからダウンロードできます。

Donation for Save the Children

2011年より,皆様から頂いたセッション料金とワークショップ参加費の一部を郡山ワークショップ開催のための経費(交通費)や公益社団法人セーブ・ザ・チルドレンへの寄付にあてさせて頂いています。

2011年度 121500円 → Save the Children
2012年度 46000円 → Save the Children


 

キッズ・ロルフィング

ロルフィング・クリニックに興味をお持ち頂きありがとうございます。これは,元々ロルフィングの創始者アイダ P.ロルフ博士が,生前子供にワークすることを喜びとしていたことにちなんで行うボランティア行事です。
 

Dr. Rolf treating an infant. ©Copyright Ron Thompson. Used by permission.


 
米国Rolf Institute®や様々な国地域で,有志の団体が主催し,通常は彼女の誕生日付近に行われています。ロルフィングは,身体のパーツ同士の連携を高め,身体の自然な在り方と動きを引き出します。深い呼吸や楽な姿勢を学ぶ身体教育のプロセスです。
 

 
お子さん一人あたり,20〜30分でワークは終了します。時間が前後し,多少お待ち頂く時間があることを予めご了承ください。
お子さんをお連れになる親御さんで,ワークをご希望の方は,申し込み時にお知らせください。親子でワークを受けて,ご家庭でどんな体験だったかをシェアするのも楽しいと思います。

これまで参加された方々の声こちら