「習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば人生が変わる。」

“合氣道を5年稽古し、
受け身をする時に首がついてゆかない事や、身体が連動していないことに原因があるのではないか?と思っていた時に、姿勢や身体を統合する、というロルフィングの事を知った。”

【ロルフィング10シリーズ終了後の変化】

・自身、空間、他者とのバランスを感じ取りやすくなり、動きやすくなりました。

・日常生活万般の中で、無意識で今までの身体の使い方に戻っている時に、その事に気が付けたり、身体のどこを使っている、どこで力んでいる、などを感じたり出来、そのような時に施術時の体感覚に戻れる感覚があります。

・施術時に感じたつながりは、以降そのつながりを感じる事ができる事。

・不思議なのですが、施術時に触れていただいた箇所を自身で触れると施術いただいた位置?本来の自然の位置?に身体が自然と戻る感覚があります。

・施術前は身体のバラバラ感。首が重く前へ出ている感じ。左右のアンバランス感。首の上下のバラバラ感。腰の上下のバラバラ感。などを感じておりましたが自分ではどうすることもできませんでした。

10シリーズ終了後、首の重さ・前傾は感じなくなり身体がつながりました。また、頭のてっぺんから足の指先までつながった感覚があり、本当に有難いです。

ゆえに、この身体(体感覚)をベースに各動き、日常生活万般、合氣道の動き、身体、体感覚を新たな水に柔軟に適応しながら創ってゆく事ができるようになってきていると感じ、日々感謝です。

・体内外の空間、流れ、を体感。

・施術時の体感覚はその後も感じ取ることがしやすくなった感覚があります。(道ができた感覚)

・“腰が立つ”という感覚が持てるようになったと感じます。(以前はその感覚がよくわかりませんでした。)

【ロルフィング10シリーズ中の変化】

【初回】

田畑先生が立たれている位置により自身の身体の感じる強さが違うことに驚きました。

施術中には体の中のバイパスが開いてゆく、流れる、通る感覚を感じたり、重力を味方にする?という感覚を少し味わえたように感じました。

とても楽しく驚きの時間でした。

施術後も自身で施術時の体感覚に戻る事ができる感じがあります。

学び深く、興味深い時間でありました。

何より、毎回の施術後に“味わう”を田畑先生が導いて下さり、その時間・体感覚は味わい深く豊かな、大好きな時間となりました。

毎回の施術後は体の変化を感じることが楽しみでした。施術後は何故か歩きたくなりました。

【体の変化】

回を通して徐々に統合されてゆき、流れたり、広がったり、開いたり、つながったり…たくさんの面白い体感をいただきました。

各回を重ねるにつれて体の各部分、全体がつながってゆき、自由になってゆき、楽になってゆくと感じておりました。

そして、施術後に座位から立位になった時の感動!

8回目では体が一つにつながり、

9回目では体と空間のさかいめがなくなり、

10回目ではの中心から外空間へ向かって放射している、

…そのような感覚を味わいました。

【精神面の変化】

途中4回目~8回目くらいの間、体が統合されてきているのに、心と行動にエラーが出、何故?と自問自答しました。

掘り下げてゆき気づいた事は、体がバラバラだったのは、習慣もあるけれど、実は心と行動がバラバラだったからだと。そして、体が統合してゆくと心も行動も統合してゆく方向へと流れだし、動き出すこと。そのメッセージであること。

体が整うと心も整う。心が整うと体も整う。そのどちらからのアプローチでもOKなのだなあと。

知識でわかっていたつもりでも行動が伴っていなかった事を身をもって実感いたしました。

グラデーションがあること。

新たな水をもって創ってゆく事。固まらないこと。

自身の潜在意識。視点。習慣。。。などなど。

体が整ってゆくにつれ、現在地、心が整ってゆくために必要な事がエラーとして心身作用に現れたと感じます。

そして、この事は次ステップへ私自身が進むために大変有難い時間であり、気づきへと、次へと変化してゆきました。

そして氣付き実践してゆく中で迎えた9,10回目では健やかに穏やかに日常生活を重ねてゆくことを楽しんでおります。。

このような貴重な有難いご縁。経験。時間。空間。

人の本来の生命力、姿勢を発動する事ができるように導いてくださる事が出来る田畑先生とロルフィングの素晴らしさに、その可能性に、心が震えました。

「習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば人生が変わる。」を感じます。

今後益々のご活躍とご発展を祈念申し上げます。

~感覚を味わう事が出来るこの時間が大好きでした。そして、可能性に満ちた身体への変化を有難うございました。~

田畑先生、全てのご縁に心より感謝御礼申し上げます。

適応障害と診断された方への5Advancedシリーズ

[Advanced 5シリーズロルフィング・モニター 1回目 2020/8/22(土)感想]

数年前にRolfing 10シリーズを受診し、長年苦しんでいた腰痛は完治したものの、昨年適応障害を患い数ヶ月休職した頃から、首周辺の流れが悪く頭が働かず、疲れやすくなっておりました。頭脳労働に偏った仕事をしており、頭が働かないと差し支えがあるため、Advanced5を受診することにいたしました。
治療中も身体が少しずつ緩んでいくのがわかりましたが、治療を受けた後に、治療前の写真と比較していただくと明らかにバランスが変わり、腰の反りが治って身体の負担が減っているのがわかりました。また、来院の際は重く感じて肩に掛けられなかったトートバッグを、帰りには肩に掛けて歩くことができるようになっており、バランスが修正されたのを感じました。
治療から4日経ちました、頭がすっきりとし、以前のように働き始めたのを感じています。

[Advanced 5シリーズロルフィング・モニター 2回目 2020/9/2(水)感想]

今回は、現在痛みの出ている、頭や首を中心にケアしていただきました。かなり以前の交通事故の後、首に違和感が残り、首や肩のこりが慢性的に出ていました。   治療後は、痛みが首筋から肩甲骨のあたりへ移動したような不思議な感じでしたが、   3日くらいで、肩甲骨の痛みも無くなり、首筋も楽になりました。   身体のバランスがとれたようで、疲れにくくなってきました。

[Advanced 5シリーズロルフィング・モニター 3回目 2020/9/11(金)感想]
治療後すぐに感じたのは、ねじれていたり、反りすぎて疲れやすかった身体の歪みが取れてきて、足の裏から骨盤、上半身に正しく乗るようになったようだ、ということでした。
その後数日経ちましてから、目の疲れが軽減されていることに気付きました。ここ1、2年、元々乱視のある右目の疲れが酷く、体調によってPCの画面が見えにくくなり、そのために集中力を保つのが難しいことが増えていたのですが、治療前よりバランスが取れるようになってきたのを実感しています。

[Advanced 5シリーズロルフィング・モニター 4回目 2020/9/19(土)感想]

今回は、手と腰、お腹周りなどを中心に治療していただきました。
治療後は身体が軽く、別の身体に入ったような不思議な感じがしました。負担がかかっていた部分に、余計な力が掛からなくなったのかもしれません。
また、昔から手はいつも冷たく、真夏でも氷のようだと言われていたのですが、翌日から手が温かく、酷い肩こりもさらに軽減されました。仕事や創作に対する持久力も戻ってきており、大変ありがたく思っております。

[Advanced 5シリーズロルフィング・モニター 5回目 2020/10/2(土)感想]

5シリーズ最後ということで、全体の統合をしていただきました。受診後、5シリーズを受ける前と受けた後の写真を見せていただきましたが、明らかに姿勢が変わり、縮まっていた背骨がゆったりと伸びているのがわかりました。
今日でシリーズ終了してから1週間ほどになりますが、柔軟性が上がり、今まで柔らかくなったことのない股関節が柔らかくなっており、スポーツをしていても、前より格段に身体が動きやすくなったことに驚いております。
また、受診前は首、肩に違和感があり、一日中首を回していたのですが、首を回して骨を鳴らしたいと思わなくなったことに気付きました。この違和感で何をしていても集中が難しかったのが、凝りが解消されたことで、集中力も上がりました。
ありがとうございました。

心理カウンセラーの方

紹介でいらした方で、過去に自傷体験があるとのことでした。

1回目

「セッション中」

身体全体で、軽重、寒暖、緊張と緩み、つながりを感じられました。

右足の膝下から爪先までの冷たさや、内側への捻れ。左腕の肩から指先までのつながりの弱さ。

右首から肩への緊張など。

セッションが進むにつれ、全体に均等に力が及んでいきました。

またエネルギーの身体が左右に広がっていくような感覚もあり、視界(主に頭から上に、半円状で)も広がりました。

今まで意識をしていないレベルでの繊細なバランスを感じることが出来たので、より日常生活でその感覚を大事に出来そうです。

セッション中は痛みもなく、心地良い感覚ですが、感覚はより繊細になりました。

「セッション後」

身体全体の均等な状態の感覚が残っています。

バランス良くありたいので、足を組んだり、片足に体重をかけたりすることが減りました。

今の身体の状態を感じる意識が上がったので、過去や未来への思考も減ったように思います。

予定を詰め込みたいと思えず、時間や心のスペースを持つことがより増えました。

呼吸も以前より深くなってきています。

今後の状態の変化が楽しみに思います。

2回目

「セッション中」

上半身にエネルギーの体の厚みや広がりを感じる一方で、下半身にはその感覚が弱いことに気付きました。

セッションで、膝、すね、足先に意識が及ぶようになり、よりしっかりとした安定した歩行感になりました。

また身体の個々のパーツに意識が及んでいたのが、セッション後には全体感に変わり、自分自身が緩やかな縦長の球体になったような感覚でした。

「セッション後」

自分の身体への意識が高まることで、他者へのエネルギーの漏れが減りました。

自分や世界を深く信頼出来ていないという不安を解消するために、思考での理解や知識を得ることで安心を得たいという感覚が、自分の存在をより繊細に意識することで、自分自身に愛情が巡り、より自分や世界への信頼が深まったといった感じです。

前回は、時間軸(過去・未来)が今に集約されてきたのが、今回は空間(他者)が自分に集約されてきた感じです。

思考のノイズが減り、より一層すっきりしてきまた。

3回目

「セッション中」

今回は思考や感情が強く出ていました。

例えば脚の施術中は、

あぁ、そういえば以前は自分の脚がO脚でコンプレックスだったなぁ、というネガティブな感じが出て、

その後に、でも中学では学校で一番ジャンプ力があったり、富士山を3回登ったり、良く頑張ってくれてるな、というポジティブな感じが出て、

最後は、元々の自分や経験によって今の形になっているな、ただ在るなというニュートラルな感じになりました。

セッション前半は思考や感情の働きが出て、後半は静かにただ在る感じになりました。

上半身のエネルギー体に厚みや広がりを感じ、また下半身は上半身程の厚みは感じないものの、認識が上がり、輪郭がはっきりしてきた感じがします。

「セッション後」

自分自身をより一層大切にしています。

嫌なことは出来ない感じ、感情や感覚を受け入れて、パートナーや周囲にも伝えるようになりました。

ただ自分はこう感じているよと、自分や相手や世界をより一層信頼して、コミュニケーションしている感じです。

合わないもの、エネルギーが漏れるものがより顕著に分かるので、無理なく手放しが進んでいます。

4回目

「セッション中」

骨盤、股関節、恥骨、内臓など、日頃意識していない箇所に意識を向けることで、重さや存在を感じました。

ふと気付いたのは、身体それぞれかつ全体の重力を感じることで、それぞれの存在を感じることが出来、存在を感じることで、自然と身体全体の連動がスムーズになる感覚を覚えました。

「セッション後」

身体全体の重力は普段でも感じることが出来るようになり、浮遊感を味わえます。

それにより身体の偏りや、固さに気付くので、普段の生活でそうならないように気をつけるようになってきました。

また、繊細に自分の心身を大切に扱う時間を持つことで、普段の生活で自分に合わないものは出来ないようになってきています(受け入れがたい、我慢ならないといった感じ)。

仕事、場所、人、言動など。

このペースで続けていきたいと思います。

5回目

「セッション中」

今回は仰向けで足先から首までの一連のセッションでした。始まって間もなく瞑想のような状態に入りました。

身体の部分的な固まりが粒になったような感覚。それぞれの粒を認識することで、全体のバランスが自然に取れていくような感覚でした。

「セッション後」

日中パソコンで仕事をしている関係か、目、首、肩に痛みを感じます。また腰にも負担を感じています。

感覚が上がってきた、麻痺が解けてきたのか、心身が快であること、不快であることの認識がしやすくなり、不快なものは受け入れがたい状態になっています。

自分が思考するよりも、より休憩を取り、身体に負担の少ない環境を整えようと思います。

また、35年振りに忘れていた記憶が夜中にふっと蘇りました。

小学校1年の時に、突然殴られ、誰も助けてくれなかった時の恐怖(トラブルに巻き込まれたという状況です)。

その時の感覚を受け入れ、当時の混乱を整理し、とりあえず解消したようには思えます。

こういったインパクトのある体験が、世界の認識を歪めていたことに改めて気付きました。

ひとつずつ思い返してみると、私に強烈な怒りや恐れを抱かせたのは10人程度。年齢も5~15歳の頃が主で、たったこれだけが大きな影響を与えていた事、未だに残っていた事に気付けたのは幸いでした。

ロルフィングの影響でしょうか?

6回目

セッション前から、目・肩・首に緊張や疲れがありました。セッション中には感じられなかったのですが、セッションを終えて数時間後から緊張が解けていくのを実感出来ました。

自分に合わないこと、やりたくないことは益々出来なくなって来ています。

自分を大切にすること、自分の細部まで意識を及ぼすことで、エネルギーの漏れに気付き、手放しが出来ています。

セッションが始まって暫くは思考が出ており、仕事やプライベートのタスクにいかに追われているか実感します。

毎朝の瞑想でも思考は出てくるのですが、ロルフィングを受けてから益々思考を観察出来るようになっています。

他者との境界もよりクリアに取れており、自分や他者への信頼も深まっています。

気付きに伴い、環境の改善を行なっているので、変化のある生活を送っていますが、より自分自身を深めていきたいと思います。

7回目

今回は口・鼻内のセッションでした。

セッションを受けることで、口や鼻の中の広さやつながりや空間を感じることが出来、それが数日経っても続いています。

セッションを受けることで、その部位を微細に感じ、認識出来るようになっています。

身体の認識が上がることで、つながりや不調に気付けるようになっているように思います。

自分への意識が高まり、他者との境界が取りやすくなっており、また自分自身の幸福に繋がっているか、自分を愛せているかといった意識も深まっています。

自分に合わないものが分かりやすくなっており、

家の中の物の手放しや、より品質の良いものへの入れ替えも進んでいます。

仕事についても思うところがあります。日々の思考や感情の現れを大切にしています。

8回目

今回のセッションは、心地良いという印象です。

腰から背中の厚みが増し、暖かい。

足はすっきり。細く芯が強くなった感じがしました。

身体に関する(特に足)ダメージやネガティブなものが抜ける感覚。

自分自身への意識が増し、他者との境界がより一層健全に取れ、現状への満足が増しています。

身体の不調に気付きやすくなっており、

特にパソコンやスマホを見ることによる目や肩の疲れ。呼吸が浅いことによる、緊張など。

気付いたことは改善して、エネルギーの漏れが減っています。

合わないもの、気になるもの、お金に感することなど。

家の中の断捨離も細かいレベルで進んでおり、インテリアも良い感じに、環境も変わってきています。

9回目

今回のセッションも心地良いという印象です。

セッションが始まると、全身に暖かさ、柔らかさ、上半身の厚みが増す感覚があります。

下半身は何か抜けるような、軽さ、すっきりさを感じます。

セッション後に右の股関節に痛みを感じましたが、数日で痛みは無くなりました。

セッションを受けることで、身体の調子が良く、全体的に繋がりを感じるようになりました。

また自分の身体への関心が高まり、愛情を向ける意識も高まっているように思います。

これにより、子供の頃から植え付いていた、相対評価、比較癖が抜けていっているように思います。

比較があり、対象より優位であることで安心を得る在り方。比較の世界にいることで、すでにストレスであります。

これから抜け、自分自身とのシンプルな関係性が深まっている感じがあります。

自分の体調や在り方、環境が整っていくのを感じます。

ピラティス講師の方

5月にCS60セッションを受けてから、モニタープログラムにお申込みになったピラティス講師の方の体験レポートです。2020年6月から開始して8月に終了されました。

セッション初回

◯セッション中に感じたこと。

台に仰向けになった状態で目を瞑る。田畑さんの立つ位置によって、身体の感覚が変わることへの気づき。右足の方は安心感、左は距離のとりづらいような嫌な感覚がある。どの方向もそちらの方向へも呼吸が深まる。それに必要な時間は少し違う感じがする。

田畑さんの手が身体の下へ軽く挟まれるだけで、自分の重さを感じるスイッチが入り、からだはベッドへ沈むように感じる。

足裏にボールが接地していると足の感覚が立体的になる。手のほうにボールは自分の腕の緊張に気づくことになる。足へ触れられるのはお腹に呼吸が広がる感じがする。首へ触れられるのは背部に呼吸が広がる感じがする。膝に触れられるのはどこへつながるかわからない感じがする。足をたてるとお腹に呼吸が入るのを感じる。足の関節に触れられると手の関節にも何かしら変化があるのだが、詳しくは見ることができなかった。距骨と脛を触られると、床からの反力を感じて流れが通るような感じがする。

左胸と左顔面、左目の奥のこわばりを感じて、それは右側の身体に触れられている最中も、ずっとピクピクしているようだった。頭のリリースはとても痛い。耳を塞がれると、最初は慣れない感覚にとまどうがすぐに安心感を感じてゆるみを感じた。

◯帰り道からその後

フットセンター、足の立体的な積み上がりを感じる。背が高く、視界が広がる。

左の鼓膜が震えている。そして左後ろの音や気配を感じとりやすい。

電車で座るときに、セッションを受けていたときのようなプロセス(呼吸や足)をふたたび感じる。

左腕を背中へ回すのが動きやすい。

立つときに、距骨と脛のつながりを探すことを自然にしている。左側が探しづらいようだ。

◯1日後

左の背中にぎっくりのような痛みを感じる。

ピラティスのエクササイズをするために、仰向けに寝るとき、足が軽いような印象がある。

◯2日後

立っているときに左の距骨見つかる感じ。股関節、体幹までのつながりを探っている。ピラティスのリフォーマーでのFoot workを行うときに、無理が少ないように感じる。

左の首はつまりを感じた。

セッションのときと同じように、膝立てて仰向けだとまだ呼吸が深まるようだ。

少しのだるさがある。左側の内臓が居場所を探しているような感じ。

内面では不真面目さが必要だという気づきがある。少々の物足りなさ。頼りなさを感じている。

立って、歩いているときに膝裏に近いハムストリングの張りを感じる。左の顔、セッション後はリリースされていたが、こわばり少し戻ってきている。

◯3日後

立っているときはほとんどセッションのようなプロセスを感じなくなった。電車で座っているときにプロセスを感じる。足を探しているようだ。呼吸はお腹へ広がる呼吸が残っている。メンタルは落ちている。頼りなさ。眠るとき、左目の奥に空間の広がりを感じる。

◯4日後

あまり身体に意識が向くことなく1日が過ぎていった。眠気が多く移動時間ではよく寝てしまう。

◯5日後

セッション後はじめてサーフィンをした。腕と体幹のつながりが持続するのでパドリングが楽だったように思う。ボードから降りたときに、左後頭部をボードで打撲する。出勤時に入口ドアに右側頭部(サーフィンで打撲したところの対角線)を打撲する。夜になるにしたがって腫れが増している。

◯6日後

左首、左肩甲骨の内側。右眉の外あたりが晴れて目が見えづらい。左手首の痛みと、胸骨左側に強ばりを感じる。

セッション2回目

セッション中

立っている場所。右側。右表面に意識が向いて、呼吸が広がる様子。左側、嫌な感じ。右の頭側、首がつまる感じ。右の足側、右足がちりちりする。

重さ。右腕がふくらんでいる感じ。肩は感じやすい。右足の重さは感じにくい。頭も感じにくく、ゆっくりと重さが感じられてくる。

右のももうら。悲しい感じ。無力な感情。首に向かって呼吸が通る。首がつながりでもぞもぞ動く。

右のふくらはぎ。「ゆかりさん」という先輩の名前を思い出す。胸回りに呼吸が通る。

右の外くるぶし。腸腰筋から側頭部まで呼吸が通る感じ。

右の内くるぶし。よくわからない。

右の外おしり。側面に呼吸。首に動き。

首。内臓へつながる。

右側全体が縦長になり、足元から頭まで呼吸が通る感じ。

左側、あまり印象がない。眠っていたのかも。左側も同様に縦長。尾骨の右側痛い。

仰向け膝立てて。首が伸びた印象。

右の腹部が固いような、居場所が分からない感じ。鎖骨の重さ、左首つけね後ろのゆるみ。内臓の動き。

座り。首の位置、なにより目線への戸惑い。

歩き。顎の居場所、目の居場所。

安定感。

その日のあと

背中の強ばり。歩きやすさ。

右ハムストリングのつり。

体幹の回旋しやすく。

1日目

首の位置。目線の高さ探し。

左のきょこつ探し。

肋骨下うしろの少しの疲れ。

背骨の伸び。手首痛くない。

背中のつかれ。目線の窮屈さ。上が見辛い感じ。

2日目

右足関節の動き、背中のぎっくりぎみ。後頭部の窮屈さ。右股関節の窮屈さ。

首の筋肉のこり。回旋するときの痛み。

右膝の違和感。歯の居場所。

3日目

背骨の伸び。右の鼻の穴と左との大きさがそろってる。右の股関節、腹部の強ばり。痛み。

左の上歯のむず痒さ。動いてる?

4日目

右仙腸関節、腸骨筋、膝裏に向かって鈍痛。

生理前の変化のように思う。右の顔が小さくなっているように見える。目線は落ち着いてきた。肋骨下の背中は強ばり。

レッスン後やデスクワークのあと、首が戻っているような感覚。目と首の後ろ、前歯のあたりに疲れ。

5日目

右の鼻の穴戻る。右の顔も再び大きさが戻る。

サーフィンをしていると、左の肩甲骨内側の筋に痛みのような強ばりがある。

後頭部に引っ張られるような感覚。目線は維持されている。が、視界が狭まってしまうような窮屈さ。

6日目

サーフィン、ボードの上バランスとりやすい。

鎖骨の様子が違う。

セッション3回目

セッション中

歩く。

右足のアーチの場所が不明。左は比較的しっかりしているように思う。

腕上げ。

左の肩甲骨のひっかかり。上方回旋しきらない?

右下横向き。落ち着くところを探すのが、仰向けとは違う感じ。下のうちくるぶし。脚内側を通ってお腹まで呼吸通る。少しピリッとしそうな感覚がある。上の外ライン、肩回りが開き、そして首の位置がもぞっと変わる。

外ラインは便意が促される感じがする。

腰。特に感じるところがない。頭、押されしずむ、そして呼吸とともにリリースされて伸びる方向をもぞもぞ探すのを、繰り返し。耳の後ろ。力が入っていることへの気づき。目も力が入ってる。その内側の頭は力を抜くことが難しい。顎。ぶらさがるような重さを感じる。

立って、歩いて見る。

世界が傾いている。真っ直ぐ歩くのが難しい。

バランスを探しているときの体の様子。

左下横向き。上の脚外側。やはりトイレにいきたい感じになる。そして呼吸はお腹の呼吸。内側脛骨内側はそれなりに痛い。足指が反応してピクピクする。アーチが出来上がっていく様子。頭。こちらは首がつっぱる感が大きい。

左の背中。とても痛みが強い。痛すぎると笑いたくなる。呼吸はうまく入っていかない。

座る。腕を上げる。

左は可動域や重さにいい変化を感じる。

右は股関節周辺できれてしまう感覚。

それも広背筋の下へ誘導されることと、首の位置でつながりができてくる。探している。

背中が広い。足が立体的。

胸椎屈曲すると痛みがある。

リュックを前にかけても、背中にかけても不快。セッション後は人の気を受けやすくなる感じ。

1日目

左の首後ろに広いスペース。顔の傾き、目の水平ラインを探していて、世界が少し傾くような状態。左の内踝沿いが場所を探している。首の骨がさまざまな動作のなかでポキポキ動く。

右顎、歯に矯正のときに動いているような痛み。右の咬筋と首が硬い気づき。

うつぶせ、足を中央へ寄せやすい。パドリング、薬指に力や意識が集まっている。

2日目

立ち上がる瞬間に動作がとても軽い瞬間がある。

左側半身が長く、持ち上がる感覚。

背中がないような、軽い感覚はなくなってきている。特に右側。

しゃがむと踝に無理があるような感じがする気づき?

3日目

手がとても暖かい。指先がチリチリする、気が通っている感覚が常にある。

左が持ち上がる感覚薄く。右の顔は口角が上げやすい。視力がよくなっている感じ。遠くが見える。

リュックが不快なのは続いている。どんなカバンなら快適なんだろう。

4日目

左足が中央へ寄ってきている感じがする。

立っているときも足を寄せやすい。

右の内腹斜筋が筋肉痛?

5日目

左の足の甲が高くなっている感じがする。

鎖骨、肩甲骨が横へ広く、背中がないような感覚は維持されている。

とても眠い。

電車で座る時、落ち着く足の場所を探っている。立ち上がるときには体がリセットされるように思う。

体の変化の観察がやや難しく感じるのは月経による変化もプラスされるからなのだろうか?

6日目

眠い。起きるのに時間がかかる。

左の足のアーチを感じながら、歩くことができている。脛がたまに痛いような気もする。

右の股関節つまりは続いている。脚をぶらぶらさせたり、ヤムナボールでリリースしたりするが変わりない。腰椎真ん中あたりが少し疲れているような感じ。左の胸鎖関節のあたりにつまり。手がじわじわする感じは続いている。

振り返ったりすると、首がポキポキなる。

セッション4回目

セッション中

歩く。左右、上下とも重心のブレが少なく、ふらつきが少ない。

右下

上半身は沈んでいくが、下半身は沈みにくいように感じる。首、緩むのに場所をみつける時間が長く、触って場所を見つけてもらってやっと緩む感じ。上の首に空間ができて呼吸が通る感じがする。膝や下肢、くすぐったい感覚、一瞬からだが警戒するがだんだんゆるみ、左の骨盤のなかがフっと緩む。右の坐骨周辺、寛骨全体を感覚でとらえるのが難しい。恥骨に向かって、段々緩んでいく。股関節内側大腿骨、股関節に向かって、微かな痛み。右の腹部周辺が緩むように思う。右のPSIS周辺、鼻がムズムズする感覚。仙骨から頭、呼吸が全体的に入っていく、そして沈む。尾骨仙骨、あんまり感覚がないかもしれない。

左下

体は重たくなっている。最初よりは早く重さが感じられていくが、左下はどこか硬い感じがする。右の大転子周辺、鈍い広がる痛み。リンクして左の内果。その痛みがどこから来ているのか?腸骨筋?腸腰筋?きょうようきんまく?ふくおうきん?よくわからない。でも緩みができた。左の坐骨、恥骨、股関節近く、ぼんやりとした感覚。PSIS周辺はやはり鼻がムズムズして、こちらは左の上顎、目のあたりまでムズムズ。尾骨、仙骨に弾力が少ないような呼吸が入っていかない感じがある。腎臓?へのキューがあったのだった。緩まりづらい様子。首まわり、硬さ、息がとまる感じ。左肩甲骨周辺、胸鎖関節にも向かって嫌な感じ。悲しみのような感じ。肺の重さ、イメージしづらい。心臓の重さ、なんとなく。そのあとなにかがあって、重さが感じられるようになって、緩んでいった。

仰向け、首の動き。なめらかに大きく可動域があるように思う。右の首の少しのひっかかり。

お腹、内臓の重み。骨盤のほうへ沈むように感じる。

座る、骨盤が広い感じ。

歩く、右半身の伸びをクリアに感じる。骨盤はやはり広い感じ。

立つ、お腹がやわらかい感じ。

体の右半身が上に伸びた感覚。

お腹がやわらかく、骨盤が横に広い。

帰り道

左の右半分が上に伸びて、左の前頭部がもぞもぞする感覚。矯正中。骨盤が広く、右股関節が特に切り離しやすいように感じる。

階段、左足のふらつきが少なく登れている。

長座左股関節がクリア。手を後ろに回す、胸のストレッチやりやすい。

1日目

寝ている最中に右股関節に使いすぎたときの痛み。起きると背中がいたい。

眠たくやる気がでない。

パドリング、腕とコアのつながりはいまいち。

立ったバランスはいい。

突発的に断続的にとても悲しくなってしまい、涙がこぼれる。頭が少し痛い。

電車で座りは、左股関節が屈曲しやすい。なにもつまりがない感じ。

何かの折りに腹部をぐっと固めていることに、何回も気がつく。

2日目

眠さがものすごく、波もいいので普段の自分であればサーフィンに出掛けていくところだが、どうしても起き上がれずに12時間以上寝た。キッチンに立つと、グラウンディングする感覚が深い。

出勤して、頭の痛さに気がつく。もともと頭が痛いことは少ない。そのなかでも経験することがあまりない頭痛。頭前側。偏頭痛とはこんな感じだろうか?退勤して家に帰る途中もずっと痛い。そして吐き気も感じる。収まるのだろうか?

3日目

短い睡眠時間だったけど、頭は軽くなっている。目の辺りの頭が膨張している感じがする。

他はあまり変化なし?歩くときは股関節軽く、重心移動がスムーズ。首の疲れが少ない感じはするけど、頭が膨張してボーッとする。

4日目

頭の痛さや膨張感は消えている。が、不機嫌感が止まらない。仕事のセッション中以外は、スタッフともあんまり話したくない。骨盤なかは広い感覚が続いている。その上の横隔膜が窮屈な感じがしている。

5日目

やはり不機嫌のまま。首の背骨が伸びていて、目を閉じると青い光を見る。左内果が不安定で、くすぐったい感じがする。

歩くと右の股関節から下が自分に統合されていない感覚。

たまに骨盤のなかのお腹がきゅーっと部分的に痛くなる。

目の周辺がおもだるく、平衡感覚がなくなる瞬間があって、その感覚を見ていくと、瞑想中に起こるような錐体路運動?首ふりが起こる。

6日目

眠い。お腹はまだ広く、肩ものびのび広がっている感じがする。左内果の頼りない感じも続いている。長座は左股関節が感じにくくなっているが、坐骨周辺の力を抜くとその感覚は戻ってくる。横隔膜が硬い感覚がある。

お昼頃、眠いんじゃないけど、ぼーっとして視界が定まらなく、考えられない緩み方をした。この1週間たまにあった現象。

朝マットピラティスをしたけど、そのせいで胸椎左側前面後面とも固くなってる気がする。いい動きのパターンとはいえない。

セッション5回目

歩く

安定感があり、足首もよく動いている。早足になっている。

腕動かす

左側肩甲骨の動きがついていかない感じ。

右足伸ばして、左足立てる

立ち位置の感じ、左側足元。以前より不快感はない。左内腿、左胸郭に意識が向く。右足元。不快感はない。腕の外側に意識が向く。右横、少し圧迫感。左横、嫌ではない。頭側。心地がいい感じ。頭の後ろが広がる。頭側近く、すこし圧迫感。

右目の重さを感じる。肝臓からだいようきん、股関節に縦に広がりができる。

左目の重さを感じる。横隔膜が緩む感覚。

左足をごりごり。親指中足骨周辺は左胸郭後ろがゆるむ感じがある。薬指中足骨周辺は側頭部がゆるむ感じがある。

しょうてんし、腸骨筋へ引き込んで、だいようきんへ引き込んで、骨盤を動かし、リリース。ピラティスのしすぎだな、もう止めようという言葉が頭に浮かんで消える。

横隔膜の上下がしやすくなっている気づき。

左肩回り周辺、三角筋停止部が痛いことへの気付き。どんどん胸郭まわりは外へ緩んでいく。

右足をごりごり。右胸背部がゆるむような感じはするけれど、左よりもだいぶ繋がりを感じない。そのせいか、浮かぶ雑念の量が多く、だんだん微睡んでいく。右肩回り、広がっていく感覚がうすい。鎖骨下胸まわり。痛い。

右股関節周辺、動きでのリリース。手でのリリース。だんだん胸背部に緩み、しずみ。そして右首回りが緩まないことへの気づき。

右首のリリース、中指へのつながりの動き。つながる方向がぼんやりして見つからない。だんだんわかるような分からないような。右上から下までベッドへしずむ感覚がある。

左首のリリース。なんでだか大丈夫だろうと思ってたけど、物凄く物凄く痛い。

座る

背中が横に広い感覚。

歩く

歩幅が広く、勢いがある。雑にアッパー気持ち。首は安定。左側が伸びて、右側が違和感。世界の傾き。

止まる

体が前後左右ゆらゆらと重心の場所を探している、気づき。目の力、目も場所を探している。目線が下がり、首のバランスが変わる。

また目線が上がってくる

歩く

グラウンディングされて、気持ちは落ち着いている。

帰り道

左目の緊張への気づき。背中の広がり。左側はすこしピリピリしている。

1日目

背中と左肩周辺にもみかえしっぽい感覚。

眠かったり、だるかったりは少ないので家事にとりかかることができる。

サーフィン。パドリングはしやすいけど、セッション1,2回目くらい軽くはない。立ってバランスをとるとき、体幹はFluidにバランスをとる感じがする。いつもはSolid。

目の場所は、ご飯のときが一番楽かもしれないと定食屋のテーブルで思う。

ピラティス。体幹がいつもよりフワフワしている。Reformer でのTeaserの体幹屈曲から下りるのとき、体幹の左右のねじれが大きくなる。

2日目

お腹の調子があまりよくない感じ。

朝は背中が痛いような、おもだるい感じ。

サーフィンのパドリング中、目を下へ緩ませると、腕が楽に動く気づき。股関節はどうか?うまく感じられない。

3日目

背中はおもだるい。引き続き。

眠さはなく、しっかりとした目覚め。

呼吸が深いように思う。

マシンピラティスの実践をした。

Hip workの時に、左側の腸骨筋や大腰筋がしっかり収縮するのを感じた。

4日目

仕事中、首のポジションが楽。背中も楽。

横隔膜がのびのび動くように呼吸ができている感覚。歩いていて、左踝の不安定を感じる。

5日目

左きょうさかんせつ、きょうさにゅうとつきんあたりに違和感。サーフィンのせいかもしれない。

左目のほうが重たいような、腫れているような感覚。

しゃがむと、仙腸関節、仙腰関節周辺に固さを感じる。

6日目

朝キッチンに立って、骨盤下半身がどっしり広く、上半身が上にのびて、胴体が長く感じられる。

左の目を緩めてみるように試みる。左目から、左股関節、左のきょうさかんせつのつながりを感じる。

歩いていると、左足距骨か関節?動きをとても感じる。

セッション6回目

セッション中

歩く

足関節がよく動き、背骨がふわふわ回旋している様子

横重心移動

右はがしっとするが関節がつまっている安定、左は股関節内旋して不安定に感じる

うつぶせ

ボールへの反応、からだが立てにのびる。

まっすぐ寝ても、左顔面のほうがベッドに当たってる。

左のハムストリング外側、反応が薄い感じだが、胸郭が右へずれたがってる。のと、右腕にエネルギーが通る感じ。

左のふくらはぎ、胸椎がのびる。

左の腕、肩、心地がいい。

左の仙骨横、股関節よこの力が抜ける感じ。

左側は長く、ベッドへしずむ感じ。

右おしり周辺、この辺からだんだん眠くなってしまう。

仰向け、首が伸びた感じ。

親指内側、痛い。足の甲周辺、左の頭蓋につながり、呼吸が入る。

セッション後

座る、上半身が浮くような感覚。

ロールダウン、引き伸ばされて心地がいい。

立つ歩く、首が後ろから引き出された感じ、上半身が浮くように伸びている、目線が自然に下がる。

1日目

ピラティスをすると、股関節の屈曲が楽。つまる感じがない。首のポジションもすっと決まる感じ。階段を下りているとき、左の下の視界があることに気がつく。私にとっていつもは死角で、ボールのキャッチをミスするところ。寝ているときの歯軋りが減っているような感じ。

2日目

足、さらに中央へ寄せやすい。

後頭部は夜になっても持ち上がっている。

口角の形が変化している?

ピラティスをすると、胸椎から腰椎が少し反らせづらく、仕事終わりあたり、胸椎下部が窮屈に疲れた感じ。

仕事中に首を左に向けて、人の仙骨を触ったら、首にぎくっとした感覚が走る。

3日目

朝、首のポジションが上へ伸びて楽であることを感じる。仕事前ピラティスをする。そのあとは、上へ伸びた感覚が減る感じがした。仕事終わりごろ、腰が少しおもだるいような感覚。仕事での姿勢か、動きを見るときの目の使い方によるのか。左目が少しこわばっているように思う。

4日目

右の股関節前側につまりを感じて、なんだか中央に移動してきてるような感じを受ける。

AO関節付近が引き出されるのとは逆の感覚になっていて、同時に胸椎上のほうが後ろに引っ張られている。

5日目

夜まですっと軸が通る感じがつづいている。が、ここのところ疲れがたまっていて、大腿四頭筋が重ため。左のきょうさかんせつ、胸椎まわりがこわばり。AO関節のつまりは継続。目の使い方を探っている。

身体学習としてピラティスエクササイズを行うときには、スプリングの負荷は重すぎないほうが身体の反応がいいなあという気づき。

6日目

背骨が上へすっと延びる感じはつづく。今日はAO関節あたりは気にならない。

階段で左足を踏み込むのが、少し怖い。これは割りとずっとあったなあ、という気付き。セッション直後は気にならなかったような。どうだろうか、はっきりしない。左側に空間がないような空間認識。足が絡まりそうになる。

左腕がうまく体幹に統合されない感覚と、肩甲骨内側に近い胸椎がぎっくり腰のようなこわばりが少し。

セッション7回目

セッション中

今日は気持ちも体もまずまず調子がいい。左頭前がすこし痛み。

歩く

ふらつきや迷いなく、静かに一歩一歩歩ける感じ

仰向け

右足裏、足の方から頭まで背面が緩む、頭が右へ行きたがっている。

右腕、重さが少しずつ増していく

右膝、股関節内側から脚が引き出されるように感じる

左足裏、頭までの背面が緩む。が右より反応が静か

左膝、右よりもくすぐったさに意識がむく

左腕、緩む場所をみつけるのがゆっくり

左胸肩甲骨まわり、静かにゆっくり緩んでいく、背面がつながって少しこわばり

右胸肩甲骨まわり、反応がかなりかなりゆっくりでほとんどどんな緩みか感じられなかった

口の上歯の右や左まわり、頬骨のゆるみ、左側緩み感じづらい

口の下歯の右や左まわり、顎の骨につかれがあることに気づく

口の天井、鼻に向かってのゆるみ

口の床、舌やぜっこつ感じづらく、ゆるみづらい

右の鼻のなか、鼻腔から気道、肺までなんとなーくつながりを感じる

左の鼻のなか、右よりは通り道を感じづらい

目や頭蓋、

首後ろまわり、どこかでみぎがいか、左どこか

せきがでそうになる

第一胸椎まわりがきょうさ関節うちがわにのわばり、心臓への負担、左背面がこわばっていることへの気づき

ぜっこつ、左顔面のゆるみ、左肋骨の誘導

当日セッション後

眠くなりながらも、つきあいでクライミング。腕を上へあげやすい。左手首はたまに違和感を感じる。壁を見上げるために、首が過伸展せざるを得ない。辛い。

1日目

朝起きて、背中まわりがおもだるい感じ。

サーフィン中、腕が動かしやすいような気がする。あとは左右の重心のブレが少ない。

ピラティス中、立位で軸をとりやすい。Foot work中に足を見ると、足が長細くなっている様子。縦アーチができたから?

2日目

眠い。左頭が痛いような感じは月経前症状であった。PMSの気持ちの荒れがほとんどなく、気がつかなかった。仕事のレッスンでデモをしていると、腕を上げやすく、回旋がとてもしやすい。Rollingも自然な脊柱屈曲がでて、転がりやすい。

3日目

昨日は働きすぎたにも関わらず、目覚めがよい。肩まわりが広く楽に感じられ、気持ちもすっと安定している。

4日目

朝から眠さがMaxで、疲れがたまっている感覚。何も食べる気がしなくて、職場付近の松屋で朝食を急いで食べた結果、一日食あたりのような状態。それでも背中は広く、脚は軽い。とくにシューズのなかで足の甲は細く、靴がゆるく感じられる。

5日目

ゆっくり寝られた分、気持ちが落ち着いている。腕や背中は横に広く、楽。

ピラティスの実践を真面目にしたら、右の股関節につまるような感覚。

6日目

ピラティス中、左股関節がスムーズである気づき。肩は少し閉じている。骨盤周辺に捻れるような筋肉痛

7日目

サーフィン、立っているバランスがとりにくくなっている。ふらつく。流動体としてバランスをとっていない感じ。不器用なかたまり感。

セッションお休みをした1週目後半に鼻風邪をひいて、ずっとダルさが続いていた。2週目も風邪のままで、できるだけ早く帰って寝るのを続けた。今日ようやく体調が戻ってきた。のでレポートが飛んでます。胸椎したのほうが硬く、呼吸が浅くなりつつある。左腕の不調。左胸まわりの硬さ。股関節周辺の重さ。

セッション8回目

セッション前

立つ 目玉の置き所が定まらないけれども、不安定ではない、ちょっと自分のからだと意識が遠いような感じ。

歩く 軸があるけれども、左足は内側にぱたんと倒れるような、左足親指の広がりがないような感じ。

うつぶせ

膝裏のあたりはとてもくすぐったい。部分部分でとても痛く、最近仕事で立っているときに膝が疲れるような感じがあったことや、自分の膝が伸びにくいことを思い出す。

そのあとはとても眠くなってしまい、首の向きをかえるときに意識が戻ったが、また眠ってしまった。

座る

首のいちが楽。どっしりとグラウンティングする感じ。

立つ

膝が伸びて、膝上の筋肉がきゅっと動員されるのを感じる。軸はすっと伸びる感覚。

歩く

歩幅が広がり、重心の移動がスムーズ。

1日目

立つときの膝の感覚が不思議。

サーフィンはテイクオフが良くなっているといわれた。バランスもとりやすい。

2日目

ピラティスをすると、背骨がやわらかく動くことに気づく。

3日目

働きすぎて、からだの様子がわからない。

グループレッスンを教えた後は首が伸展方向に引っ張られて深い。

4日目

朝は肩まわりが広く楽な立ち姿勢。

夜ピラティスを実践するときは背中の真ん中が強ばっていたことに気づく。テーブルトップは相変わらず楽。股関節のスペース。

目の向きで遊んだムーブメントで背骨がよく動いた。

5日目

少し肩周りが内に入ってきたので、ヤムナボールでリリースをした。首はすっと伸びた状態が続く。少し頭痛があり、月経前の様子。夜は貧血かわからないが、めまいが起きていた。

6日目

月経のせいでダルさはあるが、イラつきはない。股関節や足周りは楽。ちょっと胸椎の強ばりを感じる。そしてちょっと呼吸がしづらい。

セッション9回目

セッション前

立つ 目線は落ち着いて、軸がしっかりしている感じ

歩く 安定感があり、足首の動きもスムーズ。少し右股関節がつまる

セッション中

仰向け 左上、左顔面の強ばり。右上、右後頭部に圧。左下、股関節の広がり、胸の圧。右下、股関節の広がり。右足首と、手がちりちり。

右下、感覚を向けると、緩むプロセスがどんどん進み、ある程度で感じられなくなる。

重さ、どの部分も感覚向けやすく、力が抜けやすい。

左足を下ろし、右足を立てる。

首の位置、探しにくい。目玉がだんたんと緩む。

左骨盤周辺の筋をおさえられると、おなかにつながりを感じる。少しくすぐったいような感覚。その少し下に、変わった痛み。押されている圧は大きくないのに、しっかり痛い。からだの側面内側を通って、左顎の下、耳までつながり。

頭、頭頂しゅうへんを押さえられた時に鼻から耳までのラインが緩む感覚。

骨盤を持ち上げる、そしてかかとで押す動きはつながりが見つけづらい。

右足を下ろし、左足を立てる。

右股関節がだんだんと緩む。

左足の置き所、ずっと探している。

頭しゅうへん、眠くなってしまった。

頭への圧がとても心地がいい。

どんどんお腹はやわらかく、呼吸が入る感覚になっている。

胸周り、おしてもらうと肋骨の動きが少し目覚める感じ。

セッション後

座る。

首の乗り方がしっかりして、楽。

股関節まわりが軽く、広い。

歩く。

楽。さらに軸が安定している。

顔の感じは感覚が向けづらい。

頭が左側へ回りたがっている。

1日目

調子がいい。ピラティスのプライベートレッスンを受講すると、体重が左に乗りたがっているということで、右に意識をもつように修正される。それが少し不快。ストラップを足にかけたワークでは右足と体幹のつながりが薄い。クリック音。

2日目

朝歩くときに回旋のうごきがスムーズに感じる。レッスンのあと、そんなに首の後ろにつまりは感じない。しかし、股関節屈筋につまり。

3日目

楽な気分で1日働けた。しかし、お互いに邪魔だと思うような距離感で働くことや、声が緩衝してしまうことはそこそこストレスになる。

4日目

疲れはたまっているが、体や心は安定感がある。人に圧迫感なく伝えるとか、疲れかけている人に伝えるというときにどんな佇まいならいいのかを考えてしまった。

左下に眼球を休ませることを思い出す。

5日目

胸椎まわりがかたまっている感じなので、回旋や伸展を沢山したけれど変わらない。グループレッスンのあと、首が痛くなった。自分は動かずにティーチングしてるので、動きを観察しているときの目の使い方だろうか?

1日通して楽で疲れにくいように思う。

6日目

鏡で見る胴体は右のくびれが強く、左右差が大きく見える。が、歩くときに全身がうまいこと統合されているように感じる。

たまに右の股関節屈筋と寛骨全体や仙腸関節、左の鎖骨下肋骨あたりに違和感を感じる。

気づくと手首を掌屈させて休んでいる。

セッション10回目

歩く

安定感も進む力もある。

左足首にたよりなさ、右股関節の余り。

仰向け

重さを感じる。

右側のすねとふくらはぎ、股関節が引き出される。もも、お腹のなかが縦にゆるむ。お腹、緩むのがゆっくり。

胸、うでに向かってチリチリ。胸後ろ側、右側面、ベッドへしずみ横へ広がり、呼吸がしやすくなっていく。首周辺、目の裏側は白い光、右鼻から気道までしっかりした道を感じる。

左側首、胸回り、胸後ろ側。肺のあたりに悲しみ。だんだん緩むが、鼻からのど、鎖骨、肋骨裏側に何かかたまり。肋骨側面、心臓の近くが縮んでリリースされたがっている。

アゴ、楽しい気分になる。頭、上へ引き出される。

座る

体が上へ自然に伸びる感覚

歩く

一歩一歩に安心感がある感じ

良いとか悪いとか、矯正するとかではなしに、体がどうしたがっているか、その声をその流れを聞くことなんだろうなあ、と思う。

1日目

歩くときに体が軽い。サーフィンでパドリングも腕とコアがつながる感覚が長時間保たれる。

2日目

グループレッスンあと、首は痛くならなかった。そして疲れにくいし、10回のセッション前と比べると、レッスン中にイライラしてしまうことがないなあという気づき。

3日目

睡眠時間は少ないけれど、回復度合いが高い気がする。肩甲骨の上方回旋、下方回旋が見れるようになっているし、自分の動きもスムーズであるという気づき。痩せたね!といわれた。体重はあんまり落ちてないけど、シェイプが違うのだと思う?

4日目

胸椎左胸骨の後ろのこわばり、右股関節まわりが少し気になっているので、手を当てたり、ヤムナで脱力したり、呼吸したり。よくわからない。

鏡で自分を見ると、肩幅が広くなっている。

5日目

レッスンが2本キャンセルになって、時間ができたのでセラバンドで肩まわりのワークで遊ぶ。

左腕は胴体にはりついている感があった。左脇の下胸郭あたりのかたまり。外へ伸ばすと心地がいい。

体のセンターを夜まで感じて立てていた。疲れにくい。

6日目

疲れがたまっているけど、立っている歩いている感覚は楽。レッスンのデモ中に首が、首まわりの筋肉がつっぱる感覚になった。これは久しぶり。受講者にも共鳴してしまってるだろうなあと焦り。ハードなエクササイズを楽に行うための実験が必要。

意識的ないいモードから無意識ないいモードへ意向するために、正しい動きのパターンを何度も繰り返すとピラティスのプロセス自体に?を見つける。関節の分化みたいなところには部分のレベルにはいいような気がするが、体の統合というレベルになると?。無意識な体への介入でないと、無意識なパターンは書き換えづらい気がした。

今を体現して、自然な行動力が出てくる状態になりたい

10シリーズを終了された方で、心身のバランスと行動力を取り戻したいとのリクエストがありました。

↓  ↓  ↓

第1回目 2020.07.31

CS60は良いものですね。使っていただいて、ひんやりとしたものや仄暗い不安感のようなものが出ていく体感がありました。

私としては、今日のハイライトは内臓にありました。イールディングなタッチをしていただいた後に、臍の下あたりが痛んで動き、感情はないのに切ない感覚があって、息が浅くなる自分がありました。ずいぶん無茶をさせてしまった、こんな事をさせてはいけないと感じました。

また、右側のCS60のあと、おなかに置いた自分の手を通じて、内臓に意識が向かいました。そのまま意識は心臓に運ばれていったのですが、ある友人の心臓、と唐突に感じられました。その友人が幸せでありますように、という祈りのようなものが、短く強く現れたのを覚えています。

私たちはいつの間にか、他人を身の内に宿らせてしまうんだろうか、なんて思いました。
必要じゃないものを身の内に取り込んでいる自分があるんだな。人間関係も、食べ物や情報も。そう思いながら帰りました。

この数ヶ月、心臓の時に浮かんだ友人とべったりと癒着したような人間関係がありました。しかし帰宅後、関係が解消されてしまいました。

まるで仮面を取るかのように、正体を現すかのように、舌を出して逃げ去るように行ってしまった。

あまりにも即座の反応で不思議です。
必要なことは必要な時に起こるようです。

第2回目 2020.08.14

2回目脚への働きかけの回で、頭への働きかけから始まったことが印象的でした。自然と脚、骨盤、胴体にかけてエネルギーが動き出し、自発的な動きに繋がっていったのを覚えています。右半身への取り組みでは、ジャンクな映像(以前住んでいた家から駅までの道、あまり好きになれなかった風景を含む)やモヤモヤザワザワした感覚が現れて、その後プリズムのような光の帯のようなものが感じられたり見えたりし、またザワザワして、と繰り返していました。みぞおちへの働きかけがあった時、深く沈んで、意識が遠のいて、深い層でのプロセスがあったように感じます。(少し、トラウマの感触があったように感じます) 首の付け根や頭の奥でのプロセスに移り、静かでゆっくり長く、なかなか起き上がるのが大変でした。左半身では、体の反応はありながら、映像やザワザワは少なかった気がします。座位はなんだか大変に感じましたが、かかとから脛骨の感覚がしっかりとしていました。立ち上がると、新しいバランスに慣れておらず、左の肩甲骨の奥や背骨との間のあたりが痛みました。そことバランスしようとして、右足だけで立っているような体の支え方があり、体がかってに動いてバランスを探していました。歩くといいかもしれないね、と声かけしていただき、歩く中で、骨盤の水平感を少し感じていました。生活する中でまとまっていきそうな、必要ないことをやめたら、まとまっていきそうな感覚がありました。

* * *★その後の生活歩きたくて子どもと散歩に出ました。 ものすごく久しぶりに気功をして体を動かすと、とてもこわばってスムーズに動かなくなっている自分がありました。ふっと、「動き」の中で新しい自分を作り上げていくんだ、という感覚がやってきて、そうするとスペースが広がり、呼吸ができる感じが戻ってきました。第一セッションの呼吸が、生きる根本的な気力や安らかな前向きさを与えてくれたように、第二セッションの足の支えは、動いてみようという感覚を呼び覚ましてくれた感じがします。ザワザワは払拭しきれていないし、まだ朝起きられない日もある。行きつ戻りつです。それでも、足の支えの身体感覚に、自分の意思を取り戻すことや自立や自由への想いを取り戻すことへのつながりを感じています。横たわりながらも、希望をちらりと上目で見るような。そんな感覚の今です。

第3 回目 2020.09.09

*最初のフィードバック寝てばかりいる時間が減り、動いてみようという動機で朝に散歩やヨガをする時間をとるようになったことで、生活にリズムが取り戻されてきた。情緒面や周囲の人物の状況にも変化があった。

*セッション内容足への取り組みから、脛、腿とイールドタッチがある。CS60、咳が出る。体側面の皮膚感覚が取り戻されたり、足の裏の泡立つような感覚がある。 骨盤に対し、しっかり方向性をら示すような働きかけがあり、やや抵抗や鈍さはあるものの、変化しようとする体の反応が感じられた。 お腹へのタッチを経て、骨盤底や骨盤内の臓器に動きを感じる。気恥ずかしさのような感覚があるが、そこにひっかからずに臓器の声を聞こうとすると、深いレイヤーに入って意識で追えなくなった。ただ、夢を見ているような感覚で、微かに子供を願うような手触りがあった。そうなんだね、とただ受け止める。 また、腸に感情的なものが残っているような印象を受ける。 胸腔のエリアにタッチがあると、感情的にこらえたままの感覚があり、開こうとしない、抵抗する感じがある。涙が出る。解放が起こっている感触。記憶が蘇る感じではない。 その後心臓にも意識が向かう。 首にタッチがあると回旋が起こり、奥歯の噛み締めが解放され、胸腔が動かせるようになり呼吸が回復する。風の通る管が胸の真ん中に通る感じ。回復した呼吸を味わうにつれ体の各所に感覚が回復する感じ。 座位に変更。坐骨の座りの良さや足の裏の感覚の回復、足の支えの柔らかさと皮膚感覚の回復を確認。 立位に変更。置かれたように立っていて、立つことへの力みが軽減している。目が焦点の合わない、でもどこにでも合わせられる感覚。柔らかい目の使い方ができている感覚。歩行してみる。足の裏の柔らかさ、感覚の細かさが反映されて、力みなく優しく歩くことができる。落ち着いて心安らぐかんじ。 「わたしのネイチャーに近い感じがします」とフィードバック。 クロージングする。

*所感 イールドのタッチにとても安らいでくつろぎました。タッチなく間の感覚で変化を起こすこともできる。でも、イールドの優しさに今回とてもほっとしていました。意識の深い層にいる時間が長かったようで、それでいながら映像を見るようなことも特定の記憶が顕在意識に上るでもなく、素面な時間の多かったセッション。しかし3回の積み重ねを感じました。(さらに言うと、初めてお会いしてから8年?ぐらいの積み重ねを感じました)最後、わたしのネイチャーに近い感じがする、と自分の出したフィードバックに、我ながらじーんとしています。 というのも、わたしはわたしがわからない、自分軸の定まらない、という評価を自分にしていたし、ずっともがいてきました。 しかし、今回のセッションの最後に得られた自分の在り様は、とても楽で “自然体” と、それこそ自然に感じられました。 いつでもここに帰ってこられるし、そうでいながら、わたしの”自然体” はまだまだ多様に有り得るんだよな(シリーズもまだ3セッションめで序盤の終盤というところですし)、という希望もあって。 わたしらしさ、を改めて知り、豊かに安らかに育むことができました。 小さな鳥のようなものが胸の内で羽ばたく感じがあって、そのピュアな感触も忘れがたい感じがします。 続きを楽しみに。 人生ずっと、続きを楽しみに、だなぁ。

ロルファーへの3シリーズ

同僚が3シリーズでセッション受けに来てくれました。その感想を送って頂き、紹介したいと思います。

↓  ↓  ↓

●3回シリーズで受けられたことにより、前のセッションが次のセッションの準備になるというか、それぞれのセッションが連続/連携して、まとまりのある、そして深い変化につながる流れがあった様に思います。

●当初(コロナのごたごたの入り口頃に?)、セッションのご相談をした時の私の期待というか意図は、気持ち的にもカラダ的にも不要なものを手放して(スッキリして)この先の人生に備えたいみたいなことで。一つは40代に入って、カラダのメンテナンスもこれまで以上に大切になってきたと思ったこと、もう一つはここ数年自分の中で未消化というか完了できずにいた課題を手放したいと思ったことがありました。

●で、8月末に経験した未曽有の体調不良(ヘルペスと恐ろしい頭痛)も、この流れの中で、これまで溜め込んできた不要なもの(気持ち的にも身体的にも)を排出して、脱皮→よりしっくりいくからだと気持ち、生き方に向かうきっかけだったのかもしれないと思っています。(3回シリーズで気持ちも身体もスッキリしたことを経て、もう一押しデトックスのプロセスがあったみたいな感じ?)

●3回シリーズの1回目は、右大腿部や腹部へのアプローチが、子どもの頃2度体験していた交通事故の時の影響緩和という面からも大きな意味があった様に思いました。

2回目のセッションの時に、気持ち的に結構大きなシフトがあって。気持ち的にもっと自由になれる、大丈夫って確信みたいなものがあって。

で、3回目で、長年の懸案だった、頸椎(2番辺りとか?の右側)のズレみたいなもがかなりスッキリして、右肩と腕の関係性もとても楽になったし、背面の意識というか感覚がものすごく増えました。

セッションの終わりに、田畑さんがセッション中に感じていたことを振り返って聞かせていただけたのもとても興味深かったデス。

具体的には…私はセッションの初めから頸椎右側が気になっていたのだけれど、田畑さんはそこよりも右腕が気になっていたとのこと

→施術者とクライアント、それぞれ見えている(その時知覚できている)部分(一番気になる箇所)は、違っている場合もあって、でもそれも同じ大きい絵の、どちらも欠かせない違うパズルのピースが見えていたみたいな感じかなぁと。(どっちも大事だけれど、それぞれ見えている箇所が違うコトもある)

同じ、3回目のセッションで、田畑さんが左の後腹膜(retroperitoneum!)にアプローチしていた時も、私はその時はそこでの変化はそれほど知覚していなかったけれど、その後、頭部にアプローチしていただいた時だったかに、背面の空間がものすごく広くなった感覚があって。その背面が広い感覚は、近年味わったことがない感じかも?とセッションの後でも何度か味わい直しました。

身体のシステムの複雑さとか、繋がりとか、そういうことが体感出来た様にも思いますし。

積年の身体の課題や癖へのアプローチは、深い地層に眠っている化石を表層から少しずつ丁寧に掘り起こしていく(色んな方面、角度から順番にアプローチを重ねていって、色んな場所/層の準備が整った時に、大きなシフト(やリリース)が無理なく内側から起きる…

みたいなことも体感した様に思っています。

追記:

セッションの最中だったか、終わった後だったかに、「身体も気持ちももっと楽にスッキリできる可能性」を感じました。体感として腹の底で感じる確信みたいなもので。私の中ではSpaciousnessとも連動していると思われる、そういう「可能性」を感じられる瞬間が、私にとって極上のボディーワーク(ロルフィングセッション)や瞑想の醍醐味のひとつだと思っています。

CS60体験を経て、根本的な改善を求めて

2年ほど前から月1,2回のペースでCS60に通い続け、ずいぶん楽になってきているものの、呼吸の浅さとお腹の異様な固さはなかなか改善せず、根本的にどうにかしたいけれど、どうしたらいいのだろう、という状態で、自覚症状としては、職業柄、慢性的に首と肩、最近は腰と背中も凝っているとのこと。

モニター募集をTwitterで見つけ、この機会に自分の身体としっかり向き合ってみたいなと思ってお申込みになりました。世界全体が大きな変化のなかにいるなかで、ちゃんと身体を整えて、頭が強くなりすぎず、身体のほうに導いてほしいなという気持ちをお持ちでした。

[第1回目 202063日]

 とにかく、足の裏が地面をしっかりと踏みしめている、というのが一番の感想だ。帰り道に並木橋の交差点で信号待ちをしていたら、自分が内側からじんわりと満たされるような、「幸せ」と呼ぶしかない何かが下のほうから湧いてきたのをよく覚えている。それがまだお腹の下の前のほうに溜まっている。家の廊下(すごく短い)を歩いたり、シャワーを浴びているときにもやってくる。

 なぜこうした感覚になっているのだろうと考えると、足の付け根が安定している感じがある。それは、膝が真っ直ぐで力があっちこっちにいっていないからなような気がする。きっとそれらのあいだも、足以外の場所も、さまざまな事柄がそれらを支えているのだろうけれど、いまのわたしにはそれくらいしかわからない。

 いつもそうなのだけれど、あまり知識がない状態で体験してみて、あとから考えたり、調べたりするのを好むため、今回もよくわかっていない状態でなんとなく申し込んで施術を受けてみた。ただ、健やかな身体、生き方ってどんな状態なんだろう、という疑問はぼんやりとあって、それだけはきいてみたいなと思っていた。でも、答え合わせのようになってしまってはつまらないなと、その質問を飲み込んだのだけれど、帰り道に、自分が在りたい状態というのはこういう感じなのかもしれない、というのをふわっと感じた。

 ついどこが痛い、違和感があると、一点に意識が行きすぎてしまうけれど、一枚の葉っぱが無数に集まって木になり、森をつくるように、あらゆるものが小さく、繊細に、複雑にかかわっていて、その全体性やそこでの流れが止まらないことが大切なんだろうなと。自分の身体のなかにおいても、この世界のなかにおいても。これは初めて感じたり、考えたことではないけれど、すとんと自然な感じで、全身で理解した感覚があって、いまもそのなかにいる。それは、たとえ体調が悪かったり、困難な状況のなかにいたとしても、あまり変わらないのだろう。

 初回でこういう感覚がやってきてしまって、早すぎやしないかというか、一体これからどんなふうになるんだ? と思ってしまうけれど、もしかしたらこの感覚をより微細に見ていくことになるのかもしれない。先の話はあまり意味がないなと思いつつ、忘れるためのメモ。

 あとは、家でK-POPなんかをかけてよく踊っているのだけれど、異様にからだが動きやすくなった。腰のあたりはしっかりしているけれど、ほかはふんわりしている。首はこれまでいつも左を向きにくかったけど、未だにスムーズ。逆に、手首がいつも緊張しているから(これは明らかにPCの使い方のせい)、そこに気を取られやすい。背中と肩甲骨のあたりはまだもやっと変な感じがあって、横になっていると、たまにそれが気になって目が覚めることがある。

[第2回目 2020610日]

 いま思うと、前回はあまり集中できてなかったなと思う。生理でからだがぼんやりしていたせいかもしれない。いま起きていることよりも、初回の施術のことをよく思い出していた。レポートに書いて固定してしまった事柄以外の忘れていた出来事を思い出すというか。

 思い出したのは、父や中学時代の友人のことがぼんやり浮かんできたことだ。次の日だかその次の日だかには、最近あまり会えていない20代の頃にずっと一緒にいた友人も出てきた。いまも昔もすごく大切な存在の人もいるし、たいしてかかわらなかった、どう考えても重要じゃないだろうと思う人もいて、そのランダムさに驚いた。それだけの人が自分のなかにいるということだろう。そう考えると、過去の記憶や傷、癖などが自分の身体のなかに眠っていて、それが現在に何らかの作用を及ぼしているという考え方には、頷ける気がする。そんなことをつい考えてしまって、あまり自分の内側に意識が向かなかったように思う。

 そんななか感じたこととして、頭をさわってもらったあとに、左足のふくらはぎが作動する感じがあったことだ。ゴムボールが入って、ふれられて振動が起こった感覚が再生されて、5、6回まだゴムボールがあるような感触で揺れた。そういえば、初回も同じようなことがあったけれど、こんなにビビッドではなかったので興味深かった。ほかの場所でも同じようなことが起きているのかもしれないけれど、どうやら頭をさわられたあとに、足に起こりやすいようだ。

 また、最後のほうと、歩いたときに、電車や風の音が気になった。時間帯のせいかもしれないし、集中力がなかったからかもしれないけれど。自分の身体のことを見ようとしていると、外の情報が入ってきて、それに伴って、自分がいる部屋や8階にいること、この建物の大きさなどに意識がいった。身体のことはよくわからなかった。

 土曜の朝、起きたらまたいつものように左の首が少し痛くて、酷使した覚えも、寝違えた覚えもないのになと思っていたら、日曜の朝には治っていた。左を向くと、まだ肩の後ろのほうにうっすら力が入る感じがあるけれど、痛くはない。こうやって、何かあっても勝手に治ってくれたらいい。

[第3回目 2020617日]

 今回は、からだのつながりについて感じることが多かった。たとえば、「重さ」を意識するように声をかけてもらって、左肩の重さを感じていたら、自分ではリラックしているつもりだったのにだんだんと力んでいることがわかってきて、そのことに気づくともうそのままではいられなくなってしまう。自分で楽なバランスを探るようにからだの内部が小さく動き出すというか、ちょっとずつ力が抜けていく。それに集中しているといい感じになっていき、そうすると今度はこれまで気にならなかった場所が気になり出す。

 印象的だったのは、気になりだしたほかの場所が痛くなったり、重くなったりしたことだ。具体的には、左の腰のあたりに急にぴりぴりとした痛みを感じたり、肩甲骨の裏側から横脇を通って左の肺のあたりがぐうっと重くなって、ちょっとしんどくなった(これは申告する前に途中で治った)。どちらも、日常的によく疲れたり、痛くなったりする場所だ。

 しかし、調整してもらうと、どちらも違和感があったことを忘れてしまうくらい、すぐになんともなくなるから不思議だ。「左ひざを1cm左に開く」などによって。この1cmでほかの場所にも影響があるんだろうなと思う。もしくは、実際に1cmかどうかというよりは、そう意識することで何かが変わってしまうんだろう。

 いい感じになってくると「無」になってしまい、自分がどう感じているのかを探るのを忘れてしまうのだけれど、今回のこの1cmの変化を感じて、もうちょっと瞬間的に判断しても大丈夫だなという感じがした。それくらいの差異で何かが変わるのだし、もし違ったとしても、口から出たら、自分で違和感を感じるだろう。その瞬間じゃなくて、あとで時間が経ってからかもしれないけれど。そんなことをぼんやりと思った。

 それから、初めて施術のなかで「痛み」や「重さ」を感じて、改めてすべてはプロセスなんだなと思った。「すべての病気は、その経過のどの時期をとっても、程度の差こそあれ、その性質は回復過程である」「病気とは、毒されたり、衰えたりする過程を癒そうとする自然の努力の現れであり、それは何週間も何ヶ月も、時には何年も前から気づかれずに始まっていて、そのときどきの結果として現れたのが、病気という現象なのである」という、ナイチンゲールの言葉を思い出した。

[第4回目 2020624日]

 今回は、前回に引き続き重さを意識していくと、どんどん力が抜けていって、何度もそれが雪崩のように次の場所に伝わっていく感覚になったのが印象的だった(そのせいで足が台から落ちそうになった)。雪崩という表現はしっくりこないのだけれど、展示のときにつかう水平器の液体が移動するイメージを思い出す。

 それにしても、普段いかに力んでいるんだろう。力んでもいいことはないはずなのに、いつから、なぜ力んでしまっているのか。子どもや踊れる人の身体を見ているときに感じる生命力や伸びやかさには、力みはない。遡ると、羊水にいるときはきっと力んでなかったはずで、水に浮かんでいる感じになればいいんだな、というイメージが浮かんだ。あんな感じで、余計な力を抜いて日々を過ごせたらいいなと思う。

 足首を調整したと仰っていたけれど、引き続き足の裏が地面をしっかり捉えている感じがあるせいか、変化はよくわからなかった。それよりも、腰がいつもより軽く感じる。あとは、バックを左肩にかけると座りが悪くてすぐに滑り落ちてしまうから、右ばかりでもっていたのだけれど、左も大丈夫になってきたので、そのときの感じに従っている。また、10年以上指輪をつけっぱなしにする生活だったが、先週くらいからなんか重いなと感じるようになってきて、家にいるときは外すようになった。

 たぶん気圧のせいで、今週は、土・月・火曜日と偏頭痛に悩まされたが、頭と気持ちはロルフィングをはじめてからずっと安定している。ファスティングをしているときの感じに似ている。

[第5回目 202071日]

前回印象的だったのは、肋骨のあたりに手を添えてもらって呼吸をしたら、すごく深く呼吸ができたことだ。昔からどこに行っても呼吸が浅いと言われ、なぜそうなっているのかも、どうしたらいいかもよくわからなかったが、施術を受けて思ったのは、肺に空気を入れるイメージをしていたけれど、そうではなくて、肋骨の内部(お腹全体?)に空気を入れたり、出したりするイメージのほうがいいかもしれないということだ。背中に手を添えてもらったことで、前だけではなく後ろにも空気が入ってくる感じがした。あの呼吸は、お腹のあたりが四方を囲まれた器であることを思い出させてくれた。その感覚をそのまま頭頂部やつま先にも伸ばしたらいい。

施術を受けているとたまに身体の輪郭がはっきりするような感覚がやってくることがあったが、たぶんそれは身体の前と後ろ、横を意識するからだろう。身体と外界の境目を感じるし、だからこそ空間のなかに身を置いて、その一部というか延長線上に自分の身体があるというつながりも同時に感じる。

いつも終わったあとは静けさがやってくるが、なんだか元気になった。気に入ったので、ベッドに横になりながら、たまに肋骨や胸元に手を当てて深い呼吸をしてみたりしている。

一昨日、久しぶりに会った友だちに背が伸びたと言われた。伸びているわけはないので、姿勢がよくなっているのだろうか。

[第 6回目 20207 8日]

ふくらはぎに手をあててもらったあとは、いつもわずかに残響が残って、まだ触ってもらっているのか、自分の身体の反応なのかよくわからなくなるから不思議だ。こんなにわずかな力で反応が生じることを考えると、暴力ってほんとうにとんでもないことなんだなとしみじみと思う。

腰まわりと足を重点的に見てもらい、なんだか足が伸びた感じがする。足首や膝、太もものの付け根、太ももの内側やうしろの筋肉のあたりに余裕が出て真っ直ぐになった感じがある。たぶん左膝が内側に入りやすい感じがあって、たまに感じるふらふらする感じ(力があちこちにいくというか)が弱まって、前にすいっと水平に進むようになった。だから、たぶん足が伸びたように感じるのだろう。同じように、首もふわっとして縦に伸びたように感じた。

それにしても、ロルフィングは、もう少し筋肉や骨、内臓の位置や構造なんかがわかっていたら、おもしろいんだろうなと思う。

[第 7回目 20207 15日]

歯科矯正のお陰で食いしばりはずいぶんよくなったと思っていたけれど、施術後に耳の下から顎のあたりがふわっとして、ああ楽だなと思ったので、まだ力んでいるんだなと思った。頭の後ろ、かつ上のほうもふわっとした。こころなしか、肌の調子もいい。

これまで足に手をあててもらい、そこに残響が残る感じは何度か体感したが、それはあくまで触れられた部分においてだった。今回は、頭のうしろのほうを触ってもらったときに、ほかの箇所も反応する感じがあった。「お、なんか3箇所同時に残響のようなものがあるぞ」と思ったことは記憶しているのだが、残りの2箇所がどこだったのかもう思い出せない。残念。

また、前回に引き続き、完全に寝ている状態を100%とした場合、何度か30%くらいの睡眠状態に入っていた。

毎回、最初と最後の歩き方を比べるとよくなっている実感があるのだけれど、その度に、1週間のあいだでまた何かしらバランスが崩れていたのだなということに気づく。最初のウォーキングは、ゲシュタルト崩壊じゃないが、意識しすぎてよくわからなくなっているだけなのかもしれないけれど(だとしても、「意識しすぎている」というだけで、もうなんか変だな)。以前の状態に戻るような単純な変化ではないし、何が起こっていて、どのように自分で調整していったらいいのだろう。

[第 8回目 20207 22日]

 最近、台に横になってから力を抜きやすくなっているなと感じる。力んでいるという自覚があることが大きいと思うが、以前よりも反応が早くなってきたなと思う。

 横になって施術してもらったあと仰向けになったら、背中から腰のあたりがしっかり台の上に接着している感じがして、身体が横に大きく広くなった感じがした。足の裏がしっかり地面にくっついている、と感じるときの感触に似ていた。

 おもしろかったのは、仰向けで鎖骨と肩甲骨のあたりに手をあててもらっているときに、曲げていた膝の角度が徐々に変化したことだ。基本は触られているのと同じくらいにごく小さく反応していたが、何度か大きく(といってもそれ以前に比べて数ミリくらい)、くいっと外に開く感じがして、それ以前は内側に膝が入っていたんだなと思った。目には見えないけれど、正し位置になっていっていることがわかる。どんどん安定する。

 また、仙骨の右あたりにCS60を当ててもらったら、少しくすぐったくて、電気か何かが溜まっているのを感じた。それでも、ころころしてもらっているとだんだんその感覚はなくなってフィットしてきたので、痛くなくてもちゃんと電気は抜けていくのだなと思った。

 施術を受けると、毎回、同じようなことを感じたり、考えたりする。過去の感覚が想起されながら、いま起きていることを感じていて、感覚が何層か同時にある。「いま」とは何なのかを考える。ふと「いま」はいまだけじゃないのではないだろうかと思う。

 下半身はしっかりして、上半身はふわっとすると思っていたが、「ふかふかする」と表したほうが近い。前回の顔もそうだったが、終わったあとは、ふっくらふかふかする。

[第 9回目 20207 29日]

 右の肋骨のあたりに手を当ててもらっていることに手が離れてから気づいたけれど、そのあとしばらくしてから同じ場所の感覚が変わったので、手の圧が残っていたんだなということにまたあとから気づく。左首のあたりに同時に当ててくれた手のほうに気をとられていた。

 右側を下に施術を受けていたら、最初に左側を下にして横になっていたときよりも呼吸が楽になった。呼吸が浅いとか苦しいとは感じていなかったけれど、楽になって初めて、ああ、さっきは呼吸が不自由だったんだなと気づく。そういえば、無駄に意識していたかもしれない。

 横になって左右の手を反対方向に伸ばして胸をひらきながら、首と足もそれぞれ伸ばすというようなことをやってみて、局所的にかかっていた力が分散して、自分の体重とそこにかかっていた重力を身体全体で分かちもつ感じがあった。それが、上半身と下半身がつながって身体が伸びたように感じたり、台に接着している面積が広くなって安定したように感じたり、楽になる感覚につながっているのではないかと思う。適材適所ではないが、得意な、適切な人や場所が少しずつ何かをもつ、支えるという状態がいいのだろうなと思った。

 最近というか、いつの間にかベッドに入ってから体勢を確認するようになったのだが、この伸ばす行為は、自分でもできそうだなと思った。

[第 10回目 20208 5日]

 お腹と顎の施術の感触はとてもよく似ていた。臓器や筋肉などが動いて内部に隙間が生まれ、臓器がやわらかくなった感じがした。どちらもそのあと呼吸が少し深くなる。

 膝の下辺りをCS60でころころしてもらっているときに、頰の上がチリチリして、左右に一匹ずつ虫が這っているようだった。あれは何だったのだろう。

 足と腕を少しずつ外側に動かしていき、そのあと同じようにまた内側に動かしていく。その動きが振動のようで、元の場所にまた戻ってくるようにも感じるのだけれど、最初の場所とはまた違って整った感じがする。こういう一つひとつのさざ波のような動きに対して、その都度自分のなかに起きる反応を見ていく。その繰り返し。そのほとんどは捉えられないけれど、同時に小さくいろいろなことが起こっている。

 いま何が起きているのか、ろくに見る力もきく力も知識もなくて、この裸一貫な感じは、旅以外ではほんとうに久しぶりだなと思う。いろいろあるけれど、自分の居場所はまずはこの身体だなと思えた。この感覚は覚えていたいなと思う。

 わたしの仕事の根っこは人の話をきくことだが、すごく集中していて調子がいいときは自分の内側で起きている思考や感覚、感情をありありと感じながら、相手のエネルギーの動きについていくことができる。そういうときは同時に、音や匂い、温度などまわりの環境も驚くほどよく見える。どれも結構細部まで把握しながら、同時に全体を眺めている感じは、ロルフィングでいい感じのときに似ている。すぐに余計なことを考えてしまったり、ぼけっとしてしまったりして、たまにだったけれど。何か通じるところがあるなと思った。

 力の抜き方を探る、地面を足の裏でしっかり踏みしめているときの感じ、すいすい歩けているときの身体がつながっている気持ち良さ、イメージを掴んだらそれを再生してみること……いまここを具体的に味わうことをいろいろ試してみたように思う。最終回だからか、初めて受けたときの感覚を何度か思い出した。

 そういえば、ずっと痛くて左側を向くのが難しかった首がなんともなくて、嘘みたいだなと思う。

 ここから半年くらいは、膨大な情報を処理するために変容のなかにいるということだから、夏、秋、冬と自分がどんなことを感じるのか、とても楽しみだ。

ADHDと診断された方へのリモートセッション

「自分の言語優位な頭でっかちの生き方を変え,身体や空間との非言語的な対話をもっと大切にしてゆかなければいけない」という人生全体に関する根本的な気づきが与えられたことが大きいです.

10回のストラクチュラルインテグレーションのシリーズを終了された方から、50分のリモートセッションのご希望があり、Zoom経由でセッションしました。感想をお送り頂いたのでご紹介します。(転載許可は頂いています。)

先日は施術をしていただきありがとうございました.感想をお伝えしたくてメールしております:


・遠隔にも関わらず,以前に生のロルフィング/SIの施術を受けたあとと同じような感覚が身体に残っています(軽い肩こりのような症状が出たり消えたりする,呼吸が深くなっている,地に足がついている感じがあるなど).大変興味深いです.

・もともと,ADHDによる集中困難の症状が主な困りごとだったのですが(頭の中が常にチリチリ・チラチラしていて仕事や学業に集中しづらい感覚がありました),田畑さんの施術を受けてから,物事にfocusしやすくなっているような気がします.とはいえ視野狭窄的なfocusの仕方ではなく,もう少しふわっとした感じのfocusの仕方と申しますか.木も見て森も見る感じと言いますか.

・施術中に目を閉じつつ手や足を動かした時に,自分のボディイメージが「見える」ようになっていたのには驚きました.今は施術中に比べると少しぼやけましたが,施術中は手の小関節一つ一つまで「見えて」いました。

・話はややそれるのですが,先日,精神科で実施したIQテストでは言語性IQ>>動作性IQを指摘されました.つまり「言語的な処理能力は高いが,非言語的な処理能力が相対的に弱い」という話で,確かに自分は昔から何事も言語化して理解したがる傾向があるのです.

・これまでの人生の中で,本来は非言語的に「身体で覚える」方が自然なはずの「手作業の手順」や「武道の型」なども,私は言語に逐一翻訳して理解しようとしてきました.しかし,複雑な動作になればなるほど言語化が難しく,(仮に言語化できたとしても)言語化した際のデータ量も膨大になるので短期記憶やワーキングメモリに負荷がかかり,多くの場合,メモリの容量オーバーで破綻してしまうわけです.身体で覚え理解すべき事柄を無理やり頭(≒言語)で覚え理解しようとした結果,ワーキングメモリに負荷がかかり,集中力が奪われてしまう.…これはあくまで仮説に過ぎませんが,私の内部でこのようなことが起きていたのではないかという気がしたため,ロルフィングを受ける中で自分の身体や周囲の空間と非言語的な形で対話することが役に立つのではないかと思い,今回田畑さまの施術を受けてみたわけです.

・結果として施術を受けたのは大正解だったかなと思っています.集中困難という特定の症状の改善に繋がりそうという意味でも「施術を受けて正解」だったと思うのですが,それ以上に,「自分の言語優位な頭でっかちの生き方を変え,身体や空間との非言語的な対話をもっと大切にしてゆかなければいけない」という人生全体に関する根本的な気づきが与えられたことが大きいです.

セラピストへの10分遠隔セッション

対面ロルフィングセッション、及び50分のリモートセッションを2回受けて頂いた方への、10 分遠隔セッションのご感想です。

↓ ↓

エネルギーワークのようなものだったのでしょうか。ただ、寝転がっていたときに体の膝などの体の筋を伸ばされるような感覚を感じました。

そのあとは痛みがなくなって、体も軽やかな感じがしました。嬉しくて足を伸ばしてみたら、股関節がぎくっとなりました。

その後、少し痛みはあるのですが、気がつけば、今回のセッションの前のセッションから肩こりや頭痛は解消されています。そう思うと、体が変化しているので、その変化を体全体がバランスを取ろうとしているのでしょうか。

今も少し痛みが残ってはいるのですが、体の柔軟性は出てきています。年齢も、微妙な時期に来ているので、いろいろと体も変化しているので、なんとも言えないこともあるのかもしれませんが、
最近、気づいたのは、変化するまえに、好転反応が起きてその後、痛みがなくなるパターンもあったので、少し様子をみてみるのもと思いました。

ありがとうございます。ただ、ロルフィングは治療ではないと田畑さんがブログのどこかに書いておられた気がするので、体がどう変化していくかということが必ずしも、自分が希望するものでないこともあるということを頭に入れておく方がいいのかなぁと思いました。

Rolfer’s NOTE:

セッションは、治療の意図でワークしているわけではないけれども、
様々な改善は結果として起こってほしいとは思っています。
記載が薬事法に抵触しないようにしたい意図に加え、包括的にセッションをプロセスとして捉えてほしいという両側面から、「治療ではない」という表現になっています。それ故、一般には伝わりにくい説明となってしまいます。
また、ある症状の改善に執着して焦点を合わせ過ぎると、他で起こっていることを見逃してしまうということ避ける意味もあります。

呼吸の浅さとお腹の異様な固さを根本的に改善したい編集業の方

”2年ほど前から月1,2回のペースでCS60に通っていて、ずいぶん楽になってきているのですが、呼吸の浅さとお腹の異様な固さはなかなかよくならず、根本的にどうにかしたいけれど、どうしたらいいのだろう、という状態のなかにいます。ほかに自覚している症状としては、職業柄、慢性的に首と肩、最近は腰と背中も凝っています。”

[第1回目 202063日]

 とにかく、足の裏が地面をしっかりと踏みしめている、というのが一番の感想だ。帰り道に並木橋の交差点で信号待ちをしていたら、自分が内側からじんわりと満たされるような、「幸せ」と呼ぶしかない何かが下のほうから湧いてきたのをよく覚えている。それがまだお腹の下の前のほうに溜まっている。家の廊下(すごく短い)を歩いたり、シャワーを浴びているときにもやってくる。

 なぜこうした感覚になっているのだろうと考えると、足の付け根が安定している感じがある。それは、膝が真っ直ぐで力があっちこっちにいっていないからなような気がする。きっとそれらのあいだも、足以外の場所も、さまざまな事柄がそれらを支えているのだろうけれど、いまのわたしにはそれくらいしかわからない。

 いつもそうなのだけれど、あまり知識がない状態で体験してみて、あとから考えたり、調べたりするのを好むため、今回もよくわかっていない状態でなんとなく申し込んで施術を受けてみた。ただ、健やかな身体、生き方ってどんな状態なんだろう、という疑問はぼんやりとあって、それだけはきいてみたいなと思っていた。でも、答え合わせのようになってしまってはつまらないなと、その質問を飲み込んだのだけれど、帰り道に、自分が在りたい状態というのはこういう感じなのかもしれない、というのをふわっと感じた。

 ついどこが痛い、違和感があると、一点に意識が行きすぎてしまうけれど、一枚の葉っぱが無数に集まって木になり、森をつくるように、あらゆるものが小さく、繊細に、複雑にかかわっていて、その全体性やそこでの流れが止まらないことが大切なんだろうなと。自分の身体のなかにおいても、この世界のなかにおいても。これは初めて感じたり、考えたことではないけれど、すとんと自然な感じで、全身で理解した感覚があって、いまもそのなかにいる。それは、たとえ体調が悪かったり、困難な状況のなかにいたとしても、あまり変わらないのだろう。

 初回でこういう感覚がやってきてしまって、早すぎやしないかというか、一体これからどんなふうになるんだ? と思ってしまうけれど、もしかしたらこの感覚をより微細に見ていくことになるのかもしれない。先の話はあまり意味がないなと思いつつ、忘れるためのメモ。

 あとは、家でK-POPなんかをかけてよく踊っているのだけれど、異様にからだが動きやすくなった。腰のあたりはしっかりしているけれど、ほかはふんわりしている。首はこれまでいつも左を向きにくかったけど、未だにスムーズ。逆に、手首がいつも緊張しているから(これは明らかにPCの使い方のせい)、そこに気を取られやすい。背中と肩甲骨のあたりはまだもやっと変な感じがあって、横になっていると、たまにそれが気になって目が覚めることがある。

2020年6月7日

[第2回目 2020年6月10日]

 いま思うと、前回はあまり集中できてなかったなと思う。生理でからだがぼんやりしていたせいかもしれない。いま起きていることよりも、初回の施術のことをよく思い出していた。レポートに書いて固定してしまった事柄以外の忘れていた出来事を思い出すというか。

 思い出したのは、父や中学時代の友人のことがぼんやり浮かんできたことだ。次の日だかその次の日だかには、最近あまり会えていない20代の頃にずっと一緒にいた友人も出てきた。いまも昔もすごく大切な存在の人もいるし、たいしてかかわらなかった、どう考えても重要じゃないだろうと思う人もいて、そのランダムさに驚いた。それだけの人が自分のなかにいるということだろう。そう考えると、過去の記憶や傷、癖などが自分の身体のなかに眠っていて、それが現在に何らかの作用を及ぼしているという考え方には、頷ける気がする。そんなことをつい考えてしまって、あまり自分の内側に意識が向かなかったように思う。

 そんななか感じたこととして、頭をさわってもらったあとに、左足のふくらはぎが作動する感じがあったことだ。ゴムボールが入って、ふれられて振動が起こった感覚が再生されて、5、6回まだゴムボールがあるような感触で揺れた。そういえば、初回も同じようなことがあったけれど、こんなにビビッドではなかったので興味深かった。ほかの場所でも同じようなことが起きているのかもしれないけれど、どうやら頭をさわられたあとに、足に起こりやすいようだ。

 また、最後のほうと、歩いたときに、電車や風の音が気になった。時間帯のせいかもしれないし、集中力がなかったからかもしれないけれど。自分の身体のことを見ようとしていると、外の情報が入ってきて、それに伴って、自分がいる部屋や8階にいること、この建物の大きさなどに意識がいった。身体のことはよくわからなかった。

 土曜の朝、起きたらまたいつものように左の首が少し痛くて、酷使した覚えも、寝違えた覚えもないのになと思っていたら、日曜の朝には治っていた。左を向くと、まだ肩の後ろのほうにうっすら力が入る感じがあるけれど、痛くはない。こうやって、何かあっても勝手に治ってくれたらいい。

2020年6月14日